単語記事: ジャンヌ・ダルク(Fate/Apocrypha)

編集

―――よ、この身を委ねます―――

 

 

 

ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

ジャンヌ・ダルクとは、小説Fate/Apocrypha』に登場するサーヴァントである。

CV坂本真綾

イラスト武内崇 / 設定制作奈須きのこ

なお、記事ではこれ以降ジャンヌと表記する。サーヴァントについてはサーヴァント(聖杯戦争)の記事を参照。

概要

百年戦争でオルレアンを解放したフランス英雄。カトリック人。
聖杯戦争そのものに召喚された英霊として、聖杯戦争を正しく運営する役割を持つ。
そのため、他のサーヴァントとは違い、繰り返されるゲーム聖杯戦争)の記憶を継承している。
サーヴァントとして振る舞う時は無口クール。一方、素のジャンヌは素おとなし16歳少女である。
を第一とし、ルールを守るためにを振るうが、基本的に"聖杯戦争に参加している人間、英霊はみんな大切"と考えている。


ジャンヌゥゥゥゥゥゥゥ! 旦那ちょっと黙ってて。

フランスにおける救英雄として、現代においても名高い少女。「オルレアンの女」とも呼ばれる。
Fate/Apocryphaでは特殊クラスルーラー」に該当する英霊として、聖杯戦争を正しく運営する役割を担う。

金髪を後ろで三編みにしており、紫色の瞳が印的。濃装に銀色飾りが映える。

イラスト担当の武内崇く、基本デザインセイバー関係だが、色味はあえて似せたとのこと。それについても、ジャンヌの場合は青年マンガ的なシックな配色を意識しているとっている。セイバーとの大きな違いは"色気"。こちらは足をチラ見せし、女性的な雰囲気を匂わせる。あと胸の豊かさも。胸部に巻きついている鎖が、キャラクターイメージでもあるようだ。奈須きのこく「禁断の鎖拘束金髪美女……!」

そんなジャンヌ武内氏お気に入りだけあって、その入れ込みようは凄かった模様。
Apocrypha小説版の打ち合わせ初期には「ジャンヌ女子高生ってよくない?」とか言い出して、「何を言っているんだこいつは」と正気を疑ったとは奈須きのこの弁。その時はスタッフ達に「気持ちは分かるけれど落ち着け」と抑えられることとなったが、その反動Fate/Zero書き下ろしイラストで"女子高生"セイバーたる「マスターアルトリア」が誕生した。つまりスタッフからダメだしされた念から生まれたイラストである。

そんなこんなで、「ジャンヌ女子高生にする」という彼の野望は潰えるかに思えた。
しかし小説版を担当した東出氏のファインプレーによって、彼の願いはようやくう―――。

ステータス

:B 耐久:B 敏捷:A :A 幸運:C 宝具:A++

保有スキル

対魔EX セイバーの対魔に加え、揺るぎなき信仰心によって高い抗魔を発揮する。
ただし、魔術を逸らして(かわして)いるだけなので、広範囲魔術攻撃の場合、
助かるのはジャンヌだけである。教会の秘には適用しない。
啓示:A "直感"と同等のスキル。直感は戦闘における第六感だが、
"啓示"は標の達成に関する事すべて(例えば旅の途中で最適のを選ぶ)に適応する。
根拠がない(と本人には思える)ため、他者にうまく説明できない。
カリスマ:C 軍団を揮する性の才
戦場で旗を掲げ突撃に参加するジャンヌの姿は、兵士の士気を極限に高め、軍を一体のものとする。
彼女はカリスマのおかげで根拠のない"啓示"の内容を他者に信じさせることができる。
人:B 人として認定された者であることを表す。
人のサーヴァントとして召喚された時に、
"秘の効果上昇"、"HP自動回復"、"カリスマを1ランクアップ"、"骸布の作成が可"
から、ひとつ選択される。

聖杯戦争運営役として、戦いに秩序を持たせられるだけのを与えられているからか、パラメータは全体的に高い。
武装は旗だが、この他にを装備している。

スキルの「対魔EX」は、魔術に対してほぼ無敵の防御を誇る。
仕組み的には魔術を逸らしているにすぎないため、広範囲魔術攻撃が来たらマスター被害が及ぶ危険性がある。
ただしルーラーとして聖杯自体に召喚されている場合は、マスターが存在しないためデメリットが少ない。
論、周囲への被害運営役であるルーラーにとっても問題なので一概にいいとは言えないが。

