編集  

ジュラシック・ワールド/炎の王国単語

ジュラシックワールドホノオノオウコク

ジュラシック・ワールド/炎の王国とは、映画ジュラシック・パークシリーズの第5作である。

概要

前作『ジュラシック・ワールド』の続編にあたる。アメリカでは2018年6月22日開。オープニング収約1億5000万ドルで、メガヒットスタートを切った。日本では2018年7月13日開。

あらすじ

コスタリカに存在する孤イスラ・ヌブラに建設された恐竜テーマパークジュラシック・ワールド」は大惨事のため閉鎖されたが、その3年後、火山噴火のためイスラ・ヌブラに残された恐竜たちは絶滅危機にあった。

恐竜監視員のオーウェンは、テーマパークの元運用管理者クレアの誘いで恐竜救助のための部隊に加わり、に向かう。かつて自ら育て、3年前の悲劇の際には共に戦ったヴェロキラプトルの「ブルー」を助けるために。しかし恐竜救助計画の裏には、全く違う的を持った陰謀があった。

キャスト・スタッフ

製作揮はスティーヴン・スピルバーグとコリン・トレボロウ。監督はJ・A・バヨナ、脚本はコリン・トレボロウ&デレク・コノリー。演は前作と同じくクリス・プラットブライス・ダラス・ハワード日本語版の吹き替えも前作と同じ玉木宏木村

マルコム博士役のジェフゴールドプラムも第2作『ロストワールド ジュラシック・パーク』(1997年)以来、久々に登場している。

登場キャラクター

オーウェン(演:クリス・プラット
前作から引き続き役を務める。かつてテーマパークジュラシック・ワールド」でヴェロキラプトルを育成・訓練していたトレーナークレアの元人。
今回はクレアの誘いを受け、噴火寸前のからかつて育てていたヴェロキラプトルブルー」を助けるためにに向かう。
クレア(演:プライス・ダラス・ハワード
前作から引き続きヒロインを務める。かつてはテーマパーク責任者だったが、現在恐竜保護のための団体を自ら設立し、噴火寸前のから恐竜を救うための活動をしている。オーウェンの元人。
アメリカ政府が恐竜の救出への関与を拒否したのち、ジュラシック・パークの設立者ジョンハモンドパートナーだったベンジャミンロックウッドの誘いを受け、彼の組織した恐竜救助隊への参加を依頼され、これを受ける。
イアンマルコム(演:ジェフゴールドプラム
第1作・第2作に登場していた数学博士原作小説にも登場している。
第1作第2作当時から恐竜の危険性を訴えていたが、今回もアメリカ政府の聴会において恐竜と人類が共存する危険性をする。
ベンジャミンロックウッド(演:ジェームズクロムウェル
かつてジョンハモンド恐竜復活のための研究を進めていた大富豪ハモンドとたもとは分かっていたが噴火による恐竜絶滅危機に際し、恐竜救出作戦を実施しようとする。
メイジー・ロックウッド(演:イザベラ・サーモン
ベンジャミンの孫ベンジャミンの忘れ形見であり、母親二つだと言われている。今作の鍵となる人物。
イーライ・ミルズ(演:レイフ・スポール
ベンジャミンロックウッドの右腕として、老齢で寝たきり生活のロックウッドに代わり計画の総揮を執る。

登場恐竜

レクシィ(ティラノサウルスレックス
ジュラシック・パーク』『ジュラシック・ワールド』から引き続き登場するティラノサウルス。今回もとして存在感を放つ。
ブルーヴェロキラプトル
ジュラシック・ワールド』で登場したヴェロキラプトル姉妹の長女にして、リーダー。体の側面に走るい筋が特徴。
オーウェンに育てられ、人間に対しても強い共感を持っている。今回3年ぶりにオーウェンに再会したが、すぐに彼の事を思い出す高い知も持つ。
インドナスレックス
前作で人工的に作られた新種の大。レクシィとトップをかけた戦いを繰り広げた後、モササウルスにの中に引きずり込まれ絶命した。
今作では冒頭で中のインドナスレックスを回収するシーンが見られる。
そして、回収されたを分析したウー博士により、軍事用に調整されたインドナスレックスの小版とも言えるインドラプトルが生み出される。
ササウル
前作でデビューした巨大爬虫類。その巨体はティラノサウルスをも上回る。今作でも冒頭から登場し、からの恐怖を観客に刻み込む。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%2F%E7%82%8E%E3%81%AE%E7%8E%8B%E5%9B%BD
ページ番号: 5533572 リビジョン番号: 2607750
読み:ジュラシックワールドホノオノオウコク
初版作成日: 18/06/27 16:18 ◆ 最終更新日: 18/07/15 20:55
編集内容についての説明/コメント: 記事全面的に加筆。概要に登場人物や恐竜追加、商品追加、関連項目追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジュラシック・ワールド/炎の王国について語るスレ

