単語記事: スマイルプリキュア!

編集

スマイルプリキュア!』とは、東映アニメーション制作プリキュアシリーズ第9作となるアニメーション作品クル~!。
テーマ笑顔スマイル)』!

概要クル~!

2012年2月5日(日)から2013年1月27日(日)まで、朝日放送他で放送された。全48話。プリキュアシリーズとしては9作、歴代プリキュアとしては7代プリキュアとなる。

プリキュアが5人で構成されているのは『Yes!プリキュア5』(以下プリキュア5)以来5年ぶりとなっている。編成メンバーは同じ学校に通う中学2年生5人(他校や他学年、高校生小学生メンバーがいない)で、最終回まで本編における追加メンバーや幹部の追加が存在せず、『フレッシュプリキュア!』で確立した構成に沿わないプリキュアとなった。他のシリーズべても変身後の髪型全員大きく変わる(歴代初の"髪型がトリプルテールのプリキュア"も登場)。
全体的に旧作へのオマージュコメディ要素が強く、シリーズ全体の流れよりも1話ごとの構成にを注いだ姿勢からプリキュアシリーズの中でも異端の作品となっている。

青木れいか/キュアビューティを演じる西村ちなみ2007年開された『映画 Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!』において登場した少女ダークドリームを演じていた。このキャスティングに感慨深いものを覚えているファンも少なからずいるようだ。

今作のシリーズディレクターを務めるのは大塚隆史。彼は今までのプリキュアシリーズにおいて何度も高いレベルの演出を手がけており、その手腕はプリキュアファンの間でも高く評価されている。またプリキュアオールスターズDX監督を3作にわたってつとめるなど、プリキュアシリーズと縁の深い人物である。シリーズ構成には『ハートキャッチプリキュア!』より参加、平成ライダーでは『仮面ライダーカブト』でメインライターを手がけた米村正二が担当となった。
また本作は『フレッシュ』からのプロデューサーを務めた梅澤稔がプロデュースする最後の作品となり、次回作『ドキドキ!プリキュア』からスタッフは一新された。

ストーリーでござる!

宇宙のどこか・・・おとぎ話の登場人物が暮らす「メルヘンランド」がありました。
その中にある、おとぎ話悪役ばかりが集まった「バッドエンド王国」の悪役たちが、

人々に「最悪の結末」を見せ、そこから生まれるバッドエナジーを集めるため地球にやってきた!
このままでは、地球だけでなく、すべての世界が「最悪の結末」になってしまう・・・
それを防ぐには、『5人の伝説
戦士プリキュアを探し、
バッドエンド王国」に奪われた『メルヘンランド女王幸せ「キュアデコル」』を取り戻さなくてはならない。
一刻もプリキュアを探すため「5つのを追いかけて地球に向かった妖精
キャンディ」が最初に出会ったのは、転校初日なのに遅刻ギリギリで大慌ての中学生みゆき」だった・・・

\ 2012年プリキュアは /

みんなの「明るい未来」と「幸せ」のために
笑顔スマイル)」いっぱいで一生懸命頑ります!!


朝日放送スマイルプリキュア!HPより引用

登場人物クル~!

スタッフでござる!

主題歌クル~!

オープニングテーマLet's go! スマイルプリキュア!
作詞:六ツ見純代/作曲高取ヒデアキ編曲:籠/歌:池田彩

前期エンディングテーマイェイ!イェイ!イェイ!
作詞実ノ里作曲高取ヒデアキ編曲斎藤弥/歌:吉田仁美

後期エンディングテーマ満開*スマイル!
 作詞:六ツ見純代/作曲高取ヒデアキ編曲:籠/歌:吉田仁美  

ゲーム化でござる!

2012年8月2日ニンテンドー3DSから「スマイルプリキュア! レッツゴー!メルヘンワールド」が発売。プリキュアシリーズ初の3DSソフト
任天堂ゲーム機での発売が定番となったプリキュアシリーズであるが、本作のテーマは「絵本」。バッドエナジーで結末が変わってしまった絵本の世界に入り込み、ミニゲームクリアすることで元に戻していくというストーリー
話は「白雪姫」「赤ずきん」「シンデレラ」「ピーターパン」「アラジン魔法ランプ」「ウサギとカメ」「ヘンゼルとグレーテル」「の恩返し」の全8つで、クリア後は各キャラクターボイス付きで絵本を朗読してくれる他、絵本の主人公衣装着替えてのファッションショーや、3DSカメラを使いプリキュア達と写真撮影が可

なお、前作『スイートプリキュア♪』 までの歴代プリキュアゲスト登場は同作にはなかった。ポップゲーム中では名前のみだが、誕生日画面で変身前のプリキュア5人とキャンディと共に登場している。

2012年2月2日から2013年2月6日までの「データカードダス プリキュアオールスターズ」ではスマイルの5人に加え、キャンディがお出かけキャラ、そしてポップがお助けキャラとして登場(スマイル04から)。また、スマイル04からプリンセスフォームへの変身スマイル05と06ではウルトラキュアハッピーへの変身が展開されたが、現在は見られない。

小ネタ・話題クル~!

