単語記事: ジャック・チャーチル

編集

ジョンマルコムトローペ・フレミング・"ジャック”・チャーチル(John Malcolm Thorpe Fleming "Jack" Churchill 1906年9月16日-1996年3月8日)とは、イングランドスコットランド魂である。異名として「ファイティングジャック」「マッドジャック」等がある。

概要

ジャック・チャーチルは1906年に英国香港で、イングランド系両親の元に生まれ、二十歳で王立陸軍学校に入校した。卒業後、彼はマンチスター連隊に配属される。その後、彼は英領ビルマに配属。ビルマ在住時、なにを思ったのか線を習いに自転車で2,000km先のカルカッタまで行って帰ってきたり(往復4,000km)植民地支配に対する革命鎮圧などの任務に従事するが、あまり楽しくなくて除隊。その後、第二次世界大戦が始まるまで、もっぱらバグパイプの練習に費やす。

第二次世界大戦勃発後、ようやく戦争ができると再志願する。ここで彼は原隊復帰、しかも戦時特例として大尉に任命され、フランスに配属される。もっとも、彼が配属された当初のフランスはまやかしの戦争状態で(彼「あまり楽しくなく」フィンランド義勇軍に志願する事になる。しかし、義勇軍自体が中止にあい、彼はまた暇をもてあます事になった(暇の間、バグパイプを練習していたのは言うまでもない)。しかし、その直後、ドイツ軍ベルギー侵攻が始まり、彼は意気揚々と戦争する事になる。戦線が崩壊する中、彼の部隊は着実な反撃を行い、戦争開始からダンケルク撤退までの短い間に彼の揮下の大隊が残した戦果は大きい。が、彼個人の戦果もすさまじく、「長で多数のドイツ兵を殺」(第二次世界大戦公式に記録された一のによる殺)している。また、普通兵士としても優秀で、撤退中に取り残された戦車長の救出などの地味な任務も遂行している。

とはいえ、連合軍の劣勢は彼をもってしても覆しがたく、彼はダンケルクでイングランドまで撤退する事になる。しかし、イングランドでくすぶっているようなじゃない彼は、新設のコマンドー部隊に志願する(志願理由は「危険がいっぱいで面そうだから」)。退屈な訓練少佐への昇進の後、英コマンドー部隊指揮官としてアーチェリー作戦に参加する(残念な事にこの作戦に彼はを持ち込んでいない)。彼はこの「奇襲」作戦においてバグパイプ演奏しながら」「抜(正確に言えば)突撃」を行う。この時代錯誤な指揮官による攻撃は成功し、彼と彼の部隊は非常に少ない犠牲でノルウェーを一つ占領した。この作戦の成功により彼はコマンドー第二部隊の隊長に昇格する。

その後、彼は南の破壊工作任務の揮を取る事になる。そこでの戦闘で彼はナポレオンよろしくの戦列歩兵にて突撃した。この時代錯誤な攻撃は、そんな攻撃であると思いつくはずもないドイツ軍の士気を一挙に崩壊させ、100名以上の捕虜を取る事に成功している。ついでにジャック本人はクレイモアのほう)片手に突撃し、42名の捕虜を取る事に成功している。

その後、彼はユーゴスラビアに回されることになる。ここにて彼はしい撃の中、バグパイプ演奏したものの吹き飛ばされ、失している間に捕虜になった。ついでに、捕虜になった後、バグパイプの感想をドイツ軍兵士めたりしてる。

もちろん収容所にてくすぶっている彼ではなく、脱走を試みる。一回は失敗し、より内陸で逃げ出しにくい収容所に送られるものの、二回にて彼の脱走は成功する。脱走後、一週間200kmの走破の末、彼はドイツ軍の戦線を突破し、アメリカ軍に合流する事に成功する。しかし、合流したころには西部戦線の戦いはほぼ終わっており、彼は太平洋戦線を志願する。

