単語記事: シンデレラローテーション

編集

世界に通用する、あなたの手腕で存分に振るうといいわ
― ヘレン談 ―

概要

 シンデレラローテーションとは、フュージョンP制作の、アイドルマスターシンデレラガールズに登場するアイドル達の芸活動を描いた、短編NovelsM@ster作品のシリーズ名称である。


 本シリーズは、前作「サンキューユッキ」の完結から僅か5日後の2014年4月27日より投稿された。
 フュージョンP自身の作画による立ち絵を使用した紙芝居形式というフォーマットは前作と同じ。ただし、今作からは16:9の画面サイズに対応。
 短編集のため、第○話というナンバリングではなく、各話ごとに焦点の当たるアイドルの名前がタイトルとなる。

 世界観や所属事務所などの設定は共通しているものの、野球メインだった前作とは異なり、アイドル群像劇として彼女(彼?)達の情を深く描く作品となっている。
 とはいえ、初回が野球オチだったり、「ローテーション」や「トラアウト」など地味野球に関する単がチラホラあったり、むしろ積極的に関係者が現れる回があったりするのはご嬌。やっぱり野球じゃないか!(歓喜)

ネタバレ注意 ここから先は、若干ネタバレ成分が含まれています。
直接的な表現はなるべく控えているつもりですが、その旨ご了承ください。

登場人物・シンデレラガールズ及び事務所関係者

ワールド・プロ所属メンバー

坊西プロデューサー
 ワールドプロ代表プロデューサー。前作登場済、本作1話登場。
 小さくも独立事務所を構えていたのに、ヘレンと出会って以降は振り回され気味。
 仕事で来ていたアイドルトラアウトの場でも、彼女に押し切られることになる。
服部瞳子
 ワールドプロスカウトされたアイドル。本作1話で初登場。大分出身。
 あの敏腕豆腐メンタルPと同様、一度はデビューしたが挫折した過去がある。
 その言動はいちいち重いが、アイドル活動は諦めない執念は持つ。
ヘレン
 ワールドプロ所属アイドル。前作登場済、本作1話登場。海外佐渡島出身。
 むしろ坊西Pに拾われた形なのに、相変わらず世界レベルの自信を持ち続ける。
 まるでスカウトのように振る舞うが、それも彼女の魅なので仕方ない。
通りがかりの主婦
 ヘレンが商店にてワールドプロスカウトしてきた女性。本作6話で初登場。
 かなりの婚で29歳にして13歳のを持つ。普段は常識ある庭的な母親
 その裏では、戦車パーティー会場に乗り込む等の藉を働いている。

119プロ所属メンバー

多村プロデューサー
 119プロ代表兼プロデューサー。前作登場済、本作未登場。
 有名アイドルを育てる有能Pだが、常に怪しているか風邪をひいてる男。
 前作終盤はミイラ男と見紛う姿だったが、中身は渋い声のイケメンのはず
北条加蓮
 119プロ所属のアイドル。前作登場済、本作9話登場。東京出身。
 神谷奈緒渋谷凛の親友で、仕事でもユニットを組んで活動している。
 幼い頃の虚弱体質をし、若干の畜生っ気もあるぐらい逞しくなった模様。

222プロ所属メンバー

成瀬プロデューサー
 222プロ代表兼プロデューサー。前作登場済、本作2話登場。
 抜けたところもみられるが、実際には複数の上位ランカーを輩出する有能P。
 その意味で一発病持ちっぽくないが、だらしない体付きが悩みの種。
財前時子
 222プロ所属アイドル。本作2話で初登場。名古屋出身。
 デレ要素皆無のSアイドル趣味料理”は、料理のことではない。
 縄跳びを持ったトレーナー姿ですら、同好の士の心を掴んで離さない。
アナスタシア
 222プロ所属アイドル。前作登場済、本作2話登場。北海道出身。
 ロシア人のパパを持つハーフ。そのパパは、かなりの筋肉質らしい。
 まだ15歳なのに、あんなにしていいものか・・みくにゃん15歳だが。
前川みく
 222プロ所属アイドル。前作登場済、本作2話登場。大阪出身。
 遂に、誕生日どころか、第三回総選挙順位(22位)までも極めた猫娘。
 自分を曲げないと言いつつマスコットガール狙いの球団変更は吉とでるか?

