単語記事: ジークフリード・キルヒアイス

編集

ジークフリード・キルヒアイス帝国4671月14日帝国488年9月9日)とは、田中芳樹原作小説OVA銀河英雄伝説」に登場する帝国軍人であり、主人公ラインハルト・フォン・ローエングラムの半身。そして「Mein Freund(が友)」。

ラインハルトに対する忠心」「帝国軍人としての功績」「個人戦闘」の全てに優れ、特に人格者としては作中最高レベルの人物ともが認める存在ながら、常にラインハルトを引き立て、時に諌め、弱者の視点を大事にし、明正大なままラインハルトの為に散った「正義の人」であり、帝国軍側の人物では主人公ラインハルトぐ一番人気キャラである。

ジーク、あなたはもっと自分のことを評価すべきですよ。
ラインハルトには確かに才があります。ほかのにもない才が。
でも、ジークはあなたほど大人ではありません。
その瞳は遠くを見すぎていて、足下が見えなくなることがあるのです。
特に、特にラインハルトが戦いのである以上、その足下に何があるか、何によって築かれたなのか、それを忘れるようなことがあれば、ジーク、そんなときはラインハルトを叱ってやって。
ラインハルトを諫めることができるのは、あなただけなのです。
もし、ラインハルトがあなたの言うことも聞き入れなくなったら、そのときはも終わりです。 」
アンネローゼ・フォン・グリューネワルト

旗艦は「バルバロッサ」

アニメ版での声優は「広中雅志」(※「」のみ子安武人)  

正義の人

を見ておいでですか、閣下

銀河英雄伝説主人公ラインハルト・フォン・ローエングラムとは、少年時代からの友人であり、

  • ゴミ溜めの中にも美点を見出すタイプ」(※にも長所があると考えるタイプとの意味)
  • 教師になっていたら生徒の長所を伸ばすいい教師になっていた」

と評される程の温和で人当たりが良く、苛果敢で敵をつくりやすいラインハルトと周囲の調整役や、有事の護衛を担当し、ラインハルトは後に、

たとえ全宇宙が私の敵になろうとも、キルヒアイスは私に味方するだろう。

と言い切る程の刎頚の友な仲だった。

外見は、

と作中で記されている通りの赤毛と、ラインハルトよりも7cm高く副官として従うのに最適な190cm長身、そして温厚さを現すやかな顔が特徴的である。

ラインハルトへの忠心以外にも、

といった幼少時から実と人望を兼ね備えていたほか、

と言う公式チートを持っており、キルヒアイスのみが携帯をゆるされる場が多かったのも、射撃の腕前で幾度もラインハルト危機を救った事や信頼感からだったと言える。

ラインハルトの幕僚としても、明正大で清廉潔、弱者を救済し、失敗した者にはチャンスを与えるべきという(ビッテンフェルトミュラーは足を向けて眠れない程の)精的にも完璧超人であり、ラインハルトが特別扱いする事を、オーベルシュタインを除く幕僚全員が認めていた(と言うか気にしない)という扱いをうけていた。

では、ラインハルト様。あなたが怒っておられるのは、ビッテンフェルトの失敗に対してですか。
私にはそうは思えません。ラインハルト様のお怒りは、本当はあなた自身に向けられているものです。ヤン提督に名をなさしめた自分自身に。

また、オーベルシュタインなどラインハルトに意見・進言する人物は幕僚の中に何人もいたが、諫言出来る人物はジークフリード・キルヒアイスのみと言われた。「ヴェスターラントの惨劇」後には、知りながらも虐殺を止めず弱者を見殺しにしたラインハルトに対して正面からその行動を諌めた清廉潔さが、逆にパウル・フォン・オーベルシュタインの唱えたナンバー2不要論に火をつけてしまったとも言えるのは皮である。

温厚篤実さは、戦闘力を失った敵に降伏を促したり、自軍の兵卒にまで心を配り、被を最小限におさえようとする等戦術にも垣間見え、逆にマクシミリアン・フォン・カストロプの様な「やってはいけない事をやってしまった」人物に対しては、苛な攻撃を加える「帝国軍一怒らせてはいけない人物」としても描かれている。

