単語記事: ジャンヌ・ダルク(Fate/Apocrypha)

編集

―――主よ、この身を委ねます―――

 

 

 

ネタバレ注意 この項目は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

ジャンヌ・ダルクとは、小説『Fate/Apocrypha』に登場するサーヴァントである。

CV:坂本真綾

イラスト:武内崇 / 設定制作:奈須きのこ

なお、記事ではこれ以降ジャンヌと表記する。サーヴァントについてはサーヴァント(聖杯戦争)の記事を参照。

概要

百年戦争でオルレアンを解放したフランスの英雄。カトリックの聖人。
聖杯戦争そのものに召喚された英霊として、聖杯戦争を正しく運営する役割を持つ。
そのため、他のサーヴァントとは違い、繰り返されるゲーム(聖杯戦争)の記憶を継承している。
サーヴァントとして振る舞う時は無口でクール。一方、素のジャンヌは素朴でおとなしい16歳の少女である。
規律を第一とし、ルールを守るために剣を振るうが、基本的に"聖杯戦争に参加している人間、英霊はみんな大切"と考えている。


ジャンヌゥゥゥゥゥゥゥ! ←旦那ちょっと黙ってて。

フランスにおける救国の英雄として、現代においても名高い少女。「オルレアンの乙女」とも呼ばれる。
Fate/Apocryphaでは特殊クラス「ルーラー」に該当する英霊として、聖杯戦争を正しく運営する役割を担う。

髪を後ろで三編みにしており、紫色の瞳が印象的。濃紺の服装に銀色の鎧や髪飾りが映える。

イラスト担当の武内崇曰く、基本デザインはセイバーと無関係だが、色味はあえて似せたとのこと。それについても、ジャンヌの場合は青年マンガ的なシックな配色を意識していると語っている。セイバーとの大きな違いは"色気"。こちらは足をチラ見せし、女性的な雰囲気を匂わせる。あと胸の豊かさも。胸部に巻きついている鎖が、キャラクターのイメージでもあるようだ。奈須きのこ曰く「禁断の鎖拘束系髪美女……!」

そんなジャンヌ。武内氏お気に入りだけあって、その入れ込みようは凄かった模様。
Apocrypha小説版の打ち合わせ初期には「ジャンヌは女子高生ってよくない?」とか言い出して、「何を言っているんだこいつは」と正気を疑ったとは奈須きのこの弁。その時はスタッフ達に「気持ちは分かるけれど落ち着け」と抑えられることとなったが、その反動でFate/Zero書き下ろしイラストで"女子高生"セイバーたる「マスター・アルトリア」が誕生した。つまりスタッフからダメだしされた怨念から生まれたイラストである。

そんなこんなで、「ジャンヌを女子高生にする」という彼の野望は潰えるかに思えた。
しかし小説版を担当した東出氏のファインプレーによって、彼の願いはようやく叶う―――。

ステータス

  • 真名:ジャンヌ・ダルク
  • クラス:ルーラー(セイバー)
  • 出典:史実
  • 地域:フランス・ドンレミ村
  • 属性:秩序・善
  • 性別:女
  • 身長:159cm
  • 体重:44kg
  • スリーサイズ:B85/W59/H86
  • 武装:旗
  • パラメータ
筋力:B 耐久:B 敏捷:A 魔力:A 幸運:C 宝具:A++

保有スキル

対魔力:EX セイバーの対魔力に加え、揺るぎなき信仰心によって高い抗魔力を発揮する。
ただし、魔術を逸らして(かわして)いるだけなので、広範囲魔術攻撃の場合、
助かるのはジャンヌだけである。教会の秘蹟には適用しない。
啓示:A "直感"と同等のスキル。直感は戦闘における第六感だが、
"啓示"は目標の達成に関する事象すべて(例えば旅の途中で最適の道を選ぶ)に適応する。
根拠がない(と本人には思える)ため、他者にうまく説明できない。
カリスマ:C 軍団を指揮する天性の才能。
戦場で旗を掲げ突撃に参加するジャンヌの姿は、兵士の士気を極限に高め、軍を一体のものとする。
彼女はカリスマのおかげで根拠のない"啓示"の内容を他者に信じさせることができる。
聖人:B 聖人として認定された者であることを表す。
聖人の能力はサーヴァントとして召喚された時に、
"秘蹟の効果上昇"、"HP自動回復"、"カリスマを1ランクアップ"、"聖骸布の作成が可能"
から、ひとつ選択される。

