単語記事: シン・アスカ

編集

もしかして→アスカ・シン(ウルトラマンダイナ)


シン・アスカとはTVアニメ「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」にて主人公として登場したキャラクターである。

プロフィール・ザフトに入った経緯

生年月日:C.E.57/09/01 年齢:16歳 性別:男性 身長:168cm 体重:55kg 人種:コーディネイター
所属:ミネルバ配属→最高評議会議長直属特務隊(FAITH)
搭乗機:ZGMF-X56S インパルスガンダム → ZGMF-X42S デスティニーガンダム
声優:鈴村健一

元々はオーブで家族と共に平和に暮らしていたが、前大戦(ガンダムSEED)で行われた地球軍のオーブ解放作戦に巻き込まれる。家族ともども避難船を目指して走っていたが、時間短縮のため山中を駆けていた所で戦闘が勃発。ビーム飛び交う戦場に閉じ込められてしまう。一方で既に避難船が目先に見えていたため突破を試みる。しかしそこで運悪くカラミティかフリーダムの流れ弾が家族に直撃。たまたま妹が落とした携帯を拾うため、その場を離れていたシンを残して全員死亡する。シンは無力感に打ちひしがれ、上空で戦闘を繰り広げるフリーダムやレイダーなどを見据える。その時に「自分に力があれば」の思いと共にプラントへと渡った。小説版によるとプラントへ渡る手段を用意し、その後の面倒を見てくれたのはオーブ軍のトダカであった。トダカはシンの家族が亡くなったところを目撃し、家族を失ったシンに励ましの言葉を掛けていた。プラントに渡った後もトダカとのやり取りは続いていたようだが次第に疎遠となり、連絡が途絶えたという。その後、ザフトへ入隊。厳しい訓練に耐え、士官学校卒業の際、成績が10位以内の者だけが袖を通せる赤服を着るエースパイロットになっていた。いつも持っているピンクの携帯は妹マユの形見である。

デュランダルはシンの能力の資質を遺伝子的に分析し、「キラ・ヤマトに対抗できる存在」として仕立て上げるべくインパルスガンダムの正式なパイロットに選出した経緯があるらしい。

悲しき主人公の道程

第1クールでは見せ場が多く確実に主人公であり、物語の主役であった。(しかしこの頃からアスラン視点で進行し出番の無い回もあった。)

しかし、それ以降は前作の主人公であるキラ・ヤマトが台頭し初め、第3クールのOPでタイトルバックを飾るのはタイトルから引用されているデスティニーではなくストライクフリーダムとなった。これと同時に本編でも次第に主人公としての活躍の場は失われていくこととなる。
特に、シンの機体がインパルスからデスティニーに乗り継いでからは、デスティニー自体の血涙のような隈取り、赤い翼等のヒールデザインを始め、アニメ本編での作画、BGM等での演出、描写は主人公のそれとは言い難いモノで、キラとの差は後継機の初陣からして一目瞭然であり、『デスティニープランを否定する演出上の問題から』と言った発言もあるが、最終的にシン達ザフト側が敗北を喫する結末を迎えた。

また、EDのスタッフロール・クレジットでも49話よりシンよりも上にキラが記載されている(※主人公は基本的に出演者・キャラクターの一番最初に記載される)。番組終盤における雑誌等での監督等のコメントでは「最初からキラ・アスラン・シンの3人が主人公のつもりだった」「一つの物語に三軸の主人公を据えて、三つの視点から描くことに挑戦してみたかった」と述べられている。

現在となっては、キラとは対照的な怒りからくる鬼神の様なシンのキャラクター性や、搭乗機のデザインからダークヒーロー的な立ち位置を確立し人気を得たり、下記にもある通り、漫画、小説、ゲームと言ったシンの魅力や可能性を示してくれている作品群のおかげもあり、キャラクターとして一定の人気を誇っている。

…がしかし、放送当時と言えば、アニメ雑誌からはシンに対する酷評を書かれ、「シンは間違っている」「キラやアスランと敵対するから」「デュランダルの味方だから」といったような理由から抗議の手紙を担当声優である鈴村健一に送る者までおり、シンに好意を持ってくれているファンは辛い日々を送った。

主に監督、脚本担当等制作側にどの様な事情があったかは知る余地もないが、もう少し主人公としたシンを顧みたシナリオ、演出を作ることはできなかったのだろうか(と小一時間問い詰めたい)。

