単語記事: ジープ特訓

編集

ジープ特訓とは、ウルトラマンレオの6話「男だ!燃えろ!」で行われた特訓の通称である。

概要

宇宙の通り魔と言われるカーリー人によって、ゲンは土隊員の人の洋子を死なせるだけではなく、自らも敗北してしまう。土から責められ、彼はかたき討ちをすると射撃の訓練を行う。その姿にゲンもまた丸太を使った訓練を開始する。しかし、「丸太には殺気がない」とダンに言われたゲンがある特訓を課せられた。

そしてその特訓の最中にはなったダン台詞がこれ。

「ジ ー プ に 向 か っ て こ い !」

ジープでゲンに向かって突進するダン。時々はねられたようにも見えるゲン。「お願いです!やめて下さい!」と叫ぶゲンに対して、それはこっち(視聴者)の台詞だ!と言わんばかりに苛訓練に見るものすべてが絶句したとか何とか。なお、この特訓にはカーリー人は肩の状を武器として使う為、突進した際に避けられるようにする狙いがあったとか。

ちなみにこの前には件の丸太の先をとがらしたものを使用した特訓であった。これはこれで怖い。

特訓について

この特訓以外にもウルトラマンレオに登場する特訓は数々あるが、ダントツファンからの知名度が高いこの特訓。演じた氏もノースタントで臨んでおり、「あれは演技じゃない」と言う程である。因みに「はねられたように見える」と書いたが、バンパーに当たってたと言われ、本当にはねられてた模様。まさに色んな意味で「レオガチ」である。

この他にも…

なお、特訓では氏は肺炎起こしかけて死にかけた模様。

その後の展開など

元々ウルトラマンレオと言う作品はこの当時の潮流であったスポ根要素を物語軸に大きく取り入れた番組であり、戦いに関してはブルース・リー作品に影を受けた拳法を使った肉弾戦がメインとなった。その為、ウルトラマンの特徴である線技は非常に少ないものであった。実際、テコ入れ以前におけるとどめの一撃は特訓の結果で誕生した技であった。

設定上、宇宙拳法の使い手とはいえ実戦経験も少なく、それゆえに敗北する事も少なくなかった。それに対してコーチたるモロボダンの特訓によって実をつけると言うその当時のスポ根のセオリーをなぞっており、そしてマグマ星人によって故郷を失った涯孤独の身であり、その遇もまたスポ根にありがちな「悲壮感漂うバックグラウンド」であった。

しかし前作とは打って変わって暗く、そしてハードすぎる展開やMAC内の雰囲気が殺伐としていたりで視聴者から支持を得たとは言い難かった。何より、特訓シーンセットの設営などが大掛かりであり、予算や時間がかかり過ぎていた。時は折りしもオイルショック。そうでなくても掛かる製作費が高騰する中でこれが後のみんなのトラウマの遠因となるとは予想だにしなかった。

また、再登板となったダンの性格の変化に戸惑うものも少なくなかった。「ウルトラセブン」のモロボダンは温厚かつ陽気な性格であり、綺麗な女性に鼻の下が伸びて油ダン大敵と言われるようにどこか「人間的」な一面もあった。また「ウルトラマンタロウ」においてもゾフィーの事なんかいいよ」と発言したようにっ気のある一面を持っていただけに、自らは変身でしかも負傷しており、その中で急ごしらえで戦士を養成しなければいけないというプレッシャーがあったとはいえ、仮借ない苛になった姿に違和感を覚えたものも少なくなかった。

そんなわけでスポ根的な特訓の排除やコメディ回の挿入、ダンの性格の軌修正などと言ったテコ入れが入ったのだがそれでもやはり全体的な作品のハードさはあまり変わらずであり、ついに40話でウルトラシリーズ史上、いや特撮史上でも例を見ない壮絶鬱展開につながる…。

ジープについて

マックジープと言われるものの、使用されたは実際にはジープではなくいすゞ・ユニキャブである。ピックアップのワスプのコンポーネンツとセダンのベレルのエンジンを組み合わせたで今で言う所のスズキ・エスクードのようなクロスオーバーSUV、さもなくばミニ・モークのようなマルチ・パーパス・ビークルに近い種である。実際にこのの駆動方式はFRであり、本格的な4WDと言うわけではなかった。なのでその用途もなき々よりも、都会を落こんで走ると言うものであった。

ニキャブが登場した当時(1967年)はまだ4WDと言う種さえ特殊な部類であり、何より高価な代物であった。そんな中でただでさえ走っている数が少ない中であまりに時代を先取りしすぎたが為に販売面はさっぱりであった。

ちなみにマックロディーは本物のジープ(正確にはライセンス生産された三菱ジープ)がベースである。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%97%E7%89%B9%E8%A8%93
ページ番号: 5282850 リビジョン番号: 2114185
読み:ジープトックン
初版作成日: 14/11/04 03:13 ◆ 最終更新日: 14/11/11 00:30
編集内容についての説明/コメント: 文章を加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジープ特訓について語るスレ

6 : ななしのよっしん :2015/02/26(木) 13:56:13 ID: 5K0spjR2Wl
>>4
ゼロ「やめてくれ!死んじまう!」
レオ「逃げるな!お前親父さんとこの訓練をやったが乗り越えたぞ!」

うん、一発で想像できる
7 : ななしのよっしん :2015/03/07(土) 17:50:33 ID: tfl25MjuGe
むしろこの程度で死ぬようななら今死なせてやったほうが親切だと言わんばかりに切羽詰まった状況だったからな
レオが負けたら地球がヤバいから
8 : ななしのよっしん :2015/03/12(木) 10:46:50 ID: CY3slsMp2w
なんで作ったw つか駄に記事が充実してるw
関連動画にこれを追加すべき >>sm11254393
9 : ななしのよっしん :2015/04/10(金) 01:08:49 ID: 7Ix/eHGweR
まあ物語上は必然な特訓シーンではあるのだが、問題は実写でしかもノースタントでやってた事だよな
それもジャッキーチェンみたいに自らやるのではなくて監督示だし
10 : ななしのよっしん :2015/07/10(金) 19:59:22 ID: BfKVUAmohy
>im5027654

ついに絵になりました
11 : ななしのよっしん :2015/07/10(金) 20:07:38 ID: BfKVUAmohy
>>10
ミスです・・・

>>http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im5027654?zeromypage_nicorepo
12 : ななしのよっしん :2016/05/10(火) 01:04:44 ID: 7aBxlhFgEY
本気で轢いたりとかぶっ放しながらやったりしなかったのかな
そっちのほうがもっと臨場感出た気がする
13 : ななしのよっしん :2016/07/15(金) 22:36:22 ID: eAlymZWd6v
ゼロヒカルショウに課した手錠特訓って絶対コレの影受けてるよね
血は逆らえないという事か…
14 : ななしのよっしん :2016/12/25(日) 13:50:13 ID: gaNfryQ+ty
なお、擬人化計画のアギラジープを武器にしたもよう
15 : ななしのよっしん :2017/02/22(水) 19:38:17 ID: jW/fZG0Fq9
>>sm23076239

こ、怖い・・・
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015