聖杯戦争の運営役として、戦いに秩序を持たせられるだけの力を与えられているからか、パラメータは全体的に高い。
武装は旗だが、この他に剣を装備している。

スキルの「対魔力:EX」は、魔術に対してほぼ無敵の防御力を誇る。
仕組み的には魔術を逸らしているにすぎないため、広範囲魔術攻撃が来たらマスターに被害が及ぶ危険性がある。
ただしルーラーとして聖杯自体に召喚されている場合は、マスターが存在しないためデメリットが少ない。
勿論、周囲への被害は運営役であるルーラーにとっても問題なので一概にいいとは言えないが。

またジャンヌは、「啓示」による第六感を「カリスマ」によって他者に信じさせることができる。
これにより、聖杯戦争のような一対一の戦いでは生かしにくかった「カリスマ」を比較的有効活用しやすい。

「聖人」はサーヴァントとして召喚された時に、いくつかある効果からひとつを選択するという珍しいスキル。

宝具

『我が神はここにありて』(リュミノジテ・エテルネッル)
ランク:A
種別:結界宝具
レンジ:1~1
最大捕捉:???
生前、ジャンヌが振っていた聖旗が宝具となったもの。
この旗を中心とする10レンジ内部を天使の祝福によって守護するもの。
規格外(EX)とされるジャンヌの対魔力を、そのまま物理的な防御力として行使することが可能。
ただし、旗を構えている間ジャンヌは一切の攻撃が不可能になる。
また旗そのものにはダメージが蓄積していくため、濫用すると使い物にならなくなる。
なお、読み仮名はフランス語で「Luminosite eternelle」と表記し、直訳すると「永遠の輝き」という意味になる。
『紅蓮の聖女』(ラ・ピュセル)
ランク:C(発現前)EX(発現後)
種別:特攻宝具
レンジ:???
最大捕捉:???
"主よ、この身を委ねます―――"という辞世の句を発動の呪文とし、炎を発現させる聖剣。
ジャンヌの火炙りを攻撃的に解釈した概念結晶武装。
固有結界の亜種であり、心象風景を剣として結晶化したもの。
この剣は英霊ジャンヌ・ダルクそのものであり、宝具を発現させると戦闘後、ジャンヌは消滅する。

強力な防御宝具と特攻宝具を持つジャンヌ。
初期設定から存在していた宝具は『紅蓮の聖女』のみで、もう一つの宝具『我が神はここにありて』は小説版で追加されたものである。上記のランク等は全て初期設定からあったものではなく、小説版で判明したもの。

Fate/Apocrypha小説版

聖杯戦争を取り仕切るため、大聖杯が召喚した統治の英霊。
クラスはルーラー。聖杯自体に召喚されたためマスターは存在しない。

その召喚方法は、「フランスの女子学生に憑依する」というイレギュラーにも程がある形でのものとなった。憑依対象となった者の名はレティシア。極めて高い感受性と篤い信仰心を持つ、フランス人の少女である。この状態でのジャンヌは、英霊としての記憶に加えレティシアの記憶の大部分も併せ持つ、一時的な二つの人格統合をされている。このような尋常でない手段を取ったものの、レティシア自身が自分の内側に宿った乙女(ラ・ピュセル)を認め、完全に受け入れていたためになんとか問題なく現界することができた。

他者の肉体に憑依しているためか、サーヴァントとしての霊体化は不可能。また餓死するわけではないが、肉体への負担になるので定期的に食事を摂る必要がある。

その代わりに、ジャンヌはルーラーとしての特権を多数有している。
自身を中心とした半径十キロ圏内の強力な索敵能力(アサシンの『気配遮断』すら無効化する)に、聖水を用いたサーヴァントの探索機能。聖杯からのバックアップがあるためか、サーヴァントの情報を真名含めてすべて看破しており、反対にルーラーに関する情報は聖杯によって厳密に秘匿されている。

信仰深い敬虔な少女であり、生真面目かつ善良な性格をしている。
運営役としての彼女は中立性・公平さを重んじ、たとえ自身が危機的状況にあったとしても、それによってどちらかを贔屓するなどということは、ルーラーとしての誇りにかけて行わないという気高き精神を持つ。

