単語記事: ザナック

編集  

ザナックとはコンパイル1986年に開発し、ポニカが発売した縦スクロールシューティングゲーム(STG)である。

概要

ザナックは、当初はMSXシューティングゲームとして発売された。
発売当初は話題にならなかったものの、8面のさ、0面の存在などが明らかになり、次第に人気を博していき、その後にはディスクシステム(FDS)でもザナックが発売された。(このディスクシステム版が一般的に知られているザナックである)
ディスクシステム版はMSX版をベースに、「サブウェポンパワーアップ」「ワープ」「AI式自動難易度調整」などの要素が追加されている。またOPの高速サウンドに代表される、ノリのいいBGMウリとして取り上げられ、爽快シューティングゲームとなった。

実際、このFDS版はMSX2で「ZANAC EX」として発売されたあたり、その人気は推して知るべしである。
2001年コンパイル最後のソフトZANAC×ZANAC」が発売。

ザナックベース全新作である「ZANAC NEO」とザナック移植版も収録されたな作品だったが、その後コンパイル倒産したことで入手困難となっている。

2007年7月Wiiバーチャルコンソールファミコン版が配信され、オッサンホイホイとしても活躍している。

ゲームとしての評価

ノリノリ爽快BGMやSEに加え、プレイ内容によって自動的にゲーム難易度が変化する」という非常に画期的なシステムにより、今でも高い評価を受けている縦STGである。

それと共に、ステージの演出も当時としてはかなり凝っており、特にストロボ効果が発生するほどの高速で背景が流れる2・5・7・12面は人気が高い。
かといって高速スクロール一辺倒というわけでもなく、高速セクションと低速セクションの緩急のバランスがついていることも、独特のスピード感の演出に一役買っている。

これらの演出は昨今のゲームでは特段しい物ではないとも言えるが、性能面の制約が多いファミコン、それもディスク片面512キロビットという容量の中で実現してしまったところに、ザナックの凄さが凝縮されている。

STGとしての特徴

ザナックゲームスタイルは、昨今流行の弾幕タイプとも、80年代末~90年代に一世をした「覚えゲー」とも異なる、一種独特のものである。

ザナックにおける敵の攻撃は非常にしく、また「初期装備でその場復活」というゲームシステムとも相まって、高次面での1ミスは時に10機以上の残機がまとめて吹き飛ぶ事態に繋がる。
しかし対抗措置だとでも言わんばかりに、ザナックエクステンドは「初回20,000点、以降80,000点ごと」という滅な頻度で発生する。
すなわち「大量の残機を削りながらも、強引にスクロールを稼いでクリアする」というヤケクソじみたプレイスタイルが成立するのである。
(余談ながら、この当時のコンパイルスタッフの一部が後にライジングの設立に関わっている。
 同ブランドの代表作である「バトルガレッガ」などには残機を用いた特徴的な難易度調整システムが採用されており、ザナック関係ではないと思われる)

その一方、通しクリアは当たり前であり、ハイスコアを競うような腕前のプレイヤーにとっても、この頻繁なエクステンドは決してぬるま湯とはならない。なぜなら、最終面クリア時に残機1機当たり100,000点のボーナスが還元されるからだ。

結果として、
「攻撃的なプレイスコアを稼いで大量の残機を溜め込み、それを如何に減らさずにクリアするか」
という緊感を持続できる楽しみ方が、上級者にも開かれている。

クリアするのもそう難しくなく、また1回クリアした後にも楽しみがある。
そうした、理なく上達とスコアアタックを楽しめるシステムが、り継がれる作品としてのザナック歴史に名を残す理由となっているのだろう。

難易度について

ザナック高難易度ゲームだ」と言われる一因として、敵の攻撃のしさが挙げられる。
これは自機の攻撃は大火力を誇るが、それは「に前方に向けたものである」という特性があるためである。
このゲームは「正面からは耐久のある敵をぶつけ、その隙に側面や後方からトリッキーな攻撃を仕掛ける」というパターンが多い(実際は大量のキャラクターを同時に扱えない8ビット機の制約ゆえでもあるが)。

さらに逆説的ながら「敵弾の大半が相殺というザナックシステムも、難易度上昇の一因である。
通常のSTGであれば、自機のショット「敵弾に対する当たり判定を持たない」ため、敵味方の攻撃が干渉するケースは少ない。
しかしザナックの場合、大半の敵弾をプレイヤーの射撃で破壊して食い止めることができる。
このため、ザナックでは「敵の猛攻を捌き切れずに死亡というケースは発生しにくい。
ザナックにおけるミス率で圧倒的に多いのは、側方や後方からの出会い頭の攻撃による被弾である。
(余談だが、敵弾を破壊可ということは、「1フレーム内の当たり判定処理回数が飛躍的に増大する」ということになる。このため、ハードへの負担が凄まじいことになるのだが、これを苦もなくやってのけているのは開発の技術が非明である)

話はずれたが、敵弾破壊可というシステムにより「至近距離からの攻撃に対する気合避けという反射神経依存したテクニックを要される上、「全12ステージという長丁場」「毎回敵出現テーブルが変化する」というパターン化の難しい仕様とも相まって、上級者にとっても「事故」の可性は較的高い。

すなわち、プレイヤーの技量の上昇が被弾率の低下にあまり寄与せず、到達面数以外の点においてプレイヤーが自らの上達を実感しにくいのである。
(ただし上級者は序盤で効率よく残機を稼ぐうえに、復活時の立て直しテクニックにも長けている。
 よって被弾率に関係なく、技量の高いプレイヤーほどクリアは容易である。念のため)