この一連の出来事は当時から現在に至るまで、シン・アスカひいては作品その物を語るにあたり大きな話題となっており、良くも悪くもシン・アスカというキャラクターを世に広めさせた一因となっている。

アニメ本編でのシンのセリフ一部抜粋

  • また、戦争がしたいのか!? あんた達は!(1話)
  • さすが綺麗事はアスハの御家芸だな!(3話)
  • 国を信じて、あんた達の理想とかってのを信じて、そして最後の最後にオノゴロで殺された!!(5話)
  • いくら綺麗に花が咲いても、人はまた吹き飛ばす(8話)
  • こんな事で…こんな事で俺は!!(12話)
  • 確かに戦わない様にすることは大切だと思います。でも敵の脅威がある時は仕方ありません!戦うべき時には、戦わないと。何一つ、自分達すら守れません!(19話)
  • オーブはその理念を守り通したかもしれないけど、俺の家族は守ってはくれなかった…(20話)
  • お前も!ふざけるなぁー!!!(28話)
  • 死なせたくないから返すんだ!だから絶対に約束してくれ!…決して戦争とかMSとか、そんな死ぬような事とは絶対遠い、優しくて温かい世界に彼女を帰すって!!(30話)
  • どうしてこんな事…何でそんなに殺したいんだ――!!32話)
  • 大丈夫だよ、ステラ… 何も怖い事なんかない…苦しい事もない。だから。 もう何も君を怖がらせる物はないから…誰も君を虐めに来たりしないから… だから…安心して、静かに、ここで…おやすみ……(33話)
  • いっつもそうやって……やれると思うなアアアァァァ!!!(34話)
  • アンタは俺が討つんだ!!今日、ここでェ!!(34話)
  • あんたが大将機かよ!? 大した腕も無いクセに!(42話)
  • これがビームだったら…もう終わってるって…!そう言いたいのかよ?!アンタはァ!!(42話)
  • アンタって人はァ―――!!(50話)
  • ずっと、ここ嫌で…。でも、ずっと気になってて…。こんな風じゃなかった。こんな所じゃ…。でもこんなのは…こんなのは、もっと嫌だ!!(FINAL PLUS)

感情的なセリフが数多くあり、人として未熟ではあるものの、必要と判断すればそれを行動に移す真っ直ぐな突き抜けた姿勢や、声優の熱演も相まって印象に残っている視聴者も少なくないのではないだろうか。

漫画・小説での活躍

SEED DESTINYは様々なコミカライズや小説化が成されているが、それらの作品は大まかな流れこそほとんど同じものの、各キャラクター、特にシンの心理描写を重視した内容になっており非常に評価が高い。
ボンボンに掲載されていた高山瑞穂による漫画版は、読者が興味を持ちアニメ本編を視聴して絶望。漫画版を指して『もうこれが公式でいいよ』と言わせる程の屈指の出来。
角川書店から発売された久織ちまき作「機動戦士ガンダムSEED DESTINY THE EDGE」ではアニメ本編では分からなかったシンの内面、苦悩や葛藤、精神的疲弊が垣間見ることができ作者によるアニメ本編の解釈が秀逸に描かれている。

作品の議論をするには欠かせない作品群なので是非とも一通り目を通しておきたい。

小説第5巻より炎上するメサイアからシンとレイの最後の会話 ※セリフのみ抜粋

シン「レイ!レイ!聞こえたら返事しろ!」
ルナ「シン……もう……」
シン「レイ!おれだ!返事を!」
レイ「……シン…………まえ……か?」
シン「レイ!まだ間に合う!脱出しろ!」
レイ「できない……」
シン「ケガでもしたのかっ!?なら、おれが行く!だから――」
ルナ「シン!」
レイ「俺は……ギルを、撃った……」
シン「でもっ…… 生きろ!レイ! 言ったじゃないか、まえに!どんな命でも、生きられるのなら生きたいだろうってっ!」
レイ「シン……    ……お前たち……きろ。生きて……俺の……明日を……」
シン「レイ!」
シン「レイ――っ」

小説オリジナルのシーンで、キャラクター同士の関係性をより補完する内容となっている。

クロスオーバーで名誉挽回

本作では散々な扱いを受けたシンであったが、2008年の秋に発売したスパロボZでは準主人公と言っても過言ではない活躍、搭乗機のグラフィック待遇の良さやカミーユ等の他作品キャラクターとのクロスオーバーによって主人公としての名誉を回復したとも言える。そして、シンが憎しみや怒りをより一層募らせてしまう引きとなったステラの死もルート選択次第では回避が可能。

