単語記事: ジュラシック・パーク

編集  

ジュラシック・パーク(Jurassic Park)とは、マイケルクライトン作の小説、及びそれを原作とする映画

概要

バイオテクノロジーによって現代によみがえった恐竜達が、遊園地内で飼育されるはずが暴走し、人々を追い詰めていくという物語

1990年小説が発表され、1993年スティーヴン・スピルバーグ監督により映画化され世界的な大ヒットを記録した。
小説の続編として『ロストワールド -ジュラシック・パーク2-』、映画の続編として『ロストワールド/ジュラシック・パーク』『ジュラシック・パークIII』『ジュラシック・ワールド』『ジュラシック・ワールド/炎の王国』がある。
また1993年1997年2003年にはセガによってゲーム化され、2011年にはTelltale Gamesによってゲーム化されている。

本項では、小説映画ジュラシック・パーク』のほか、それぞれの続編について記述する。

ニコニコ動画ではテーマ曲(ジョンウィリアムズ作曲)関係の動画がいくつかあげられている。

あらすじ

大富豪ハモンドは膨大な資を投入して、琥珀の中に閉じ込められた中生代のから恐竜の血を採取、それを元にDNAを解析し、恐竜クローンを作りだすことに成功した。

彼は作り出した恐竜達を玉にした一大テーマパークジュラシック・パーク」を太平洋の孤に作った。しかし開園直前、産業スパイの暗躍により、パークシステムダウンしてしまう……。

小説

1990年という、一般にバイオテクノロジー・遺伝子・DNAなどの単が知られ始めた時期に発表されたSF小説

恐竜というもが知り、一度は憧れたはずの巨大生物科学を以って現代にらせるという魅的な題材と、それによってった恐竜たちに追い詰められていく人間の恐怖を描いたSFパニック小説である。

当時の最先端の科学技術を取り込んでいるほか(現在となっては矛盾点などが少なからず見つかっている)、生命の行動・発展に関してのカオス理論が物語軸となっており、さらに人間が命を勝手に作っていいのかという倫理の問題なども物語キーワードとして登場するなど、小説版を読むにはそれ相応の知識と理解が必要になる。

映画版

1993年開。スティーヴン・スピルバーグ監督
カオス理論など、原作者が小説テーマとしていた部分は排除され、同監督の『ジョーズ』や『激突!』にも似た怪獣パニック映画として製作された。
また、のみならず、一部登場人物の性格と生死が変更されており(原作では成金義のクソ爺として死ぬハモンドが、明らかスピルバーグ自身をモデルとした子供好きの好々爺として最後まで生き残るなど)、登場する恐竜の数も限定されている。 

タイトルロゴや、作品内でのテーマパークロゴには、ティラノサウルスレックスシルエット徴的に描かれているが、作品内で人々の脅威となるのはむしろヴェロキラプトルの方である。

スピルバーグの迫ある演出、ジョンウィリアムスによるロマンと恐怖の両方を掻き立てる音楽、そしてILMによる当時最先端のCG技術と、ストップモーション大家フィルティペットのモーション監修によって描かれた恐竜の生き生きとした動きと恐ろしい迫が、観客を魅了し、全世界で9億ドル以上の行収入を記録した。

1991年開の『ターミネーター2』と並び、映画によける特殊技術の役が、アナログ的なストップモーション技術から、コンピューターを用いたVFXへと移る決定的な転機となった。
実際、ストップモーション大家であったフィルティペットが招聘されていたものの、ILMが作成したフルCG恐竜の方がかに迫があったために降となっている(ただし恐竜がすべてCGであるわけではない。またティペットは、恐竜のモーションの監修という立場でやはり作品には深く関わっており、アカデミー視覚効果賞を受賞している)。 

2013年には3Dに再編集されて開されている。

映画シリーズ

アトラクション

ジュラシック・パーク・ザ・ライド

ユニバーサルスタジオアトラクションUSJにももちろんあり、人気アトラクションである。
映画第1作に少しだけ登場した、ジュラシック・パークアトラクションジャングルバーライド」を基にしたクルーズアドベンチャー
ボートは劇中のものを忠実に再現しており、巨大な恐竜達の姿を楽しめるほか、映画では道路にあったあの木製のゲートも、航路上に再現されている(エリアとしての「ジュラシック・パーク」の入り口にも設置されている)。  

ゲスト達はボートに乗り込み、恐竜達の姿を楽しむクルーズへと出かける。
クルーズ序盤では温厚な恐竜達がゲストを出迎え、その迫ある巨体をゲスト達は間近に楽しむ。
しかし、クルーズ途中にトラブルが発生し、ゲスト達のボートは航路を外れ、発電所の方へと流されていく。
そこでは、何とヴェロキラプトルなどの危険な恐竜達が檻から逃げ出し暴れていた。係員たちも、次々に恐竜の餌食になっていく(ちなみに、コンプソグナトゥス達が引っり合っているズタボロの所員には「Mickey」という名前が書かれている。他意はあるのか)。 
そして発電所の中を逃げ惑った末、とうとうボートの前にティラノサウルスレックスが現れる。そしてボートはそのまま……。

