単語記事: シューティングマッチ

編集

概要

シューティングマッチとは、ピストルライフルを使う射撃競技の総称である。

ほとんどの場合サバイバルゲームはこれに含まれない。

イメージとしては、軍や警察の射撃訓練を想像すれば良い。

シューティングマッチの発祥

 シューティングマッチのはしりは、20世紀中盤にアメリカで行われていたファトドロウ勝負であるとされる。

 同時期に発足したシューティングクラブ、”ベアーバレーガンスリンガー”はに一回程度マッチを開催していたが、距離的な負担が大きく、メンバーがそれぞれの地元のリーダーとしてリーグを立ち上げる事となった。これが世界初のコンバットシューティング団体、”SWPL(South-West Pistol League)”である。

 当時の競技はむしろ射的に近く、実践的とは言い難いものだった。ベアーバレーの元メンバーであったジェフクーパーは、「パワー」「スピード」「アキュラシー」が重要なファクターであると考え、動く標的の追加や、速さと正確さの両立といった基準を加えた。これが共感を得て、1976年、遂に世界的な射撃連盟”IPSC(International Plactical Shooting Confederation)”を発足させるに至った。

競技種目

 競技には画一された種いが、以下のような種類の競技がされている。

ブルズアイ競技
動かない的にいかに正確に弾を命中できるかを競う。(APS、五輪射撃等)
スピードシューティング
いくつかの的にいかに速く弾を命中できるかを競う。(スチールチャレンジ等)
プラクティカルシューティング
様々な事態を想定して射撃する、より実践的な競技。(IPSC競技等)
プリンキング
得点などを競う事なく、缶やの標的を自由に射撃する。

他にも多くの競技があり、日本では同好による小規模なシューティングマッチが開催されている。また、レンジのあるショップは大抵、定例マッチをやってたりするので一度覗いてみよう。

レースガン

 シューティング競技の中でも特にスピード系の競技的に改造、使用される拳銃)をレースガンと呼ぶ。

 ベースとなるの多くはコルトM1911A1である。これはこのの静止、堅さ、信頼度の高さからであり、当初はノーマルのまま使われていた。次第にパーツの大化(操作性確保)、グリップサイト交換等のカスタムがされるようになり、”ボブチャウ・スペシャル”や、”センチメーターマスター”といったカスタム品が作られるようになった。

 その流れの中で、競技用と実用の2分化が起こった。70年代には低迷期に入っていたキャリーガン(個人携行向け)は90年代から再する。これは軍や警察などが訓練としてプラクティカルシューティングを取り入れた事による、ノウハウの流入によるものだと言われている。その頃からSTIなどの大手カスタムメーカーも、用を意識したキャリーカスタムの生産を多くするようになった。

日本国内でのシューティングマッチ

 日本では実の所持が難しいため、エアソフトガンを使用して各種競技が行われている。

 内で最も有名な競技会は”JSC(Japan Steel Challenge)”であると思われる。これを出所とする競技種が各所で行われている。中でも”Five To Go”はスピード系競技者ならば知らぬものはいないという程のメジャーだ。

 また、マグプルダイナミクスに代表される近年のタクトレ人気に乗じてタクトマッチを開く機会が増えているようだ。

 使用されるガンについては、マルイハイキャパやKSCSTIシリーズを見る機会が非常に多い。ダットサイトを搭載したものや、依託射撃用のレストを装備したものもあるが、「リミテッド競技」などでは一定以上のカスタムを施すと規定違反となることもある。(例:「バレルは露出してはならない。」など)

関連動画・マイリスト

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%81
ページ番号: 3315075 リビジョン番号: 2002181
読み:シューティングマッチ
初版作成日: 09/05/25 18:52 ◆ 最終更新日: 14/04/06 21:30
編集内容についての説明/コメント: 関連項目を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シューティングマッチについて語るスレ

1 : ぺりっく :2009/05/25(月) 20:50:36 ID: syachzSONm
若干整形しました。
記事を立てたのは関連動画投稿されたのと同じかたですか?
動画数が多いようならマイリストにまとめておくと便利かと思います。
2 : ケルベロス :2009/05/25(月) 23:06:01 ID: Lgr9/H6u+1
その通りです、私が書きました、整理して頂き有り難うございます。
3 : ななしのよっしん :2011/10/31(月) 05:39:35 ID: J8psc1LT4T
コミュニティ設置、追加しました。
ぜひご利用ください。
4 : ななしのよっしん :2012/03/04(日) 22:53:22 ID: ZLf+UjQN7w
スピードシューッティングクソフイタwwww
5 : KRTさん(三十路) :2013/06/04(火) 01:22:36 ID: zGIU5eKgDW
ATPFとかスティールチャレンジとかに興味はあるけれども、ドットサイトやそれを載せるレール、フロントヘビーにしてロングバレルを固定する(発ガスを上に逃がす本来の役割と違う)コンペンセイター、IPSCホルスター・ベルト…など、初期投資の高さで込みしてしまう自分がいます。

アキコンプ高いお…。
6 :    :2013/06/07(金) 20:49:02 ID: TZUfldOEZd
別にスチールチャレンジでもノーマルガンレギレーションがあるからそっちで行けばいいかと
どうしても作りたくてレースガンを作るなら「自分に合ったカスタムと発想が必要」な点に注意、マウントは足つきC-moreをレプリカでも良いから手に入れると楽
レースホルスターはCRスピードが実物でも安く手に入るから割とお勧め、サファリランドレースホルスター最上とされるけど最初はCRスピードかGHOST辺り、そのうちに突き詰めるとホルスター改造し始めるから、に関しては10mで固定射撃にてグルーピング5cmまれば及第点だと思う(まあそこまで散る物はないが) そしてシアをしっかり磨いてバリを落とす事
傾向として上位はWA使用者が較的多いかな、トリガーフィーリングの問題かもだけど
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015