ガンダム無双2のミッションモードのシン・アスカ編ではスパロボZと同じくカミーユ、そしてロランとのクロスオーバーによって成長しキラとアスランに自分の思いをはっきりと言い返し、スーパーエースの名誉を過去の一部とした。
続編の「ガンダム無双3」では高山版漫画本編での台詞が採用。

アニメとはうって変わってかなりの待遇の良さである。クロスオーバーの影響もあるが、それ以上にシナリオ自体のクオリティの高さも理由の一つだろう。アニメ本編でのシンの扱いに泣いた人はさぞや歓喜したことだろう。

『主人公(キャラ)を生かすも殺すもシナリオ次第』というのはまさにこのことである。

更に2010年発売のスパロボLでは、ステラの死をキラの助力により回避。キラ(アークエンジェル)と友好的な関係を築き、デスティニー・プランと真っ向から対立するという「自分の意思」を見せる。

そして2013年発売のスパロボUXでは、直接的な関連性は無い作品である『蒼穹のファフナー』とのクロスオーバーが多数あり、ファフナーパイロット達の兄貴分としての立ち位置を確立している。その様はキャラクターデザインが同じ平井久司なのも相まって、マークデスティニーのパイロット、飛鳥真とまで評される。

ソーシャルゲーム「スーパーロボット大戦X-Ω」においては数あるガンダムパイロットに先立ち、兜甲児と並んで声付きパイロットの第一陣を飾る。発表時点では作品自体が参戦していなかったため、フライングで参戦が明かされたことになる。
実際の参戦は2016年7月のイベント「運命の騎兵隊」となり、同イベントの報酬SSRユニットとして登場。意外にも、SEEDシリーズ自体に影響を及ぼした『機甲戦記ドラグナー』とのクロスオーバーは初。新型強奪事件当時からデスティニーに搭乗しており、同じく強奪事件当時からデストロイに乗っているステラと幾たびも戦う。その中で、当初は険悪だったドラグナー隊とは段階を経てその関係を仲間へと昇華している。

人気ガンダム対戦ゲームであるVSシリーズのガンダムVS.ガンダムNEXTでは、インパルスとデスティニーで参戦している。PSP移植版のミッションモード(「NEXT-PLUSモード」)の中のソロトライアルでは、他の作品からの参戦キャラは原作を再現したステージでのミッションが多い中、SEED DESTINYステージのみ原作再現ではなくシンがキラ(最後に登場するストフリ)を倒すという構図になっている。
次回作のEXVSでは台詞に高山瑞穂執筆のボンボン版のものが多数(最終話のものは大半)採用されており、漫画版のファンにはたまらない再現っぷりとなっている。覚醒技がアロンダイトとフラッシュエッジを絡めた滅多切りで、「あんたが正しいっていうのなら!俺に勝ってみせろっ!!」という台詞と共に計8段の連撃を仕掛ける。

