単語記事: ジョニィ・ジョースター

編集

ジョニィ・ジョースターとは、漫画ジョジョの奇妙な冒険」第7部「スティール・ボール・ラン」の登場人物である。

CV:水島大宙(VOMIC)、梶裕貴(ジョジョASB)

概要

ジャイロ・ツェペリと並ぶ主人公。19歳の元天才騎手。

本名ジョナサン・ジョースター。通称ジョニィジョジョジョーキッド

競馬界で活躍し有名になるにつれて慢心し、トラブルを起こして撃され半身不随となる。偶然出会ったジャイロ鉄球の「回転」に希望を見いだし、「回転」の秘密を知るためにレースに参加した。後にジャイロに認められ、彼がレース一位になるために協関係となり同行している。

レース序盤で「人の遺体」を手に入れスタンドを身に付けて以降、「遺体」を狙うテロリストの標的となる。自身も遺体のが動かないはずの足を動かす奇跡の当たりにし、「遺体」の収集を決意した。

ジョースター姓とジョジョ称を持つが第6部までのジョースターの血統とは直接の関係はい。本作におけるジョースター家は没落貴族の末裔で代々乗りの系である。ニコラスも将来を有望視された騎手だったが落事故で折している。ジョニィは事故の原因が自分が飼っていただと思い込んでいる。

的へ向かう意志が恐ろしく強く、そのためには殺人すら厭わない覚悟を持つ。その行動は社会的に正当とは言い難く、よく相棒ジャイロに窘められ、敵にまで非難めいた事を言われている。ジョニィと対峙したリンゴォ・ロードアゲインはそれを見抜き、彼を「漆黒の意志」を持つ者と評した。それまでのジョジョで描かれた「正義」のきを持つ「の精」に対し、あるいは対極に位置する(しかし同様に美しい)「殺意」のきを持つ主人公である。

スローダンサー
11歳のアパルーサ。他の参加者のべ高齢だがジャイロく、老いたは経験があるので未知の地形でをしない。地騎手のジョニィの技に耐えており、体でも他のに劣らない。

スタンド

スタンド「牙(タスク)」
ジョニィの持つスタンド
広瀬康一エコーズと同じく、物語の進行、ジョニィの成長につれて徐々にスタンドと姿が変化していった。
どの形態においても鳴きは共通して「チュミミィ~~~~ン」
ACT1
自らの両手足のを回転させ、衝撃波でものを切り裂いたり、弾丸のように発射することができる
まるで妖精のような見たであり、ジョニィが半身不随であるためか足がない。
ACT2
ジャイロに「の回転」を伝授されて成長。スタンドの姿も機械的な見たへと変化。
弾丸の威と貫通性が増大し、が貫通してできた回転する(弾)が対を破壊するまで操作・追尾することができるようになった。
一方で両手の十発を撃ち尽くすとが再生するのを待たなければならないという弱点が出来た。また、「の回転」は自然物をスケールとして回転させるため、木や動物を視認できないと威が落ちる。
ACT3
なる遺体と思われる人物のささやきから、さらなる進化を果たした。スタンドは胴体がよりしっかりとしたほか、それまでと違い足が生えた。
ジョニィ自身を弾で撃つことにより、自らの体をに巻き込み移動させるを得た。また複数のから手だけを外に出して弾を打つことも可
ACT4
ジャイロ鉄球の回転とを利用した長方形の全な回転エネルギーを得たタスク。
スタンドの姿はさらにがっしりとしたものになり、それまでスタンド自身が攻撃したことがなかったタスクが『オラオラのラッシュ』を見せつけた。
その限の回転は重力を支配し、次元をも突き抜ける。
この攻撃を受けたスタンドにもその回転は逆回転のACT4を撃ち込まない限り永久に残留し、対を内部から切り裂いての中に引きずり込んでいく。

第8部のジョニィ・ジョースター(※ネタバレ注意)

第8部「ジョジョリオン」では既に故人であり、それも来日中にM県S杜王町で亡くなったと伝えられている。生前は日本国政府の要請で導をしており、外フルーツの輸入分野でも貢献があったという。杜王町にはその死を悼む「ジョースター地蔵」がある。