280プロ所属メンバー

プロデューサー
 280プロ代表兼プロデューサー。前作登場済、本作未登場。
 機械のような冷静さを持った有能P。一方、所属アイドルは意外にも個性的。
 前作で他事務所アイドルに困惑するところを見せ、微妙に人間アピールした。
神谷奈緒
 280プロ所属アイドル。前作登場済、本作5話登場。千葉出身。
 太ツンデレ少女事務所内では先輩で、新人アイドル教育係を任された。
 とはいえ自身もまだ17歳であり、友人同様の蒼歴史保持者・・かもしれない。
二宮飛鳥
 280プロ所属アイドル。本作5話で初登場。静岡出身。
 斜に構えたボクっ娘中二病患者を自認し、その方向性は渋谷凛に近い。
 アイドル活動自体にはに取り組むところは、Pの陶か。

315プロ所属メンバー

山村賢
 315プロ事務員。本作15話で初登場。
 いつも額にかけている縁の伊達眼鏡が特徴の、の短男性事務員。
 さる諸事情によって、仕事ができない無能な人物と思われているが、果たして・・

51プロ所属メンバー

前田プロデューサー
 51プロ代表兼プロデューサー。本作10話で初登場。
 天才肌で孤高の人に見えるP。しかしそれもアイドルのことを考え続けているため。
 活躍する同期との差に悩む未央に、天才らしいアドバイスを送ることになる。
本田未央
 51プロ所属のアイドル。前作登場済、本作10話登場。千葉出身。
 とも友達になれる性格だが、それ故にPa系ではパッとせず苦労を重ねていた。
 しかしかつて無個性と蔑まれたアイドル同様に、ついに大輪のを咲かせた。
正体不明の少女
 さる嗜好団体の布教活動家。前作登場済?本作13話登場、埼玉出身?
 桃色を持ち「」多用する喋りが特徴。51プロに所属していた模様(16話)。
 黄色の髪を持ち「☆」多用する喋りをする妹のことは推さなくて良いのだろうか?

961プロ所属メンバー

黒井崇男
 961プロ代表取締役社長。本作14話で初登場。
 765プロ社長と因縁があり、事あるごとに765プロメンバーの前に立ちはだかる。
 765プロかにえる企業規模のはずだが、やることは案外セコイことが多い。
玲音
 961プロ所属アイドル。本作14話で初登場。出身地不明。
 水色の瞳を持ち、あらゆる情報に包まれたオーバーランアイドル
 ViDaVo全てで級の才を持ち、かつての日高舞に匹敵するとも噂される。

999プロ所属メンバー

小野寺プロデューサー
 999プロ所属プロデューサー。本作3話で初登場。
 同僚の大沼社長星野Pと共に、燃え上がる熱い何かを持っているP。
 仕事も普段はきちんと応対できるのだが、たまに回りしてしまう。
日野茜
 999プロ所属アイドル。本作3話で初登場。栃木出身。
 身長がたった148cmしかないことを全く感じさせない、常に全熱血のラグビー
 元気があれば何でもできることを言している、璧な脳筋イノキの同類。

082プロ所属メンバー

プロデューサー
 082プロ代表兼プロデューサー。前作登場済、本作4話登場。
 前作では、どう見てもただのダジャレ親父にしか見えなかった人物。
 だが、アイドルのことも考えつつ企画を立ち上げるところはやはり敏腕P。
高垣楓
 082プロ所属アイドル。前作登場済、本作4話登場。和歌山出身。
 ヘテロクロミア秘的な雰囲気を持ちつつ、親父ギャグも発する美女
 やはりギャグ好きな相Pとも話が合い、企画の相談相手にもなっている。
市原仁奈
 082プロ所属アイドル。本作4話で初登場。静岡出身。
 たった9歳の最年少アイドル。年相応?のかわいい着ぐるみ集めが趣味
 しやがりますかの親父口調で話すが、父親海外勤務で寂しがり屋な一面も。

