単語記事: スプライト

編集

スプライトとは、

  1. コンピューターで、キャラクターを低いCPU負荷で滑らかに動かすグラフィック技術のこと。本稿で解説。
  2. 炭酸飲料。コカ・コーラより販売されている清飲料
  3. 西洋の妖精、子の一種。
  4. ユーザー生放送配信者の一人→スプライト生放送主

1.の概要

コンピューターゲームの2Dグラフィックで使用される。イメージとしては、アニメセル画をイメージするのが近い。

アニメセル画の場合は背景画の手前に背景画と同じサイズの透明のセルを重ね、その上にキャラクターを描写する。セル画と違う点は、スプライトの場合はより小さな透明の画像の上にオブジェクトを描写する点である。

この小さな画像がスプライトである。大きなキャラクターの場合はスプライトを複数枚並べることで表現する。これにより、例えばキャラクターの顔のスプライトのみを変更することで表情を変更したり、小物スプライトを手の位置に重ねることで手に物を持たせたり、スプライトを動かすことで簡単にアニメーションさせたりできる。

スプライトを利用することのメリットは、部分的に使い回しができるので画像に費やす容量を節約できること、そして専用のICで処理するのでCPUの負担を減らせることである。

1980年代パソコンスプライトを備えていないものが大半で、CPUで画面を直接書き直す必要があった。当時のパソコンでは画面1枚を全に書き換えるのに1秒近くかかるくらいに遅く、複数のキャラクタを書き換えるともなればどうしてもガタガタした動きになるのは避けられなかった(プログラム的工夫や割り切りで滑らかな動きを実現していたゲームも多いが)。その一方でMSXファミコンなどのゲーム専用機にはスプライトがあったため、CPUが多少非でもほかのパソコンより滑らかな動きのゲームが実現できていた。

スプライトの同時表示数限界えると、「スプライト欠け」という現が起き、スプライトが一部、時には全部表示されなくなったり、しいノイズが現れたりする。一方、いわゆる「処理落ち」といわれる画面全体がスローモーションになってしまう現は「スプライトの出過ぎのため」というと正確ではなく、「スプライトを出しすぎてそれらに示を出すCPUなどの処理が間に合わなかった」ため発生している、という方がより近い。(スプライトハードウェアがあった当時の話。現在ゲーム機などにおける処理落ちは事情がちょっと変わる、はず)

スプライト欠けを防止するために、1フレームごとに表示するスプライトを変える技法がとられたりした。1フレームごとに見える見えないが切り替わるためしくチラつき、当然見たはよくない。

初期のゲーム機では同時に表示できるスプライト数にも背景画像数にも制限があり、その中で魅的なグラフィックを作るために様々な工夫が成されていた。ゲーム機限界えた沢山のスプライトが出ているように見せかけたり、背景画像とスプライトを組み合わせて巨大な動くキャラクターを表現したり、スプライトを点滅させることで半透明のように見せるなど、制約の中から多くの表現が生まれた。

後にスプライトの機も性も向上し、拡大縮小ができたり、より表示可数が増えて手な画面が作れるようになっていったが、最終的にはCPU他の性スプライトを上回り、画面の書き換えまでCPUで処理してもお釣りが来るようになってしまった。こうして、ハードウェアとしてのスプライトは一部の携帯ゲーム機などを除き、ど見られることはなくなった。だが、ゲームプログラミングにおいて2D画面上のキャラクタを「スプライト」と呼ぶなど、その概念はまだ健在といえよう。

関連動画

関連項目

処理落ち


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88
ページ番号: 2642860 リビジョン番号: 2029922
読み:スプライト
初版作成日: 09/04/01 19:08 ◆ 最終更新日: 14/05/28 23:29
編集内容についての説明/コメント: Twitter方面で「処理落ち」はスプライトのせいじゃないよーという突っ込みを見かけたのでついでに全体的に詳しく。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スプライトについて語るスレ

5 : ななしのよっしん :2012/05/20(日) 21:38:24 ID: SZJpRSRmiU
放電現の一種(レッドスプライトとも)でもある
6 : ななしのよっしん :2012/09/20(木) 10:34:26 ID: gp/mOC7Uj2
シリーズ
>>sm13640458
7 : ななしのよっしん :2012/11/30(金) 05:07:25 ID: h5gnMywSWs
本文を書いたのは若い子なんだろうなあ。
キャラクタを1ドット単位で動かすことが出来る」という一番
大事なことが抜けてる。
8 : ななしのよっしん :2012/12/02(日) 03:29:40 ID: mgC6fSzC45
>>7
若いかどうかはわからないけど、自分もそれほど詳しくないのは確かなんで、説明足らずで申し訳ないです。
何て書けばよいか教えてもらえると幸い。

背景画でも1ドット単位で動かせると思うのですが、
細かいパーツを別々に動かすことが出来る。ということですかね?
9 : ななしのよっしん :2014/01/28(火) 18:06:42 ID: Mii45tjk7D
亀レスになるけど。
BGは基本的に1面全体まとめてしか動かせないのよ。(ライン割り込みできるハードも多いけど)
それに対してスプライトは8x8や16x16のスプライト1つ1つを別々に動かすことができる訳。
これがいと大抵の動きのあるゲームの表現がすごく大変になる(透過,キャラ別1ドット単位での移動は80年代的にはかなり負荷が大きい)。
ACT,STGなんかはスプライトがなければ発展しなかった(と思う)。
ただしライン毎の表示数制限があるからBGもうまく併用してる作品も多いけど(コナミMSX作品や関連動画シリーズなどが分かり易いか)。
あと、今のゲーム機PCスプライトの代わりにポリゴンを使って低負荷な透過&可変位置表示をしていることがあって、これも実質スプライトだ、という意見をどっかで見た
10 : ななしのよっしん :2014/05/28(水) 22:56:22 ID: UQ9FoJqeVJ
処理落ちスプライト限界ではないし
スプライト欠け=スプライトがチラつくでもないし

素人に見ても間違いだらけだぞコレ
11 : ななしのよっしん :2014/05/28(水) 23:29:59 ID: v3hn6KFvxH
で、プロから見たら最初以外全部間違いだそうで
12 : ななしのよっしん :2014/08/20(水) 07:21:26 ID: 95NeR6xHId
プロなのに口だけで書き直せないんだね
13 : ななしのよっしん :2016/02/17(水) 22:39:25 ID: SSJKebDXly
で、プロはいつ直してくださるのかしら
14 : ななしのよっしん :2016/04/14(木) 11:56:31 ID: U4K852Yn2B
わろた
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015