生前は農家の一子女であったジャンヌは教養を受ける場がなかったこともあり、署名程度しか読み書きはできない。聖杯によって現界した今でも、聖杯から与えられる知識と憑依対象である少女の知識がジャンヌの知識限界である。そのため数学の教科書という強敵に、悪戦苦闘しつつも取り組むことになる。(聖杯大戦中も、学生であるレティシアのための勉強を疎かにしないのは生真面目な彼女ゆえか)

また農家出身ゆえか、かなりの健啖家(食欲旺盛)。ハラペコ属性も完備している。

Fate/Zero

ここからはFate/Zeroにおけるジャンヌ・ダルクについて説明する。おまたせ旦那。

第四次聖杯戦争に登場したキャスターは、生前ジャンヌと関係が深い人物であった。そのため、作中でもジャンヌについての描写がいくつか見られる。

またアニメ「Fate/Zero」第15話のキャスターが消滅する間際、彼の回想シーンにてジャンヌが生前の姿で登場する。
その時のキャラクターデザインはFate/Apocryphaのものが使用されている。アニメでのジャンヌ登場には、キャスターは勿論、テレビの前の多くの旦那(お前ら)が歓喜の声を上げることとなった。

さぁ皆さんご一緒に、ジャンヌゥゥゥゥゥゥゥ!!!

Fate/Grand Order

ゲーム開始後、最初から回せるガチャに登場。
期間限定ガチャを除けば唯一恒常で引き当てることが出来るルーラー。

アヴェンジャーを除くクラスからの攻撃を半減するクラス相性、サーヴァントの動きを封じるスキル、サーヴァントの宝具の威力減少スキルを持ち、対サーヴァント戦での防御に特化した性能をしている。このほかには毎ターンクリティカルスターを発生させる補助スキルも持つ。

宝具は「紅蓮の聖女」ではなく、「我が神はここにありて」。効果は自分が2ターン行動不能になる代わりに味方に防御アップ+一ターンの無敵付与、毎ターンHP回復付与を与える防御特化となっている。

このとおり対サーヴァント戦での防御に特化している性能なので、雑魚との戦闘や攻撃全般は不得手とするサーヴァントである。

キャラクターデザインはFate/Apocryphaそのまま、設定もほぼ準拠していると思われる。

以下ネタバレにつき反転:ストーリー一章においてオルタ化して登場。竜にまつわる英霊をバーサーカーの特性を付与して召還勿論旦那もいるよ!フランスへの復讐を開始する。詳細はこちら → ジャンヌ・ダルク[オルタ]

Fate/EXTELLA

アルテラ陣営側のサーヴァントとして登場。
裁定者であるのだが、とある事情でアルテラ陣営に寄った立場で裁定を見定める立場にある。

防御力が攻撃力を上回るタンク型キャラクター。旗を槍のように振り回す。
攻撃面はやや偏りがあり扱いづらい。だが耐久力は高め。
そして宝具は「紅蓮の聖女(ラ・ピュセル)」であり、使用後に即死するという性能も再現されている。
なので蘇生アイテムや令呪による蘇生が無ければGAMEOVERというなかなかピーキーな使い勝手。
だがそれが前提であるならば死にかけたら宝具発動して特攻したあと蘇生するというどこぞのバーサーカーみたいなパワープレイをさせたプレイヤーも多かろう。
ただし、高評価プレイを目指す場合、ダメージ評価に判定される関係から乱発できず、結果的に使いづらさが先行するキャラクターという評価になっている。

路地裏さつき

2013年のTYPE-MOONエイプリルフール企画『路地裏さつき ヒロイン十二宮編』において、ゴールドヒロインの一角として登場したジャンヌ。司る宮は「戌」であり、第十一宮「犬耳会」にてさつち達の前に立ちふさがった。ちなみに、この回のシナリオ担当(東出祐一郎)&イラスト担当(近衛乙嗣)は、小説版『Fate/Apocrypha』担当者タッグである。