他事務所所属メンバー

ベテラントレーナー
 アイドルトレーナー。本作2話で初登場。栃木出身。本名は青木聖
 トレーナー姉妹の次女。体育教師のようにプランを作成し厳しめな態度で導する。
 サボりを見抜けないあたりは、ちょっと脳筋っぽいところもある。
上田鈴帆
 自他ともに認める着ぐるみ芸人アイドル。本作7話で初登場。福岡出身。
 博多弁の使い手で、Pa系=イロモノというイメージを広めた元の一人。
 着ぐるみは、ボーイッシュ可愛いらしさを隠す、彼女にとっての拘束具かも。
鷺沢文香
 第3回総選挙でいきなり6位にいた超新星アイドル。本作12話で初登場。長野出身。
 デビュー直前まで、商店書店を経営する叔父のお手伝いをする地味学生
 隠れ巨乳など売れる要素はあったが、ぽつぽつと話すぎこちなさに隠されていた。
速水奏
 坊西Pがスカウトし損ねた女性。本作15話で初登場。東京出身。
 まだ17歳なはずにも関わらず、大人をからかう様な妖艶さを漂わせる少女
 実際にキスを要するようなところもあるが、本当の中身は繊細かもしれない。

モバプロ所属メンバー

プロデューサー
 モバプロ所属プロデューサー。前作登場済、本作11話登場。
 持ち味を生かすプロデュースをし怠惰アイドルランク入りさせた有能P。
 成瀬Pにライバル視されたのは、別事務所での同期だったことが原因。
千川ちひろ
 モバプロ事務員。前作登場済、本作11話登場。称「悪魔」。
 以前から一介の事務員ではない雰囲気があったが、ここにきて更にめく女性
 Pの潜在を評価し、モバプロへ引き抜いた眼まで持っていた。
双葉杏
 モバプロ所属アイドル。前作登場済、本作2話登場。北海道出身。
 見事なまでのニートっぶりを売りに、テレビに出られるランクまで上がっている。
 世渡り上手のところも相変わらずで、うまい具合にレッスンから逃れている。
難波笑美
 モバプロ所属アイドル。前作登場済、本作7話登場。大阪出身。
 本作で急に綺麗になったのは、好きな球団を言しすっきりしたためだろうか?
 お笑いセンスは一流で、友人の芸人鈴帆の相談に乗ってあげることになる。
白菊ほたる
 モバプロ所属アイドル。前作登場済、本作8話登場。鳥取出身。
 過去に所属していた事務所が潰れたためにモバプロにやってきた薄幸少女
 不運さは変わっていないが、仲間達と一緒に芸活動を楽しめるようになった。
村上巴
 モバプロ所属アイドル。前作登場済、本作8話登場。広島出身。
 事務所内でいろいろ鍛えられたお蔭で、アイドルと組の跡継ぎとして成長した。
 その器量は、他のモバプロ所属アイドル達にも大変頼りにされている。
渋谷凛
 モバプロ所属アイドル。前作登場済、本作9話登場。東京出身。
 第3回シンデレラガールの栄誉を獲得してからは、仕事も絶好調の様子。
 その自信の現われで、元来持っていた歴史にすら貫を感じさせる。
赤城みりあ
 モバプロ所属アイドル。前作登場済、本作13話登場。東京出身。
 正統派小学生アイドル。物怖じしない好奇心意識にちびっこアクマになることも。
 しかしその純さが、どす欲望も呼び込んでしまう・・のかもしれない。
和久井留美
 モバプロ所属アイドル。前作登場済、本作13話登場。広島出身。
 会社秘書を退職した翌日にスカウトされた、異色の経歴を持つ女性
 取っ付き難い印もあるが、中身は庭的になろうと重い静かな努をする人。
姫川友紀
 モバプロ所属アイドル。前作登場済、本作14話登場。宮崎出身。
 言わずと知れた前作主人公CDデビューを果たし表情から畜生っ気が消えつつある。
 とは言え元々、他事務所や年少アイドルへの面倒見は良い20歳ではある。
輿水幸子
 モバプロ所属アイドル。前作登場済、本作17話登場。山梨出身。
 体をったお仕事が縁となり、アライとの交流が続いている。
 野球自体には詳しくないものの、退団したアライを本気で心配するぐう聖

