編集  

ジムⅢ単語

ジムスリー

ジムⅢ/ヌーベルジムⅢとは、アニメ機動戦士ガンダムZZ』等に登場するモビルスーツである。

式番号:RGM-86R、RGM-86G

概要

カラバ導のジムⅡアップデート計画(ジムⅢ計画)で開発されたジム量産機ジムⅡガンダムMk-Ⅱテクノロジーを導入した機体である。

強化点は頭部センサーメインカメラの高性化、メインバーニアの強化による機動性・運動性の向上、アクチュエータの追加による構造の強化、各部オプションラッチの増設など多岐に渡る。オプションとして脚部のバーニアアンプリファイア・エイダも用意されており、推と機体構造の更なる強化が図られている。

マイナーチェンジに過ぎなかったジムⅡに対し、本格的な強化修が行われ、ガンダムMk-Ⅱと同等の総合性を得るに至った(一説には部分的にもムーバブルフレームを採用しているとも)。

ジムⅢな活躍期は第4世代MSが台頭する第一次ネオジオン戦争期からである。火力サイコミュが物をいう同時代にいても、ジムⅡの生産ライン流用による優秀なコストパフォーマンスと、オプションラッチを介した外付け火器による柔軟な対応は非常に優秀だったと言われている。
カラバが連邦軍に統合された後、RMS-179(後期生産ジムⅡ)やネモを下し、連邦機として採用された。

二次ネオジオン戦争期にはRGM系の量産機はジェダを経てジェガンに移行しており、ジムの名を冠する量産機は本機で途絶え、その後100年以上たっても確認されていない。

  1. バックパック
    ガンダムMk-Ⅱに採用された物の量産品。形状を少し変更しているがGディフェンサーも装着可
    Gディフェンサー装着機、通称「ジムⅢ・D(ディフェンサー)」は『ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者』の番外編審判メイス』に登場した(この番外編の内容は2016年漫画化されている)。
  2. 各部オプションラッチ/オプション
    特徴に挙がるのが徹底的な「外装化」。肩部を始め機体各部にウェポン(オプション)ラッチを増設し、専用のミサイルユニットなどを外付けする。先述のGディフェンサーもその一環である。
    例外色が強いが、特殊部隊用にジム・ナイトシーカーオプションを装備した機体も確認されている。
  3. ミサイル/ミサイルポッドの種類
    多様な状況下に対応する為に捕捉シーカー・追尾機の他装弾数・射程の工夫も考慮されている。
    種類は装弾数12発の肩部4連装中ミサイルポッド、肩部15連装小ミサイルポッドマルチシーカー付き部2連装大ミサイルランチャー×2。
  4. 宇宙用と地上用
    Bクラブ70号のMSジャーナルによると宇宙用のR、地上用のGが作られたという設定もある。
    このRという呼称がRGM-86R末尾のRをすのかは不明。ちなみに同資料だとジムⅢの総生産数は「800機」程度で、生機も試作機程度の数は存在したようである。
    なおマスターアーカイブGMではこの設定を反映し、地上用ジムⅢを「RGM-86G」と記載している。
  5. 歴戦のMS(?)
    確認はされていないが、理論上ジムⅢ一年戦争期の旧式ジムからの修でも実現が可である。79RジムⅡでも新規製造組がいるため、現時点ではまだ未確認。まぁ一言で言えば「浪漫」である。今後、外伝MSV企画でそのような機体が明確に設定される事もあるかもしれない。
  6. ワグテイルユニット
    Bクラブ設定の試作機に含まれるかは不明だが、ジムⅢ計画にはスピンアウトが存在した。カラバとアナハイムが開発したトライアル機のパーツジム改に装着され、グリプス戦役で実戦を経験している。

ヌーベル・ジムⅢ

ガンダム・センチネル』に登場。
連邦機として再設計されたジムⅢ新規生産機で、カラバ仕様に対してMk-簡易と呼べるほど性が高く、区別する為にヌーベル・ジムⅢと呼ばれている。

