単語記事: ジュラシック・パーク

編集

ジュラシック・パーク(Jurassic Park)とは、マイケルクラトン作の小説、及びそれを原作とする映画

概要

バイオテクノロジーによって現代によみがえった恐竜達が、遊園地内で飼育されるはずが暴走し、人々を追い詰めていくという物語

1990年小説が発表され、1993年スティーヴン・スピルバーグ監督により映画化され世界的な大ヒットを記録した。
小説の続編として『ロストワールド -ジュラシック・パーク2-』、映画の続編として『ロストワールド/ジュラシック・パーク』『ジュラシック・パークIII』『ジュラシック・ワールド』がある。
また1993年1997年2003年にはセガによってゲーム化され、2011年にはTelltale Gamesによってゲーム化されている。

本項では、小説映画ジュラシック・パーク』のほか、それぞれの続編について記述する。

ニコニコ動画ではテーマ曲(ジョンウィリアムズ作曲)関係の動画がいくつかあげられている。

あらすじ

大富豪ハモンドは膨大な資を投入して、琥珀の中に閉じ込められた中生代のから恐竜の血を採取、それを元にDNAを解析し、恐竜クローンを作りだすことに成功した。

彼は作り出した恐竜達を玉にした一大テーマパークジュラシック・パーク」を太平洋の孤に作った。しかし開園直前、産業スパイの暗躍により、パークシステムダウンしてしまう……。

小説

1990年という、一般にバイオテクノロジー・遺伝子・DNAなどの単が知られ始めた時期に発表されたSF小説

恐竜というもが知り、一度は憧れたはずの巨大生物科学を以って現代にらせるという魅的な題材と、それによってった恐竜たちに追い詰められていく人間の恐怖を描いたSFパニック小説である。

当時の最先端の科学技術を取り込んでいるほか(現在となっては矛盾点などが少なからず見つかっている)、生命の行動・発展に関してのカオス理論が物語軸となっており、さらに人間が命を勝手に作っていいのかという倫理の問題なども物語キーワードとして登場するなど、小説版を読むにはそれ相応の知識と理解が必要になる。

映画版

1993年開。スティーヴン・スピルバーグ監督
カオス理論など、原作者が小説テーマとしていた部分は排除され、同監督の『ジョーズ』や『激突!』にも似た怪獣パニック映画として製作された。
また、のみならず、一部登場人物の性格と生死が変更されており(原作では成金義のクソ爺として死ぬハモンドが、明らかスピルバーグ自身をモデルとした子供好きの好々爺として最後まで生き残るなど)、登場する恐竜の数も限定されている。 

タイトルロゴや、作品内でのテーマパークロゴには、ティラノサウルスレックスシルエット徴的に描かれているが、作品内で人々の脅威となるのはむしろヴェロキラプトルの方である。

スピルバーグの迫ある演出、ジョンウィリアムスによるロマンと恐怖の両方を掻き立てる音楽、そしてILMによる当時最先端のCG技術と、ストップモーションの大フィルティペットのモーション監修によって描かれた恐竜の生き生きとした動きと恐ろしい迫が、観客を魅了し、全世界で9億ドル以上の行収入を記録した。

1991年開の『ターミネーター2』と並び、映画によける特殊技術の役が、アナログ的なストップモーション技術から、コンピューターを用いたVFXへと移る決定的な転機となった。
実際、ストップモーションの大であったフィルティペットが招聘されていたものの、ILMが作成したフルCG恐竜の方がかに迫があったために降となっている(ただし恐竜がすべてCGであるわけではない。またティペットは、恐竜のモーションの監修という立場でやはり作品には深く関わっており、アカデミー視覚効果賞を受賞している)。 

2013年には3Dに再編集されて開されている。

映画シリーズ

アトラクション

ジュラシック・パーク・ザ・ライド

ユニバーサルスタジオアトラクション。USJにももちろんあり、人気アトラクションである。
映画第1作に少しだけ登場した、ジュラシック・パークアトラクション「ジャングルバーライド」を基にしたクルーズアドベンチャー
ボートは劇中のものを忠実に再現しており、巨大な恐竜達の姿を楽しめるほか、映画では道路にあったあの木製のゲートも、航路上に再現されている(エリアとしての「ジュラシック・パーク」の入り口にも設置されている)。  

