単語記事: スレイヤーズ

編集

黄昏よりもきもの、血の流れよりきもの・・・

スレイヤーズ』とは、1989年から刊行された神坂一による日本ライトノベル

イラストはあらいずみるい。富士見ファンタジア文庫より刊行されている。

概要

主人公のリナ=インバースは、10代半ばの少女ながら「盗賊殺し」「ドラゴンもまたいでとおる(ドラまた)」等数々の異名・悪名をかす(自称)美少女天才魔道士

世界を見て来いと言われて故郷を立ち、各地を巡るリナは、中「のナーガ」を始めとする個性的な面々と出会いながら、不条理ギャグの横行する世界していく。(すぺしゃる)
の凄腕士ガウリイ=ガブリエフと出会った頃から、魔王シャブラニグドゥの復活や魔族達の陰謀によって様々な事件に巻き込まれていく。(本編

本作は、そんなリナの行く先々で起きる出来事をった物語である。

ライトノベルにおいて、長編シリーズと短編シリーズを並行して発表する形式を確立し、多数のメディアミックス展開が行われるようになった、後のラノベの手法を確立した偉大な作品である。

小説本編は15巻で完結し、短編も2011年の連載でドラゴンマガジンでの連載を終了して休止している。また、原作小説のほかTVアニメシリーズOVAシリーズ劇場版アニメドラマCD漫画などメディアミックスが盛んである。
2016年にはソーシャルゲームグランブルーファンタジー」とのコラボレーションスレイヤーズまぐな」を展開するなど、今なお人気は衰えていない。

2010年10月よりテレビ東京あにてれちゃんねるにて無印NEXT・TRYの3作の公式配信が開始された(2話以降は有料)。

また、原作本編シリーズニコニコ静画内の電子書籍コンテンツとして配信中。

小説シリーズ(原作)

登場人物

アニメシリーズ

アニメでは初期三作はテレビ東京系列の夕方の時間帯に放送された。林原めぐみがリナ=インバース役、松本保典がガウリイ=ガブリエフ役を行っており、そのキャラクターがぴったりはまり、レイアースエヴァンゲリオンなどのアニメブームの中でも高視聴率をキープしていた。

アニメ版と原作には設定や描写に異なる部分が存在するが、アニメ化作品としては原作との親和性や評価も較的高い。また題歌も林原めぐみ奥井雅美が担当し、特に林原の楽曲はオリコンチャートベスト10入りするなど、放映当時としては偉業を遂げている。

初期3作(スレイヤーズNEXT、TRY)のTVシリーズ放映時に渡部高志監督)、宮田奈保美(キャラクターデザイン)らの属する南蛮亭は、放映と並行してWebサイトからアニメ制作にまつわる各種情報を発信しており、その中で明かされた話に「原作神坂一からTVアニメ化に際して制作者が知っておくべき裏設定原作本編完結前の当時未表のものや意図的に表に出していないもの)を伝えられている」というものと、一部開されたその設定内容(魔族や魔法の仕組みなどの世界観、登場人物の行動動機に関わるエピソードなど)があった。

これらがスレイヤーズの作品をより深く知る上で原作アニメの両方のファンにとって重な情報であったことと、それに基づいて作られたアニメの信頼性を上げる結果になっていたことも関係していたと思われる。

2008年におよそ10年ぶりのTVアニメ版となる「スレイヤーズREVOLUTION」が以前と同じ配役メンバーで放映された。

TVアニメシリーズ
OVAシリーズ
劇場版アニメ

関連動画

アニメ配信

関連生放送

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%82%BA
ページ番号: 145343 リビジョン番号: 2435146
読み:スレイヤーズ
初版作成日: 08/05/25 00:27 ◆ 最終更新日: 16/12/06 21:30
編集内容についての説明/コメント: ガウリイでなくガウリィとなっていた箇所について編集
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


りな

なーが

悪人に人権はないッ!

