単語記事: シルヴァ・バレト

編集

シルヴァ・バレト(Silver Bullet)とは、機動戦士ガンダムUCに登場するMSである。

概要

機体諸元
式番号 ARX-014
所属 地球連邦
頭頂高 22.2m
本体重量

33.3t

35.2t(ファンネル装備

ジェネレーター出 5.250kw
装甲部材 ガンダリウム合
武装

60mmバルカン砲×2

ビームサーベル×2

ビーム・ライフルジェガンと共通)

インコム×2(通常のみ)

有線式ハンド×2

肩部ビームキャノン×2

シールド(2連装ミサイルランチャー/ビームランチャー

12連装対MSミサイルランチャー×2(通常のみ)

対艦ミサイル×2(オプション兵装)

有線式フィン・ファンネルファンネル装備

第一次ネオジオン抗争後、地球連邦は小惑星基地〈アクシズ〉に予備戦として温存されていたネオジオン軍の重MSドーベン・ウルフ〉を接収。
その機体をベース準サイコミュ量産型MSテストベットとしてAEアナハイムエレクトロニクス)社が修した機体が本機である。


修点は一部武装の撤去と各装甲部材の更新である。
機最大の特徴であったジェネレーター直結メガ粒子砲はオミットされ、総重量も3t軽くなっている。
携行武装のビームランチャージェガンシールドと一体化した複合兵装という形で残されている。
軽量化とジェネレーターに余裕ができたことで機動性と機体稼働の安定性が向上。
即実戦投入しても問題ない数値を叩き出すなど、試験機としては破格の高性機に仕上がっている。
ただし、この数値は一部スタッフの「個人的な執心」による装の結果であるという言もある。
武装をオミットし、火力を絞り込んだとはいえ武装の豊富さは原機譲りで、その火力はUC時代においてもトップクラスを誇る。

 頭部は連邦仕様に変更されており、準サイコミュ試験用のガンダムヘッドと強化センサーを搭載したジムヘッドの2種類が存在する。また本機のバリエーションとして、背面に有線式のフィン・ファンネルを搭載したファンネル装備が存在する。この機体は0092年に稼働試験が行われ、運用データサイコミュ搭載機の開発に影を与えたとされる。
形式上は連邦軍所属であるが、稼働試験後はAE社が厳重に管理しており、実質はAE社の上位に位置するビスト財団所有の機体である。

本機の名称であるシルヴァ・バレト(Silver Bullet)とは、「の弾丸」を意味する。
古来西洋においてで作られた弾丸は、狼男悪魔などの魔を滅するを持つと信じられてきた。
」の名を冠するドーベン・ウルフ(Döven Wolf)の修機である本機が「の弾丸」の名を与えられるとは、なんとも皮な話である。

 

 

余談であるが、本機の修にはオーガスタ研究所の元スタッフたちが携わっている。
オーガスタ研究所といえば、ドーベン・ウルフシルヴァ・バレト両機の大元となった機体、〈ガンダムMk-Ⅴ〉を開発したことで有名である。
数奇な運命に振り回され、名を変え、姿を変え、3代に渡って連邦ジオンの両営を渡り歩いた彼らは何を思うのだろうか。

 劇中での活躍

漫画機動戦士ガンダムUC バンデシネ」

本機が初めて登場した作品。
ガンダムヘッド1機とジムヘッド3機がRX-0ユニコーン〉のアグレッサー(仮想敵機)を担当した。
(以下ネタバレのため反転
搭乗者たちの人間関係のもつれもあり、4対1のリンチ同然の戦闘でユニコーンを苦しめるが、擬似NT-Dの発動によりユニコーン暴走ジムヘッド1機を除く3機が大破・撃墜され、暴走したユニコーン側のパイロットも強なGに耐え切れず死亡するなど、大惨事となった。

OVA機動戦士ガンダムUC

episode7に登場。
ビスト邸からユニコーンへ向かうバナージを守るため、ガンダムヘッドガエル・チャンが搭乗。
立ちふさがるネオ・ジオング相手に豊富な武装を活かして奮戦するが、如何せん相手が悪く、四肢と武装を潰され大破。危うく撃墜されかけるが、バナージが呼び出したユニコーンによって救われ、ガエル生存している。
名前こそガンダムの名を冠してはいないが、守るべきもののために強大な敵に臆せず立ち向かうその姿は、まさしく「ガンダム」であったと言えよう。

