単語記事: ジミ・ヘンドリックス

編集

ジミ・ヘンドリックスJimi Hendrix, 1942年11月27日 - 1970年9月18日)とは、アメリカ合衆国天才ギタリストである。

本名はジェイムスマーシャル・ヘンドリックJames Marshall Hendrix)。

経歴

デビュー前

15歳の頃にギター興味を持ち、アルによるとギターに見立てて弾き真似をしていたという。まもなく中古アコースティックギターを手に入れ、ギターを弾き始める。ハイスクール入学後はアマチュアバンドに参加するも、その荒々しいプレイや右利き用ギター左利きで使用するスタイルは非常に立つ物であった。その後地元のバンドロッキンキングス」に参加してキャリアを積む。

1961年自動車の窃盗を働き、2年間の役の代わりに陸軍への入隊を志願、101挺師団に配属される。この時にベーシストビリー・コックスと出会い、すぐに軍施設内のクラブジャムセッションを行うようになったという。その後パラシュート降下の訓練中に足首を折し除隊される。また2005年に発売された伝記"Room Full of Mirrors"によると当時ジミは期に除隊になるためにホモの振りをし軍規を乱す行為を働いていたとされる。

陸軍除隊後、ビリーの除隊を待ってバンドキングカジュアルズ」を結成、ナッシュビルのクラブの専属バンドとして活動する。この時の活動がツアープロモーターのに止まり、ニューヨークへ活動の場を移す。またこの時期にロニー・ヤングブラッドのレコーディングに参加する。

ニューヨークでは「アイズレー・ブラザーズ」に参加、ツアーレコーディングを行い、脱退後も有名アーティストバックバンドに参加する。これらの活動には現在でも音が入手可な物もあり、下積み時代のジミのプレイを聴くことができる。1966年中頃には自身のバンド「ジミー・ジェイムスブルーフレイムス」を結成、活動を開始、この活動をにした「アニマルズ」のベーシスト、チャス・チャンドラーの誘いを受けイギリスへ渡り「ジミ・ヘンドリックスエクスペリエンス」を結成する。

デビュー後

Jimi

エクスペリエンスでのプレイはすぐに評判となり、ミック・ジャガーピートタウンゼント、エリック・クラプトンジェフ・ベックといったスターがジミのギグを訪れるようになった。ジェフ・ベックは当時の事を「ギタリストを辞めようかと思った」とっている(「他のもそう思ったはずさ」とも)。既にイギリス大人気となったエクスペリエンス1967年モンタレー・ポップフェスティバルアメリカで凱旋デビューを果たす。この時に行ったギターに火をつけるパフォーマンスが有名であるが、これはエクスペリエンスの前に演奏したザ・フーが行った楽器を破壊するパフォーマンスを上回るにはどうすれば良いか考えた結果であったという。

1968年エクスペリエンスの3枚アルバムにしてジミ最後のスタジオアルバムとなる「エレクトリックレディランド」をリリース、全チャートで1位を獲得するも、ベーシストノエルレディングとの不仲が囁かれはじめる。1969年のデンバーポップフェスティヴァルを最後にエクスペリエンスは解散、ウッドストックでビリー・コックスらと活動を開始する。この時に集まったメンバーと共に「ジプシー・サンズ&レインボウズ」として同年のウッドストック・フェスティバルに大トリとして参加、この時のパフォーマンス伝説となっている。余談ではあるが故・成毛滋はこのフェスティバルを見ているがジミのステージの前に帰ってしまったとっている。

この時期にスタジオに篭りレコーディングを繰り返したがこれらの音アルバムとして完成せず、バンドも解散してしまう。契約の関係でニューアルバムリリースを迫られていたジミはビリー・コックス、バディ・マイルスらと共に「バンドオブジプシーズ」を結成、ライブアルバム製作に乗り出す。このフィルモアイーストでのライブ演奏した「マシンガン」を聞いたマイルス・デイビスは「はこういう音楽がやりたかったんだ」とったという。

マネージャはトリオというバンド形態に難色を示し、1970年マディソン・スクエア・ガーデンでの講演を最後にバンドオブジプシーズも解散、ミッチ・ミッチェルを迎えて「クライオブラブバンド」を結成してツアーセッションを続け、同年8月ワイトフェスティバルに参加する。

その後ヨーロッパツアーを行いイギリスに戻るが9月18日ロンドンホテル睡状態となり病院への搬送中に死亡。死因嘔吐物による窒息死であるがその原因は不明であるとされている。

プレイスタイル

ブルースR&Bロックンロールを基礎としながらジャズや下積み時代の経験によるファンクの要素を取り入れたスタイルである。しかし何よりもその特徴はストラトキャスターを反対に担ぎ(右利き用ギター左利きギターのように使っているため、1〜6弦が逆さまになっている)、大胆に使いこなすプレイと卓越したインプロヴィゼーションである。特に後期の音では延々とソロが続く曲が多い上に、テイクごとに大きく構成が異なる。ジミはまさしく歌うようにギターを弾く事ができ、周りのミュージシャン言によるとジミはスキャットや他の楽器演奏をすぐに弾く事ができたという。その天才ぶりから本では「火星人」「ギター愛した男」とも称される。