赤法師 レゾ

ガウリィ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

Give a re...
Give a re...

スレイヤーズについて語るスレ

445 : ななしのよっしん :2017/01/26(木) 23:56:54 ID: BC8Vbk/OPQ
>>444
thx.
いくら思い出補正あるっていっても、
ピークから十数年過ぎた作品のヒロインが、
現役バリバリ美少女ヒロインたちをなぎ倒して一位取るのはやっぱ貫だな。
それとも現役組は票がばらけたのかしら

例えるならジャンプヒロイン人気投票をして
アラレちゃん一位を取るような感じだろ。ちょっと途方もない
446 : ななしのよっしん :2017/01/28(土) 00:35:02 ID: /uxekz0NuT
>>445
ばらけたのは多少あるだろうな
大好きな作品あるから悪く言いたくないが、富士見って今ちょっと看が弱い時期だし

まあ、それでもやっぱリナの圧倒的な人気あってのものだろうが
あんだけインパクトのあるヒロインって他にいないんじゃねえかなぁ。それこそラノベ全体の中でも
447 : ななしのよっしん :2017/01/28(土) 01:45:47 ID: kEEXQLeoIH
まあラノベの始祖みたいなもんだしなスレイヤーズ
後はメディアミックスのおかげでスレイヤーズ(リナ)を何かしらの媒体で知れる機会が多いしね
448 : ななしのよっしん :2017/01/28(土) 21:28:45 ID: TRyIc+nRhx
>>447
当の富士見ですら、その後ちょっとしたスレイヤーズヒロインバブル状態になってたからな。ただその大部分は「圧倒的の持ちで傍若人」という間違ったリナ像のもとに作られた作品だったが…。
449 : ななしのよっしん :2017/01/31(火) 20:52:39 ID: yc4Z6mpL2Z
スレイヤーズヒロインって実際どういうのがそれに当たるの?
シャナとか?は違うよね。
何か気弱な少年主人公の窮地に性格キツめのヒロイン颯爽と助けに現れて…みたいな邂逅からストーリー始まるような話がある時期から異様に増えたなとは思ってたがスレイヤーズはそれとは明らかに違うし本当にスレイヤーズヒロインって言われてもピンとこないんだけどですかね?
漫画だとガンスミス・キャッツのアイリーンとかが近い気はするけど
450 : ななしのよっしん :2017/01/31(火) 21:01:31 ID: AkaNMpz78K
ヤマモトヨーコとかエンジェルリンクスみたいにカリスマ強者の女主人公というテンプレを踏襲した作品はあったな
それぞれ独自の方向性と持ち味があるからリナ像々という話でもないが
451 : ななしのよっしん :2017/02/01(水) 15:02:53 ID: yc4Z6mpL2Z
あぁ…。どっちも名前は知ってるんだけど確かに方向性違うっぽいね。
そもそもリナがヒロインしてたのってNEXTのラスぐらいでしかもあれアニオリ展開だし基本武俠ものっていうか女傑系だからヒロインって言葉がまずそぐわないんだよね。原作明らかに典的なヒロイン像をおちょくるような描写で溢れてるし
452 : ななしのよっしん :2017/02/15(水) 02:23:55 ID: m2jcIr0doD
スレイヤーズヒロインが何をすのかは不明だが、
ヒーロー/ヒロイン男性/女性主人公というのが本来の意味だから(論他の使い方もするが)、
女性主人公という意味では立ヒロインかと
453 : ななしのよっしん :2017/02/20(月) 08:32:06 ID: yc4Z6mpL2Z
確かに女性主人公ではあるね。その富士見ファンタジア文庫ヒロイン総選挙ってのも女性主人公限定だったの?
454 : ななしのよっしん :2017/02/21(火) 21:28:29 ID: /uxekz0NuT
いや、富士見の女性キャラなら何でもありって感じ
名前は投票者が自由に書けるから、結構マイナーキャラにも投票したわ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015