単語記事: ジオン公国

編集  

ジオン公国(Principality.of.Zeon)とは、アニメ機動戦士ガンダム』と後に続くガンダムシリーズに登場する架国家である。

概要

地球から最も遠いの裏側に位置するサイド3のスペースコロニー国家首都はズム・シティ

宇宙世紀元年、地球連邦政府が人口爆発の対策として宇宙スペースコロニーを建築し、そこへ人々を移住させる政策を取ったのだが移住した人の大半が貧困層で官僚や富裕層、政府は安全な地球から動こうとしなかった。危険が多い宇宙移民させられた貧困者たちは地球に留まり続ける官僚に対し少なからず不満を持っていた。さらに地球連邦政府はスペースコロニーに対し重税を課し、搾取し続けた。宇宙世紀0058年、この所業に耐えかねたサイド3のスペースコロニー群はジオン共和として独立を宣言するも連邦政府はこれを認めず0059年、制裁として経済封鎖を行った。この制裁は20年間にも及んで続いたのだが、逆にこの制裁がジオンの技術を飛躍的に上げてしまう結果となる。自分たちの技術に自信を持ち、軍備をも整えたジオンは開戦気運が高まり0079年、号をジオン公国に変えて連邦政府に対し宣戦布告する事になる。
地球圏の総人口が100億を優にしていた宇宙世紀0070~80年代においてジオン公国の総人口は1億5000万。圧倒的に不利な状況にあり、地球連邦30分の1以下であったとされ、その圧倒的不利な状況で独立戦争1年戦争)をしかけ、民がそれをよしとした事は、コロニーの生活がそれほど逼迫していた事を表している。

名にジオンの名を頂くとおりジオニズム是とするも、ザビの解釈によって選民思想を振りかざし、コロニーに対するガス攻撃やそのコロニーを利用したコロニー落としコロニーレーザーを建造した歴史を持つ。

なお、掛けとして「ジーク ジオン(Sieg Zeon)」というフレーズが作中で使われる。直訳は勝利ジオンといったところか?

ジオン公国軍 

サイド3及びジオン公国、ジオン共和国に関する年表

0035 サイド3建設開始
0040 世界初の実用核融合炉、ミノフスキー・イヨネスコ反応炉試作
 ミノフスキー粒子と呼ばれるの粒子が発見される<STAMPEDE ミノフスキー博士物語 より>
0044 エレズム地球聖地義)定着
0045 サイド3においてミノフスキー物理学会設立
0046 ジオン・ズム・ダイクンコントリズムを提唱
 ここにエレズムサイドズムの思想(サイド国家主義)がドッキング
0047 ミノフスキー・イヨネス熱核反応炉の開発開始<STAMPEDE ミノフスキー博士物語 より>
0052 ジオン・ズム・ダイクンサイド3に移住。コントリズムを提唱、実践
この頃からコントリズムジオニズムと呼ばれるようになる
0053 ジオン・ズム・ダイクンサイド3共和構想を固める
人のニュータイプへの革新を説くジオン・ズム・ダイクン導のもと、サイド3独立宣言
スペースノイドの自治独立
ジオン共和立、及び防隊発足
0059 サイド3に対し、地球連邦政府による経済的圧
これらの政策により、スペースノイドと地球居住者(アースノイド)の溝は、一層深まる
調達にデギン・ソド・ザビ暗躍
ジオン・ズム・ダイクンは各サイドを遊説、賛同者がサイド3へ移住
治安維持名宇宙軍設立
キャスバル・レム・ダイクン(後のシャア・アズナブル)誕生
0062 ジオン防隊、軍へ昇格
連邦との対立
ジオン・ズム・ダイクン、特殊鋼獲得のため暗躍はじめる
連邦の動揺
アルテイシア・ソム・ダイクン(後のセイラ・マス)誕生

関連組織

関わった政治家や豪傑など

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%83%B3%E5%85%AC%E5%9B%BD
ページ番号: 4299873 リビジョン番号: 2397782
読み:ジオンコウコク
初版作成日: 10/03/05 09:58 ◆ 最終更新日: 16/08/23 22:34
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「ガンダムシリーズの関連項目一覧」「ジオニズム」「ジオン・ズム・ダイクン」「慈恩弘国」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジオン公国について語るスレ

