単語記事: ジト目

編集

ジト目ジト目

ジト目とは、「じと~っ」と見つめるやその表情のことである。半目と同様に用いられることもある。

概要

に軽蔑・不審・不快・反抗・呆れ・企みなどの負の感情を込めて見るときの、を細めたような表情をす。ジト目という名称の由来は、この負の感情を表す「じと~っ」というオノマトペにあると考えられる。こういった感情が必要かどうかについては後述。

外見上は半目や細とほぼ同じである。また、二次元に独特の描き方として、を下半分のみ残して上側にに近い直線を足すという方法があり、デフォルメなどではは半分の円や楕円に簡略化されることもある。見下されている感じがするため、Mっ気のある人にはたまらない萌え属性の一つ。

「古くからある正式な日本語表現」とは言いがたい、いわゆる俗語であるようで、純文学作品などで使用されることはほとんどない(ただし、ライトノベル作品などでは数多く使用されている)。「かしこまった」文章作品においてこのような表情を表現したいときには、「半眼(はんがん)」が用いられることが多い。ただし「半眼」と言う言葉は特に負の感情の場合のみに使われる言葉ではない。これは以下で論じられる「半目(はんめ)」と同様である。

ジト目と半目の関係

上記のような負の感情がい場合でもジト目と呼べるかに関しては、俗語ということもあって、どちらとも言い切れないところである。

現在も人によって必要・不要の二つの考え方があり、それはそのままジト目半目イコールと言えるかということに直結してくる。これを理解していないと、寝起きや陶酔で半目になっている画像をジト目コメントしたような場合に、両者が対立して殺伐とした雰囲気になりかねないので注意が必要である。

ジト目≠半目(負の感情が必要)

負の感情が込められていなければ、ジト目とは呼べないという考え方。ジト目の由来の「じと~っ」を重視するとこちらになりやすい。また、Mな人からすれば、そういった感情もなしに半目なだけではゾクゾクしないといったところだろうか。

ジト目=半目(負の感情は不要)

負の感情が込められていなくても、ジト目と呼べるという考え方。見た自体が好きで、外見がほとんど同じという点を重視するとこちらになりやすい。実際、ストーリーの分からない画像などでは感情をみ取るのは困難である。

この考え方によると、『ぱにぽに』の一条さんや『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』の長門有希、『はなまる幼稚園』ののように、常時半目のようなキャラでもジト目と呼ぶことがある。感情の起伏や口数が少ない不思議キャラが多いようである。

ジト目と三白眼の関係

 の形のうち、『瞳の外の白目部分が瞳の左、右、だけでなく、下方(合計三方向)にも見えている眼』のことを三白眼と呼ぶ。一般的には相であるとされ、付きの悪い例としてイメージされることが多い。

この三白眼ジト目の関係についてだが、【上まぶたが瞳の一部~半分ほどにかぶさる】ことが多いジト目要素の特性は、往々にして「三白眼」の要素とも同時成立することが多い。但し、必ずしも二者が全同一であったり、一方の要素が他方に包括されるとは限らず、あくまでも『相性が良く両立しやすいが、別々の属性』である。

例えば、ジト眼は上まぶたのラインが必ずか直線に近い形をとるが、三白眼は必ずしも上まぶたが直線である必要はく、瞳上方に被ってさえいればライン曲線でも成立してしまう。(例;L(DEATH NOTE)ミミックDQ))
また、上の項にあった通り、ジト目には「=半目(元から)」と「≠半目(負の感情で一時的に)」の2通りが考えられたが、三白眼に関しては「ジト目半目」の例に同じく、別に負の感情がなくても普段から三白眼のままという事がどである。

ジト目の歴史

概要でも触れたとおり俗語であり、辞書などに掲載されたり、かが使用例を調べてまとめたりする性質の言葉ではなかった。そのため、いつごろから使用されるようになった言葉なのか、そしてどのように広まっていったのか、突き止めるのはやや難しい。

だが、古めの使用例を地に探して行くことで「この頃には既に使われていた」という情報最低限得られる。この方法によると、少なくとも1980年代以前から使用されていることは確実であるようだ。

例えば小説での使用例としては、久美沙織による少女小説「丘の上のミッキー」内で使用されているのが確認できる。この作品は、1980年代集英社文庫コバルトシリーズから発行されている。

