単語記事: シギント

編集  
注意 この項は、ネタバレ成分を含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

シギントとは

  1. SIGINTsignals intelligence),シグルインテリジェンスの略。電子情報に関する諜報活動のこと。
  2. ゲームメタルギアソリッドシリーズに登場するキャラクター、名前の由来は1の通り。本稿にて記述する。

メタルギアソリッド3

メタルギアソリッド3に登場するFOX部隊のメンバーであり、ゼロ少佐の命令でスネークイーター作戦に参加する。
自称「武器装備、最新テクノロジーについての特別にスゴイ専門」である。

自分で言うだけあって線ではゲーム中に登場するネイキッド・スネークの武器や装備品、迷彩フェイスペイント、さらには敵側が使用する武器はもちろん兵器ヘリコプター戦車)の解説までしてくれる他、ボス戦でも敵の使う武器装備について教えてくれる。
ただし線に登場するのはスネークイーター作戦からであり、最初のバーチャス・ミッション時には彼は参加していないため、この時の武器装備の説明はザ・ボスが行う。(シギントべるとそこまで専門的な話はしない)

また作中でスネークが使用する装備の中には彼が作ったものもありeasyEZGUNや双眼鏡、変装マスクがそれである。

紅茶UMA007が大好きなゼロ少佐B級映画好きで美的感覚が一般人とあまりにもかけ離れているパラメディックべると、(プレイヤーの行動次第ではあるが)作戦中に上半身裸になった上に「下は脱げないのか?」と聞いて来たり、段ボールについて熱くスネークに対して「なんでFOXには変人しかいないんだ!」と叫ぶなど常識人と思える反応が多い。

とはいえ、彼も変質者達FOX部隊の一員であり、なんだかんだでズレた行動が多い。
例を挙げると

FOX部隊に入るにあたってシギント自身が人ということが影してか、他の研究所からはことごとく門前払いを食らい、そこをゼロ少佐に拾われたという経緯があり、「変わった人」と言いつつゼロ少佐には恩義を感じている様子。
また同時にコンピューターを使って世界をつなぐ仕事がしたいとスネークっている。

メタルギアソリッド3終了後からメタルギアソリッドまで

スネークイーター作戦終了後、シギントFOX部隊を離れARPA(米国防総の研究・開発部門)に所属し、後にDARPA1972年ARPAから称)の局長にまで昇進する。
そしてゼロ少佐によって設立された組織「愛国者達」の創設メンバーとしてゼロ少佐ネイキッド・スネークビッグ・ボス)、パラメディックオセロットEVAらと共に名を連ねることになる。

愛国者達が創設されたのち、ゼロビッグボスは「恐るべき子供達計画」をきっかけに対立し、結果的にビッグ・ボスは組織から離脱するが、シギントはかつての恩義のためかゼロ側に付き、DARPA局長という立場を利用して兵器関連でゼロを支え続けた。

そしてメタルギアソリッド本編にてアームズ・テック社と共同で核を搭載可な二足歩行戦車メタルギアREX」の開発に携わり、その最終演習のためにシャドーモセスを訪れたところをリキッド・スネーク率いるテロリスト集団によって襲撃され、アームズ・テック社社長ケネス・ベイカーと共に人質となってしまう。
この時はシギントではなく本名の「ドナルドアンダーソン」として登場し、メタルギアソリッド主人公であり救出に来たソリッド・スネークと接触するが、まもなくソリッドに打たれていた「FOXDIE」により死亡してしまう。

・・・と思いきやソリッドと会話を交わしたドナルドアンダーソンは「デコイ・オクトパス」というリキッドの部下が変装した偽物であり、本物のシギントことドナルドアンダーソン本編開始前に同じくリキッドの部下であるリボルバー・オセロットによる拷問によって死亡しており、のちにソリッドが閉じ込められる独房内にその遺体が血液を抜かれ、蛆虫が湧いた状態で残されている。
リボルバー・オセロットは「あんなに慢強いとは思わなかった」と事故であったことを強調しているが、実際は同じ愛国者達のメンバーであり、ビッグ・ボスの遺体を奪還するためにために行動していたオセロットに口封じ的で意図的に殺されたことがのちに判明している。