本体の違いはバルカン装弾数の善とセンサー類が強化された頭部ユニットだけだが、オプションとしてジェネレーター出を強化するユニット、冷却機強化用のベンチレーター2基、各部のミサイルシールドの近接防御ミサイルクラスター、脚部フィールドモータ・アンプリファイアを装備する。

公式外伝アクロス・ザ・スカイ』ではガンダムデルタカイの技術検証較用としてマリアナ基地に配備。他の検証機同様、同基地の立ち入り禁止区域「ボイド・クリフ」に厳重に格納されていた。
レイブン隊の離反後、追撃任務のために「フレスベルグ」に配備、レックスファビオ中尉の乗機になる。

ヌーベル・ジムⅢ(後期生産型)

センチネルに登場。コストダウンのためにジェネレーターをネモと同にしたタイプ
U.C.0093まで機として活躍しているが、ジェガンが普及した後も一線をっている。

リック・ジム

没案。ジムⅢカスタム機扱いだが没となり、武装案として流用された。ヌーベルジムⅢ(ベンチレーター装着)がカトキハジメが描いた初期デザインに近い。
また、『0083』のパワージムや『センチネル』のネロも共通した形状である。

関連動画

ジムiiiに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B8%E3%83%A0iii
ページ番号: 5468407 リビジョン番号: 2490888
読み:ジムスリー
初版作成日: 17/01/28 23:45 ◆ 最終更新日: 17/05/18 02:19
編集内容についての説明/コメント: ジョニーライデンの帰還のヴァースキ機について少しだけ
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジムⅢについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2017/03/19(日) 13:14:44 ID: b6OKpA1f2P
作成乙
一応言っておくと素ジムからジムⅢへのアプデは理論上存在し得る話であって、実際にあると明言されたわけでは
2 : ななしのよっしん :2017/03/19(日) 13:25:31 ID: l1IX+j4jwu
あれ、そうだったっけ
GN-Xみたいに実際に換装換装また換装しているんだと思っていたわ
3 : ななしのよっしん :2017/03/31(金) 00:20:21 ID: b+En7yTdwv
リックジムの上半身形状はヌーベルのみではなく、
実はネロパワーGM、後期GMにも受け継がれているのである。

加えるとリックジム(GM)の原高橋小田
トキは散々没ったジム3デザインコンセプトを統合して焼き直した。
4 : ななしのよっしん :2017/04/02(日) 12:39:35 ID: b6OKpA1f2P
>>2
厳密に言うと
ジムⅡ:素ジムからの修機+新規生産分
ジムⅢジムⅡからの修機+新規生産分
って設定になってる
だから理論上素ジムはありうるけど、実際いるかどうか分からないってこと
いた方がロマンあるけどね

あとGMリダイレクトにあってほしい
一般だからできないんで、かよろしく
5 : ななしのよっしん :2017/05/27(土) 19:49:36 ID: GCETfz9w8A
基本的に『ジオンMS→堅性重視・軍用』『連邦MSユーザリティ重視・警察用』ってイメージが強いのだが、数ある連邦量産機の中でも特にこのジムⅢが『警察用』に相応しい機体だと思う
6 : ななしのよっしん :2017/09/22(金) 21:31:35 ID: hZpI1ZtU/Z
ガンオンにヌーベル・ジムⅢ実装決定
7 : ななしのよっしん :2017/11/22(水) 03:46:32 ID: tkVKCWcfaX
昔は出番少ない割に役回りに恵まれてたけど最近ではすっかりやられ役についてきたよね…
8 : ななしのよっしん :2018/02/03(土) 01:27:00 ID: 7nLNftzQna
第4次スパロボゲシュペンストの席がくまで副主人公を乗せてたから、なんか着ある。
当時はガンダムよく知らなかったからGMって表記が「ガンダムママーク3」の略だと思ってノリノリで楽しんでたのを覚えてる。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829