編集  

シロフクロウ単語

シロフクロウ

シロフクロウとは、フクロウフクロウワシミミズク属のフクロウ仲間である。

概要

ハリー・ポッターでおなじみの、真っ白フクロウである。しかし、真っ白なのはオスのみで、メスや若い個体は褐色の縞模様がある。
全長は50~65cm開長は140~165cmほど、体重は1.6~3kgの、大フクロウである。北極圏のツンドラ原、開けた岩場などに生息しているが、の時期はアメリカ合衆国北部くらいの緯度にまで南下する。フクロウの中ではしく、間にも活動する。これは、北極圏の白夜であることと関係している。の時間が短いからこそ、間でも活動できるようになっているというわけである。

そもそもが生育しにくい環境であるためか、に止まることはめったになく、単独で平原の氷塊や切りの上など、見通しの効く高い場所に止まることが多い。地面に止まることが多いためか、歩行速度フクロウの中では速い方。とはいえ、かぎが邪魔をしてそれほどスマートには走れない。
寒いところに生息しているため、暑いところは苦手。暑いと人間にとっては面く見える顔をして、呼吸して熱を逃がす。面いからといって暑くしてはいけない。また、まぶしかったり眠かったりしてを細めている顔が、笑っているようにも見える。やはり、わざとそういう顔にしてはいけない。

野生でのエサは、レミングやヤチネズミなどの小ネズミを食べる。飼育下では他のフクロウ同様、マウスや冷凍ヒヨコなどを与える。ヒナの頃から人間と接していないと懐かないのは他のフクロウと同じである。

繁殖成功率はエサの多さに例しており、エサが少ないと繁殖行動すら取らない。親は縄り意識が強いため特に危険で、たとえオオカミに対しても襲いかかる。
動物園では、場は暑さを避けるために展示されない場合もあるが、かといってだと今度は鳥インフルエンザを避けるために展示されないという場合も多い。インフルエンザが流行する前だと結構元気な姿を観ることができる。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%A6
ページ番号: 5516134 リビジョン番号: 2556902
読み:シロフクロウ
初版作成日: 18/01/25 21:47 ◆ 最終更新日: 18/01/25 21:47
編集内容についての説明/コメント: 新規作成
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シロフクロウについて語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • シロフクロウについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829