単語記事: スターリン

編集
偉大なるロシア この項は旧ソビエト/ロシア政府機関に監視されています。
  1. ソビエト連邦導者の子供好きのおじさんヨシフ・スターリン
  2. 1980年代に結成されたパンクロックバンドの名前。
  3. メタルサーガ 鋼の季節に登場する戦車及び賞首(賞首の時の名はグラマスターリン
  4. スターリンセス略称
  5. ソビエト連邦の重戦車IS-1、IS-2IS-3のこと。名前の由来は1のヨシフ・スターリン

本稿ではに1について記述する。

概要

人物
ヨーシフ・ヴィッサリオーノヴィチ・スターリン
Иосиф Виссарионович Сталин
Iósif Vissariónovich Stálin
基本情報
生年 公式1879年12月21日
(実際には1878年12月6日が濃厚)
生誕地 ロシア帝国カフカス地方・チフリス県・ゴリ
没年 1953年3月5日73歳、もしくは74歳没)
死没地 ソビエト連邦モスクワ州・クンツェフスキー地区ヴォリンコイ
ジョージアロシア
本名 イオセブ・ベサリオニス・ヅェ・ヂュガシヴィリ
იოსებ ბესარიონის ძე ჯუღაშვილი
Ioseb Besarionis Dze Jughashvili
別名 の人、コバジョージア称)など多数
職業・肩書 政治家、軍人
備考・その他
人物テンプレートボックス

  

ロシア帝国カフカス地方チフリスゴリ現在ジョージア首都トビリシの76km西にある古都)出身。1922年から1953年に死去するまで、ソビエト社会主義共和国連の第2代最高導者(第2代人民委員会議議長、初代ソビエト連邦共産党中央委員会書記長)として、実質的なソ連の権トップの地位にあった。

本名はジョージアイオセブ・ベサリオニス・ヅェ・ヂュガシヴィリ
一般によく知られる「スターリン」という姓は『鋼(сталь)の男子(-ин)』を意味し(ちなみにスターリのドイツ語のシュタール(Stahl, 英語steel と同根))、元々は古ジョージアで同じ意味を持つ本名の姓ヂュガシヴィリ(元々のニュアンスとしては『製鉄に携わる者』という職業姓になるが、他にもオセチア由来で「(畜の)群れの子>畜産に携わる者」を意味する、など諸説ある)をロシア語訳した名義(ノン・ド・ゲール)で、彼は他にもコバ(Коба, Koba)、イヴァーノフ(Иванов, Ivánov)など多数の別名を名乗っている。
ミドルネームのベサリオニス・ヅェは『ベサリオン息子』を意味する称で、ロシア語ではヴィッサリオーノヴィチとなる。個人名の「イオセブ」はロシア語ではヨーシフ(Iossif)、英語ではジョーゼフ(Joseph)に相当し、聖書由来である。これが、スターリン戦車アルファベット表記が"IS"と"JS"で揺れている理由でもある

『至高の中二病』として名高く、国家を振るって数々の伝説を残した20世紀を代表する独裁者の一人である。

伝説

その他多数

人物像

無慈悲で、冷酷で、ふり構わず粛清しているイメージの付きまとう人物だが、その人物像は単純な独裁者と言って終わらせることのできない複雑怪奇に過ぎる。

彼は穏やかな性格で、多弁で社交的、歌が上手かった。本を大量に読み文学に理解を示し、歴史神話に豊富な知識を持っていたといわれている。特に歌は、「彼は歌手としてもやっていけただろう」と言われるほどであったという。彼が歌手になっていたら第二次世界大戦はどうなっていたのやらである。グルジア訛りの発音で、演説なども淡々と物静かだった(だがこれは身内には親しみを与え、よい印を与えていたようだ)。

しかし彼は元来、少数民族としての劣等感を持ち、父親からの虐待母親からの厳しい教育愛した妻の死などで、次第に性格は複雑になり、表面上の穏やかさとは逆の残虐性や冷徹さを兼ね備えた人物になっていく。