バックストーリー

初めは、ただの点だったのかも知れない。

宇宙のいつか、どこかの知的生命体が創りだしたその「システム」は、その創造が滅びた後も、ずっと稼働し、増殖を続けていた。

システム」は、ひとつの命令を受けていた。
像<イコン>を正しく解放した者には知識を、誤って解放した者には滅亡を、もたらすべし」

ある時、ある新参宇宙種族が、イコンに誤ったアクセスをした。「システム」は正しく動作し、この種族に攻撃を開始した。その直後、この種族の別の者達が、今度はイコンに正しくアクセスした。このイコンは「システム」に攻撃の中止を打診した。だが、「システム」は、───恐らくシステムの創造も想定しなかった事態であるが───この種族への攻撃を停止しなかった。
この新参宇宙種族───未来地球人類───は、危機に陥った。幸い、正しく解放されたイコンは正しく機し、人類に知識をもたらしたが、システム全体に対抗するには程遠いものだった。今や人類滅亡は不可避かと思われる状況下で、ひとつの推論が出された。

「「システム」は本質的に戦略マシンであり、多数対多数の戦争を想定している。単独で攻撃を仕掛けられたら、「システム」は正しい対応が出来ないのではないか」

そのものな案であったが、可性をめて実行に移された。最新鋭戦闘機「ZF-5810ZANAC』」は単機で「システム」に攻撃を仕掛け、見事その中枢の破壊に成功した。危機は去った、……かに見えた。

だが、「システム」はそもそも単機ではなかった。別宙域に並立マシンが存在し、崩壊寸前に連絡が伝わっていたのだ。前回破壊した「システム」の数倍はあろうかという規模のその脅威。
ZANAC』の「ZF-6502ザナック』」が、危機を今度こそ根絶すべく、今飛び立つ。
FDS版取扱説明書の記述から、編集者の記憶を元に著述しています)

ピコカキコ

タイトルBGM
3066
BGM2
3039
1面のテーマ
1324
ステージクリア
3045
未使用曲1
2782
未使用曲2
2783
ラストステージ
3033
エンディング
2807

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B6%E3%83%8A%E3%83%83%E3%82%AF
ページ番号: 560539 リビジョン番号: 1838734
読み:ザナック
初版作成日: 08/09/16 18:49 ◆ 最終更新日: 13/06/22 21:59
編集内容についての説明/コメント: ストーリーを追加。何気に正統派SFです
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

BGM 1 (FD...
タイトルBGM
ステージクリア
BGM 2
ラストステージ

ザナックについて語るスレ

28 : ななしのよっしん :2014/04/16(水) 12:55:34 ID: 1b4dUKrcZo
駄なプライドかなぐり捨てて3番育ててみな
29 : ななしのよっしん :2015/05/22(金) 17:30:19 ID: l9TSerg6iz
1面を0番だけで進める(Bボタンには一本触らない)ようにすれば難易度抑えられるよ
0番最強だよね
30 : ななしのよっしん :2017/07/09(日) 10:19:24 ID: rSIuEhY8bj
2番3番は攻撃がガタ落ちするからだと思ってる。
7番使ってみ?世界が変わるから
31 : ななしのよっしん :2017/07/22(土) 17:44:35 ID: UFTeq1DUs1
2番は最大強化の無敵状態で敵に重なりながら倒していくのが楽しい
メインの連射が上がってないと厳しいけどな
32 : ななしのよっしん :2017/08/18(金) 23:44:11 ID: VBkTR/L5IX
0番は、通常敵弾を撃ち消せるようになるまで長くかかるが
一旦、通常敵弾を撃ち消せるようになってしまえば、
 もうやることがくなってしまう()

弾数制限はいから、(リスクを冒して)補充する必要もいし
死ぬ要素がくなる
33 : ななしのよっしん :2017/09/10(日) 01:06:05 ID: nHp8rbmEFi
>>32
うーん。
それはよっぽどの達人か、はたまたをついているかのどちらかだな。
最後の2行で思った。
34 : ななしのよっしん :2017/09/25(月) 20:54:15 ID: VBkTR/L5IX
え、1行じゃなく2行か?
死ぬ要素がくなる、てのは少し大げさだったと思う
調子にのってめきってると死ぬ、という場面もまあ幾つか有るが

しかし0番は弾数制限がい・だから補充する必要もい、というのは本当のはずだがw
35 : ななしのよっしん :2018/03/14(水) 19:57:15 ID: cpc2O6S20L
補充は確かに必要ないが、追い込まれる場面は普通にあると思う。
補充後の無敵時間に頼る局面は少なからずあり。
巨大中物+大量の雑魚同時出現時とか。
36 : ななしのよっしん :2018/05/24(木) 03:46:25 ID: wGhv3Yd0yJ
難易度変動システムがあると聞いて、最初うまい人ほど難しくなっていく(そしてスコアが稼ぎやすくなる)ものだと思っていたら、
実際はノーマルショット(Aボタン攻撃)が敵にあたらずに画面外に消える、特定の敵を取りこぼす、パワーアップアイテム黄色い球)を取りこぼす(うろ覚え)、と下手ほど難しくなるという鬼畜仕様と知ったときは泣いた

理でクリアできんかったわけだ、わしゃクソ下手なもんでのう・・・
37 : ななしのよっしん :2018/05/24(木) 04:00:03 ID: wGhv3Yd0yJ
ところで「ザナック」の6502FCCPUだと思うけど、「ZANAC」の5810の由来って何?
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829