クロスオーバーにおけるシンの主な名言

「そんなのはただの言葉じゃないか……誰がそんなことを決めたんだ!
 失っている過去を守るのは間違いで、今ある現実を守ることだけが正義なのかよ!
 それを決めていいのはあんたじゃない!オレなんじゃないのか!
 オレは決めたんだ!過去を放ってはおかない!決着をつけるんだ!」
PS2,PS3「ガンダム無双2」にてアスランに「過去にとらわれたまま戦うのはやめろ」と言われた際の台詞。原作とは違い、自分の意思をはっきりと主張している。
「誰かが誰かの夢や未来を決めて、平和が生まれるものか!
 俺は…色んな悲しい想いをしたけど、自分の生き方を決める事が出来た!自分で考え、自分で決めたんだ!
 誰かに正しい事を決められるような生き方をしちゃ駄目なんだ!わかってくれ、レイ!」
「レイ!俺がお前を止める!お前は俺の友達だから!そして、お前ともう一度話をする!今までの事…これからの事を!」
スパロボZのifルートにおけるレイ説得にて。この説得はスパロボif展開屈指の名場面である。
「レイ!お前が俺を気にかけたのは、お前が誰かだったからなのか!?」
「そうじゃないはずだ!お前自身の意思でそうしたいと思ったからじゃないのか!?」
「俺にとってお前はラウ・ル・クルーゼなんかじゃない!レイ・ザ・バレル、俺の…友達だ!」
「来い、レイ!お前が運命に囚われるなら…俺がそれを断ち切ってやる!」
スパロボLにおけるメサイア攻防戦でのレイとの戦闘前会話。スパロボZとはまたベクトルの違う熱い説得である。
「行くぞ、デスティニー! この力で…今度こそ俺は、大切なすべてを守ってみせる!」
「一騎、俺たちで切り拓くんだ! 俺たちの運命を…この命が、在る限り!」
スパロボUXにて。皆城乙姫の言葉と共に導かれ、シンの望んだ運命の翼、デスティニーガンダムが舞い降りる。愛機を駆り、シンは一騎と共にフェストゥムへと立ち向かう。運命を切り拓くために。
スーパーロボット大戦UXでは原作終了後の設定で、シンは一騎をはじめとしたファフナーパイロット達の良き先輩役として活躍している。飛鳥真さんである。自身の経験を踏まえつつ原作での出来事を感じさせる切なくも熱い台詞に注目してもらいたい。詳しくはマークデスティニーを参照。なお高山版漫画本編の台詞も採用されている。
「許せないんだよ…仕方がないとか、しょうがなかったとか、言い訳を使うのが」
「あのコロニーに住んでいる人は、俺たちが…軍が守ってくれるって信じて、あそこに暮らしているんだ!」
「ただの意地だって言いたきゃ言えよ…」
「それでも、なりたくないんだ。守れなかったことに言い訳を使うような、そんな自分には!」
スパクロ(X-Ω)の限定イベントにて、デストロイガンダムに蹂躙されようとするコロニーを守ろうとする際の台詞。自身の経歴から民間人が戦争に関わることが許せず、今まで衝突を繰り返してきていたドラグナー隊に対して初めて本心を吐露。これに対し、ケーン達が理解を示したことがきっかけで、ドラグナー隊と真に仲間として向き合い、心を開くことになる。

シンの真なる輝き!

関連動画

関連商品

小ネタ

 曲

第1クールOPテーマ『Ignited -イグナイテッド-』の歌詞はシンを意識して書いたものだという。
挿入歌として使われた『vestige -ヴェスティージ-』も(ストライクフリーダム登場時の挿入歌だが)どこかシンをイメージできる歌詞になっている。

ステラ

テイルズオブレジェンディアの主人公「セネル・クーリッジ」と演じている声優が同じであり、さらに両作中で

シン・アスカ     「ステラァァァァーーーーーーーーーーーー!!!」
セネル・クーリッジ 「ステラァァァァーーーーーーーーーーーー!!!」

と叫ぶ。

種運命においてステラが戦死したのが2005年5月28日の放送(32話)、テイルズオブレジェンディア発売が2005年8月25日。とはいえ、収録時期的に考えると全くの偶然なのだが。

シンのモデル

監督の福田己津央は自身のTwitterで、手塚治虫原作のアニメ『海のトリトン』より主人公のトリトンがシンのモデルとなったキャラクターであるとのツイートをしている。「故郷を追われても頑張って正しい事を求めていた姿勢」 「素直でない所」 「最後にお前のやった事は正義じゃないと言われた所」等がモデルとされた部分であるとのこと。

HDリマスター

前作となる「機動戦士ガンダムSEED HDリマスター」において38話41話で本作以前のシンと思えるキャラクターの追加シーンが確認されている。
そしてバンダイチャンネルにて最終回放送後、シンの描かれた一枚絵と共にDESTINYのHDリマスタープロジェクト始動との告知がされた。やったねシンちゃん!