かつてシギントメタルギアソリッド3線にて悪夢ガイサベージ)を見たスネークを励ますために自身が見た悪夢の内容を話すのだが、その内容は「二足歩行のクソタレが史上最悪の兵器を積み込み、そいつが通った後は何もかもクソタレになっちまう」というものであり、これはメタルギアソリッドにおける「メタルギアREX」のことを予知していると思われる。しかし皮にもシギント自身がその「クソタレ」の開発に関わることになるとは3の時点でのシギントは思いもよらなかっただろう。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B7%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%83%88
ページ番号: 5269436 リビジョン番号: 2088350
読み:シギント
初版作成日: 14/09/16 00:05 ◆ 最終更新日: 14/09/19 20:26
編集内容についての説明/コメント: 文章追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シギントについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2015/02/04(水) 22:53:48 ID: 6tsSJTMPou
まさかシギントの記事ができていたとは!

この人について今だにわからないのが、線でスネークから変装マスクについて「口は開かないのか?」という質問になんで逆ギレしたのかということ。

「口を開けたら敵にバレるだろ!」なのか「そんなこと出来るわけいだろ!」(技術的な意味で)なのか…。

2 : ななしのよっしん :2015/06/05(金) 18:36:38 ID: SJTgII1ciS
シギントDARPA局長が同一人物だと今初めて知った……、そろそろMGS4やろっかなぁ
3 : ななしのよっしん :2015/09/28(月) 20:11:33 ID: 6tsSJTMPou
スネークイーター作戦の時には二足歩行ロボを「ただの冗談」呼ばわりしていた彼は、その後開発されていく数々のメタルギア達を見て何を思ったのだろうか。
4 : ななしのよっしん :2016/05/11(水) 14:00:53 ID: trHn4lvXGC
>>3
彼の見た悪夢に出てきた「史上最悪の兵器を積んだ二足歩行のクソタレ」が
実際に開発され、量産され、そして世界中がそいつの通りになって、悪夢
とおり次々とクソタレになっていく様を見て、少なくともいい気分はしなかった
と思うが・・・でも、どうなんだろうな。彼も開発に携わってた訳だし・・・。
5 : ななしのよっしん :2016/05/29(日) 19:41:47 ID: 9W6zWI5OfI
>>1
前者なんじゃないかな。
口を開く=喋る
→「いくら精巧なマスクつけても出したらバレるに決まってるだろう」
ってことだと思う 多分
6 : ななしのよっしん :2017/01/14(土) 22:28:10 ID: MH5BhYZ0zp
1と3での扱いの差が…
7 : ななしのよっしん :2017/04/24(月) 18:58:20 ID: mA/YVyK0GM
シギントオセロットに、パラメディック雷電にぶっ殺されるけど
所詮敵役だからね、仕方ないね
8 : ななしのよっしん :2017/05/18(木) 09:23:02 ID: IP8R9wFkwI
愛国者達のAIネットワークを管理していたのがシギントだったことがめてわかったけど、TPPの後、彼自身はどの程度愛国者達に影を持っていたんだろうかね。
AIが成熟した後は管理を止めて自分もその配下に組み込まれたのか、あるいはシャドーモセスの時まで権限を握ってたのか、それによってシャドーモセス相が結構変わってくると思う。
後者なら2で大統領が言っていた事は偽装で少なくともREXの開発は愛国者達の導だったことになるけど、リキッドの蹶起がの差しだったのかはまだ確定できない。
この前提でもし愛国者達、シギントが事件の首謀者なら、FOXDIEの事も最初から織り込み済みだったのかもしれない。
蹶起メンバーAT社長を始末した上でREXデータだけを愛国者達が手に入れるためにオセロットに事件を起こすよう示が飛んだ、それをオセロットが逆手にとって本来死ぬ予定でなかったシギントを始末したって感じだろうか。
愛国者達がREXを作った理由は不明だけど、後の戦争経済を見据えて月光の様な兵器を普及させるための下準備だったのかもしれないな。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
9 : ななしのよっしん :2017/05/18(木) 09:27:55 ID: IP8R9wFkwI
長くなってきたので続き
でもそうなると愛国者達として戦争経済を進めたのがシギントってことになるけど、少佐に忠実だった彼がその意志とも違う戦争経済を推進したかが疑問に思えるんだよね。
やっぱりある程度の権限を保ってたにせよ、導権は既に代理AIがもってたのかもしれない。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829