単語記事: スティーブン・スティール

編集

スティーブン・スティールとは、漫画スティール・ボール・ラン」の登場人物である。

CVVOMIC版、及びPS3ゲームソフトジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」ともに小形満が担当。

このニコニコ大百科に失敗なんか存在しないッ!存在するのは冒険者だけだッ!

ジョジョの奇妙な冒険・第7部「スティール・ボール・ラン」の登場人物。
同作の題にもなっている、北アメリカ大陸横断レース催者である。

1840年にニューヨークにてアイルランド移民の子・7人兄弟の四男として誕生した(年齢は2巻時点では51歳と記述してあるが、17巻冒頭には53歳とも記述してあり、どちらが正確な年齢かは不明)。

身長190cm以上という長身を持ち、若い頃は騎兵隊に入っていた経歴を持つ。
除隊後はサーカスに務めたり多数のプロデュース業を営んでいた。だがあるとき見ず知らずのプロデュース業者の巻き添えを受け信用を失い多額の借を抱えていたところ、後に妻となる少女ルーシー・スティールと偶然出会い彼女の言葉をヒントによる大陸横断レースを思いつき、スポンサー集めに苦戦しながらも自身の起死回生を兼ねて「スティール・ボール・ラン」を開催する。その後、スティーブン・スティールはお礼を言いに行くために彼女に会いに行くのだが、成長したルーシーが自分が少年時代をしての事故で亡くなった少女に似ていた事からスティーブンは婚を申し入れ結婚した。

後の回想によればこの結婚マフィアへの借がきっかけで身売りされそうになっていたルーシー・スティールを救うための偽装結婚、とされているが、その後ルーシースティーブンは「親子」とも「教師と生徒」とも違う奇妙な間柄のもと、常に一緒にいるようになったという。
ルーシー14歳であるためかなりの歳の差婚となるが、も見ていない場所ではルーシーに思い切り泣きつく一面もある。ルーシーは夫としてスティーブンを愛しているが、スティーブンは一切手を出していないという(ジャイロジョニィには信用されなかった)。

スティール・ボール・ランを利用してアメリカ大陸全土に散らばっている人の遺体を集めるという大統領の野望に気づきながらも、ルーシー共々ジャイロ達をサポートし続ける。最終局面ではの回転を返され消滅の危機したジョニィに対して、自身ので駆け寄りジョニィレース失格と引き換えに復活のチャンスをもたらす活躍を見せた。

スティール・ボール・ラン終了後の彼については不明。

名言

失敗というのは・・・・・・ いいかよく聞けッ! の失敗とはッ!
開拓の心を忘れ! 困難に挑戦する事に、
縁のところにいる者たちのことをいうのだッ!
このレースに失敗なんか存在しないッ!
存在するのは、冒険者だけだッ!
この「スティール・ボール・ランレースは、
世界中のもが体験したことのない競技大会となるだろうッ!

MikuMikuDanceが出来上がったとき、人々はこう言った
「ニコニコ動画の時代は終わった」・・・と・・・
このレースはその挑戦を受ける・・・ どんな動画だろうとかかって来いとね!

ニコニコ市場開店の挨拶はこんなもんで

あぁ~イイッすか ねェェェ~~~~~  と

バカげた事と聞こえるでしょうが、コミュニティ入会のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生をジョジョの為に生きるつもりです

結局のところ、『ニコニコ大百科』は誰のものでもあってはならない・・・
国家だとか、個人が所有してはならないものだ


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB
ページ番号: 5403409 リビジョン番号: 2330977
読み:スティーブンスティール
初版作成日: 16/02/23 14:50 ◆ 最終更新日: 16/02/28 19:22
編集内容についての説明/コメント: 概要加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スティーブン・スティールについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2016/03/27(日) 13:12:57 ID: Bo1IeXU788
この人(=荒木先生)の名言はまさに名言中の名言
やれる事、やりたい事は沢山あるのに自分に言い訳をして結局やらない。
と言った事を繰り返しだった当時は本当に衝撃を受けた。

当時の受験、今の仕事、遊びでも 困難、億劫な事があるとこの言葉を思い出す。
2 : ななしのよっしん :2016/04/02(土) 19:59:28 ID: PJiZRqSPad
このオッサン、所々ですげえ格好いいんだよな
なんかキモい部分もあるけど
3 : ななしのよっしん :2016/04/15(金) 03:35:36 ID: sqn/NWiaz4
この記事今年の二月に出来たのか、ずいぶん遅かったんだな
全体では出番少ないけどこういう生き方憧れるわ
なんとなく変人偏屈列伝で扱った康芳夫の影も感じる
4 : ななしのよっしん :2016/09/10(土) 11:09:52 ID: p0YtHoVBH2
>>3
「体毛を剃った宇宙人として売り込む」なんてオリバー君そのものだしなあ
あと若い頃のプロデュース業以外にも賄い婦の料理を食べて腸チフスにかかり隔離されたのも変人偏屈列伝セルリスペクトのはず
5 : ななしのよっしん :2016/11/23(水) 00:00:26 ID: p0YtHoVBH2
スティーブン氏の言う通り、挑戦する事に縁の安全な場所にばかりいる人間は終いにはからも相手にされなくなるからな
常に失敗や責任から逃れたがり、安全な場所に籠ったまま四六時中気に入らない相手の悪いところや粗ばかり探し続けては他人の悪口ばかり垂れ流している、そしてそんな事ばかりやってるから、最後はネットでもリアルでも何を言おうと何をやろうとも相手にしなくなる、つまりはこれこそ「の失敗」
6 : ななしのよっしん :2017/09/16(土) 00:11:15 ID: NyvXe5jXMN
この台詞ケニー中の人が言ってると思うと果てしなくシュール
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829