単語記事: スターダストクルセイダース

編集

スターダストクルセイダースとは、荒木飛呂彦漫画ジョジョの奇妙な冒険」第3部の副題である。

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

物語空条承太郎一行が承太郎ホリィを助けるため、祖の祖ジョナサン・ジョースター」の体を乗っ取り100年の時を越えて復活を遂げた不老不死吸血鬼DIOを倒すため、ユーラシア大陸(日本香港シンガポールインドアラビア半島エジプト)をする。

それまでの波紋の概念から代わって、初めて幽波紋スタンド)の概念が導入された。後の部にべるとストレートスタンドが多い。多くのスタンドにはタロットカードエジプト神話から名前が取られている。ザ・ワールド世界)、スタープラチナ)など。

ゲームOVAジョジョの奇妙な冒険」が作られた。OVAをもとにしたMADについては3部OVA MADも参照。

そして、2014年4月より「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」のタイトルで、第3部のTVアニメが放送中。また、同作中にてオラオララッシュの際などによく掛かる曲名も「スターダストクルセイダース」である。
詳細は『ジョジョの奇妙な冒険(アニメ)』を参照。

主な登場人物

ジョースターエジプトツアー御一行様        byDIO

空条承太郎 -Kujo Jotaro-

title

第1部主人公ジョナサン・ジョースターの玄孫にして、
第2部の主人公ジョセフ・ジョースターの孫。
誇り高きジョースターの血統に連なる第3部の主人公
口癖は「やれやれだぜ


スタンド:精密な動作と快なパワースピードを併せ持つ
スタープラチナ星の白金

 

ジョセフ・ジョースター -Joseph Joestar-

title

第2部主人公にして承太郎の祖

第二部の最後で義腕となり、後にN.Yで不動産王となった。
孫の承太郎警察署の檻から出すべく、
友人アブドゥルを連れ、日本へとやってきた所から物語は始まる。

スタンド:念写を可にするイバラ状のスタンド
ハーミット・パープル隠者の紫

 

モハメド・アヴドゥル -Muhammad=Avdol-


title

占い師を生業にするエジプト人の大男。(通称ブ男)
生まれながらのスタンド使いで、三年前にジョセフと知り合う。
且つ、様々な応用も効くスタンド、冷静な観察が武器。
炎を扱うに相応しき熱き心、仲間を思う優しい心を兼ね備えた
正統派スタンド使い(後は出番さえあれば…)
 

スタンド:炎や熱を自在に操る鳥人スタンド
マジシャンズ・レッド魔術師の赤

 

 

花京院典明 -Kakyoin Noriaki-


title

承太郎高校に転校してきた転校生
実はDIOに操られており、承太郎を襲うことになるが敗北し,
肉の芽の脅威から、命を救ってくれたことに対する
恩返しをするために路に同行する。

スタンド:体を紐状にして活動できる遠隔操作スタンド 
ハイエロファント・グリーン法皇の緑

 

 

ジャン=ピエール・ポルナレフ -Jean=Pierre=Polnareff-


title

とあるスタンド使いするを殺され、復讐を誓うが、
半ばDIO肉の芽を埋め込まれジョースター一行の刺客となる。仲間になった後は一転、チームのムードメーカーお笑いトイレ担当)といった三枚でも大活躍をみせる。
エッフェルではないし、ましてや本屋の店員では決してない。

スタンド中世騎士のような甲冑とレイピアを携えた
シルバーチャリオッツ 『銀の戦車

 

イギー -Iggy-


title

ニューヨーク野良帝王をやっているところを
アヴドゥルがやっとこさ捕まえたスタンド使い

品種はボストンテリア
好物はコーヒー味のチューインガム

スタンド:全身砂の獣戦車
ザ・フール 『愚者』

DIO一味

 -邪悪の化身-  DIO

title

第1部主人公ジョナサン・ジョースター旧友にして、石仮面により吸血鬼と化した邪悪の化身。ジョースター一族の因縁の宿敵。
1部の最後から第3部の間に、ジョナサンの首から下の胴体を乗っ取っている。
エンヤ婆矢によってスタンドが発現するも、同時にジョースター一族にもスタンドが発現。それがキッカケとなり自身の復活がジョースター一族にバレてしまう。
一族を始末して己が宿命を断つために、一行にスタンド使いの刺客を送る。
スタンド:圧倒的なパワースピードを兼ね備えた時を止めるスタンド
ザ・ワールド 『世界
タロットカードのスタンド使い
エジプト9栄神のスタンド使い
DIOの館の住人

関連動画

未来への遺産

関連商品

関連コミュニティ&チャンネル

関連項目

ファントムブラッド - 戦闘潮流 - スターダストクルセイダース - ダイヤモンドは砕けない - 黄金の風 - ストーンオーシャン - スティール・ボール・ラン - ジョジョリオン