またジャンヌは、「啓示」による第六感を「カリスマ」によって他者に信じさせることができる。
これにより、聖杯戦争のような一対一の戦いでは生かしにくかった「カリスマ」を較的有効活用しやすい。

人」はサーヴァントとして召喚された時に、いくつかある効果からひとつを選択するというしいスキル

宝具

はここにありて』(リュミノジテ・エテルネッル)
ランク:A
種別:結界宝具
レンジ:1~1
最大捕捉:???
生前、ジャンヌが振っていた旗が宝具となったもの。
この旗を中心とする10レンジ内部を天使の祝福によって守護するもの。
規格外(EX)とされるジャンヌの対魔を、そのまま物理的な防御として行使することが可
ただし、旗を構えている間ジャンヌは一切の攻撃が不可能になる。
また旗そのものにはダメージが蓄積していくため、濫用すると使い物にならなくなる。
なお、読み仮名はフランス語で「Luminosite eternelle」と表記し、直訳すると「永遠のき」という意味になる。
女』(ラ・ピュセル
ランク:C(発現前)EX(発現後)
種別:特攻宝具
レンジ:???
最大捕捉:???
"よ、この身を委ねます―――"という辞世の句を発動の呪文とし、炎を発現させる聖剣
ジャンヌの火りを攻撃的に解釈した概念結晶武装。
固有結界亜種であり、心風景として結晶化したもの。
このは英霊ジャンヌ・ダルクそのものであり、宝具を発現させると戦闘後、ジャンヌは消滅する。

な防御宝具と特攻宝具を持つジャンヌ
初期設定から存在していた宝具は『女』のみで、もう一つの宝具はここにありて』は小説版で追加されたものである。上記のランク等は全て初期設定からあったものではなく、小説版で判明したもの。

Fate/Apocrypha小説版

聖杯戦争を取り仕切るため、大聖杯が召喚した統治の英霊。
クラスルーラー。聖杯自体に召喚されたためマスターは存在しない。

その召喚方法は、「フランスの女子学生に憑依する」というイレギュラーにも程がある形でのものとなった。憑依対となった者の名はレティシア。極めて高い感受性と篤い信仰心を持つ、フランス人の少女である。この状態でのジャンヌは、英霊としての記憶に加えレティシアの記憶の大部分も併せ持つ、一時的な二つの人格統合をされている。このような尋常でない手段を取ったものの、レティシア自身が自分の内側に宿った女(ラ・ピュセル)を認め、全に受け入れていたためになんとか問題なく現界することができた。

他者の体に憑依しているためか、サーヴァントとしての霊体化は不可能。また餓死するわけではないが、体への負担になるので定期的に食事を摂る必要がある。

その代わりに、ジャンヌルーラーとしての特権を多数有している。
自身を中心とした半径十キロ圏内の強な索敵アサシンの『気配遮断』すら効化する)に、聖水を用いたサーヴァントの探索機聖杯からのバックアップがあるためか、サーヴァント情報名含めてすべて看破しており、反対にルーラーに関する情報聖杯によって厳密に秘匿されている。

信仰深い敬虔な少女であり、生かつ善良な性格をしている。
運営役としての彼女は中立性・さを重んじ、たとえ自身が危機的状況にあったとしても、それによってどちらかを贔屓するなどということは、ルーラーとしての誇りにかけて行わないという気高き精を持つ。

生前は農家の一子女であったジャンヌは教養を受ける場がなかったこともあり、署名程度しか読み書きはできない。聖杯によって現界した今でも、聖杯から与えられる知識と憑依対である少女の知識がジャンヌの知識限界である。そのため数学の教科書という強敵に、悪戦苦闘しつつも取り組むことになる。(聖杯大戦中も、学生であるレティシアのための勉強を疎かにしないのは生な彼女ゆえか)

また農家出身ゆえか、かなりの健啖食欲旺盛)。ハラペコ属性備している。

Fate/Zero

ここからはFate/Zeroにおけるジャンヌ・ダルクについて説明する。おまたせ旦那

第四次聖杯戦争に登場したキャスターは、生前ジャンヌと関係が深い人物であった。そのため、作中でもジャンヌについての描写がいくつか見られる。

またアニメFate/Zero」第15話のキャスターが消滅する間際、彼の回想シーンにてジャンヌが生前の姿で登場する。
その時のキャラクターデザインFate/Apocryphaのものが使用されている。アニメでのジャンヌ登場には、キャスター論、テレビの前の多くの旦那お前ら)が歓喜のを上げることとなった。

さぁ皆さんご一緒に、ジャンヌゥゥゥゥゥゥゥ!!!