関連動画でござる!

関連商品クル~!

おもちゃ

CD

BD・DVD

ゲーム

フィギュア

書籍類

関連コミュニティでござる!

関連項目

プリキュアシリーズ

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%82%A2%21
ページ番号: 4773290 リビジョン番号: 2442040
読み:スマイルプリキュア
初版作成日: 11/11/28 21:15 ◆ 最終更新日: 16/12/26 09:52
編集内容についての説明/コメント: キラプリ追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


スマイル!

スマイルプリキュア 未来日記 12th 

きいろ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

Let's go!...

スマイルプリキュア!について語るスレ

7830 : ななしのよっしん :2017/08/26(土) 11:46:29 ID: sIgV2+Gw+O
>>7828
それだとフレッシュやスイートと同じラストになるじゃないか
7831 : ななしのよっしん :2017/08/26(土) 14:20:03 ID: aYijzjIoXU
いや「みんな笑顔ウルトラハッピー」なんだから何の問題もないやん。

ウルフルン達が迫されてた問題を解消もせずに終わらせるよりはるかにまともだと思うけど
7832 : ななしのよっしん :2017/08/27(日) 14:20:48 ID: hITa7mBxOe
基本コミカルで明るい展開が多かったところに終盤は怒濤のシリアス展開だったから賛否両論はやむなしかな?
最後の個人回辺りでバッドエンドプリキュアも一緒に出して最終決戦前(年末)に一回ギャグ回挟んでも良かったかも
7833 : ななしのよっしん :2017/08/27(日) 19:56:11 ID: Aeh8uniSti
個人的にはスマイルにおける鬱展開シリアス展開が強過ぎて(普段ギャグい分のギャップ・落差が凄いんだと
自分は分析してるけど)以降の作品における鬱展開シリアス展開がそう感じられなくなってしまった。
次回作ドキドキは制作に携わった山口亮太氏をしてスマイル反面教師にした作りをしてると発言してるんで
スマイルの最終決戦は皆泣きながら戦ってる様に見えたからこっちは最後まで希望を捨てずに戦い抜かせる
よ~みたいな意味合いの)まだわかるんだけど。
7834 : ななしのよっしん :2017/08/27(日) 19:58:50 ID: Aeh8uniSti
>>7833追記だけど…
確かに「これ結構重いんじゃないの?」って思う様な要素は後の作品にもちらほらある。
でもスマイルで感じたゾクゾク感は余りしないんだよね。だから自分にとってスマイル
ギャグアニメの皮を被った鬱アニメだと思ってる。
7835 : ななしのよっしん :2017/09/01(金) 09:03:16 ID: oEmadxKZ+i
>>7830
いや、むしろそれで良くないか?
別にフレプリとかに限らず、今まで戦ってきた敵が、終盤心して主人公達と一緒にラスボスと戦うのは、アニメお約束の1つだし、ぶっちゃけ当時のファンは内心それを望んでた人多いと思うけどなぁ・・・。
オールスターズDX3パクリ」と批判されるくらいなら、そっちの方がいいし、なにより最終決戦ウルフルン達の出番があれだけなのはショックだった。

>>7832
バッドエンドプリキュアは、最後の個人回で出すのもいいかもしれないけど、44話以外は特に不満なかったし(44話も単品なら不満ないけど、アレのせいで劇場版がパラレル扱いになったのが不満)、ああいうのは、1、2話でサッと出して終わった方がいいかも。

個人的には、3132話の前後編で、怠け玉の代わりにバッドエンドプリキュア出して欲しかった。
キャラとしては非常に魅的なキャラなので、残念。
7836 : ななしのよっしん :2017/09/23(土) 15:46:20 ID: FWjAew7gSo
小説版のスマプリを読むと完結感が凄まじいのでおすすめ
7837 : ななしのよっしん :2017/10/10(火) 16:44:33 ID: iF8q4LQOXa
ギャグシリアス展開の差がしすぎたのも原因かね
散々憎めない悪役に書いてたウルフルン達も回によっては
ガチキャラが変わってるように見える展開があったりとかしたし
マジョリーナがなおの家族ガチで殺そうとしてた回とか
違和感の方が大きかったし
7838 : ななしのよっしん :2017/10/10(火) 21:32:29 ID: aYijzjIoXU
怠惰アカン!」っていう作中の大塚SDの描く「5人いつでも一緒に(物理的に)」路線が致命的に合わんかったと思う
7839 : ななしのよっしん :2017/10/17(火) 01:47:13 ID: tjN+3mUUx8
小説版も相変わらずシリアスな部分はとことんシリアスですね
スイカ振りすぎじゃね
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829