462 : ななしのよっしん :2017/11/18(土) 23:19:39 ID: Bq9XeWREoX
キュベレイMK2が一番成功した量産できる決戦機なんじゃないのかな
しかもパイロット強化人間
463 : ななしのよっしん :2017/11/18(土) 23:21:51 ID: pjmOxP8u5q
ハマーンネオジオンは、単機としては量産機としても微妙な性ガザシリーズ
むしろ、出来る限りの配慮はしていてこれを300機用意した。と見ると相当少ないが、
アクシズと艦艇の直掩で局地的な優勢を作り、弱った連邦を揺さぶる戦略はそれなりに当たったし。
464 : ななしのよっしん :2017/11/19(日) 13:01:43 ID: yKH1ICS4iH
>>458
ゲルググにしてもドーベンにしても量より質で対抗ってのもあるが、おおよその原因はガンダムの存在だろうな。
ザクが喰われるし、エースの乗るグフドムも同様に喰われるしで、ガンダムが量産されたらっていう恐怖からジオンガンダムジム)のゲルググが造られたんだろうな。まるでT-34ショックで対抗するためにパンター造ったドイツ軍みたいな感じか?
ドーベンも恐らくガンダムチーム特にZZの活躍に恐れを抱いて、新たなザクとしてにする予定だったザクⅢをコンペ落ちさせてまでZZとどっこいの重火力めたんじゃない?
ザクに代わる汎用機として造られてるゲルググはまだいいとして、ドーベンにするのが正しかったかは疑問かな。確かに火力は申し分ないが、そこらの一般兵が使いこなせたのかは怪しいな。何せベテランスペースウルフ隊ですらその火器を持て余してた感じだった。(インコムミサイルなど未使用)
かといってザクⅢにしても汎用性は申し分ないが、こいつは推お化けだからなぁ…
465 : ななしのよっしん :2017/11/19(日) 19:28:55 ID: ZlHoyz6mkm
ジオンの生産ラインの迷走は技術的な問題だけでなく政治バランス的な問題も関わっているだろうからな
ジオニック社とツィマッド社の開発競争・採用コンペにマ・クベ等の高級将校が積極的に関わっていた件や
個人で新機の開発に方面軍のリソースをありったけ注入していたギニアス・サハリンの例もある
後はザビ内の閥間の協調がとれていない点も大いに開発と生産ライン混乱に拍をかけたと考えられる
シリアの影が強い潜水艦隊周りとかは顕著だろうな
それに方面軍同士の連絡協調不足や意思統一の欠如も開発への要望分散・リソース分散に寄与したんだろう
広範に広がった重力戦線が現場毎にバラバラな要望を上げ散漫に局地戦MSに開発リソースを吸われていった

組織としての意思統一が未完成なまま開戦に至った組織作りのミス地球侵攻に対する情報収集不足と準備不足
閥や方面軍の連絡協調体制を開戦後にいたっても確立できなかった組織運営ミス、全てが杜撰だった
466 : ななしのよっしん :2017/11/26(日) 22:55:16 ID: uSBLL5JEsP
でも悲しいかな高性機を断念し効率的にMSの種類めて
持てる物量を最大限生かしてもまあ勝てないんだろうなって言う
基本的に連邦軍はガンダムとか一部の試験機を除き
ジムの各種バリエーションで統一してるから
ジオン側が同じことをしたところで勝ちがあるようには見えない
467 : ななしのよっしん :2017/11/27(月) 08:24:55 ID: 8F1Cd0YcQ0
そもそも既にザクの生産ラインが武器、弾薬、補修部品も含めてフル稼働してる状況で、それを前線に影が出ないように新機用に更新しつつ、既存の部隊全てに新機を配備するにはが必要だし…
結局ラインを流用できる既存機体の強化妥協するしかない

そもそもジムと対等ぐらいの機体じゃ物量でジオンは負けるし、ちょっと上回る程度じゃジム良品で何とかなるし、ジムを大幅に上回る機体が必要だったけども、そんなものを量産するジオンにはかった
468 : ななしのよっしん :2017/11/27(月) 18:29:52 ID: 0U/RHoExZF
物量を活かそうにも戦争後半がそうだったけど人手不足でゲルググに学徒兵乗せてるぐらいだしな、まあオッゴなんかよりマシな機体には乗れたかもしれないが
投入時期考えると連邦は基本的にジムザクはもちろんドムとも戦ってたんだろうけど(すぐにゲルググも来る)、ジムと同等なのはドムになるんかね
に関してはオデッサを確保できてた事で結構ある状態だったとは思うからやっぱ戦線を伸ばし過ぎたのがまずかったんだろうな
後は地球にいるお偉方との交渉を行ってたガルマが殺されたのもでかいだろあれで地上に居るザビ皆無になったし
469 : ななしのよっしん :2017/11/27(月) 20:53:11 ID: yKH1ICS4iH
連邦が本格的なMS量産化が行われる前に短期決戦でケリが着くならザク系でもワンチャンあったかもしれんが、結局戦局は泥沼と化して長期(それでも1年くらい)になる羽になって連邦MSの開発と量産の機会を与えてしまったからな。
そして量産されたジムザクⅡどころかリック・ドムよりちょい上の性だし、肝心のゲルググも配備が遅れるし、乗り手も学徒兵が多いわでどうにもならんわ。
もう流れが大体連合軍の物量(質がいとは言ってない)に押し潰されて、兵員も学徒兵が多くなった第二次大戦ドイツ日本の状況と似た感じか。
470 : ななしのよっしん :2017/12/26(火) 07:07:25 ID: aOgHAvGyqV
もうちょっと寝技効かせて正面衝突を遅らせるべきではなかったか
連邦MSの優位性に気付いてないならもうちょい開発できなかったか
ルウムの頃にいきなり制式量産されたザクⅡが襲ってきて、ガンダムが出る頃にはもうゲルググがいるのなら流石に勝てたと思うのだが
471 : ななしのよっしん :2018/01/04(木) 09:52:22 ID: pjmOxP8u5q
ブリティッシュ作戦からルウムまではMSの性よりも集中運用と飽和攻撃と言う戦術が鍵で、
そもそもそのMS戦法が確立したのがルウム。そのルウムでも連邦の艦隊戦には苦戦を
強いられていて、意外と辛勝だったからなぁ。連邦宇宙軍も実質的な健軍は0059年で、
熱核エンジンメガ粒子砲搭載艦(マゼランサラミス)が流になってから日も浅くまだまだ
発展途上。逆に言うと、時間が経てばMS使っても数で押し切られる可性が出て来る。

宇宙だけでの優勢や防諜の限界考えれば、0079年がベターだと思う。地上戦はゲルググ導入
出来ても、補給の問題や有利な形で待ち伏せ攻撃仕掛けて来る連邦MS特技兵たちの前に
どれだけザクドム以上の活躍が出来るのかと言う感じだが…。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829