また、くから同盟軍のヤン・ウェンリーの実を見抜いており、ヤン・ウェンリーと会談した後には、 

正直、掴みかねております。
恐ろしいほど自然体で懐深く、恐らくは今回の作戦も見抜いているかと。  
いずれにせよ、敵としてこれほど恐ろしい相手を知りません。
しかし・・・友とできれば、これに勝るものはないかと。

ラインハルトにその評価をっている他、寡兵で戦うヤン・ウェンリーについて、

彼には彼の不満がありましょう。
何故自分は、ことの最初からローエンラム伯と対局できないのかと。 

とその遇に対する感情をっている。

ヤン・ウェンリーもまた

的にもラインハルトの分身である。

と高く評価していた。

こうした「覇者の最高の友」であったジークフリード・キルヒアイスだが、そのチートを発揮した期間が原作小説では2巻まで、OVAは第一期までであり、読者人気も高かったにもかかわらず序盤で死んでしまった事については作中の人物そして読者からも惜しむが大きく、原作田中芳樹も、死ぬのがかった事を認めている。

※但し、田中芳樹としてはヤン・ウェンリー同様途中で死ぬ事を決めていた人物であり、ウォルフガング・ミッターマイヤーナイトハルト・ミュラーダスティ・アッテンボローの様に最終回を迎えたり、フリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルトオリビエポプランの様に田中芳樹の魔の手を逃れたりすることはかったと思われる。

来歴  

というのは、消えた名もないぼしの涙なのかもしれませんね。

帝国4671月14日ゴールデンバウム王に勤める下級官吏のに生まれる。

ラインハルト・フォン・ローエングラムより4ヶ先に誕生している。

で善良なやごく一般的な家族と暮らしていたジークフリードに転機が訪れたのは、10歳の時に隣に引っ越して来た没落貴族ミューゼルアンネローゼ」と同い年のラインハルト」との出会いからだった。

初対面のラインハルトから

ジークフリードなんて、俗な名だ。
キルヒアイスという姓は的だ。

と言われた事から、ラインハルトに一生「キルヒアイス」と呼ばれる事になったジークフリード・キルヒアイスは、ラインハルト二の親友としてつきあっていたが、ある時、5歳年上でを感じていたアンネローゼが皇帝フリードリヒ4世に買われて後宮に入る事になる。ラインハルトからの奪還と宇宙を手に入れる決意を聞かされたジークフリード・キルヒアイスは、協を誓って共に帝国軍幼年学校へと進み、この時からラインハルトの事をそれまでの呼び捨てから「ラインハルト様」と呼ぶようになった。

帝国軍幼年学校では、ラインハルトの傍らについて周囲から従関係にあるものと思われる程だった。

帝国482年、15歳帝国軍幼年学校卒業、准尉としてラインハルトと共に惑星カプチェランカに配属され、高い格闘と射撃による無双ラインハルト危機を救い続ける。帝国484年には17歳大尉となり、出向の形で憲兵隊に配属された。

その後は、

貴族の出であるラインハルトには劣るものの、ラインハルトの副官として戦場を共にしながら順調に昇進していく。元帥に昇進したラインハルト元帥府を開設すると、副官の任を離れて艦隊の令官となり、い外装が特徴的な戦艦バルバロッサ」を拝領、帝国487年、帝国に反乱を起こしたマクシミリアン・フォン・カストロプの討伐に派遣された。