最期の地はの落ち葉にスタンドオータム・リーブス」が起こる通称「カツゲロード」になっており、ジョニィにまつわる伝説がごく一部でり継がれている。以下にそれを記す。

故郷へ戻ったジョニィスティール・ボール・ランレースの翌年にノリスケ・ヒガシカタ(東方憲助)の・理那と結婚し、騎手として復活して幸せ庭を築いていた。

しかし数年後、理那を原因不明の「病」が襲った。始めは少しずつ記憶がくなり、そのうち皮膚が折り紙のように変わり生死を彷徨った。ジョニィは理那を故郷で療養させ、悩んだ挙げ句にやってはならないことを決断した。ニューヨークの地下深くに眠る「なる遺体」ので「病」を妻から取り除くことだった。ジョニィは遺体の封印を解き、政府の追っ手を振り切って日本へ持ち出した。

遺体のは災厄を消し去るのではなく他のかに移すこと。ジョニィはそれを知りながらただの一度だけと決意して実行し、成功した。「病」は理那から取り除かれ、最息子ジョージへと移った。

ジョニィは遺体のは幸運と不幸を等価で交換することだと理解していた。そして息子ジョージと出会えたことを「交換できない」幸せ感謝し、ジョージの「病」を自らに移して自殺した。ジョニィの遺体の頭は落石によって潰されており、警察は事故死と結論づけた。

1901年没。享年29歳。

関連動画

関連静画

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%8B%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC
ページ番号: 4299550 リビジョン番号: 2041793
読み:ジョニィジョースター
初版作成日: 10/03/04 21:39 ◆ 最終更新日: 14/06/21 01:06
編集内容についての説明/コメント: 関連項目に「チュミミ~ン」を追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

ジョニィ・ジョースターについて語るスレ

382 : ななしのよっしん :2014/06/14(土) 15:41:04 ID: EF+x75773z
覚悟とは犠牲の心ではないってばっちゃが言ってた
383 :   :2014/06/27(金) 22:45:42 ID: 59mdsyqypM
大統領のあれは確かにアメリカだけにとってはある種の正義ではあるけど
あれを他の部のジョジョ達の言う正義と一緒には全然出来ないよ
ラブレインなんて大統領の思想を具現化したようなもん
何の罪もない他者を踏みつけにして自分たちだけが得をする
ケール単位だからディアボロとかとべるとなんか凄い感じはするけど、本質は変わらない
ジョジョ全体で言う正義・悪で測るとあれは紛れもなく吐き気を催す邪悪そのもの
それでも単なる善悪の二元論でれないところがSBRの魅だな
384 : ななしのよっしん :2014/06/27(金) 22:59:10 ID: SGo2aTTuvA
の安定ためなら自民だろうが自分自身だろうが切り捨てていく大統領
人の形したの保持機そのものって感じ
その点ジョニイは終始人間だった、最低の屑から始まって最高ので終わったいい主人公だったと思う
385 : ななしのよっしん :2014/06/27(金) 23:15:49 ID: dV7rzFrOnu
>>384
死の際で若干落としたんで最高とは言えないな。
386 : ななしのよっしん :2014/06/28(土) 02:49:37 ID: md6tKwQ4Lf
タスクを使えば、遺体の安置されてた頑健なシェルターにも侵入できるか。
387 :   :2014/06/30(月) 22:44:29 ID: 59mdsyqypM
>>385
むしろ家族守る為に身代わりとか爆上げですわ
ジョナサンは一巡後もやっぱりジョナサンだった
息子に対しての「お前に会えてよかった」ってのは1部と対させる本当に良い台詞
388 : ななしのよっしん :2014/06/30(月) 22:47:08 ID: fwP+wODJxD
元は映画の並びに横から割り込むような男だからな
辛い経験を繰り返して成長したということだろうな
389 : ななしのよっしん :2014/07/02(水) 22:21:20 ID: mx2XWBj+Oe
それにしても、ポルナレフ車椅子生活になるまでの経緯といい、
MIH戦のときの承太郎の顔面切断シーンといい、
『元・役級メンバー』のこうしたエピソードはやるせなさが拭えないな・・・
390 : ななしのよっしん :2014/07/15(火) 15:25:40 ID: DRMhYIeSN7
>>387
そうだよなぁ。なんか一部でのジョースター卿ジョナサンの最後の対話を思い出したよ。あと、ジョナサンの最期のシーンも。
391 : ななしのよっしん :2014/07/22(火) 14:54:15 ID: dqcOFYfhR2
>>387
ジョナサン息子の存在すら知ることなく、死んでいったからなぁ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015