登場人物・シンデレラガールズ以外

ローカルルール 選手記録等の情報は、本作で初めて立ち絵が出た動画投稿日時点でのものです。
クボタトモユキ
 サーベルタイガース所属のプロ野球選手投手)。本作1話で初登場。
 かつてJFKの一として、セットアッパークローザーを務めた右腕。
 全盛期には、150km/hをえる重いストレートを武器に三振の山を築いた。
タチヒロシ
 イシハラプロ所属の俳優歌手で元取締役。本作3話で初登場。
 同プロが誇る二枚目だが、コミカルな三枚をこなす演技も持った俳優
 高校時代に将を務めた縁で、日本代表を訪問し励したほどのラグビーファン
男性応募者
 082プロファン代表P最終補。前作登場済?、本作4話登場。
 どことなく、第一回セ・パ交流戦初代MVPになった野球選手に良く似た人物。
 ちなみにその選手の性癖の噂は、明らか風評被害なので、注意するように。
女性応募者
 082プロファン代表P最終補。本作4話で初登場。称「るるきゃん」。
 どことなく、カリスマアイドルギャル中の人に良く似た人物。
 ちなみにその声優性癖の噂は、自分から言しちゃってるので、まあ仕方ない。
バーダック
 本作5話の会話中に登場した、さる人気アニメの登場人物。
 サイヤ人の下級戦士で、孫悟空。名前の由来はゴボウ
 ひとりで決戦に挑み死亡したのに実は生きてたことは、中二病的な設定と言えるかも。
 本作5話の会話中に登場した、さる人気アニメの登場人物。
 サイヤ人の下級戦士で、バーダックの戦友。名前の由来はトマト
 仲間に形見となるバンダナを残すあたりは、中二病患者に堪らない設定かも。
レイザーラモンRG
 日本お笑いタレントプロレスラー。本作7話で初登場。
 当初一世を風靡した相方キャラをパクって、寄生とまで呼ばれた男。
 しかしおかげで彼固有の芸も評価され始め、ついに相方に並ぶ知名度を得た。
坂口
 村上組構成員で、村上巴の付き人兼ボディガード。本作8話で初登場。
 役佐野シゲキから引き継いだ模様。その貌は前任者よりもそれっぽい。
 とは言え、路上ライブ経験ある歌い手で芸事務所向きの可性も。
セリパ
 本作9話の会話中に登場した、さる人気アニメの登場人物。
 サイヤ人の下級戦士で、バーダックの戦友。名前の由来はパセリ。
 姉御肌で設定上でもサイヤ人女性は珍しいところが、中二病患者の琴線に触れるかも。
ヒガシヤマノリユキ
 緑色の悪魔も鼻む、大手事務所所属の男性アイドル。前作登場済、本作10話
 所属事務所の次期社長と噂される実者。歌も演技もダンス一流。
 そのは、とある番組のせいで、一部の野球選手に恐れられている。
タダノカズヒト
 鎌倉ハムソルジャーズ所属のプロ野球選手投手)。前作登場済、本作10話
 過去の過ちのおかげで、未だにいろいろ弄られてしまっている投手
 だが、どん底を味わった苦労を糧に、まだまだ現役を続けられている。
 難波笑美の親友。前作登場済、本作11話登場。称「はらみー」。
 ミステリアスな大食漢アイドル中の人に非常によく似た女子高生
 顔立ちだけではなく、関西弁での喋りや、音楽趣味まで似ているらしい。
通りすがりのオタク
 さる小説合同雑誌の宣伝に現れたの人物。前作登場済?、本作11話登場。
 あるプロ野球選手投手)によく似ており、あだ名も「フランケン」かもしれない。
 その野球選手も、腕のアニオタクローザーとして知られている。
オオツカアキノリ
 2014年独立リーグ監督兼任選手(投手)。前作登場済、本作13話登場。
 高校大学社会人NPBMLB独立リーグと、あらゆる野球遍歴を持つ。
 何度も右肘にメスを入れ右肩痛にも悩まされるが、現役続行の情熱を持ち続ける。
コバヤシヒロユキ
 2014年当初は独立リーグコーチ兼任選手(投手)。前作登場済、本作13話登場。
 サブマリンズ、牙虎軍で活躍するも、戦外通告後は苦労を重ねた右腕。
 メジャー台湾挑戦はわなかったが、独立リーグで活躍し獅子軍へ復帰した。
うどん屋店主
 元キャッツ所属プロ野球選手投手)に似た人物。前作登場済、本作14話登場。
 おそらく埼玉で店を構えているのに、モバプロアイドルが常連としている。
