単語記事: スキージャンプ

編集  

スキージャンプとは、ノルディックスキーの競技の一つである。

概要

急斜面を滑り下りて、ジャンプ台から飛び、その飛距離と飛中から着地姿勢)の美しさを競う。もともとはの競技だが、近年では滑りやすい滑走路を使ったサマージャンプ競技も行われる。

日本スキー競技の中でも最も高い成績を残しているため、競技の難しさとは裏人気の高いウィンタースポーツの一つとなっている。特に北海道では地元テレビ局催の競技大会も行われるなどテレビ放送も多く(全放送だがほとんどが深夜に放送)、ワールドカップも毎年開催されることもあり、人気も知名度も抜群に高い。

起源

1840年にノルウェーのテレマーク地方で、自然に遊びの中から生まれたのが発祥とされている。独特の着地姿勢もこの地方から生まれたものである。
1877年から、本格的なジャンプ競技が行われるようになった。

俗に言われる、ノルウェーでの処刑方法として高い地点からスキーで落下させる中で、実際に着地に成功したことで競技になった、というのはである。 

飛び方

スタートしてから助走路(アプローチ)までは、前にしゃがみ込む姿勢で空気抵抗を減らすようにしてスピードを上げる。
そしてカンテと呼ばれる踏切地点で一気に立ち上がるようにジャンプをして中に飛び出す。
中ではなるべく静止した状態で飛び続けるのが理想とされる。飛は時代によって変化しているが、1990年代からはスキーをVの字に開いて、スキーで浮を得る、空気抵抗による落下速度の減少を抑えるのが一般的となっている。この飛によって、それまでは追いが有利だったものが、向かい風が有利に変わっている。
着地の際には、テレマーク姿勢といわれる、両手をに広げ、しゃがんだ状態で膝から下を前後に開いた体制をとるのが理想とされる。

特に中と着地の姿勢は、飛点の対とされる。

競技

公式の競技では、ノーマルヒルヒルサイズ85109m)、ラーヒル110m以上)、フライングヒル185m以上)の3種類の競技場で行われる。ジュニア競技では、それよりも小さいスモールヒル2049m)、ミディアムヒル(5084m)でも行われる。

冬季オリンピックでは、ノーマルヒルラーヒルで行われ、ワールドカップでは、男子ラーヒルと、フライングヒル女子ノーマルヒルで行われる。日本国内の大会では、女子によるラーヒル競技も行われる。

ほとんどの大会では、最大2本の試技の結果によって順位を決める(参加者が多い場合は1本で下位の選手がノックアウトされ、さらに多い場合は予選が行われる)。

採点は、飛距離点と飛点の合計で争われる。ワールドカップでは向きによる飛距離ハンデを緩和するために、ウィンファクターゲートファクターと呼ばれる点数も加えられる。 

飛距離点

K点(建築基準点)を中心に、そこからの距離を1mごとに点数が加減される。K点に着地した場合は60点が与えられ、そこから先だと1m単位の得点がプラス、手前だとマイナスとなる。
K点の距離によって加算される点数配分が異なり、K点が80~99mの場合は2点、100~169mで1.8点、170m以上で1.2点となる。

たとえばK点が120mにあるラーヒルの場合、130mまで飛ぶと60+1.8×10=78点、110mまで飛ぶと、60-1.8×10=42点となる。

距離50cm単位ではかられ、その場合は加減算される点も半分となる。 

飛型点

ジャンプ台横にある建物より、5人の審判員が飛と着地の姿勢を見て最高20点満点で点数を出す。
飛行中の姿勢が悪い場合は最大5点、テレマーク姿勢が取れなかった場合は最大4点、転倒した場合は最大10点の減点がされる。 

正を期するため、5人中最高得点と最低得点を出した審判員の得点は加算されず(最高、最低が2人以上同点の場合はいずれか一人)、残り3人の得点のみが加算される。最大は60点となる。

ウィンドファクター

ウィンファクターは、向き不利に働く追いプラスの加点がされる。
それまでは正を期するために向きが変わった時に飛びなおす場合があったが、ウィンファクターを導入することで競技時間の短縮につながった。

