単語記事: ザビーネ・シャル

編集  

ザビーネ・シャルとは、機動戦士ガンダムシリーズの登場人物である。

概要

機動戦士ガンダムF91」及び「機動戦士クロスボーン・ガンダム」に登場する人物。
CVは両作品共に梁田清之が担当(アニメゲーム等全ての媒体にて)。

以下に、作品ごとの概要を紹介する。

機動戦士ガンダムF91

ザビーネ・シャル「感情を制御できない人間はゴミだと教えたはずだがな」 by ID: 2E2ssHdYFH ザビーネ・シャルスレ#10

没落貴族であるシャルの出身。24歳。階級は中尉

過去に事故で右を失った経緯があるためストーリー当初から右眼帯を付けていたが、隻眼というハンデをものともせずにパイロットとしての実でのし上がり、やがてはクロスボーンバンガード内のエリート部隊「の部隊(ブラックバンガード)」の隊長という立場を勝ち取るに至る。

性格は冷静沈着にして非情。戦闘においては騎士に則った正々堂々たる戦いを好み、差別な殺戮を嫌ったり抵抗の相手には攻撃しないといった独自の美学を持っているが、その一方で相手を倒す(殺する)手段は選ばず、自分に慕っていた部下アンナマリーが造反した時は彼女の心の弱みへと付け込む事で隙を曝け出し撃墜している。
(その際、ザビーネが彼女に対して言い放った台詞(後述)は有名。)

作中ではビギナギナに搭乗して出撃するベラの付き添いを務め、シーブックが乗るガンダムF91とも交戦したが、やがてベラ・ロナが離反し、カロッゾ・ロナによるバグ差別殺戮作戦が行われるとその作戦内容の残虐さに反感を抱き、作戦の実行者にしてカロッゾ心でもあるジレ・クリューガーを射殺。その後同作のラストシーンから暫くの間もコスモバビニア連邦軍及びレジスタンス(抵抗勢)による戦争コスモバビニア戦争)が続き、ザビーネシーブックとは戦場で交戦するが、最後はベラが貴族義を否定したことで戦争は収束し、やがて自らもクロスボーンバンガードを離反した。

機動戦士クロスボーン・ガンダム

ベラ・ロナ率いる新生クロスボーンバンガードエースパイロットとして登場。
機動戦士ガンダムF91」の世界から10年以上の時が経っているので、年齢は35歳。

ベラに付き従い行動しているように見えたが、その実はクロスボーンバンガードの名を冠する者が木星帝国を倒す事で貴族義を復させる事であり、その的のためにベラが貴族義を復させるつもりがい事を知った上で協していた。キンケドゥ・ナウシーブック・アノー)を始めとする他のメンバー達にもその思想を少なからず危険視されていたものの、キンケドゥもザビーネ木星帝国を倒すために行動しているという点に関しては彼を信用していた。

だがその後、木星衛星イオでの戦いを通して木星帝国システム・規貴族義と似通っている事に気づくと、ベラとベルナデットの身柄と共に木星帝国へ寝返る。この時、トビアの想定外の活躍によってベラとベルナデットの身柄は取り返され、木星帝国へはザビーネ1人が合流する事となる。
木星帝国へ身を落とした彼は、木星帝国貴族義における異なる点を自分で修正していく事で自らの都合のいいへと変えていけばいいと高を括っていたが、敵側の裏切り者たるザビーネ木星帝国がそう簡単に信用するはずもく、連日に渡り拷問を受け続ける事となる。その結果、ザビーネの性格は以前までの冷静沈着なものとは一変し、自分からベラを奪ったキンケドゥへの憎しみを常時剥き出しにする狂人へと成り果て、常に微笑を湛えるようになるなどかつての颯爽たるザビーネの面影はくなっていた。タミフルザビーネ」というあだ名もあるのだとか。

その後、宿敵たるキンケドゥとの戦いでは彼への恨みを爆発させながら(彼く、「ベラの心変わりの原因はキンケドゥにある」)キンケドゥと互の戦いを繰り広げた結果、クロスボーンガンダムX1のコックピットビームサーベルを突き刺し一度はキンケドゥに勝利を収める。しかしキンケドゥは九死に一生を得て生存しており、奇跡的な復活を遂げていたため木星帝国地球側の最終決戦の際に再びキンケドゥと合間見えるが、最後は壮絶な一騎打ちの末コックピットヒートダガーの一撃を喰らい、貴族義への未練をきながら戦死する。

名言

機動戦士ガンダムF91

「感情を処理できない人類は、ゴミだと教えたはずだがな・・・」
ザビーネという人間を徴するとも言える台詞。造反したかつての部下アンナマリーブルージュを撃墜した際に冷酷に言い放った台詞であるが、後に「クロスボーン・ガンダム」のストーリー後半からは先述の通り自分の感情を処理するどころではない有様となり自分自身が言う「ゴミ」と化してしまった結果、それが原因でキンケドゥとの一騎打ちに敗れ散っていったというのはまさに最高の皮である。
老人がベラ・ロナなどにこだわるから、これだ・・・!」
同じく「クロスボーン・ガンダム」のラストでは自分がベラ・ロナにこだわるようになり、その結果(ry