USJアトラクションショーの中では、ウォータワールドに次いでおそらく一番びしょびしょになる。
売店や自動販売機で安いカッパが売られているため、濡れたくないならこれを買ったほうが難。 

ザ・フライング・ダイナソー

2016年3月18日より稼働予定の、USJの新アトラクション
「ザ・ライド」と異なり、USJが独自に製作したオリジナルアトラクションである。

ジュラシック・パークの新たなアトラクションとして、プテラノドンの足につかまって(というより背中を捕まえられて)自由に大を飛び回るツアーが開発された。ゲスト達はさっそくこれに参加するが、いかに訓練されているとはいえそこは野生の恐竜プテラノドン達はやがてコントロールを失い本のままにを飛び回りはじめ、ゲスト達は360度振り回され猛スピードでぶっ飛ばされる羽になる……という設定のフライングコースター

ゲストは「うつ伏せ」の状態でアトラクションに参加する。
全長1124m、最大落下高度37.8mというすさまじい規模で、これはいずれもフライングコースターとして世界最大・最高である(ただしUSJ調べ)。ちなみに他のアトラクションの落下高度は、「ザ・ライド」が25.9m、東京ディズニーランドの「スプラッシュマウンテン」が16mである。

その他

恐竜クローン再生については、現在では、ほぼ不可能とされている。
劇中では、恐竜の血を吸った琥珀の中に閉じ込められていたために、クローン再生を行うのに十分な質のDNAを採取できたが、現実には、いくら保存に適した条件下であっても、DNAは数万年で全に崩壊してしまうと判明したからである。
また、血を吸った状態の琥珀の中から見つかること自体、非常に稀である。

ただし、永久凍土の中に閉じ込められたDNAであればあるいは……という意見もある。
マンモスなどは、永久凍土の中から保存状態のいい死体と血液が見つかっており、クローン再生の可性も決して小さくはないとされている(ただしこのマンモスは1万年程度前のものであるため、そもそもDNA劣化の問題にひっかかっていないのだが)。 

また、本シリーズにおける「恐竜」は再生の際にカエルワニなど現代の生物DNAを欠損部位の補に使用しているため、厳密には「恐竜によく似たなにか」であり正確には原種とは別の生物となっている。

グラン博士モデルとなったジャック・ホーナー博士は、現在は、恐竜の子孫である鳥類のうち、の遺伝子を操作することで、恐竜に近い生物博士は「チキサウルス」と呼んでいる)へと先祖返りさせる研究を行っている。

関連動画

関連商品

小説

映画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF
ページ番号: 4461622 リビジョン番号: 2607328
読み:ジュラシックパーク
初版作成日: 10/09/13 02:11 ◆ 最終更新日: 18/07/14 16:46
編集内容についての説明/コメント: 『炎の王国』の公開を受けて、古くなっていた情報を更新。不要そうなspanタグ除去。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジュラシック・パークについて語るスレ

399 : ななしのよっしん :2018/07/16(月) 17:22:56 ID: 6f1rwXea5n
璧ではない人造恐竜とはいえ古代に実在した生物という前提だからこそ浪漫もあるんだが
戦争用に開発した恐竜とかエイリアンやらみたくただのモンスター映画だなぁって感想

初代のブラキは作品を徴する名シーンだったがそれを負の感情で上書きする例のシーンは胸だった
ガス漏れシーン動物殺処分・アウシュビッツのガス室を思い出されて溜息が出た
恐竜解放をうのはクローン生命の軽重ではなく単純に人類にとっての危難たりうるからの
あの子がクローンでも生きてるんだよって解放するのは論点が違うし、するなら子供に負わせるべきじゃなかった

オーウェンは警告していが屋敷に運ばれた恐竜なんて全部捕獲されて連行された程度の数だし
正直、軍が本気で狩れば何ら脅威でもない頭数なのでは?と思った
400 : ななしのよっしん :2018/07/16(月) 23:27:51 ID: I3UpIdhTB4
>>399
確かに脱走した恐竜の数が少な過ぎて駆逐しようとすれば余裕なのが、次回作やるにしてもやることなくね?感が凄いよな
中にいるモササウルの討伐に多少てこずるくらいか。
インドナスみたいな最恐竜レベルえてる生物兵器大量に作って大暴れとかやり出したら、それもう恐竜関係いただのモンスター映画だし
401 : ななしのよっしん :2018/07/16(月) 23:47:48 ID: YrWg/LYBt8
最後のDNAの試料のシーンとかもう全にバイハザードだなとは思ったな
恐竜復活からのBOWって
402 : ななしのよっしん :2018/07/17(火) 16:52:08 ID: c/5V7AUeIX
>>397
マジか…スピノ既に絶滅しとるんか…
色々言われてただけど何だかんだ三作の顔をっただったし
知らんところでいなくなってるのは悲しいわ
403 : ななしのよっしん :2018/07/17(火) 23:02:58 ID: dPe2UB5v9+
ピノ絶滅の件はなんかスター・ウォーズシリーズジャージャーが落ちぶれた様子を描いた後日談に近いものを感じて個人的にちょっと苦手なのよね。
与えられた役割全うしただけのキャラクターがその行いのせいで視聴者から顰蹙を買うだけならまだしも、創造にまでスケープゴートのごとくし上げ食らったみたいで。

