単語記事: スプレもんの呪い

編集

スプレもんの呪いとは、NHKの『アイデア対決・全高等専門学校ロボットコンテスト』において、大分工業高等専門学校に長らく掛けられていた呪縛である。

以下、アイデア対決・全高等専門学校ロボットコンテストを「高専ロボコン」、大分工業高等専門学校を「大分高専」と記載する。

スプレもんとは

スプレもんとは、高専ロボコン第4回大会『ホットタワー』において、大分高専製作したロボットの名称である。

「自チームの色のを一番上に積み上げたらポイント獲得」というルールを達成するために、「積み上げられたペンキを掛けて色を塗り替える(=スプレー)」という奇抜を通り越したコンセプトを持ったロボットである。ただし、実際には実機はスプレーではなく、の周囲からチョロチョロとペンキを垂れ流す構造であった。

戦績は残念ながら、アッサリと九州地区大会初戦敗退に終わっている。

スプレもんの功罪

「いかにを積むか」ということがめられた『ホットタワー』において、を積むことなど全く考えず、「一番上が自チームの色なら勝ち」というルールを達成するための色を塗り替えるという発想は、実際の大会では残念ながら、ただフィールドペンキを撒き散らしただけに終わった。 

しかし、ある意味で奇抜すぎる試みであり、またある意味直球ん中でもある試みは、後のロボコン参加者たちには驚きと笑いと要らぬ閃きを与え、NHK製作スタッフには「フィールドを汚すロボは後片付けがマズい」という番組構成上重要な経験を与えた。そしてこの『ホットタワー』以降、高専ロボコン公式ルールフィールドを汚損・破損する行為は全面的に禁止という項が追加された。

要するにスプレもんは、の色は塗り替えられなかったが、大会のルールを塗り替えたのである。

「呪い」

スプレもん伝説を残した1991年の第4回大会以降、2004年の第17回大会に至るまで大分高専が全大会に駒を進めることはかった。これは、後発の高専である沖縄高専以外では最遅の記録であり、大分高専沖縄高専が創設されるまでは「全大会に出場していない一の高専」という不名誉な称号も持っていた。(その沖縄高専も創設3年で全大会出場を決めていたりするのはここだけの話。)

また、かつては地区大会準優勝と言う好成績を残したこともあったが、その時は他校のロボットとの兼ね合いで全大会進出校に選抜されないという不運もあった。

この大分高専にまとわりついていた、に見えないの呪縛。

これを揶揄して「スプレもんの呪い」と、まことしやかに囁かれた。

呪いの完結

長らくくすぶっていた大分高専であったが、2005年大会『大運動会』にて大分高専の「高床式ぱっちん号」が大会初出場を決める。さらに、2007年大会『風林火山 ロボット戦』にて「ローリングぱっちGO!」が全大会でアイデア賞を受賞する。以降も2008年大会にて「祭だぱっちん号」、2010年大会にて「お御輿ぱっちんGO」などぱっちん号シリーズが相次いで全大会進出を果たし、大会常連校と呼んでも差し支えないほどの活躍を見せる。

そして2016年大会『ロボットニューフロンティア』の九州沖縄地区大会で、「覇」が大分高専初の地区大会優勝を果たして全大会に進出する。そして、その後に開催された大会にて準優勝を果たした。奇しくもロボットニューフロンティア』は、『ホットタワー』と同じくを積み上げる競技であった。

こうしてによって掛けられた呪いは、
15年の時をえて同じくによって打ち破られたのである。

そしてロボコン30周年、公式にて

2017年高専ロボコン30周年を迎える。30周年を記念して、高専ロボコン本大会とは別に、いくつかの特別企画が開催された。その中の一つが、『ROBOCON 30th」お祝いロボット』である。内容は、「お祝いロボットを用いて、定されたロボコン30thロゴ描いてください。」と言うものであった。(ちなみに、この『描く』というフレーズが出た時点で一部のロボコンファンはざわざわしていたとか・・・)