62 : ななしのよっしん :2018/07/29(日) 15:34:53 ID: xJgBf4aSi4
船を見てた恐竜、あれパーク1でブラント博士が最初に見た、シリーズで最初に出た個体らしい・・・。マジで切ない。

なんていうか、やられる人間がほとんど自業自得ばかりで主人公サイドの恐怖感や危機感が弱かったのが難点かな。新キャラもほとんどがオーウェンたちと別行動だし。

ブルーの動きがマジかわいい
安全な所=檻の中って檻を見た。すなわち檻の中ではオーウェンは触ってくれないって思って逃げたのかも知れんし。
単純に人間に振り回されて束縛されて生きる人生もとい生にうんざりしたのかもしれないし。

次回作は是非ともブラント博士とオーウェンの絡みを見てみたいものだ。ブラント博士(70歳そこそこ)が活躍するにはあまりにも規模が出過ぎになった気はするが。
63 : ななしのよっしん :2018/07/29(日) 16:08:07 ID: +1U5Y8WpHw
を脱出するまでの時間制限ミッションとかパキケファロサウルス大暴れとか
インドラプトルとの追いかけっことか恐竜が出てる場面はやっぱ楽しいんだけど
全体的にちょっと間延びしてる感じがあったな。
特に前半でメイジーが隠れたり部屋から逃げ出す場面で変に緊迫感を
持たせようとして逆にテンポ悪くなってたような…

次回以降ではブルーに輸血されたティラノの血がなんか関わってくるのかね?
わざわざもう純な存在じゃない、みたいな事言ってたし。
64 : ななしのよっしん :2018/07/31(火) 23:59:15 ID: njdS1b0Z7v
サイトBことソルは、DPGのサイト(要するに映画裏設定を書いたHP)によると、あそこに住んでた恐竜で生き残っていたものはヌブラに移送されたらしい。
映画とは関係ないけど、個人的に「も立ち入れない恐竜楽園になった」というロストワールドオチが好きだったから、この裏設定蛇足だと思ったしがっかりしたな。

まあインジェン社ってガバガバだから、「実は生き残ってました!」とか後でやりそうだけどw


>>62
グラン博士で「アレは遺伝子改造でつくられキメラで、ホンモノの恐竜じゃない」って言ってたね。
と言いつつもソルに来たら来たで大喜びしてたわけだがw
65 : ななしのよっしん :2018/08/01(水) 21:44:09 ID: U4bqHCJH13
クローン人間がクローン恐竜を解放するってシーンをやりたかったのは分かるが掘り下げがなさすぎて微妙
66 : ななしのよっしん :2018/08/04(土) 20:05:35 ID: VwUeRL8pYH
今日観てきたんだけどモササウル普通パークの外出ちゃったけど大丈夫なのかアレ・・w
それより囲まれたプールの中で餌なしで3年もどうやって生きてたんだか
67 : ななしのよっしん :2018/08/05(日) 01:16:46 ID: N59W3So0uA
まぁ、大人なら後々の事を考えて解放しない、と言う選択を選ぶ事も出来るが子供には理だわな…後々酷い事になるかもしれんがあの行動は咎められん

そういやラプトル君寝たりはしなかったが麻酔の注射は刺さってたわけだから幾らか調子が悪くなってたりしたのかね?全然そんな様子は見えなかったが。
68 : ななしのよっしん :2018/08/05(日) 13:34:28 ID: on6SAFxGK/
今配信しているスマホゲーのジュラシック・ワールド アライブって炎の王の後日談にあたるんだろうか
69 : ななしのよっしん :2018/08/05(日) 22:02:55 ID: AWMQz3O4rl
>>67

気性が荒くてウー先生も手を焼いていたみたいだし、
眠りの小五郎みたく、普段から麻酔撃たれまくっていて
耐性がついていたのかもな。

少なくとも、「人間がこのチクッとしたのを打ったら、
が眠っているかどうか確認しに入ってくる」ってのを
学習する程度には打たれ慣れていたみたいだし。
(そしてインドラプトルを初めて見る傭兵おっちゃん
適当に麻酔を打ち込んであの大惨事
70 : ななしのよっしん :2018/08/10(金) 14:27:25 ID: B31Cr4l3QG
>>54
忘れていた!
子供のころからあった侮ってはいけないブルー爆発を!!
71 : ななしのよっしん :2018/08/15(水) 00:46:18 ID: 642t+2Eb4G
赤外線と音波で狙いを定めて恐竜に襲わせるなら
そのままライフルなりRPGなり撃ったほうがくないですかね…

まあ細かいつっこみはおいといて、映画としては面かったけど
次回作があるなら作られた命とどう向き合うのかってテーマ
はっきりした答えは出してほしい
特にインド関係は1も2も一貫して恐竜でなくて悪の怪獣扱いだし
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829