関連動画

関連商品

シルヴァ・バレトに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

シルヴァ・バレトに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%88
ページ番号: 5240086 リビジョン番号: 2066952
読み:シルヴァバレト
初版作成日: 14/06/12 01:35 ◆ 最終更新日: 14/08/09 09:46
編集内容についての説明/コメント: ファンネル装備型に付いてない武装に通常型のみを記載
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シルヴァ・バレトについて語るスレ

22 : ななしのよっしん :2015/10/24(土) 16:36:50 ID: NdpkSFIYYz
>>19
もとのシルヴァはだいぶ顔はダサいよ
アニメだとイケメン化したけど(プレバンのプラモガエル専用機は頭部形状が違う)

>>21
というかZZの時代のMSってみんなオーバースペックだから実際UC外伝や本編においても遜色戦えている機体が多い
23 : ななしのよっしん :2016/02/03(水) 15:34:53 ID: eq6ZKGcdDp
UC本編を見ていないから、漫画序盤のガンダムヘッドのヤラレメカって認識しかなかったな。ドーベンっぽいけど何でこんなに弱いの?って思ってた。
24 :   :2016/03/25(金) 15:13:10 ID: yJL4tLom5k
実は営だけではなく
MK-V:センチネル(ホビー誌オリジナル)→
ドーベン・ウルフZZTV)→
シルヴァ・バレト:UC(OVATVでも出るか?)

と3媒体を渡り歩いたしい機体でもある
25 : ななしのよっしん :2016/04/06(水) 22:38:10 ID: LddTxmoLWp
ある意味ガンダムMk.だな。
26 : ななしのよっしん :2016/07/01(金) 19:34:47 ID: jeZjRCrpMA
スターウォーズの最新作であるEP7だけど、終盤でのライトセーバー戦の各キャラクターの構図が、UCにおけるビスト邸前での各MSの立ち位置とすごく似ている気がするんだよね。

ネオジオン製の機体を連邦改造したシルヴァ・バレトはかつてストームトルーパーであったがレジスタンス側に転身したフィンFN2187)、連邦系の機体をジオン装したシナンジュがかつてはパダワンであったがダークサイド側に転身したカイロ レンバナージの叫びによって呼び出されたユニコーンレイ、であると考えると

シルヴァ・バレトシナンジュに立ち向かう(ユニコーン待機)→フィンVSレンレイ気絶)
シルヴァ・バレトが圧倒され窮地に→セイバー戦でレンに圧倒され重傷を負わされるフィン
バナージの叫びにより起動するユニコーンレイフォースに覚醒

みたいにすごく似通って思える。

しかもレイバナージは戦いに身を投じる前は両方ともジャンク修で生計を立てており、親と離れ離れになっているという共通点まであるし
27 : ななしのよっしん :2016/08/21(日) 09:05:48 ID: fNOvIBkbkF
>>19
上方からガンダムヘッド見るとダサく見えるけど正面や下から見ればちゃんとガンダムしてるよ
28 : ななしのよっしん :2016/09/05(月) 21:08:43 ID: wJr7C1VFOW
>>23
OVAでもそうだけど、相手が悪すぎたとしか…
実戦経験ゼロでもギリギリシナンジュと渡り合えるユニコーン暴走状態とか、武装山盛り+インチキ機サイコシェード持ちのネオジオングとか、どっちもマトモな方法で勝てる相手とは思えん…
29 : ななしのよっしん :2017/03/22(水) 20:31:14 ID: r40Mz510cW
なんでドーベンウルフなのにツラがガンダムなんだ?と思ったが、ドーベンウルフってたしか、設計思想や中身がガンダムなんだっけ?
30 : ななしのよっしん :2017/05/12(金) 23:59:15 ID: XjT3h6qKza
コイツの存在おかしくないか?
準サイコミュ試験用っていうけどSガンダムにはインコムが採用されていた訳だろ、後付の極みだよな
31 : ななしのよっしん :2017/05/21(日) 02:10:20 ID: SHPHuWoNrg
>>29
作内の話をすればアンクシャゴーグルアイに、逆にクシャトリヤモノアイに変わったのと同様
連邦系だから連邦ヘッドにつけかえただけだろ

ドーベンウルフの出自の話をすると、ガンダムMk-Vジオン修という説の他には、
ネオジオンが入手したサイコガンダムMk-IIを小化したという説だった頃があり
どっちにしてもヘッド以外は元々ガンダム

>>30
そこはSガンを出す前にこの時代には量産型νガンダムの話まで出てきてるのに、だろ

強いて言えば連邦開発でジオンに流れて出戻ってきたという特殊な出自から
サイコミュ技術の融合面から研究する価値があったのかもしれんけど
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015