革命仲間たちや、その子供たちと別荘で遊んでいる際、ウクライナでは大飢饉で何万もの人々が餓死していたり、する妻へのラブラブ手紙を書いた直後に、各地での粛清ノルマを決めた令書を書いていたりするのは、まさにスターリン徴する事由と言えよう。

スターリンは非人間的な一面を持ちながらも人間らしい一面も多く持ち、二人の妻ナジェージダが死亡したとき(自殺と言われている)も、「私はもう終わりだ!」と泣き崩れ、ナジェージダとの間に設けた息子のワーシリーに「パパ泣かないで」とか励まされている。ナジェージダには頭が上がらず、彼女に怒鳴られて浴室に閉じこもり、頭を抱えていたという逸話まで残っている。

晩年、元々疑心の強かったスターリンはその性格を更に強め、あらゆる場所に敵の姿を見て、スパイを疑い、部下の部屋を盗聴させ、疑った人間はすぐさま粛清したという。自分の周りのもが敵で、自分の命を狙っているのだ、という典的な「偏執病(パラノイア)」を発症している。挙句の果てには「も信用できない、自分でさえも」と部下に言ったほど。

彼は理想として常に革命政治を優先し、歴史と変革の先導者「スターリン」であり続けようとした。しかし、元来の複雑な出自や性格の挟みにあい、非常に難解な精理論に基づいて行動していたため、妻やするスターリンもいれば、人民の命を全く顧みないスターリンがおり、革命仲間するスターリンもいれば、裏切り者を容赦なく粛清したスターリンがいたのである。

卒中で倒れた時、スターリンの眠りを妨げて怒りを買うことを恐れていたために発見が遅れて手遅れになったとも、周りのもが倒れたスターリンに適切な処置を施そうとせず見殺しにした(のスヴェトラーナの)とも、はたまた卒中の治療にも使われる殺剤ワルファリンによる治療中の偶発的な事故あるいは意図的な暗殺とも言われ、その死の逸話からも独裁者スターリンの孤独が見て取れる。

評価

彼の統治時代は30年に及び、ソビエト社会主義共和国連邦の7人の歴代最高導者でも最長を誇る。

第一次五ヵ年計画による農業・工業革命を打ち立て、これを数の餓死者が出たぐらい理矢理)推進し、第二次世界大戦という史上最大の世界規模の大戦を世界最多の2000万人以上の戦死者を出したものの)勝利に導いた。

だが、スターリン無茶ぶりで犠牲になった人間は、内外あわせて凄い数になる。
死後たくさんの恨みを買っていたためか、国歌祖国は我らのために)からスターリン歌詞が消えたり、スターリン像が人民によってに投げ捨てられたり、スターリンの名が付いた第二次世界大戦都市スターリングラード)が名されたりと、すさまじいアンチスターリンの流れが起きた。

とはいえ、「アメリカなんぞに負けてたまるものか!」というスターリンの底知れぬ野望は、社会的な事業においては大きく成果を上げることになる。(特に女性への)等な教育、生活準の向上、識字の大幅な向上など、教育事業がスターリンの時代に大きく成長したのは間違いない。しかし、これらが女性に対して行われた理由が、「当時のソヴィエト連邦20代男性95%近くが大戦を経て戦死してしまったから」だというあたりが、ますます彼の評価を難しくする。

同時に、鉄道道路の建設、軍事も大幅に向上などなど、ソヴィエト連邦は彼の時代に強大な国家となったが、これらの背景には粛清の名のもとにシベリアや強制収容所に送られた労働者たちによる強制労働などがあり、多くの労働者が過酷な環境と労働で死亡したため、これも単純に評価を下すのは難しい。

しかし、スターリンが作った監視社会、東西冷戦構造、重工業重視の計画経済は脈々と引き継がれていった。
そういった意味では、ソヴィエト連邦という国家の方向性を明確に基礎付けた人である。

ソヴィエト大衆の中には、一部にスターリン体制を熱狂的に支持する人々もいた。
ソヴィエト崩壊によって、ソヴィエト時代より生活準や経済が落ち込んでしまい、世界の東西を分かつアメリカ世界の地位を独占されている21世紀、強いロシアをもう一度と考える人にとっては、今でも尊敬の対だったりする。

第二次世界大戦では、スターリンだったからドイツに勝てたと言われたり、スターリンだったからこそ犠牲がすさまじいことになったとも言われている。

スターリン体制下における粛清農業集団化による飢餓などの犠牲者は、独ソ戦大祖国戦争)の死者よりも多いとする見解もある。

ああ、私もやるべきだった。将校の大粛清を! スターリンのようにな!