向性ゼッフル粒子を。

これまでに送られてきた討伐軍を撃退してきたカストロプ軍を、

し、カストロプ動乱と呼ばれる反乱を鎮圧して帰還したキルヒアイスは、中将に昇進して名実共にラインハルト元帥府のナンバー2となる。イゼルローン要塞ヤン・ウェンリーに奪われた後の自由惑星同盟軍によるアンドリュー・フォークの愚策帝国領侵攻作戦では、同盟軍側の戦線が伸びきったところでホーウッド率いる第7艦隊を降伏させ、ヤン・ウェンリーの第13艦隊と戦闘。続くアムリッツァ星域会戦では、アウグスト・ザムエル・ワーレンコルネリアス・ルッツを率いて別働隊を展開し、同盟軍が施設した機原を向性ゼッフル粒子で破壊して突破(公式記録上の向性ゼッフル粒子の実戦初使用)し、同盟軍の戦線を崩壊させてラインハルトの勝利を決定づけた。ゼッフル

※その後、アムリッツァ星域会戦でドジを働いたフリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルトを処罰しようとしたラインハルトに対して、不問にふして機会を与えるべきだと諫言している。なんという理想の上司

アムリッツァの功績で中将から一気に上級大将に昇進したキルヒアイス宇宙艦隊副令長官に任命され、帝国488年、21歳の時に捕虜交換の為に赴いたイゼルローン要塞ヤン・ウェンリーユリアン・ミンツと会談した。

その後に発生した貴族連合との戦いではアウグスト・ザムエル・ワーレンコルネリアス・ルッツの艦隊を率いて辺での60回におよぶ戦闘に全て勝利してその定に尽50000隻の艦艇とガルミッシュ要塞を擁するウィルヘルム・フォン・リッテンハイム3世とのキフォイザー域会戦では、敵の形の不備をついて戦線を崩壊させ、ガルミッシュ要塞へと逃げる際に味方の補給部隊を攻撃した事から人望を失ったリッテンハイムの自滅によりガルミッシュ要塞を血占拠、ラインハルト貴族連合の間に決定的な戦差を生み出した。

しかし、貴族連合との戦いの最中に、刎頚の友ラインハルトとの間に裂が入りかける事件が発生する。

貴族連合の盟オットー・フォン・ブラウンシュヴァイクが、反乱を起こした自領ヴェスターラントに対して、2000万人の領民を核攻撃で虐殺する事件が発生したのである。

事前に察知しておきながら、パウル・フォン・オーベルシュタインの進言を容れたラインハルトがあえて虐殺を止めなかったと聞いたキルヒアイスは、貴族連合を倒した後に、

(確かめてどうするのだ、ジークフリード
 虚報であればよし、だが、もし真実であったとき・・・
 おまえ自身の正義と、ラインハルト様の正義が同じものでなくなったとき、
 おまえは、どうするのだ、ジークフリード・キルヒアイスよ・・・)

との思いを胸に秘めてラインハルトに謁見し、ラインハルト貴族連合の権威失墜を狙ってヴェスターラントの虐殺を黙認した事が事実である事を聞かされると、

貴族たちが、五年にも及ぶ不当な特権のつけを払って滅亡するのは、いわば歴史の必然。
そこに流血が伴うのも、いたしかたないことでしょう。ですが、民衆を犠牲になさってはいけません。
ラインハルト様がおつくりになるべき新しい体制は、今まで不当に抑圧されてきた民衆を解放し、
それを基盤として確立されるのです。
その民衆を犠牲になさるのは、ご自分の足元を掘り崩すようなものではありませんか。

と、「正義の人」らしい弱者の視点と深謀遠慮に基づく諫言を行った。
結果的にヴェスターラントの虐殺により貴族連合を倒すのがはやまったと返すラインハルトに対しては、

ラインハルト様……。相手が大貴族なら、ことは対等な権闘争です。
いかなる手段をお使いになっても恥じることはないでしょう。
しかし、民衆を犠牲になされば、手は血に汚れ、どのように正当化しようとも、
その汚れを洗い落とすことはできません。
ラインハルト様ともあろう方が、いっときの利益のために、なぜご自分を貶められますか

と言い立てたが、パウル・フォン・オーベルシュタインナンバー2不要論を聞かされていたラインハルトは、説教はたくさんだと拒絶してしまう。

ですが、ラインハルト様、政略のために、民衆の犠牲をいとわないというのでは、
あのルドルフ・フォン・ゴールデンバウムと、なんら変わるところがないではありませんか!