機動戦士クロスボーン・ガンダム

フフフ・・・いいぞ!いいっ!ベラ様にその気があろうがなかろうが!これで”クロスボーン”を!貴族義を名乗る者が!木星帝国を倒した事実に変わりはないッ!
ザビーネの中のコスモバビニア貴族義)復に対する野心が見え隠れする台詞
ハハハ・・・ハハハハハ! どうしたキンケドゥ!? 押されているぞ!!」
シミュレーションは7対3で、私の方が勝っていたぞ!!」
キンケドゥ! 貴様さえ! 貴様さえいなければぁ!」
「ベラ様がぁ! 貴様などに心を惹かれたりしなければ、こんなことにはならなかったのだ!」
「ただの民である者に惹かれたりしなければ、貴族義を捨てたりもされなかったのだ!」
貴様が・・・私の夢を、貴族社会を潰したのだ!!」
罪をつぐなえ、キンケドゥッ!!」
ハハハ!ハハハハ!!さようなら!キンケドゥ!!
木星帝国パイロットとして、キンケドゥと交戦した時の一連の台詞。既に以前の冷静な影は見られず、既に忌むべき「ゴミ」と成りつつあるばかりかさらにここから御乱心ぶりは加速していく事になる。
ひゃーはっはっは!キンケドゥ?どうしてここにいるキンケドゥゥ!!」
お前は死んだんだぞ?ダメじゃないか!死んだが出てきちゃあ!死んでなきゃあああ!!」
お前は・・・お前は、死んでなきゃあああ!!)
地球圏と木星帝国との最終決戦にてキンケドゥと再戦するザビーネ
の崩壊が更に進行し、物語初期の彼とは全に別人と化してしまった。確実にファンが減ったよねこりゃ。
ちなみに( )内の台詞ゲームGジェネF」での台詞なのだが、純度100%の狂人と化したザビーネを演じる梁田氏の熱演ぶりは一見の価値ありである。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B6%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB
ページ番号: 4471455 リビジョン番号: 1971379
読み:ザビーネシャル
初版作成日: 10/09/26 18:02 ◆ 最終更新日: 14/02/08 23:56
編集内容についての説明/コメント: 掲示板のレスを反映し、文章を一部修正。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


F91の頃

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ザビーネ・シャルについて語るスレ

74 : ななしのよっしん :2017/06/25(日) 00:19:08 ID: nK0NS2KMJ5
感情を処理出来ない人間がどうなるか、全に見せしめた人が出てきたな……

あんたの言葉は正しかったよザビーネさん。
75 : ななしのよっしん :2017/08/23(水) 19:08:27 ID: 0S8bN638sZ
ザビーネ貴族義はマクギリス世界と似てるよね 最後は感情を制御出来なくなったのも含めて結構にてる
76 : ななしのよっしん :2017/09/14(木) 00:52:16 ID: G+B+I73hPN
ザビーネの発狂死は少し解せんね。
F91カロッゾやバ館長みたいな「旧時代の感情的な人間は×ね」という話だっただけに。
クロスボーンシナリオ禿がどれほど口出ししたかは曖昧なんだが、出戻ってどうするのかと。
77 : ななしのよっしん :2017/09/19(火) 17:35:51 ID: dQpFaeSjFK
感情を処理できなくなったザビーネさんも結構好き
78 : ななしのよっしん :2017/09/19(火) 22:30:27 ID: 8JmiQ4RzR6
発狂キャラってインパクトあるけどちょっと安易にも思えてしまう
ザビーネの場合F91とのギャップもあって印狙いじゃないのかと思わんでもない
79 : ななしのよっしん :2017/09/24(日) 22:27:21 ID: t5zDUgd0tz
最近「駄じゃないか!死んだが出てきちゃあ!死んでなきゃあ!」と言いたくなるような気分に時々なる
自分は感情を処理仕切れてないんかな…
80 : ななしのよっしん :2017/10/09(月) 01:52:02 ID: G+B+I73hPN
死なない人間がいないのと一緒で
老化による劣化からはも逃れられないからなあ
安定している期間の長さに個人差はあれど
81 : ななしのよっしん :2017/10/22(日) 15:57:29 ID: C6qshRvsFr
まあマイッツァー・ロナ自体相当狂った人物だっかから
その熱シンパのザビーネだったからその最後も納得できるな
82 : ななしのよっしん :2017/11/02(木) 12:14:56 ID: wnR4I/KDMF
>>76
むしろ感情の過剰な制御をしようとして生まれたのが鉄仮面じゃないかね。鉄仮面ザビーネこそ違えど、その点においてだけは同類。
ロボンのザビーネの末路は、その鉄仮面の後に続いた形で妥当に思える
83 : ななしのよっしん :2017/11/02(木) 22:50:03 ID: YEqTnDe31w
感情を処理するのって難しいよね
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829