Ich hätte gut daran getan, vor Jahren alle höheren Offiziere liquidieren zu lassen, wie Stalin!

映画ヒトラー 〜最期の12日間〜』あるいはそこから生した「総統閣下シリーズ」で有名な上記のセリフで、スターリンという名前だけが聴き取れたを知ったという視聴者もいるに違いない。

では、この時、一体どれだけ軍の関係者が粛清されたかというと。

ソ連元帥5人中3人防人民委員代理11人全員、最高軍事会議メンバー80人中75、軍政治委員16人全員、軍団政治委員28人中25、軍管区令官13人全員、陸軍令官15人中13人提督9人中8人、軍団令官85人中62、師団令官186人中154令官406人中220大佐クラスの将校3/4、全将校の1/4ないし1/2(高級将校に限ると7割弱)

明らかにやりすぎです。本当にありがとうございました。

だが、このような強エピソードに惹かれる同志諸君が存在するのも、また事実である。

影武者説

一般によく知られるスターリンの姿は影武者である、というのは昔からよく言われる俗説である。

スターリンは幼少に天然痘に患しており、肌には大人になっても「あばだ」が残っていたとされる(「天然痘」の画像検索には注意)。残っているスターリン写真は肌が荒れているものもあるが、絵は全て綺麗な肌になっている。
また、同じく幼少の事故によって左腕に機が残っていた。なので、ポツダム会議では左腕はど動いていない。つまり、両手で拍手をしている場面などは影武者である可性が高い。

晩年は疑り深くなっていた関係もあって、多くの公式の場には影武者が出向いていたと思われるが、この影武者と呼ばれる人物の詳細は全く伝わっていない。影武者の方が先に亡くなったのか、スターリンの死後はひっそり暮らしたのか、それさえも不明である。

死後、レーニンに一時安置された際にはエンバーミングされて肌のあばだなどが隠された関係で、本当の顔はど伝わっていない。だが逆に、荒れているのを隠すことができる程度の肌であったなら、『自分しか信用できない』スターリンが肌を化粧で綺麗にし、自分で出向いていた可性ももちろんある。

余談だが、長男のヤーコフ・ジュガシヴィリの息子で、スターリンの孫にあたるエフゲーニ・ヤコヴィレヴィチ・ジュガシヴィリはスターリンに最も近い世代の血縁だが、その顔だちは写真や肖像画のスターリンの面影を確かに残している。予想でしかないが、スターリン本人の顔立ちも、決して絵や写真と極端にかけ離れていたということはないだろう。

スターリン語録

  • とか友情などというものはすぐに壊れるが、恐怖は長続きする
  • 死が全てを解決する。人間が存在しなければ問題は起こらない
  • 投票する者に決めるなどない、投票を集計する者に全てを決めるがある
  • お前スターリンなんかじゃない。もちろん私も違う、スターリンとは個人ではない、ソヴィエトの権そのものなのだ! (息子のワーシリー・スターリンに対して)

ちなみに、これら以上によく挙げられる「一人の人間の死は悲劇だが、数万の人間の死は統計上の数字だ」という言葉は、スターリンのものであるという根拠が実はない。ナチスアドルフ・アイヒマンの逸話と混同され、「いかにも言いそう」というだけで広まったものと考えられている。言葉自体の初出は、ドイツ作家エーリヒ・レマルクだとか18世紀のイギリス詩人だとかいろいろ言われている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3
ページ番号: 575997 リビジョン番号: 2381856
読み:スターリン
初版作成日: 08/09/21 04:40 ◆ 最終更新日: 16/07/10 09:01
編集内容についての説明/コメント: 語録を修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スターリンについて語るスレ