サウンド面では「パープル・ヘイズ」のオクタヴィアを用いたソロや「ファイヤー」での深くんだファズサウンド、ウッドストックでのユニヴァイブ等の強エフェクトが印的であるが「の中のマリー("Wind Cries Mary")」や「リトルウィング」に代表されるクリーンサウンドでの繊細な演奏も数多く存在する。

また、ジミは作詞作曲編曲プロデュースも非常に高く(音楽理論は理解しておらず、譜面もほとんど読めなかったが感覚で補っていたと言われる)、機材に対する理解も良く、レコーディングエンジニアの才もあった。現にアルバム曲にはテープの逆再生、フィードバック奏法など当時の先端技術を取り入れている。あまりにも独創的なため、現代の技術をもってしても未だどうやって演奏したのかわからない音も存在すると言われる。

「歌は上手じゃない」とっていたが歌も独特で味のある、いわゆるヘタウマの部類である(ボブ・ディランの歌い方を参考にしたという話もある)。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B8%E3%83%9F%E3%83%BB%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9
ページ番号: 4137828 リビジョン番号: 1974272
読み:ジミヘンドリックス
初版作成日: 09/08/08 10:38 ◆ 最終更新日: 14/02/13 23:48
編集内容についての説明/コメント: 追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


Jimi

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジミ・ヘンドリックスについて語るスレ

28 : ななしのよっしん :2014/01/13(月) 01:06:36 ID: AtJpEPcbLT
>>24
ジミのアレの石膏も有名だね。
本物かどうかは分からないけど。
歌唱をよく欠点で挙げられることが多いけど、ハードなのもバラードも味があると思う。特にバラードは本当に上手い。
29 : ななしのよっしん :2014/01/13(月) 19:04:13 ID: DuVapRZJ3K
>>28
The wind cries mary, Little wing, Bold as love, My friend, Hey babyあたりのジミのヴォーカルガチ
30 : ななしのよっしん :2014/03/20(木) 08:10:28 ID: 9uZnEEKyQb
アーミングに関しては開発者ですら想定してなかった使い方をしたまさしく天才
31 : ななしのよっしん :2014/03/31(月) 20:48:01 ID: 47fsVaE7xd
レディランドアルバムジャケットは画像加工かイラストだと思ってたが親父の部屋にあったモンテレーのビデオ見たらあれってあそこで取った写真かあの映像からの抜なんかと思うようになった
32 : ななしのよっしん :2014/06/29(日) 18:15:53 ID: DuVapRZJ3K
そういえば、なんかのムック本で読んだんだが、
ジミ自身の次のバンドの構想でギターピアノを追加する(若干うろ覚え)ってのがあった。
ひょっとするとトリオ編成に限界を感じてたのかも知れないし、
もっと凝ったものをライブでやりたかったのかもしれない。
4枚アルバム"First Rays Of the New Rising Sun"は
これまでのアルバム以上に洗練されたものになってたし、
凝ったスタジオワークと広がりのあるライブパフォーマンスしてたのかも。
でも最終的にはマイルス・デイヴィスの様に
やりたい音楽に合わせてバンドの結成・解散を繰り返したり、
スティーリー・ダンの様に、
曲に合わせてスタジオミュージシャン呼んで来る形に落ち着いたんじゃないかと予想。
33 : ななしのよっしん :2015/06/26(金) 21:19:57 ID: p8geuRroTl
ストラトのアームはまったり揺らぎを加えるためのもので、
ジミの使い方にレオは怒ったんだよな。
でもジミのストラトサウンドによりストラトは売れ、
実は当時生産中止になる予定だったストラトが現代まで残ったというね。
34 : ななしのよっしん :2015/11/10(火) 10:55:07 ID: 9u2oTTVMt/
紹介文中に「右利き用ギター左利きギターのように使っているため、1〜6弦が逆さまになっている」って書いてあるけど、これは間違いでは?通常と同様ですよね、残された動画を見るかぎり。
35 : ななしのよっしん :2015/11/26(木) 11:45:05 ID: 9uZnEEKyQb
70年代以降のジミの音楽を聴いてみたかったなぁ
あの直後に出てきたレゲエプログレパンクに対してどんな反応を示すのか
新しい物好きで流行りのアーティストにすぐ絡みに行く姿は容易に想像できるがw
80年代以降はロックよりヒップホップに心酔してそうな気がする
36 : ななしのよっしん :2015/12/02(水) 02:50:47 ID: 6P1/6uZugj
All along the watchtowerが大好きすぎる…。
ワイトのもアルバム版も。
あとあんまりメジャーじゃないかもしれないけどgypsy eyesとかも名曲だと思うのです
37 : ななしのよっしん :2015/12/17(木) 21:28:09 ID: yE4NCiyHKx
>>35
とりあえずフランクマリノとかウリジョン・ロートあたりの
フォロワーとは違う方向に飛んで行ってそうな気はするな
一通り回ってオルタナやりはじめたとかありそう
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829