単語記事: ショゴス

編集

ショゴスとは、機質から造られた“人造召使い”であった

概要

初出は「H.P.ラヴクラフト」の著作『狂気山脈狂気の山脈にて/原題:At the Mountains of Madness)』。
作中では可塑性の高い電車大のアメーバのように描写されている。
元々は、太古の地球に飛来した「古のもの」によって生み出された奉仕種族であったが、
次第に自己を確立するようになり、である古のものにも制御ができなくなっていった。
古のものは太古の南極に、その居留区を置いていたが地球環境変化と、
文明───人類のそれとは異なる───の頽によって種としてのポテンシャルが低下し、
ショゴスの叛乱もあって、残存している固体の大半が人工冬眠の状態にある。
そのため、ショゴスは“ほぼ”野放し状態であり、魔術師めに応じて姿を現す事もある。

ゲームなどにモンスターとして登場する事もある(ペルソナ2など)が、本来は、普通の人間では、
太刀打ちできる代物ではないので、遭遇した場合は即座に逃走する事を勧める。
旧支配者(古のものがこう呼ばれる事もあるが、ここでは蕃、所謂「外なる々」をす。)などと違い、
その冒涜的な外見を除けば、SAN値に対する影は少なく、むしろ物理的な脅威の方が大きい。

なお、小説ゲームTRPG)では設定が著しく異なり、以下にそれを記す。

小説

大きさ、色、形、硬さ、質感を自由に変えられる可変生物。ある王子の依頼でショゴスを探していた男はツァトゥグァのペットだったショゴスを盗むが、に隠しておいて王子に報告している間に暇を持て余したショゴス全体と隣接する町全てを一みにしてしまった。又、ある女子大生マリリン・モンローに変身させて町を歩かせたがモンローそっくりな女性としか、皆、想わなかった。人間に変身した時は普通に言葉を話せる。

ロバートブロックの「人ので発見された手記」で怪しい男に変身して主人公達と会話した存在もショゴスと呼ばれている。

年を取れば取る程、巨大になる。又、自や知の発達は個体差がある。

ミスカトニック大学では一般の学生にもその名が入って来る程、オカルト関係では有名な生物となっている。

 

ゲームTRPG

形は変えられるが大きさはそのままで変身出来ない。一、に当たるショゴスロードのみ人間らしい姿に化けられる。

ロバートブロックの「人ので発見された手記」で怪しい男に変身して主人公達と会話したショゴスと呼ばれている存在はシュブ=ニグラスの千匹の山羊の一体である・・・はあ?

え~、ゲームTRPG)ではラヴクラフトの創造物に関して基本的にラヴクラフト作品に登場した設定と、ゲーム側で設定したもの、それにゲーム側の行った設定に則したもの以外は認めていない様なので、こうなったようです。

 

テケリ・リ

ショゴスを扱う上で欠かせないキーワードのひとつ。
元ネタは「エドガーアラン・ポォ」の著作『ナンタケット出身のアーサーゴードンピム物語
(原題:The Narrative of Arthur Gordon Pym of Nantucket)』に登場する、
南極に生息する純の巨が発する鳴き
ラヴクラフトがポォの影を受けていた事もあって、ショゴスの鳴きとして採用したものと思われる。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%B4%E3%82%B9
ページ番号: 4071787 リビジョン番号: 1500560
読み:ショゴス
初版作成日: 09/07/18 08:36 ◆ 最終更新日: 12/04/15 01:07
編集内容についての説明/コメント: ショゴスについての解説
記事編集 / 編集履歴を閲覧

ショゴスについて語るスレ

36 : ななしのよっしん :2012/10/02(火) 23:02:47 ID: G3NYCf/oqv
>>34
テケリ・リ?
37 : ななしのよっしん :2012/10/06(土) 21:22:21 ID: y2OLbrTMgW
>>34テケリ・リ!?
38 : ななしのよっしん :2012/10/06(土) 21:30:49 ID: gIk9hWJXAz
てけり・り
39 : ななしのよっしん :2013/01/30(水) 04:40:30 ID: 4q9xb9iRQK
うちのメイドは不定形2巻!5月に発売ですよ!
http://togetter.com/li/445583
40 : ななしのよっしん :2013/02/27(水) 08:06:04 ID: 5fXpnStGri
テケリさん2巻マジ!?
5月が待ち遠しい
41 : ななしのよっしん :2013/05/10(金) 01:25:06 ID: Y4gBJEUJjN
テケリさん2巻の解説がまんまタイタス・クロウの帰還だった件
なんだあれwww
42 : ななしのよっしん :2013/05/23(木) 23:32:02 ID: j9jIASk7Pw
新世界よりのバケネズミを見てなんかどっかで見たことあんなーと思ってたら
ショゴスだこれーと気づいた
元ネタフランケンシュタインの怪物やメトロポリスなんだろうけど
43 : ななしのよっしん :2013/06/07(金) 00:42:57 ID: 4q9xb9iRQK
TRPGの所で名前があがってるショゴスロードは、マイクル=シェイの『ファットフェイス』出身らしい
http://d.hatena.ne.jp/Nephren-Ka/20100319/p2
44 : ななしのよっしん :2013/06/26(水) 12:37:30 ID: qkfTB4ltIN
念のため何度も読み返しましたけど、「人ので発見された手記」のショゴス(と呼ばれている何か)が人間に変身したという描写も、示唆も両方みあたりません。
45 : ななしのよっしん :2013/09/19(木) 00:16:40 ID: foCkHrotZN
>>44
の中にいる蹄があるい木
・木を崇めるドルイド(と呼ばれる何か)
・古井戸から緑色液とともに出入りする何か
をした大勢の男
主人公の親戚に化けた怪人
・郵便を襲ったい木のような何か
・祭壇に現れた巨大ない木のような何か
作中のクリーチャーこんなところだが、最後のもの以外は同じものと解釈する向きは多い。明言されていないのはその通りだが、ほのめかすという意味での示唆ならされている。
もちろん全部が別物かもしれないし、むしろ見た明らか山羊なのにショゴスと呼ばれているとか作中にも矛盾点がある。

ただしラスト直前の「親戚に化けた何か」の台詞で、そいつは古井戸の底から緑色液まみれでやって来たことは間違いないので、親戚に化けていた何かはショゴスであることは確定と思われる。
グニャラくんの本が出ました!
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015