Fate/Grand Order

ゲーム開始後、最初から回せるガチャに登場。
Fate/Apocryphaでの記憶を保持しているようで、共演キャラがいるとマイルームで特殊台詞が発生する。
 
期間限定ガチャを除けば一恒常で引き当てることが出来るルーラクラスサーヴァント。「バーサーカー以外の基本6クラスに対して防御有利、アヴェンジャーに不利」という特殊なクラス相性を持つ。この特殊相性に加えて全キャラ最大のHPを持つため物凄くタフ。

宝具は「女」ではなく、「はここにありて」。
効果は味方全員に1ターン無敵状態、2ターンのリジェネ、同じく2ターンの防御バフを付与するというもの。
かつては「自身に2ターンのスタン」というデメリット効果があったため扱い辛いという評価が立ったが
後に実装された強化クエストでスタン効果が削除された上に「味方全体の弱体解除」というメリット効果が追加され、より隙のない防御手段となった。

ユニットとしては耐久に特化したサポーター。特に玉の宝具どの攻撃を遮断してくれる上、スキルと違ってNPさえ溜まれば再使用可なためArtsパ採用時の安定感は随一。本人がとんでもなく硬いのでサポート抱え落ちする心配もないのが嬉しい。
 加えて一人生き残った場合の単騎性も高く、、宝具を乱打しながらの攻勢で大抵の相手をゴリ押しで撃破してくれる。
無敵りながら自分はもりもり回復し、かざした旗でそのまま敵を殴り倒す様はまさに脳筋女。

攻撃面のサポートには乏しいため雑魚相手の周回では使われないものの
ボスが登場する高難易度クエストでは「負けなければ勝てる」という真理を体現した戦いぶりを見せてくれる。
敵の攻撃に耐えきれない、ボスが強すぎて進めないといった時はぜひ頼ってみよう。

下ネタバレにつき反転ストーリー一章においてオルタ化して登場。にまつわる英霊をバーサーカーの特性を付与して召還旦那もいるよ!フランスへの復讐を開始する。詳細はこちら → ジャンヌ・ダルク[オルタ]

Fate/EXTELLA

アルテラ営側のサーヴァントとして登場。
裁定者であるのだが、とある事情でアルテラ営に寄った立場で裁定を見定める立場にある。

防御が攻撃を上回るタンクキャラクター。旗をのように振り回す。
攻撃面はやや偏りがあり扱いづらい。だが耐久は高め。
そして宝具は「女(ラ・ピュセル)」であり、使用後に即死するという性も再現されている。
なのでアイテム令呪による生がければGAMEOVERというなかなかピーキーな使い勝手。
だがそれが前提であるならば死にかけたら宝具発動して特攻したあと生するというどこぞのバーサーカーみたいなパワープレイをさせたプレイヤーも多かろう。
ただし、高評価プレイす場合、ダメージ評価に判定される関係から乱発できず、結果的に使いづらさが先行するキャラクターという評価になっている。

路地裏さつき

2013年TYPE-MOONエイプリルフール企画路地裏さつき ヒロイン二宮』において、ゴールドヒロインの一として登場したジャンヌる宮は「」であり、第十一宮犬耳会」にてさつち達の前に立ちふさがった。ちなみに、この回のシナリオ担当(東出一郎)&イラスト担当(近衛嗣)は、小説版『Fate/Apocrypha』担当者タッグである。

色々ツッコみたい所がある名称・格好・言動をしているが、まぁ端的に言えば「あざとい」。
コンセプトは「キュアでピースで黄色」とあり、全大きいお友達層を狙っている。容姿だけ見ても露出強な衣装+犬耳+語尾……と計算され尽くされたあざとさである。あざといなさすが黄色あざとい。……もっともどこかのピンク人気と活躍によってヒロインの座がガチで危ぶまれているので、手段を選んでなどいられないとのこと。新人さんも中々大変なようです。それと登場時に「魔法少女ジャンヌ」と名乗りっているが、どう見ても神風怪盗ジャンヌパロディです本当にありがとうございました。