ゲートファクター

ゲートファクターヒルサイズえて危険なジャンプを緩和するために、ゲートを下げたときに加点される。
競技の成績などを見てジュリーといわれる審判の判断で下げられるが、選手のコーチ側でゲートを下げることができる。ただしコーチリクエストの場合、ヒルサイズ95%の飛距離が出ないと加点されない。

競技場

ドイツ語で「シャンツェ」、ノルウェー語で「バッケン」といわれる。

一般的には山の斜面を削って作られるが、最近では人工のの建築物として全体を作ることもある。
競技場は全体的に、助走路(アプローチ)、踏切地点(カンテ)、着地地点(ランディングバーン)、減速地点(ブレーキングゾーン)に分かれる。

着地地点にはそれぞれの距離ラインが引かれ、P点(基準点)、K点(建築基準点)、HS(ヒルサイズ)の3点が存在する。
以前はK点をえると危険といわれていたが、ジャンプ技術の進歩によってK点越えが容易に行えるようになったため、着地の衝撃が強くなって負傷する恐れのある点として、斜度が3132度になる地点をヒルサイズとして設けるようになった。
そのほか、最長飛距離(最長不倒距離)のことを、バッケレコードとも呼ぶ。

上記にあるように、K点までの距離に応じて、スモールヒル、ミディアムヒルノーマルヒルラーヒルフライングヒルまであるが、日本では建築における規制などがあるためにフライングヒルはない。
フライングヒル世界でも5か所のみで、

に存在する。に乗ると、飛び降りるよりも浮き上がって滑する状態にもなる。 

日本では北海道東北地方中部地方ジャンプ競技場があるが、スキー連盟の認を受けているのは下記の3か所である(いずれもオリンピック開催地、競技の行われた施設)。

日本の主な選手

現役

男子

女子

過去

関連動画

関連商品

スキージャンプに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

スキージャンプに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97
ページ番号: 5104351 リビジョン番号: 1977623
読み:スキージャンプ
初版作成日: 13/06/21 14:22 ◆ 最終更新日: 14/02/19 08:05
編集内容についての説明/コメント: ルールを追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スキージャンプについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2014/02/09(日) 18:13:23 ID: zouG2YSSZc
スキーは大好きだが、これだけはやる気になれない。

一回スタート地点から下みたけど怖すぎて…

これを軽々やる人はすごいと思う。
2 : ななしのよっしん :2014/12/06(土) 09:09:35 ID: Xzla2G1cVv
蔵王のノーマルヒルも FIS 認だろ
女子ワールドカップやっとるし日本一のクロソイド曲線シャンツェやで
3 : ななしのよっしん :2015/11/27(金) 04:07:41 ID: ErwP7OWg6Z
原田選手は、日本ではかなりネタ寄りの位置づけだが、海外では実扱い。

とくに選手運営の間では扱い。

原田選手の全盛時は、K点(当時)をちょい越えるくらいにゲートスタート地点)を設定してしまうと、他の選手の脚と技術では飛距離が伸びなくて大ジャンプが出なくて観客の盛り上がりがしょぼくなり原田圧勝/常勝が予想されるので、ゲートを高めに設定してた。
それで、原田選手は飛びすぎて、着地が両脚えでテレマークなしで飛点が減点、危険なので途中で下りる、そもそもK点より先は急に坦になるので飛距離の差がつきにくい、ときには飛び過ぎが予想されるので大会を棄権なんてことがあった。

ゲートを高くして実の選手を抑えるのは、よくおこなわれる手段。長野五輪のときも、ゲートを決める3人のジュリーは、ノルウェー人・日本人ドイツ人だったが代表はそのうちのノルウェー人だった
4 : ななしのよっしん :2016/02/13(土) 18:10:41 ID: 2U1NjZ0kyC
>>lv251961374

5 : ななしのよっしん :2016/02/20(土) 16:51:21 ID: 2U1NjZ0kyC
>>lv251961880

急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829