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%80%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B9
ページ番号: 759007 リビジョン番号: 2368586
読み:スターダストクルセイダース
初版作成日: 08/12/07 15:40 ◆ 最終更新日: 16/06/03 06:01
編集内容についての説明/コメント: 掲示板のご指摘にあったアブドゥルの文章内の誤字を修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スターダストクルセイダースについて語るスレ

848 : ななしのよっしん :2016/04/30(土) 06:47:44 ID: ZK0YDFEdJf
>845
 綺麗に分かれてるわけじゃない。ヴァニラ戦生き残ったのがポルなだけ。
 そもそも5部には序盤で承太郎出てるから全に論理破綻してる。
849 : ななしのよっしん :2016/05/04(水) 04:26:04 ID: sNtgqj7jqM
>>847
それは「主人公主人公補正で絶対に勝てる」
って言うのと同じくらいでつまらないと思うで
創作物・フィクションって割り切ってるなら
わざわざこの手の話題に突っかかってこなくて良いんやで
850 : ななしのよっしん :2016/05/05(木) 17:00:21 ID: aIHzeb/EnQ
花京院が生きてたらプッチ戦でもどうにかなったかなと思ってたけど、4部以降のスターダストクルセイダースメンバーはみんなそれぞれ孤独に戦ってて共闘してないから花京院達が生きてたとしても別行動してて承太郎花京院が共闘する展開にはもうならないんだろうな・・・。
851 : ななしのよっしん :2016/05/07(土) 10:45:26 ID: j33/LjY7Ep
アヴドゥルさんのところ、「仲間」が「仲魔」になっててサマナーみたいだから、プレミアム会員の方出来れば修正お願いします。
852 : ななしのよっしん :2016/05/10(火) 15:12:59 ID: UGERO7YXre
>>850
4部でジョセフ承太郎を助けに杜王町に来るんだけど
(まあ自分の隠し子のためでもあるが)
それは共闘とは呼ばんのかいな

あと5部では、ポルナレフ過去について書かれた場面で
承太郎を呼ぼうとしたがパッショーネの根回しのせいで呼ぶことができなかった」
とある

自分の心の中でキレイにまとめるのはいいけど
たまには原作読み返して事実確認したら?
853 : ななしのよっしん :2016/05/13(金) 14:30:08 ID: ge7BXVUefI
スターダストクルセイダース改造コード
承太郎が最初から時間停止使用可
花京院イギーアブドゥルに不死属性付加
ジョセフが全盛期の波紋パワーを使用可
・老シーザーが使用可
エジプト旅行が開始6秒で終わる
ホリィが自身のスタンド握済み(即グッドEND
・敵スタンド使いが出現しない
・敵スタンド使いの数が255人になる
DIOが代わりに日本に出る
正義」のスタンドで操ってくる死体の数が65535体まで増加
イギージョースター一行への好感度が最初からMAX(即連携可
ヌケサクが聡明になる
854 : ななしのよっしん :2016/05/15(日) 23:23:25 ID: aIHzeb/EnQ
テレビアニメでは便宜的にタロット編、エジプト編と分かれてるんだけど、敵の数で言えば太陽までが前半で死神から後半だよね。

太陽死神13に相当する敵で
人が審判に相当する敵で
正義女教皇
運命の輪がゲブ
がクヌム
られた男がトト
皇帝アヌビス神
の節制がバステト女神
悪魔セト
がオシリス
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
855 : ななしのよっしん :2016/05/15(日) 23:26:56 ID: aIHzeb/EnQ
何か一人足りないと思ったらホルスが足りなかったか。

まあでも人数的には大体これで合ってる
856 : ななしのよっしん :2016/06/02(木) 14:34:10 ID: INctKqBS5h
アヴの仲魔の表記ってわざとなのか、それとも単なる誤字か?
ペルソナシリーズでたまに使われてる単みたいだから、いまいちわからない。
857 : ななしのよっしん :2016/07/08(金) 23:49:08 ID: 3jcBfllgee
今日読みわったんだけど、3部って1部2部にべると凄く雰囲気が砕けてるよな~って感じる。
2部もジョセフがおどけていたから、全に暗いわけではなかったけど、それでもシリアス面の方が強かった。
3部はコントのようなやり取りがあったり、メタ発言が飛び出たり、作者が直々に海外での値段交渉に関して説明したりと、コメディ要素がふんだんに取り込まれている感じが凄く印的だった。
絵のタッチ北斗の拳からドラゴンボールに変わってより一層明るさに拍をかけている。
作者の中でなにか心の変化でもあったんだろうか。

しかし、バトルの熱さもだし、巧妙な手口で攻撃を仕掛けてくるスタンド使いの裏をどうかくか等の心理戦や頭戦も多く盛り込まれていて、流石荒木先生、やっぱセンスあるよなあ~ってめて思ったものである。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015