なお作中において、セイバースレイヤーと化したヒロインXから不意打ちの「約束された勝利の剣」を喰らわされたのだが、ジャンヌは自身が持つ旗の宝具■■■■■■■■■■」でその攻撃をいでいた。 ネタバレにつき宝具名は伏せ字となっているが、小説版第二巻にてこの宝具が『はここにありて』というジャンヌ宝具であることが判明した。こんなエイプリルフール企画が初出でいいんですかね。あとセイバーさん、ジャンヌは一応ルーラーであってセイバーじゃないですから。色気で負けてるからってまないでください。
小説版第一巻で、カルナ宝具解放に対して武装である旗を取り出す場面があり、この宝具によって攻撃を防ごうとしたとも推測できる。少なくともランクA++という最高威を誇る聖剣っ向から防ぐ性を持っているので、防御宝具として非常に優れているようだ。これについては、小説版第二巻でこの宝具の防御性の高さが描かれている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8C%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%AB%E3%82%AF%28fate%2Fapocrypha%29
ページ番号: 5044303 リビジョン番号: 2509056
読み:ジャンヌダルク
初版作成日: 13/02/16 18:46 ◆ 最終更新日: 17/07/20 21:06
編集内容についての説明/コメント: フィギュア追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジャンヌ・ダルク(Fate/Apocrypha)について語るスレ

401 : ななしのよっしん :2017/10/17(火) 20:11:37 ID: NYjQKoZddo
オルタになる可性は皆無って明言されてるし
実際に描写されてるジャンヌのあれこれ見てると本当にありえなさそう
402 : ななしのよっしん :2017/10/21(土) 09:49:37 ID: ZoN1vY66V1
あれはモードレッド側にこそ問題がある。どちらの営にも加担せずにフリーの第三勢みたいなもんだったし、本人の人格も落ち着きがなく荒々しいチンピラ系。
ジャンヌ視点から見ればモードレッドは自分の都合を最優先で振舞うかもしれない疑いもあるし、状況を理解して動いてくれるのかも若干の不安がある。
それに対して願いの根本部分からして善寄りであり、欲でなにかマズイ事をしでかす可性が低いジークはいろんな意味で警に値しない。事態の解決にしか令呪も使わないだろうし、に使用回数制限がある以上わざわざジャンヌに牙をむく可性も低い。

贔屓というか、そもそも営や閥やらといった組みが崩壊してなくなった現状の異常事態における、単純に信頼度と相互理解度の差。ジークモードレッドじゃ脅威度が違う。
というか、そもそも大前提として「の対立構造という大」がこの時点で既に崩壊してしまっていることを失念してないかい。
403 : ななしのよっしん :2017/10/21(土) 10:08:24 ID: 6Jps5M+AUS
いやぁ、過去作と較しても、もっさんfate主人公組的な動きしているからね。

むしろ全体的におかしな事してるのはジャンヌ側だからどうしようも
404 : ななしのよっしん :2017/10/22(日) 00:07:11 ID: NYjQKoZddo
過去作と較してもとか…
405 : ななしのよっしん :2017/10/22(日) 01:10:33 ID: WDhJowrNq1
世界ヤバいって時に出し抜いて聖杯確保しようとするような主人公組なんていたっけ・・・?
406 : ななしのよっしん :2017/10/22(日) 03:50:14 ID: D6hlAfuhIj
あの令呪譲渡シーンアニメだとマシになってるけど原作はさらに酷いからな
407 : ななしのよっしん :2017/10/22(日) 14:11:18 ID: 6QEsF3Ez2A
人類全体の救済で人類へのを示してる天草と対させる為に展開してるんだろうが
よりにもよって相手が中身っぽの人造生物というのがなぁ
結局マトモな人間をせないのは同じじゃないのかと
408 : ななしのよっしん :2017/10/22(日) 17:57:10 ID: V+LfbWZVvL
ジャンヌジークを贔屓するのは、いくらでも正当化出来るし、実際正当な理由もあるのかもしれない。

けど、どんなに「本当は正当な理由があるんですよ!」と言った所で、読者視聴者)に「こいつ個人的な感情で贔屓してるな」と取られてしまった時点で「描写が下手」としか言えん。
あるいは本当に個人的な感情で贔屓してるんだったらそれはそれで問題だが。
409 : ななしのよっしん :2017/10/22(日) 19:07:23 ID: WDhJowrNq1
>>408
別に贔屓だろうが何だろうが聖杯アウトと定める「一般人被害が出たことによる秘の露呈」やらがい限りは自分の裁量で好きにやって良いのがルーラーだぞ?
410 : ななしのよっしん :2017/10/22(日) 19:36:14 ID: yF+HuM8lca
それならそれで別に構わんから
ルーラーは中立である必要はなく贔屓しても良い」ってのを作中でちゃんと描写しろって話
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829