編集  

ジンベエ単語

ジンベエ

ジンベエとは、漫画ONE PIECE」の登場人物である。

CV郷里大輔宝亀克寿

親分、個人的には見た目は若いときのが好き…

概要

王下七武海」の一人で、魚人海賊団(タイヨウの海賊団)の2代目船長
表向きには知られていないが、近年まで白ひげ海賊団の下に入っており、白ひげ亡き後はビッグ・マム下として短期間ながら働いていた。

通称「侠のジンベエ」。魚人海賊船長ジンベエザメ魚人

能力

悪魔の実は持っておらず、戦闘では「魚人空手」や「魚人柔術」などの魚人ならではの体術を駆使する。

魚人でありながら陸上でも他の王下七武海と互に渡り合えるほどの戦闘力と技術を持ち合わせており、頭も回るなど、頭としても戦闘員としても非常にバランスのいいキャラ。覇気が使えるかどうかは長い間判明されていなかったが、新魚人海賊団との戦闘終了後には、腕を武装色の覇気で強化する描写が確認された。

本来は人魚族のである、たちと会話するも持っている。

しかし、流石に四皇クラスの攻撃を全て捌ききる自信や技はないようで、ビッグ・マム寝起きの一撃を間近で見た時は麦わら海賊団のメンバービビってはいないものの、冷や汗をかいて戸惑っていた。また、性の強い液体・気体を巧みに操るマゼランも苦手な様子。

作中にて

※以下の内容はネタバレを含みます。

名前自体は物語開始時点での七武海メンバーの中でもミホークに次ぐ2番と非常にい時期から出ていたが、実際に登場したのは「インペルダウン編」と、その中では最も遅い登場となった。
名前が出た際に「七武海加入と引き換えにアーロンを東のイーストブルー)に解き放った」と紹介されたのだが、その言葉の意味の受け取り方から、どのような人物であるのか多くのファンコミュニティ議論されていた。実際は『侠』の二つ名が示すとおりの義と情に篤い人物であることが明らかになった。

インペルダウン編では、白ひげへの恩義と魚人治安維持のために白ひげ海賊団との戦争に参加することを拒否し、それを理由に投されている姿が描かれる。
後にルフィたちによって解放され、ともに脱獄。そのまま「マリンフォード頂上戦争編」まで共同戦線をることになる。その場にて軍に敵対し、七武海の脱退を正式に表明。

頂上戦争後はを失い精的に崩れかけたルフィを飛ばし、立ち直るきっかけを作り、ルフィが立ち直った後は魚人へと帰っていった。

後に魚人にて再会。七武海を脱退したため表立って魚人にはいられなくなったが、魚人民からは慕われているようである。シリアス一辺倒だった以前にべて、ギャグっぽい顔やキレのいい突っ込み等をするようになった。また、何かと一人で泥を被るような行為が立つ不安要素も、物語がすすむにつれて多少は善され、悩みを他の魚人ルフィたちに打ち明けるようになった。

語録

「……ハァ!!! 体など痛うない………!!!
 エースさん…痛ェのは………!!!
 仁義を通せぬ…わしの心じゃァ!!!」

タイヨウの海賊団

ジンベエが率いる海賊団。
先述の通り、ジンベエ2代目船長である。

魚人海賊団」とも称されるとおり船員の大半は魚人だが、少数ながら人魚の船員もいる。

船員は皆、体のどこかに太陽を模した焼き印が押されている。これはもともと人の奴隷だった者たちに対し、そのであるの蹄の焼き印を消すため、それを上書きする形で押したもの。
単に奴隷だった過去を隠すというだけでなく、奴隷だった者とそうでなかった者をわからなくするという的も含まれているため、元奴隷たち以外の船員にも同じ焼き印がある。

船員

アラディン
イタチウオの人魚
先代船長の時代は船医で、現在は副船長
元は人の奴隷だった者の一人。
シャーロット・プラリネ
シュモクザメの半人魚(人間と人魚ハーフ)。
ビッグ・マムシャーロット・リンリン21女)でアラディンの妻。タイヨウの海賊団がビッグ・マム海賊団の下に加わる際、アラディン結婚した。政略結婚だが、かなりラブラブの模様。ジンベエや他の人魚と同様、生物に呼びかけるスキルを持っており、本編ではそのスキルジンベエ達を秘かにアシストした。