とさらに諫したキルヒアイスに対して、ついにラインハルトは、

おまえは、いったいおれのなんだ

死亡フラグを立てるコマンドを選んでしまい、

・・・わたくしは、閣下の忠実な部下です、ローエンラム

と、それまでの二の親友の関係が崩れ、ラインハルトもまたオーベルシュタインの言を聞き容れてキルヒアイス許可していた特権の排除を決めた結果、死亡フラグが確定した。

そして運命の日、帝国488年9月9日原作第二巻最終章、OVA第26話、「さらば、遠き日」……

敗れた貴族連合側の捕虜の謁見に出席するにあたり、キルヒアイスはそれまで許可されていた携帯を禁止されて丸腰で出席した。そして亡きブラウンシュバイクの遺命を果たさんとしたアンスバッハ准将ラインハルト口を向けた際、いつもであれば得意の射撃で一射のもとに討ち果たせたにも関わらず、この時に限ってを持てなかったが故に咄嗟にラインハルトの前に立ちふさがり、その身をもって弾を受けて倒れたのだった。 

もう、私は…ラインハルト様のお役にたてそうもありません。お許しください。

死の直前、ジークフリード・キルヒアイスは、 

ラインハルト様・・・
宇宙を手にお入れください。
それと・・・アンネローゼさまにお伝えください。
ジークは昔の誓いを守ったと・・・

と言い残して、21歳の若さでヴァルハラへと立った。

墓碑には、ラインハルトにより一言 

Mein Freund
が友」

と刻まれた。

その後、覇を進むラインハルト・フォン・ローエングラムの胸には、アンネローゼと共に三人で撮影した子供の頃の写真と、ジークフリード・キルヒアイスが入ったペンダントがいていた・・・ 

没後

21歳の若さ弾により倒れたジークフリード・キルヒアイスは、死後、帝国元帥に昇進すると共に、生前にさかのぼって

の地位を与えられ、ローエンラム成立時には、「大公」の地位を与えられた。

また、新王においてはジークフリード・キルヒアイス武勲章が制定された。これは、授与された者は葬礼及び墓碑の建設を庫が賄うと言う帝国軍人にとって最高の栄誉が与えられる勲章であり、作中では

の三人が受勲を受けている。

しかし、そういった々しい栄誉の影で、ナンバー2不要論を唱えたパウル・フォン・オーベルシュタインは、一部の将帥からは、ジークフリード・キルヒアイス死亡フラグを立てた男とそしられ、それまで一枚岩だったラインハルト・フォン・ローエングラム率いる帝国軍に裂を生み出し、ジークフリード・キルヒアイスに縁のある提督や幕僚達と軍務の対立にまで発展する程の暗い影を落とした。

ハンス・エドアルド・ベルゲングリューンに到っては、ジークフリード・キルヒアイスオスカー・フォン・ロイエンタールという二人の偉大な為政者が散った事に絶望し、ある意味で原因となった皇帝を痛批判して自決を遂げた程だった。

もしも・・・

田中芳樹も認めるジークフリード・キルヒアイスすぎる死は、逆に「もし彼が生きていたら」と思わせ、

といった歴史ifを楽しむ事も出来るようになったと言える。

※作中にも幾度も「ジークフリード・キルヒアイスが生きていれば……」という台詞が登場している。

また、すぎる死のお詫びなのか、「銀河英雄伝説外伝」には、ジークフリード・キルヒアイスがたっぷりつまったエピソードがあり、「汚名」に至っては全編キルヒアイス主人公でお送りされている。

ゲーム版「銀河英雄伝説」の中には、イベント進行によっては生き延びるようになっているものもある。

声優

劇場版OVAでのジークフリード・キルヒアイスは「広中雅志」が担当している。

落ち着いた雰囲気とやかさを併せ持つと演技に、最初からジークフリード・キルヒアイスを演じるべき人物だったと思われがちだが、アニメ化が決まった当初、ジークフリード・キルヒアイスにするかはキャスティングの難問とされ、結局オーディションにより広中雅志に決まったと言う経緯がある。

