単語記事: シドー

編集

シドーとは、ドラゴンクエストシリーズに登場したモンスターである。破壊神シドー

概要

ドラゴンクエスト2ラスボス。ロトの子孫たちに破れ瀕死になったシドー(緑)ハーゴンが、自分自身を生贄としてげることで降臨させた破壊神ハーゴンが率いた邪神をあがめる宗教組織のであり、その名の通り世界を破壊するである。

一般にはあまり知られていないがの二つのカラーがある。これは、の2体がいるエスタークと同じようなものである。最近ではシドーの方がDQMシリーズなどでゲスト出演しているため、い姿のほうが有名。

シドー(青)FC版のシドーは、破壊の権化であり、狡猾なハーゴンべると知は高くない。しかし、炎を吐き、眠りにいざなう攻撃を繰り出してくる。何よりも恐ろしいのが、破壊神でありながらベホマを唱えて全回復してしまうというで、まさにの名に恥じない強さであった。
SFC以降のシドーベホマこそ使えないがそれを補って余りあるを持ち、スクルトを唱え防御を固めた上、ルカナンでこちらの防御を手薄にするなど、狡猾だったハーゴンに負けず劣らずとしての威厳を保っている。しかし、ラリホーで眠ってしまうなどかわいい一面もあり、パルプンテで逃げ出すこともたまにある。

なお、ドラゴンクエスト9には元気に出張中、高レベルになるとベホマを使用するようになる(HP999回復)。モンスターバトルロードの第5章で、シドーと戦っている最中、9のすれ違い通信を行なうと、シドー地図ゲットできた。自分を生贄にしてまで呼び出してくれたハーゴンは出場できないにもかかわらず、自分だけ出場しているのは、やはり破壊神としての威厳のなせる業か。

DQMシリーズでも毎回登場しており、多くの場合配合元にハーゴンが含まれる。
DQM2では最終進化系である「ジェノシドー」が登場。シドーの生まれ変わった姿であり、強大なの全てを破壊に用いる。その悪さに溢れた姿は、禍々しい悪魔を彷彿とさせる。しかしそれ故に信仰する者も多いという。その後、しばらくは登場の機会はなかったが、DQM2リメイク版で再登場。デザインも一新され、四の巨大モンスターという位置づけがなされている。また、本作では狭間の闇の王の使者として、主人公たちと戦う事になる。

DQMJ以降も登場しているが、他の魔王との差別化や先述のベホマイメージからか一貫して回復役に向いた性になっており、どの作品でも一貫して所持スキルは[HP回復]で、特性として回復のコツを持っている。
半面、攻撃が低いために物理アタッカーには向かず、反対に賢さは高いため呪文での攻撃が得意という、原作とは逆の性になっている。
ちなみに最新作に至るまで一貫してランクS。あろう事かハーゴンと同じ。しかもラスボス
Sと言う事はメタルスコーピオンやスラリン船・スライバ船、トロデやトーボにもランク負けするサソリや船や非戦闘員やネズミに負ける破壊神って何なのだろうか…。

漫画ドラゴンクエストモンスターズ+」では『II』の世界のその後が登場していたが、そこではローレシアの王子が「破壊神を破壊した男」として民衆から忌み嫌われていた。これはバズズの残留思念が民衆に「ロトの末裔の中で魔法を持たず、魔法の助けなしにシドーを倒したローレシアの王子は、破壊神をもえる化け物なのではないか」と吹き込んで負の感情を煽り立てたためである。

アニメドラゴンクエスト~勇者アベル伝説~」では、ハーゴンの姿がシドーと酷似した魔物として描かれていた。なおハーゴンをはじめとする多くの魔物ゲームとは異なる設定で登場しているので、当然ながらこれは本作独自の設定である。

DQの画集によれば、彼の姿はドラゴン)であるようだ。この事から"ドラゴン"クエスト2と呼ばれているのではないかとも言われている。

ヒンドゥー教の最高の一つ、破壊を「シヴァ」がモデルだとする説が有名。また、シドー世界が破滅した時、新たな世界を創造する為に現世を破壊するシヴァと同様の役割を担っていたのではないか?とする見方もある。
DQMJでのは、初めは破壊神で後に再創造にもなったシヴァが元ネタというこの説を裏付けているようでもある。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B7%E3%83%89%E3%83%BC
ページ番号: 4159454 リビジョン番号: 1974397
読み:シドー
初版作成日: 09/09/13 22:28 ◆ 最終更新日: 14/02/14 02:28
編集内容についての説明/コメント: 概要の加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

シドーについて語るスレ

45 : ななしのよっしん :2013/08/06(火) 12:50:21 ID: qk/sGR9Mwm
>>DQMシリーズでも毎回登場しており、多くの場合配合元にハーゴンが含まれる。
テリワンルカイルでは配合元にハーゴンは含まれてないので、ちょっと事実矛盾してないか。
GB時代のモンスターズではジャミラスローズバトラーシドーが作れるけど、ローズバトラーの配合元の?系はハーゴンも含めた種族で、必ずしもハーゴンだけとは限らない。
ちなみに私がGBモンスターズのローズバトラーといった?系モンスターを相手に使用する配合は、竜王(変身前)を素材の調達難易度の低さからよく使用していました。
46 : ななしのよっしん :2013/12/20(金) 22:58:54 ID: gcsjbnZH/e
リメイク版でベホマ削除で代わりにHP増になっていたが、この仕様変更のおかげで、
偶然だが新しく発生したマヌーサ→ザラキバグでもシドー(とベリアル)は即死しないようになっているんだよな。

最良の「1ターンで他キャラ使う→サマルのザラキ」になっても撃破に7ターンかかるわけだし。
47 : ななしのよっしん :2013/12/28(土) 19:37:49 ID: p9mq6Np9NB
リメイク版はHP以外にもしい炎のダメージ域が90~110と正直狂ってるレベルに強化されてるしなー
耐性防具しだと冗談抜きで消し炭にされる
おまけシドーの素さが中途半端すぎて適正レベルだと先攻後攻が全然定しないのも面倒
まあ行動のムラが大きくてスクルトルカナンばっかの時もあるんだけど
48 : ななしのよっしん :2013/12/29(日) 12:12:46 ID: LZIBZmm7df
突然呼び出されて勇者に殺されるかわいそうな人
49 : ななしのよっしん :2014/01/13(月) 23:21:25 ID: VLspc0YjEB
破壊だけしか頭の中になさそうなこいつすら逃げだす、
「とてつもなく恐ろしいもの」の正体が気になってる。
50 : ななしのよっしん :2014/01/13(月) 23:25:41 ID: h8Ha0kKksr
ダークドレアムじゃないのん?
51 : ななしのよっしん :2014/02/23(日) 00:57:19 ID: JVpShhTn98
>>49
トシリーズで言えばゾーマだと普通に思ってたけど
52 : ななしのよっしん :2014/02/23(日) 22:14:39 ID: 1c7yams8F2
ゾーマじゃ逃げなそう
53 : ななしのよっしん :2014/03/10(月) 02:29:02 ID: VBpcUJ3Swd
ゾーマベホマとかでダメージ受けるのはこいつのベホマと関係あるのだろうか
54 : ななしのよっしん :2014/03/15(土) 00:06:41 ID: n5gJi2XOIL
なんでラスボスの中でこいつだけ捏造形態以外でSランクまりなん
あとから出てきた設定もよく分からんジェノダークがなぜかシドー素材SSランクになってるし
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015