ゲスト達はボートに乗り込み、恐竜達の姿を楽しむクルーズへと出かける。
クルーズ序盤では温厚な恐竜達がゲストを出迎え、その迫ある巨体をゲスト達は間近に楽しむ。
しかし、クルーズ途中にトラブルが発生し、ゲスト達のボートは航路を外れ、発電所の方へと流されていく。
そこでは、何とヴェロキラプトルなどの危険な恐竜達が檻から逃げ出し暴れていた。係員たちも、次々に恐竜の餌食になっていく(ちなみに、コンプソグナトゥス達が引っり合っているズタボロの所員には「Mickey」という名前が書かれている。他意はあるのか)。 
そして発電所の中を逃げ惑った末、とうとうボートの前にティラノサウルスレックスが現れる。そしてボートはそのまま……。

USJアトラクション・ショーの中では、ウォータワールドに次いでおそらく一番びしょびしょになる。
売店や自動販売機で安いカッパが売られているため、濡れたくないならこれを買ったほうが難。 

ザ・フライング・ダイナソー

2016年3月18日より稼働予定の、USJの新アトラクション。
「ザ・ライド」と異なり、USJが独自に製作したオリジナルアトラクションである。

ジュラシック・パークの新たなアトラクションとして、プテラノドンの足につかまって(というより背中を捕まえられて)自由に大を飛び回るツアーが開発された。ゲスト達はさっそくこれに参加するが、いかに訓練されているとはいえそこは野生の恐竜プテラノドン達はやがてコントロールを失い本のままにを飛び回りはじめ、ゲスト達は360度振り回され猛スピードでぶっ飛ばされる羽になる……という設定のフライングコースター

ゲストは「うつ伏せ」の状態でアトラクションに参加する。
全長1124m、最大落下高度37.8mというすさまじい規模で、これはいずれもフライングコースターとして世界最大・最高である(ただしUSJ調べ)。ちなみに他のアトラクションの落下高度は、「ザ・ライド」が25.9m、東京ディズニーランドの「スプラッシュマウンテン」が16mである。

その他

恐竜クローン再生については、現在では、ほぼ不可能とされている。
劇中では、恐竜の血を吸った琥珀の中に閉じ込められていたために、クローン再生を行うのに十分な質のDNAを採取できたが、現実には、いくら保存に適した条件下であっても、DNAは数万年で全に崩壊してしまうと判明したからである。
また、血を吸った状態の琥珀の中から見つかること自体、非常に稀である。

ただし、永久凍土の中に閉じ込められたDNAであればあるいは……という意見もある。
マンモスなどは、永久凍土の中から保存状態のいい死体と血液が見つかっており、クローン再生の可性も決して小さくはないとされている(ただしこのマンモスは1万年程度前のものであるため、そもそもDNA劣化の問題にひっかかっていないのだが)。 

また、本シリーズにおける「恐竜」は再生の際にカエルワニなど現代の生物DNAを欠損部位の補に使用しているため、厳密には「恐竜によく似たなにか」であり正確には原種とは別の生物となっている。

グラン博士モデルとなったジャック・ホーナー博士は、現在は、恐竜の子孫である鳥類のうち、の遺伝子を操作することで、恐竜に近い生物博士は「チキサウルス」と呼んでいる)へと先祖返りさせる研究を行っている。

関連動画

関連商品

小説

映画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF
ページ番号: 4461622 リビジョン番号: 2329853
読み:ジュラシックパーク
初版作成日: 10/09/13 02:11 ◆ 最終更新日: 16/02/25 22:19
編集内容についての説明/コメント: 新アトラクションと、ワールドの続編について加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジュラシック・パークについて語るスレ