その為か広中雅志もまた、ジークフリード・キルヒアイスへの思い入れが深く、を演じる機会があれば、他の仕事を断ってでも駆けつけるとまで言している。

※あえてキャスト全員を総入替した「」では子安武人が担当しており、広中雅志は大変に残念がったと言われている。

関連動画

銀河英雄伝説名言集

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

関連人物:幕僚経験者

関連人物:帝国軍人

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%AB%E3%83%92%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9
ページ番号: 4216034 リビジョン番号: 2368825
読み:ジークフリードキルヒアイス
初版作成日: 09/11/26 02:37 ◆ 最終更新日: 16/06/04 00:08
編集内容についての説明/コメント: 関連項目整理、追加など
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジークフリード・キルヒアイスについて語るスレ

158 : 削除しました :削除しました ID: lTIrSxzqv4
削除しました
159 : ななしのよっしん :2017/06/11(日) 00:02:43 ID: 7b73cR5X9H
>>158
将来を嘱望され重要な地位にありながらも逝した人物について、その長命を仮定したときに
その人物の短所ないしマイナス点がほとんど見逃されるのは、史上にけっこう類例のあることじゃないかなと。
ドゥルースス・ゲルマニクスしかり、ティトゥスしかり、日本なら重盛と徳基とか。近年じゃ永田山なんかもそうだけど。

嫌な言い方をすると、なまじ死してはっきりとその後の将来が否定されている分、
各々が勝手に「あったはずの未来」を仮託させやすいんだよね。
160 : ななしのよっしん :2017/06/22(木) 17:40:17 ID: AsRCQ/GO9K
カストロプの件は、フジリュー版だと
ブラウンシュバイクやフレーゲルキルヒアイスを謀殺しようとする流れに変更されたな。
161 : ななしのよっしん :2017/06/23(金) 05:34:05 ID: S9NVS5PQUC
キルヒアイスの欠点か……本質的に王道すぎて覇には向いていないのと、オーベルシュタインじゃないが自分とラインハルトの関係を当たり前の特権としてとらえすぎなことかな。まあ、ラインハルトに意見できるなんていないから、あえてそういう立場をとってるってのは差し引く必要はあるが。
要は人君子なわけだけど、キルヒアイス逝せず順当に権限と責任を拡大させていった場合、人君子のマイナス面が表面に出てきて「ヤンウェンリーと同類の正論にこだわるだけの矛盾の人(汚れ役を全部オーベルシュタインに押し付けてるだけよけいたちが悪い)」「3代皇帝ならともかく、創業期の動の時代には向いてない」くらいの評価になったのかもな。
162 : ななしのよっしん :2017/06/25(日) 01:02:36 ID: Wzydbovp0F
いくつかのスレで書き込み削除されてるな
163 : ななしのよっしん :2017/06/29(木) 12:40:05 ID: JM06kqE2VV
フジリュー版、カストロプの反乱の時点でヒルダと面識あるみたいだけど、ヴェストパーレ男爵夫人のパーティーで知り合ったのかな。
で、男爵夫人がジークジーク呼んでたからヒルダもそのノリジーク呼びになってたとか。
164 : ななしのよっしん :2017/06/29(木) 20:35:53 ID: Wzydbovp0F
アンネローゼの屋敷で遭遇するシーンあったやん
165 : ななしのよっしん :2017/06/30(金) 01:12:16 ID: JM06kqE2VV
そうだっけ?
こりゃ失礼
166 : ななしのよっしん :2017/07/04(火) 05:54:54 ID: Hu69TnxUXV
「私は天才のそばにいたから天才真似事ができるようになっただけの凡人です」
違う、絶対違う(確信)
167 : ななしのよっしん :2017/07/14(金) 01:21:58 ID: a3kiDoZVqP
キルヒアイスは退場させずにラインハルトと敵対していたら、面かったかもしれん。
彼の退場はすぎるだろう
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829