また、小説に限らなければさらに古く遡れるようだ。以下は、「シナリオ作家協会」が出版している刊誌『シナリオ』に1979年に掲載された、映画九月の空』の脚本からの引用である。この映画自体は1978年開の作品。

子「(ジト目で見て)何すんのよ、陰険な子ねえ」
勇「見せたきゃ、彼氏の前でやればいいだろ」
子「(からかうように)いやーね。自分がもてないからって上様にあたることないでしょう」
勇「そんなんじゃないよ」

※Google books内のデジタル化データより。
この部分の他にも、同じ脚本内で複数回「ジト目」が使用されている。

現在ではキャラクターイラストライトノベルといった「二次元」の対に使用されることが多い言葉であるのに、古い例を探すと実写映画作品の脚本に行き当たるのは意外な結果ではないだろうか。役者がこの脚本を元にどのように「ジト眼」を演じたのか気になるところである。

上記の小説「丘の上のミッキー」や映画脚本「九月」内での用例では、その記述に際して「ジト目とは……」といったような説明は行われていない。つまりこれらを記した筆者らは、読者が「ジト目」という言葉を当然に理解することを期待していたと思われる。よって、さらに以前から使用されていた可性が高い。

関連動画

関連静画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B8%E3%83%88%E7%9B%AE
ページ番号: 4368702 リビジョン番号: 2378262
読み:ジトメ
初版作成日: 10/05/26 19:34 ◆ 最終更新日: 16/06/29 21:39
編集内容についての説明/コメント: 「概要」の前回編集追記部分を文章微調整。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


寒色系多いイメージ

多分三白眼

初カキコ

ジト目

じと〜〜〜

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジト目について語るスレ

71 : ななしのよっしん :2014/07/01(火) 00:45:00 ID: JnVr/mnF1v
まあまああったけど消えただけかもしれないし
ないなら作ればいいじゃないか!
都合のよい園…じゃない擬音を探してくるがいい…
72 : ななしのよっしん :2014/09/01(月) 01:07:04 ID: A2d1VkDspt
>>70
逆に今はジト目の一言でまとめられている表情を、
半眼で睨むとか、物言いたげに見るとか、感情や状況に合わせて、
言葉を細かく使い分けてたんじゃないかとも解釈できるぞ
73 : ななしのよっしん :2014/09/19(金) 09:17:41 ID: XBByIW8EDy
人生ってしょっぱいね
74 : ななしのよっしん :2014/10/26(日) 04:28:10 ID: LkBOwPiTVD
髪の毛とかとか

タイトル:寒色系多いイメージ
画像をクリックして再生!!
Twitterで紹介する

75 : ななしのよっしん :2014/12/05(金) 13:32:20 ID: lK/7Cy8vAs
好き嫌いが極端に分かれる属性
好きな人はとことん好きって感じ
そういうは苦手だけど・・・
76 : ななしのよっしん :2015/02/11(水) 10:57:34 ID: QiMPN0jQvM
ジト目キャラが好きという自覚はなかったが、好きなキャラ並べてみたら大抵ジト目つき悪かった
77 : ななしのよっしん :2015/06/29(月) 17:48:49 ID: fGrLr3HtPc
心理学的には、漫画キャラにこれを用いる人は

・極端に自分に自信がいM気質の依存
 かといって、相手に尽くすわけではくむしろ尽くされたい
 相手が冷たい方が燃える、されたら冷める

・他人に対して懐疑心に満ちている
 用心深く警している、自分が傷つくのを極端に恐れている

このどれかである、知らんけど
78 : ななしのよっしん :2015/07/05(日) 01:35:34 ID: wCGJjeSuWZ
ジト目(負の感情)と半眼(それ以外)全然違うものだけど"="ですっかり定着してしまってるのがね・・・
こういうのは二次創作とか二次設定に関わってくるから明確に区別して欲しいところ
ちな自分はMっ気いので好きなのは半眼
79 : ななしのよっしん :2015/12/01(火) 14:14:02 ID: hsm4C7laV2
>>77 両方当てはまってぐはぁってなった
80 : ななしのよっしん :2016/08/20(土) 13:18:22 ID: b3t2W6+3GL
男のジト目飛影を思い浮かべるのですよ。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015