単語記事: スピードデュエル

編集

スピードデュエルとは、遊戯王OCGにおけるデュエルシステムである。
ゲーム作品では以前から採用されていたものだが、2016年頃から初心者向けに制定され始め、2017年度のスターターデッキから公式ルールブックにて採用されている。
アニメでは『遊☆戯☆王ヴレインズ』で初登場。

概要

気軽にデュエルをすることが出来るスピードルールのことであり、基本1デュエルにかかる時間がノーマルべて速い。また、どのルールOCGの通常ルールべて使用するカードが少ない。

全マスタールール共通ポイント

マスタールールの癖で動いてしまうと、メインフェイズ2の有で戦術が大きく狂ってしまうため、注意したい。バトルフェイズを行った後にカードを伏せたり後続を召喚することができない。

2017年度OCG版(新マスタールール対応)

マスタールール4の施行により、エクストラモンスターゾーンが追加されている、現行最新のスピードデュエルペンデュラムゾーンの移動もあり、ペンデュラム召喚の使用が不可能であり、仮にペンデュラムモンスターを使用してもただ墓地に行かないだけのカードになってしまうため、基本的には使用は推奨されない。

以下、この新マスタールール版を基準とした各媒体での相違点を記載する。

デュエルターミナル版

一番最初に登場したスピードデュエルルール
後年追加されたルールには当然ながら非対応として、な相違点はデッキ枚数が10枚+エクストラデッキが最大4枚なところ、フィールド魔法ゾーンが存在しないところ。そして何より、デッキが10枚しかないためか、最後のデッキ切れの場合の措置が他のルールと大きく異なる。
また、初期はライフ3000、開始時の手札が3枚だったが、後に現在スピードデュエルと同様の形に調整された。

アーケードゲームという性質上、OCGルールではどうしても1回の遊戯が長くなってしまうため、このような簡易ルールが開発されたと思われる。

最強カードバトル!版

当時のマスタールール3準拠のため、ペンデュラムゾーンが別個に存在し、スピードデュエルペンデュラム召喚を行うことが可
また、フィールド魔法が一切収録されていない。

デュエルリンクス版

初代のキャラクターを中心としているためか、新マスタールール後も初代に近いルール継続しており、エクストラモンスターゾーンが導入される気配がない。
なお、OCGにない特殊ルールとして、使用アバターごとに設定された“スキル”というものを使用できる。

VRAINS版

基本的なルール2017年OCGルールと同じだが、アニメの特殊ルールとして、デュエルリンクス実装されているような”スキル”というものが存在。ライフ回復やモンスター値強化など、様々な効果をプレイヤー自身が発動できる。
ただしこのスキルには1デュエル1回という制約があり、デュエルリンクスよりさらに厳しい縛りとなっており、ゲーム外の要素の乱発が不可能となっており、過去作品にあった不満点をある程度解消している。

アニメではデータストームを利用して行うデュエルであり、データストームの消失と共に作中では行われなくなっており、忘れ去られていた。しかし、謎の生命体Ai」がデータストームを引き起こしたことで再びスピードデュエルを行うことが可になっている。ハノイの騎士やPlaymakerと戦う際にも行われている。
リンクレインズでは、アバターの時に受けたダメージ現実世界体にもフィードバックされる為、障物への突やDボードからの落下の危険性を含むスピードデュエルには規制されている。

関連動画

関連商品

スピードデュエルに関するニコニコ市場の商品募集中。

関連項目

脚注

  1. *デュエルプログラムと一体化したAi独自のデータと本人(?)は言っていたが、複数の使用者が存在する。これに関しては、使われたのを確認したAi自身も驚いている

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%87%E3%83%A5%E3%82%A8%E3%83%AB
ページ番号: 5479738 リビジョン番号: 2511017
読み:スピードデュエル
初版作成日: 17/04/05 22:42 ◆ 最終更新日: 17/07/29 10:20
編集内容についての説明/コメント: VRAINS版の項にスキル「トリックスター・フロード」追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スピードデュエルについて語るスレ

51 : ななしのよっしん :2017/08/08(火) 20:17:28 ID: kQYLVnh3ef
特殊ルールは使い方が悪いと受け入れられない
デュエルに躍動感を与えようとして
成功したのがライディングデュエル
失敗したのがアクションデュエル
まだどうなるかわからないのがスピードデュエル
まあ見てて楽しいのは普通のデュエルと変わらないし
頭ごなしに否定せず寛容なで長く見ていった方がいい
52 : ななしのよっしん :2017/08/15(火) 18:13:49 ID: 51OZq8epwh
スピードデュエルの何が面くないのかってボード要素が全く盤面と関係ないのに
やたらボード要素に尺を使われて進むのが遅くなる事だわ
特定カードで波カウンターが置かれそれに対応してボードが良い波を受けるようになるとかやるならまだ分かるわ
全然そういう要素いじゃん
サクサク進むしコーナーでの先攻後攻決めやスピードカウンターとかこじつけながらも盤面と連動させたライディングとは泥の差に感じる
53 : ななしのよっしん :2017/08/15(火) 22:03:18 ID: pIChehtUcm
単純にリンクマーカー駄になってるモンスターがいるんだよなあ
54 : ななしのよっしん :2017/08/17(木) 15:40:21 ID: IB2QigZ0aC
なんか擁護がアクションデュエルの時より過になってるなあ
なんか絶対批判はするなって感じ
スピードデュエルに限らずVRAINS以降はいろんなことに批判は絶対駄で逆にARC-V批判しか許さないって潮がつよくなったよね
55 : ななしのよっしん :2017/08/17(木) 16:56:18 ID: wNBCmkxmZV
アクションデュエルは最初から問題点が摘されてて(直そうと思えばいくらでもできたものを)最後まで直らなかったからでは?
それに批判も言ってる層が一部だけだし。あとのやつは面いって言って見てるんだから批判が受け入れられるはずもなく。
批判の同意が欲しいならそういうのがいっぱいるところに行けばいいだろう。
56 : ななしのよっしん :2017/08/17(木) 17:09:56 ID: f/W/HefUTF
アクションデュエル批判も受け入れられたがいるんだからぐちぐちいうなって言ってる人が割といたんだよなぁ
57 : ななしのよっしん :2017/08/17(木) 22:14:50 ID: 2qumjiF8gP
リンクマーカー駄になるとかマスタールールでもファイアウォールは必ず一個は駄になるんですけど

結論ありきの批判ばっかだから擁護も過になるんだよ
58 : ななしのよっしん :2017/08/17(木) 22:20:52 ID: pIChehtUcm
全決着付けるにはマスターデュエルって流れを作った本編が悪いよ
59 : ななしのよっしん :2017/08/19(土) 18:52:04 ID: 01repVFvwD
>>57
マスターだと使える部分がスピードデュエルだと腐るって意見に対して
マスターにもできない事を挙げるのはズレてると思うんですけど

個人的にわざわざ普通ルールを捨てて問題点を増やすのは遊戯王の悪い癖だと思うんだが
販促上は何の意味もない(むしろOCG化では足を引っった)ライディングやアクションと違って
リンク召喚リンクスを同時に販促しようとしてる今回は大人の事情を感じて同情してる
60 : ななしのよっしん :2017/08/20(日) 18:48:37 ID: 2qumjiF8gP
ただの想像だけどアニメで販促してるのはキャラクターが使うカードそのものであってマスタールールに適応したデュエルじゃないと思うよ
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829