ティラノを直接的にかませにしすぎたのは実際不味かったと思うけど、今までのメイン恐竜差別化を図ろうとした場合ギガノトやカルカドントとかとべても個性的な外見してるスピノサウルスを抜したのは別に悪い判断ではなかった気がする。

後、巨大すぎるラプトルやらブラキオの首の向き、エリマキディロフォやらがなぁなぁでスルーされて、スピノに対してはいつまで経ってもやれ科学が、やれ食が、やれ実際の強さはだのしつこく言われ続けてんのも気の毒
まぁ上の例は初代の頃から突っ込まれ続けて落ち着いたってのもあるのだろうけど、3が開したのだって何年前よと思わんでもない。
404 : ななしのよっしん :2018/07/17(火) 23:41:48 ID: BNcmwjTTKJ
記憶が曖昧だけどウー博士倒れたあと担ぎ出されてなかったっけ?ハンター?警備?の人に・・・その後は出て来てないからどうなったかはわからないけど。毎シリーズしれっと生き延びているだけに最終章で黒幕的活躍をしたあとにガブッと因果応報されるのを望むわ

映画しか観てないから設定とかあまり知らないけど、インドラプトルがメイジーに執着していたのってひょっとしてメイジーの遺伝情報インドラプトルにも組み込まれていたりとかしたのかな?
メイジーは途中で自分の出自を知り、また恐竜クローニングや自身を執拗に追うインドラプトルから色々悟り、最後の決断に至った・・と思ってたから割と納得していたのだけど・・・
ごめん、理解が足りてないだけかもしれない
後から考えたらただ単に最初の地下ケージで刷り込みが発生しただけなのかな
405 : ななしのよっしん :2018/07/18(水) 00:38:42 ID: BNcmwjTTKJ
>>403

恐竜の描写といえば
あくまであの世界で恐竜がつくられた当時の学説に基づいた姿か、もしくはあの世界の恐竜が元からああいう姿だったのか・・・
ただ明確にキメラ恐竜が登場した前作からはパーク恐竜実在恐竜(あの世界の恐竜とも現実世界恐竜とも)とは違う存在というのは強調され始めてるよね以前よりも更に
思えば一作のディロフォの生態は後に恐竜を軍需産業が利用しようとしたことを考えると単なるパフォーマンスとして加えたなのかそれとも・・・

シリーズの顔でもあるヴェロキラプトルだけど、上の方でデイノニクスも居たことを知ってちょっと驚き。デイノニクスの方はどういう姿で
再現されていたのか気になってしまった
406 : ななしのよっしん :2018/07/18(水) 03:53:49 ID: YrWg/LYBt8
あくまでも琥珀から得られたDNA使いつつ現生生物DNAも使った
恐竜を模して作られたデザインベイビーだからな
初代からそれが原因で単為生殖して管理外で増えてたりしてたし

爬虫類は結構単為生殖するから実際の恐竜も単為生殖していた可性もないわけではないが
子孫であるも一部は単為生殖するものもいるし
407 : ななしのよっしん :2018/07/18(水) 09:06:33 ID: kuNJB28a+f
>>402 >>403
ジュラシックワールド一作格が展示されてた(レクシィに破壊されたやつ)し、スピノサウルスのDNA自体は保存されてる可性はあるよね。
もしかすると三部作の完結編に登場するハイブリッド恐竜インドナスレックスインドラプトルに続く)はスピノサウルスを基にした存在になる可性はあるかも?
408 : ななしのよっしん :2018/07/18(水) 11:28:37 ID: 6f1rwXea5n
このシリーズ恐竜全な恐竜の姿をめるのはお門違いだね

劇中設定からして足りない部分の情報を現代の動物で補填したり
分からない部分は研究者やらが学説に則って構築してるわけだし

メタ視点でも最新の学説はどんどん変わっていく上に
そもそも制作が「こっちの方がかっこいい」とか「画面映え優先!」とか
エンタメ観点で名前も生態も姿も変しまくりだしな

ハリウッドというかアメリカからしゃーない部分
最初のテーマや売りを見失って迷走続編出すところまでもはや様式美
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829