 しかも765961プロメンバーも利用しており、芸界で知られた名店らしい。
レオン・リー
 1970年後半から日本球界で活躍した外国人選手(内野手)。本作14話で初登場。
 10年間で3球団を渡り歩き、その間ずっと高い準の打撃記録を残し続けた。
 バースが史上最強と呼ばれるなら、レオンは史上最高と呼ばれるべきほどの選手。
ウエダシンヤ
 改名経験あるお笑いコンビツッコミ担当。前作登場済、本作14話登場。
 天然パーマが特徴。テレビ番組で薀蓄王のタイトルを獲得してブレークした。
 最近はお笑いより生放送スポーツ・ニュース番組等の会の仕事の方が多い。
アリタテッペイ
 改名経験あるお笑いコンビボケ担当。本作14話で初登場。
 しゃくれが特徴。高校の友人ウエダに誘われ、大学中退コンビを組んだ。
 相方のような手さはないが、こちらもカジノ、プロレスゲーム等幅広い知識を誇る。
レロン・リー
 1970年後半から日本球界で活躍した外国人選手(外野手)。本作14話で初登場。
 MLB経験後、サブマリンズの前身球団で11年間活躍したレオン・リーの実
 以上の好成績を残し、4000打数以上での通算打率.320はNPB歴代トップ
タカミヤカズヤ
 牙虎軍所属のプロ野球選手投手)。本作14話で初登場。称「水差し野郎」。
 ビースターズ入団後、軍、牙虎軍と渡り歩き、投げ方もいろいろ変えた左腕。
 アナや解説者に毒舌を吐かれつつ、2014年も挙げしぶとく現役続行中。
ナスノタクミ
 元群所属プロ野球選手投手)。前作登場済?本作14話登場。称「焼き茄子」。
 5億円以上の契約にも関わらずほとんど活躍しなかった暗黒時代徴の左腕。
 足掻くタカミヤと違い、大貰ってやる気をなくしたことを告白したほどのサボり魔。
通りすがりのアナウンサー
 さる放送局所属のアナウンサーに良く似た人物。本作14話で初登場。
 野球だけでなく、テニスマラソンゴルフ等の実況もこなすアナらしい。
 ビースターズファンらしいが、偏のあまり不甲斐ない選手に強毒舌も吐く模様。
 ゆんの親友。本作15話で初登場。称「ぬー」。
 ある沖縄出身アイドル中の人に、非常によく似た女子高生
 多分、いつも先輩達に不憫な扱いを受けるがられていると思われる。
ハラサユリ
 本田未央中の人である女性声優。本作16話で初登場。称「飯屋(メシヤ)」。
 歌も絵も上手いのだが、何故か某山賊の後継者との呼びも高い声優
 082プロファン代表P最終候補者の女性の友人でもあり、思わぬ告白を受ける。
佐野シゲキ
 村上組構成員。前作登場済、本作17話回想で登場。
 強面なところは感じさせないが、の世話人を任せるほど組長の信頼は厚い。
 しかし実はキャッツファンで、組長もお嬢もそのことに気付いていなかった様子。
アライタカヒロ
 サーベルタイガース所属だったプロ野球選手内野手)。前作登場済、本作17話登場。
 2014年は悪い成績ではかったが、新外国人の活躍もあって出場機会を失った。
 牙虎軍を退団し古巣復帰の噂も立つが、果たして彼は許されたのだろうか・・?
ロッカクセイジ
 個性的な顔立ちを持った50代の日本俳優。本作18話で初登場。
 長年地味脇役で徹しているが、演技を認められ映画演を務めたこともある。
 良い人オーラを放っているが実生活は破天荒。そもそも芸名の由来は「精子」である。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AC%E3%83%A9%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3
ページ番号: 5224308 リビジョン番号: 2305383
読み:シンデレラローテーション
初版作成日: 14/04/27 02:18 ◆ 最終更新日: 15/12/27 10:51
編集内容についての説明/コメント: 誤記修正。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シンデレラローテーションについて語るスレ