2013年3月29日より公式サイトにてネット配信、BS11等にて順次TV放送が開始された。

愛機の活躍

2014年10月より放送が開始しているアニメ、「ガンダムビルドファイターズ」の続編である「ガンダムビルドファイターズトライ」にて、デスティニーガンダムのガンプラを使用して闘うイズナ・シモンというキャラクターが登場している。
作中の中では珍しく、改造を施していない素組みの状態のまま使用しており、第7話にて元のアニメ本編と同じ姿で活躍するデスティニーを見ることができる。詳細はイズナ・シモンを参照。
どこか制作側の粋な計らいを感じるが、シン同様デスティニーが好きな方はぜひ一度視聴してみることをオススメする。

関連項目

  • 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
  • 鈴村健一
  • もうこれが公式でいいよ
  • どうしてこうならなかった
  • スーパーロボット大戦
  • インパルスガンダム
  • デスティニーガンダム
  • マークデスティニー
  • セネル・クーリッジ
  • ラッキースケベ
  • ルナマリア・ホーク
  • レイ・ザ・バレル
  • ステラ・ルーシェ

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%AB
ページ番号: 723979 リビジョン番号: 2432092
読み:シンアスカ
初版作成日: 08/11/16 20:51 ◆ 最終更新日: 16/11/27 11:24
編集内容についての説明/コメント: いきさつを加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シン・アスカについて語るスレ

6052 : ななしのよっしん :2016/09/01(木) 22:33:30 ID: 8I3q3kApr/
シン誕生日おめでとう。
ガンダムキャラの中でも良いところ悪いところ含めて一番好き、これからも活躍期待してる。
6053 : ななしのよっしん :2016/09/01(木) 23:12:50 ID: Sk+6qpOkKC
誕生日の設定があったことを初めて知った、C.E.の1/1が西暦の1/1と同じか知らないけど
リアルタイムで見た初めてのガンダムだったなぁ
主人公としてのポテンシャルは高いと感じていたから最終回はまさにどうしてこうなった?だった
6054 : ななしのよっしん :2016/09/17(土) 15:16:04 ID: Xuhq3eezlf
>>6045
そのへん、やりたかった元であるΖガンダムは上手かった
前主人公アムロの乗る機体は、リック・ディアスおよび改装機のディジェという
「ひと目でガンダムじゃないと分かるジオン系の外見」だったからな

シャアも「こいつクワトロとか名乗ってますけどシャアですよ」のために
初期のリック・ディアスこそジオン系のモノアイ+クワトロ機だけ赤カラー(一般機は黒)だったけど
乗り換えた百式は連邦系の外観に加え、赤カラーも一般機リック・ディアスに譲ってしまうことで
「ジオンの赤い彗星じゃなくて連邦のクワトロ大尉」というイメージを被せ続けたわけだし

キラやアスランも、活躍こそメイン級でもかまわないから、使わせる機体を
ゲルググなりケンプファーなり「ガンダムじゃないもの」にしとけば
主役との線引も出来たんだろうけどな、と今さらながら思う
6055 : ななしのよっしん :2016/09/17(土) 15:35:59 ID: K9cp53UMkz
そこら辺は本編外伝合わせて量産機や民生機に
ガンダム顔を採用させた弊害って部分もあるかも知れない

初代~Zは放映当時はろくに外伝作品も出てなくて
ガンダム=連邦の試作機・極少数生産機って感じだったけど
種はアストレイが同時に企画されてた事もあって
ガンダム=OSの名称で所謂「ガンダム頭」は単なる形だったし
6056 : ななしのよっしん :2016/09/20(火) 03:37:09 ID: jfWaGpvLbI
正直、シンは発狂芸ってイメージしかなかったよ
6057 : ななしのよっしん :2016/10/25(火) 20:10:39 ID: gj9G077QjR
キオよりは立派に主人公してた気もする
6058 : ななしのよっしん :2016/11/03(木) 12:45:47 ID: cPzJ5rfJlL
キラとアスランを非ガンダムに乗せようとしてもバンダイ他スポンサーに却下されてただろうなあ
そもそもとして「SEED続編は新主人公で」っていうのはスポンサーの要望だったはず
6059 : ななしのよっしん :2016/11/12(土) 14:02:05 ID: kRLAERly67
個人的にキラとアスランがガンダムに乗っても問題はないと思う。出番をシンに優先させればいいだけだと思う
6060 : ななしのよっしん :2016/12/12(月) 20:07:31 ID: Sc9vcM9MoI
途中から戦闘中の顔が完全に悪役だったw
6061 :     :2017/01/16(月) 19:06:36 ID: 4NybGCSkji
高山版とかthe edgeのも好きだけどアニメはアニメで役割を果たせていたとも思う。スパロボのは正直やりすぎてて種死におけるシンが何たるかを見失ってる気すらするし。そのてんアニメ終了後設定のUXはほんとによくできてるなぁと感心する
この掲示板は、プレミアム会員のみが書き込めるように設定されています。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015