その後ロボコン運営事務局より、お題に対してのFAQ(よくある質問と回答)が開された。先に言っておくと、FAQの内容が以下のようにユニークな言い回しであった。

その中で、以下のようなQ&Aがあった。

Q : 文字を描くためにスプレー缶を使用して良いですか。

A : ロゴの描き方は自由です。スプレもんの呪いに注意しつつ、安全に配慮してください。

⇒「ROBOCON 30th」お祝いロボット製作 FAQ

自由です。スプレもんの呪いに注意しつつ、

自由です。スプレもんの呪いに注意しつつ、

自由です。スプレもんの呪いに注意しつつ、

自由です。スプレもんの呪いに注意しつつ、

 

 

何・・・だと・・・?

 

 

ロボコン30周年。
ついに公式スプレもんの呪いについて言及したのである。

2017年、全の有志からどんな 要らぬ閃きを用いた お祝いロボットが届くのか、期待したい。

最後に

NHKロボコン番組には、番組公式ツイッターアカウントが存在する。(上記のロボコン運営事務局とは別である。)実は2011年に、そのアカウントで「スプレもん」について言及されたことがある。

とあるTwitterユーザーの、

高専ロボコン史上の「その発想はなかったwwwランキングトップは間違いなく「スプレもん」だよね!!異論は認めないよ!!

というツイートに返信する形で、公式アカウントは以下の文章をツイートしてる。

あのロボットの出場を認めた当時の競技委員会や運営担当の事務局にも敬意を表します。

⇒nhk_robocon 20:43 - 2011年5月19日のツイート


たとえ呪いがなくなったとしても、スプレもんの残した伝説はみんなの心に今も明るく色付いている

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%82%E3%82%93%E3%81%AE%E5%91%AA%E3%81%84
ページ番号: 4205433 リビジョン番号: 2511316
読み:スプレモンノノロイ
初版作成日: 09/11/13 02:46 ◆ 最終更新日: 17/07/30 18:57
編集内容についての説明/コメント: 微追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スプレもんの呪いについて語るスレ

6 : ななしのよっしん :2014/12/12(金) 22:07:39 ID: sjr6jL6H/P
一発勝負でルールとしてOKなのかグレー振り切ってそうなやつをぶつける精
嫌いじゃないぞ! でも競技フィールドが汚れるのはやばいなw
7 : ななしのよっしん :2015/03/30(月) 23:35:50 ID: Mtx5ckeW14
>後のロボコン参加者たちには驚きと笑いと要らぬ閃きを与え、NHK製作スタッフには「フィールドを汚すロボは後片付けがマズい」という番組構成上重要な経験を与えた。
出して笑った
8 : ななしのよっしん :2015/06/16(火) 16:19:47 ID: jc8+yPJQ3S
Splatoon!
9 : ななしのよっしん :2015/06/17(水) 12:26:51 ID: Z8E6NvMacD
>>8
確かにwww
的も同じだな。
20年以上前から大分高専は時代先取ってたのか。
10 : ななしのよっしん :2015/11/17(火) 09:13:27 ID: nPGw9rhrEA
高専ロボコン最強アイテムであるマクソンモーターを使っても15年間も解けなかったんだよね、この呪い。
11 : ななしのよっしん :2016/10/09(日) 19:01:51 ID: V/JS4LrS5W
大分高専初の地区優勝おめでとうございます!!
12 : ななしのよっしん :2016/11/20(日) 19:25:51 ID: ylgmoQM+h+
更新。塗り替えは大分のあれだったのね
13 : ななしのよっしん :2016/11/22(火) 19:53:15 ID: F+dlODR3mo
制覇まであと一歩のところで・・・
決勝1試合調子よかったのに
14 : ななしのよっしん :2017/01/25(水) 20:18:37 ID: 8ys5rWSGhi
あのペンロボットは強に印的だった。
当時ロボコン大会のテレビ放送のなかで、地方大会ダイジェストとして紹介されてたのを見ただけだが、はっきり覚えてる。
15 : ななしのよっしん :2017/10/01(日) 22:05:31 ID: tcVP4+JySr
ゴルディアスの結び
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829