しかし、太平洋戦線も彼が戦闘に参加する前に終了してしまい、彼は「ヤンキー仕事さえしなければ後十年は戦えた(ドイツ日本軍相手に)」と苦言を残している。

余生

世界から火種が消え始め、彼も老いるにつれて、彼は前線任務を辞め、教官職につくことになる。後、外洋でサーフィンがむずかしいイギリスにてサーフィンする」という画期的な思考を最初に実行した人物でもある。

名言

を持たない士官は戦場に相応しい正装をしていない」

これは、彼の発言の中で最もよく知られているものであろう。これは彼の上官が「その許可にて帯びているのか」という質問に対しての返答である。これは、「前線で戦う意図すら見せぬ士官は戦場に不要」との意味とも、「弾が切れたときの最後の武器は持っておくべき」とも、ただ単に強いしフツー使うでしょ」とも取れるが、彼が意図した意味は不明である。

後世への影響

彼は個人の戦士として卓越していた事は否めない。しかしながら、彼の最も大きな功績として残っているのは英国軍へのコマンドー部隊の有用性を認めさせた事である。特にノルウェーでの作戦の功績はフランス失敗したコマンドー上陸作戦の失態を補ってなおもありあまる戦果であった。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%AB
ページ番号: 4278762 リビジョン番号: 2407068
読み:ジャックチャーチル
初版作成日: 10/02/08 08:57 ◆ 最終更新日: 16/09/18 07:12
編集内容についての説明/コメント: 関連動画掲載
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジャック・チャーチルについて語るスレ

132 : ななしのよっしん :2016/08/31(水) 16:21:02 ID: 2CHW0BVjWA
英霊を大戦の時代から選んだとしたら、セイバーがいないじゃないか!
・・・と思っていた時がにもありました
133 : ななしのよっしん :2016/09/04(日) 07:05:50 ID: Oq/nItEOmJ
日本陸軍より凄まじい懐古趣味の軍人が居るとは思わなかった
しかも戦果まで挙げていると言う
134 : 不良将校 :2016/09/05(月) 10:51:27 ID: UznmgMq+zJ
脱走後、一週間200kmの走破・・・ルーデル大佐と一緒に24時間マラソンに出てほしい
135 : ななしのよっしん :2016/09/11(日) 19:28:54 ID: hl3N5R8buG
当時のショボい自転車でどうやったら4000km走破できるんだwww
中にサイクルショップがたくさんあったのか?
136 : ななしのよっしん :2016/09/12(月) 10:55:57 ID: HGVxrl8iFC
>>134
ドニエストで部下共々取り残されたルーデルは一番近い地約40kmを2日で走破だったからな。民家で休憩有り(論部下は途中リタイア)
流石に陸の上ではチャーチルの方が上か?

>>135
行く理由が線習いに行くぐらい好奇心旺盛だから出発前に自分でチャリの修理スキルぐらいは余裕で習得済みっぽいな
137 : ななしのよっしん :2016/09/23(金) 01:46:49 ID: Ca3z9Rvc9h
どうやら自転車の話は事実ではないようだ。英語wikipediaオートバイとの記述がある。
138 : ななしのよっしん :2016/09/23(金) 08:10:12 ID: 0DYP4oFomP
>>137
どっちにしても普通じゃない
139 : ななしのよっしん :2016/09/25(日) 22:19:25 ID: qNkBvXn/Ae
もうこの人に付き合わされた部下も途中から呆れから楽しさに変わっていってたんじゃないかな
140 : ななしのよっしん :2016/09/26(月) 02:23:52 ID: 20Wq/g9eEP
>>137
ベトナム原付で縦断したどうでしょうですら1800kmだったんだよなぁ……
141 : ななしのよっしん :2016/09/26(月) 08:02:37 ID: HGVxrl8iFC
オートバイでも凄いな。
猿岩石やどうでしょう以上の事をテレビ放映もない時代にやっちゃった訳だし。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015