200 : ななしのよっしん :2014/09/28(日) 11:30:50 ID: mqlVdN6FXb
相変わらずのぶっ飛んでるヘレンさんが面いw
それ見てはしゃぐ舞さんもいいわ~、それに瞳子がツッコミ(心の中で)と上手くバランスとれてていいなw

あと坊西は小鳥さんを連れてくるものだと思ってたw
熟女カルテットならずかぁ・・・
主婦アイドルがありなら事務員兼アイドルもありやで?
201 : ななしのよっしん :2014/09/28(日) 18:14:07 ID: piqOOdHJKs
確かに似てるとは言われてたけど本当に出てくるのは不意打ちだったぞ山村ァ!
202 : ななしのよっしん :2014/09/28(日) 18:51:21 ID: fWLUyshhxh
途中のトークバトル衣装で大草原不可避
あそこで終わっててもきれいにオチがついてるw
203 : ななしのよっしん :2014/10/03(金) 22:28:47 ID: BqhY4XrU+O
CINDERELLA PARTY!
ジョニキの新作かと思ったのはだけじゃないはず・・・特にサムネがw
204 : ななしのよっしん :2014/11/03(月) 01:58:53 ID: BqhY4XrU+O
美嘉って51プロ所属なのか?

そしてサンキューコバヒロ
     フォーエバーコバロリ
205 : ななしのよっしん :2014/11/25(火) 19:04:49 ID: CKk8xZIzU0
最新話観て瞳子さんの少し重くて落ち着いたトーンを活かすには同世代の手なアイドルコンビを組んだらいいと思った
だから新キャラどう?出そう?(クレ厨並感)
206 : ななしのよっしん :2014/11/25(火) 19:24:28 ID: BqhY4XrU+O
>>205
そうはいってもボウちゃんがねぇ・・・
207 : ななしのよっしん :2014/11/28(金) 11:23:15 ID: uunq4JN5JM
脇役エキストラの区別が付いてなさそうな坊西P、無能
208 : ななしのよっしん :2015/02/26(木) 16:17:36 ID: BqhY4XrU+O
そろそろシンロテも新作みたいな
209 : ななしのよっしん :2015/07/06(月) 22:01:53 ID: 33yMxXYL8Y
フュージョンPの絵柄でBGMアイマスのものが流れてくることにもはや違和感しか感じない
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015