元・船員

フィッシャータイガー
初代船長タイ魚人現在は故人。
元は冒険だったが、聖地マリージョアを襲撃して人の奴隷たちを解放したことで大犯罪者となり、海賊に身を落とす。その際にジンベエアーロンをはじめとする彼を慕う者たちや解放された魚人奴隷たちが集まり結成されたのがタイヨウの海賊団である。
軍の策略により単独行動をしていたところを待ち伏せに遭い、その場は切り抜けたものの既に致命傷を負っており帰らぬ人となった。
アーロン
東のイーストブルー)編で登場したノコギリザメ魚人。その頃の活動については個別記事を参照
元々は魚人周辺で海賊行為を働いていたが、タイガーの決起を受けてタイヨウの海賊団に部下ごと合流。
タイガーの死後、怒りに任せて単身報復に乗り出すが、ボルサリーノ中将(後の黄猿)に返り討ちに遭い、インペルダウンに投された。後にジンベエ七武海入りしたことによる恩赦で釈放されるが、政府の狗となることを良しとせず、合流前から部下だった者たちを引き連れて離脱した。
マクロ
マクロファリンクスフクロウナギ)の魚人
人攫い“マクロ一味”のボスだったが、タイガーの決起を受けてタイヨウの海賊団に部下ごと合流。
タイガーの死後は元々の部下たちと共に、再び人攫い稼業に戻った。後述のはちとはそれ程仲は悪くなかったが、しつこい誘拐ならびに営業妨(おまけナミとの確執とど関係ない)を重ねたため、邪魔者扱いされる。
ハチ
魚人(本名:はっちゃん)。アーロンジンベエたちから離別する際、流される形でアーロンに従った後、成り行き上人魚ヒトデの面倒を見ている。
頭自体は悪くないのだが間抜けな時と冷静な時との差がしく、スキル技などの戦闘力ではなく料理・商売などに集中している。また、アーロンほど人間に対する敵意が少なかったが、周りの意見に流されやすいところがあり、ジンベエ・麦わらたちとの再会時には複雑そうな表情を時折見せていた。
ダツ
巨人族やクラーケンに負けず劣らずの巨ジンベエホーディ達との1戦が終えた後に加入。

関連商品

関連静画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%99%E3%82%A8
ページ番号: 4560130 リビジョン番号: 2591654
読み:ジンベエ
初版作成日: 11/02/06 00:37 ◆ 最終更新日: 18/05/22 13:41
編集内容についての説明/コメント: タイヨウの海賊団について加筆。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


海侠さん

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジンベエについて語るスレ

47 : ななしのよっしん :2018/03/26(月) 12:01:09 ID: 1PqeSBEbCH
チョッパールフィが血足りないって言ってるけど、これ魚人みたいにジンベエが輸血するフラグかな
48 : ななしのよっしん :2018/04/16(月) 23:39:18 ID: FZQTeSVM5O
ジンベエホントカッコいいなぁ
男が惚れるワンピキャラの筆頭だと思う
49 : ななしのよっしん :2018/05/22(火) 13:20:44 ID: Eghqy5IM0Z
ペドロのことがあるから、ルフィにとっちゃ素直に喜べない一面みたいですけどね。魚人や人間の子供にも優しいし、人気がおちない理由が分かる気がする。
50 : ななしのよっしん :2018/06/05(火) 03:17:56 ID: imDIsc1pYH
思えばジンベエ人生は時代がそうさせたとはいえ裏切りの人生だった。
51 : ななしのよっしん :2018/06/07(木) 03:52:40 ID: Eghqy5IM0Z
裏切りっつーか、葛っつーか…
52 : ななしのよっしん :2018/06/10(日) 07:39:26 ID: qHurdohCvO
ジンベエ本人が一番侠って異名を皮に感じてるだろうな
仁義を重んじる気質なのにそれを通せず自分だけ生き残るのってのは辛い
でも自己満足で死んでいい程背負ってるものが軽くないから命が惜しくないのに死ねないって言う…
53 : ななしのよっしん :2018/06/10(日) 08:19:56 ID: +nyOM8L/sE
七武海の名に恥じぬ実者でありながらタイガー白ひげルフィかの下につきたがる。
自分から世界を変えるほどの大気はなく、聡明故ににもなり切れず、情に厚い故にの前の仲間を見捨てられない。

別の漫画で「その類なき強さと高潔な精が自身の幸せに何の役にも立たなかった」というキャラがいたが、
ジンベエ幸せになる未来が今のところ見えないんだよなぁ。
54 : ななしのよっしん :2018/06/19(火) 22:26:41 ID: Z55z83BOHG
本来であれば海賊にもならなかっただろうしな
55 : ななしのよっしん :2018/06/29(金) 23:47:17 ID: E88h9nNat1
ダツミは元船員じゃなくて現船員じゃないか?
56 : ななしのよっしん :2018/07/09(月) 23:42:46 ID: OgyzWRvDwI
ミホークたこ焼き食ってる扉絵があったが七武海同士で交流がありそうなのこの二人くらいか
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829