411 : ななしのよっしん :2016/05/01(日) 23:02:41 ID: Cs7tvS3rbp
粛清スターリンパラノイアとかではなくスターリン台頭以前から
存在した導権争いの延長戦というだけで火種はレーニン時代に作られている

「秘密警察作って問答用で政敵射殺」とかもレーニンだし政復活やロシア民族義を抑える為に
ポーランド人、グルジア人、ウクライナ人、ユダヤ人を大量登用したのもレーニン(自身もモンゴル系)だし
世界革命論掲げて対外進出に熱心だったのもレーニン(及びトロキー)だし

むしろスターリンになってやっと連邦の体制固めが終わった感じ
412 : ななしのよっしん :2016/05/01(日) 23:05:40 ID: Cs7tvS3rbp
逆に言えばレーニンの最大の誤算はロシア化されたグルジア人のスターリン
少数民族にカウントして政権の要職に付けちゃった事だろうなあ…
413 : ななしのよっしん :2016/05/11(水) 01:33:42 ID: VY/iL8HzwC
>>408
レーニンは、著しく肥大した・観念こそが本体で、それに付随物として体や手足がおまけ的にくっついてる感じだね。
理想実現のための方便としての権に対する執着はすごいけど、
的な俗欲がまったくない感じ

生まれはいいからセンスは上品で洗練されてるんだろうけど、
それだけではなくて、の印では、レーニンは狂人というか、
「著しく人間離れしてる人」という印かな

スターリンは残酷さを楽しむようなところがあるけど、
レーニンは残酷さの与える影を徹底的に悧に計算して
必要ならなく活用してる感じで、「弄ぶ」感はないな。
414 : ななしのよっしん :2016/05/16(月) 13:57:57 ID: XgnTxFZICi
芥川龍之介呆の一生」三十三節:
 彼はヴオルテエルからいつか高い山を見上げてゐた。氷河の懸つた山の上には
禿の影さへ見えなかつた。が、背の低い露西亜ロシア人が一人、執拗に山を登りつづけてゐた。
 ヴオルテエルになつた後、彼は明るいランプの下にかうふ傾向を書いたりした。
あの山を登つて行つた露西亜人の姿を思ひ出しながら。……

よりも十を守つた君は よりも十を破つた君だ。
よりも民衆を愛した君は よりも民衆を軽蔑した君だ。

よりも理想に燃え上つた君は よりも現実を知つてゐた君だ。
君は等の東洋が生んだ の匂のする電気機関車だ。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
415 : ななしのよっしん :2016/05/21(土) 03:45:36 ID: isz1jzDycQ
スターリンに人間っぽさや合理性があると言っても普通ではい、正気の基地外みたいな。さらに前代未聞の大粛清を行いながら死ぬまで権を失わなかったというのも異常
416 : 本当は必要だろ :2016/05/26(木) 20:36:32 ID: G0/LBcIZJL
新をシベリア
417 : 本当は必要だろ :2016/05/28(土) 00:47:18 ID: G0/LBcIZJL
は・な・し・は・な
話はな
418 : ななしのよっしん :2016/07/05(火) 23:16:54 ID: u270bpc8Dg
スターリンと聞くと人の心を持たない独裁者みたいなイメージしかなかったけどやっぱり人間らしい部分が人一倍強いんだな
独裁者ってそこらへん顕著な気がする
419 : ななしのよっしん :2016/07/10(日) 10:17:18 ID: qcoTXhhK8G
自分はスターリンでなくてはならない
420 : ななしのよっしん :2016/08/23(火) 19:02:14 ID: N62QViy3zt
スターリンは人間らしいとは思うぞ
ただ臆病とか疑心とか根性なし(自分より優秀な人間を上手く使う度量とか9とかの、悪い面での人間らしさだけだが
こんなクズは通常権なんか握れないんだが、いろんな手違いで権者になったから異常者に見えるだけ
スターリン異常なじゃなくて、こいつが権を握れた状況が異常なだけだよ
内面はただ独裁姿勢を徹底しただけの小なチンピラでしかない
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015