284 : ななしのよっしん :2016/03/02(水) 17:20:49 ID: PHiGnLtXMr
>>281
顔はカルカドンサウルスの仲間と似た形だったしね。あのタイプは結構ほっそりしていてナイフみたいで切れやすくて、あまりはそこまで強くないらしいよ。狩りも切れ味のいいで傷をつけて出血死をさそうやり方らしい。
対してティラノはが太くてバナナみたいにうちに曲がっていているからが最大で8tくらいあって、狩りの時は敵に大ダメージを与えて一気に倒すやり方みたい。たぶんティラノのほうが強だと思う。
がよく開くのはひょっとしたらの遺伝子のせいかもね
285 : ななしのよっしん :2016/03/07(月) 17:07:53 ID: ZhoORa3OIg
インドナスはどこかゴジラを思わせた
人間の都合に振り回され、怒りをぶつけるように暴れまわり、最後はのなかで退治されてしまう
なにより造形がかっこいい。の可動範囲がやけに広いのも悪さに拍がかかってる。場面によってはインドナスを応援したくなるときがある
22年前の暗視ゴーグル普通に電生きてるとか褄合わんところはあるけど、ラストの決闘&共闘で血液が沸騰した。
いやー、映画って本当にいいもんですね
286 : ななしのよっしん :2016/03/21(月) 01:20:47 ID: P7JenRWt4P
>>277
放映当時はそうだったんだが、今だとスピノザウルスの新しい化石が見つかってそいつから推測するにティラノより重い上にパワーも機動も高かった可性があるらしい
まあ生存競争の相手が当時最強種の巨大ワニ中特化の首長だったらしいから相応に強くなきゃそもそも存在していないわな
287 : ななしのよっしん :2016/03/21(月) 15:57:25 ID: RyYOSf7/B7
>>286
体重の重さは中での浮を抑えるためだし
T-REXと同クラスのカルカドンサウルスに襲われてたのは確定してるんだよなあ
288 : ななしのよっしん :2016/03/22(火) 19:08:50 ID: JrxDvxd4nR
1作で敵対していたT.REXとラプトルが、今作では共闘してインドナスに立ち向かうとは。
まあラプトルは1作とは関係のない別個体だけれども、それでもあのラストバトルは燃えた。
289 : ななしのよっしん :2016/04/06(水) 18:43:07 ID: um1V9SBysg
ティラノの背中ちょこんと乗ってるラプトルかわいい
290 : sage :2016/04/09(土) 03:58:55 ID: ZjdMV5+3e2
オーウェンが摘してたけど、インドナスありゃ恐竜じゃなくて怪物だよな。作中でのスペックをまとめてみた。

・亜成体にも拘らず歴戦の老成したT-rexタイマンでなら互以上。
・作中で霊長類以上の知とされるラプトルをかにえる頭。(ガチで人類と同等レベルかも?)
・高度な擬態
赤外線探知やサーモグラフを潜り抜ける体温調節
アンキロサウルスの尾の打撃や弾をも寄せつけない装甲。
・遊びで殺戮をしたり相手が苦しむのをみて楽しむ残虐性。
ジャイロスフィアの強化ガラス(至近距離ライフル弾もとめる)をの一撃で簡単に壊す。

マジティラノとモササウルスがいなかったらどうなってたんだ…
291 : ななしのよっしん :2016/04/09(土) 04:17:47 ID: EYLp3vt0sC
もっさん「私に感謝しろ」
インドナス突然の死

体色変化による擬態アマガエルコウイカDNAの影だったっけ?
いかに上手く体色を変えて風景に紛れ込んだとしても、
あそこまでガタイのいい大爬虫類だったら気付かれるんじゃないか……とは思ったが
あそこは「細けえことはいいんだよ!」かな
捕獲部隊に奇襲をかけて壊滅に追い込んだのはの中だったし、
木々で身体の輪が紛れてうまく隠れられたのかも
292 : ななしのよっしん :2016/04/25(月) 01:30:21 ID: 3iid7QBoBJ
>>291
野暮なこと言うと、原作JPみたくから人を逃がした後でそこいら中を絨毯爆撃されてオシマイだったかもw

まぁ上手く熱放射で逃げてなんとかするかもしれないが・・・
293 : ななしのよっしん :2016/07/18(月) 00:42:48 ID: HgXSClZtRk
ジュラシック・ワールドは劇場では字幕レンタルでは吹替で観たが、吹替の翻訳いなと思ったら翻訳ニコニコでは玄田版コマンドーでお染みの平田勝茂さんだったんだな、ちなみに字幕は悪名高き戸田奈津子・・・
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015