色々ツッコみたい所がある名称・格好・言動をしているが、まぁ端的に言えば「あざとい」。
コンセプトは「キュアでピースで真っ黄色」とあり、全力で大きいお友達層を狙っている。容姿だけ見ても露出強な衣装+犬耳+語尾に犬語……と計算され尽くされたあざとさである。あざといなさすが黄色あざとい。……もっともどこかのピンクの人気と活躍によってヒロインの座がガチで危ぶまれているので、手段を選んでなどいられないとのこと。新人さんも中々大変なようです。それと登場時に「神風魔法少女ジャンヌ」と名乗りっているが、どう見ても神風怪盗ジャンヌのパロディです本当にありがとうございました。

なお作中において、セイバースレイヤーと化したヒロインXから不意打ちの「約束された勝利の剣」を喰らわされたのだが、ジャンヌは自身が持つ旗の宝具「■■■■■■■■■■」でその攻撃を凌いでいた。 ネタバレにつき宝具名は伏せ字となっているが、小説版第二巻にてこの宝具が『我が神はここにありて』というジャンヌの宝具であることが判明した。こんなエイプリルフール企画が初出でいいんですかね。あとセイバーさん、ジャンヌは一応ルーラーであってセイバーじゃないですから。色気で負けてるからって僻まないでください。
小説版第一巻で、カルナの宝具解放に対して主武装である旗を取り出す場面があり、この宝具によって攻撃を防ごうとしたとも推測できる。少なくともランクA++という最高威力を誇る聖剣を真っ向から防ぐ性能を持っているので、防御宝具として非常に優れているようだ。これについては、小説版第二巻でこの宝具の防御性能の高さが描かれている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8C%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%AB%E3%82%AF%28fate%2Fapocrypha%29
ページ番号: 5044303 リビジョン番号: 2450077
読み:ジャンヌダルク
初版作成日: 13/02/16 18:46 ◆ 最終更新日: 17/01/18 22:40
編集内容についての説明/コメント: 邪ンヌ追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジャンヌ・ダルク(Fate/Apocrypha)について語るスレ

267 : ななしのよっしん :2017/01/07(土) 00:11:46 ID: PLyXMBZRZH
>>263
絶対90くらいある(確信)
268 : ななしのよっしん :2017/01/18(水) 14:38:51 ID: nhuQ13BCEg
apoジャンヌ嫌いな人って、単に恋愛脳が嫌なのか、自分の嫁が別の男に取られていた事実に発狂してるだけなのかどっちなんだろ
269 : ななしのよっしん :2017/01/18(水) 14:46:23 ID: 9C6arZNgU0
多分後者ゾ。型月民はキチガイだらけだし
270 : ななしのよっしん :2017/01/18(水) 20:29:08 ID: NYjQKoZddo
>>268
後者
apoでのルーラーの役割は、四郎を止めて世界崩壊の問題を解決すること。
この役割を貫くためにジャンヌがしたことは、好きな人を犠牲にするっていう恋愛脳とはむしろ真逆の行為
普通に読めばそれがわかるから後者
271 : ななしのよっしん :2017/01/18(水) 22:05:13 ID: lm0R9SOsrp
一部の人たちはFGOの玉藻がデレないことでも怒ってたし
オタク商売って本当に難しい
272 : ななしのよっしん :2017/01/28(土) 21:45:11 ID: YqFu/W1gao
さすがに暴論すぎるだろそれ・・・
273 : ななしのよっしん :2017/01/28(土) 21:50:17 ID: 6vrNIk2Hyp
>>271
更に出れても文句言う模様 まぁ、玉藻信者は頭おかしいのばっかだからしょうがないが
274 : ななしのよっしん :2017/02/12(日) 21:00:23 ID: 7+yISN/s0G
型月民というよりは新規と古参の違いだな
fgoやってるやつの殆どはエクストラシリーズとか名前も知らんだろうし
やった事あるやつなら普通に納得がいく
>>271
バレンタインイベの剣式の動画でも式と織と「」の区別もついてないやつが
コクトー可哀そうとか言ってたし、どっちにしたって文句いってんのは
型月知識が全くないfgo新規とか
275 : ななしのよっしん :2017/02/20(月) 23:04:28 ID: szR+y9VHnk
こいつ中立()とか言っておきながら惚れた男の陣営に明らさまな贔屓してるビッチスイーツだし嫌われて当然だろ
276 : ななしのよっしん :2017/02/20(月) 23:08:08 ID: JlENfvP3H+
菌糸類の坂本真綾好き好き大好きっぷりの恩恵をモロに受けてるのがちょっと。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015