単語記事: スーパーペーパーマリオ

編集  

スーパーペーパーマリオとは、インテリジェントシステムズ開発、任天堂販売Wiiアクションアドベンチャーゲームである。

概要

ペーパーマリオRPGゲームキューブ)の続編に当たるが、ゲームスタイルターン制RPGからアクションアドベンチャーに変更された。開発は前作、前々作(N64マリオストーリー)と同様インテリジェントシステムズが担当。

もともとはゲームキューブの「最後の弾」として開発されていたが、土壇場で発売が延期、その後Wiiにプラットフォームを変更することが発表され、「最後の弾」としてではなく、任天堂悲願の庭用テレビゲーム市場トップシェア奪還のための足がかりとしての役割を果たすことになった。この変更は急なものであったらしく、一部のミニゲームを除いた基本的なマリオの操作は、ゲームキューブコントローラでも十分対応することが可なものである。

作風

ストーリー路線」を受け継ぐだけあり、スーパーマリオギャラクシーなどの純な「アクション路線」のマリオとは一線を画した重いストーリーが特徴。敵であってもただ悪さをしたいというわけではなく、「ガンダムシリーズ」における敵役のようにそれぞれ独自の行動哲学を持ち、キャラクターたちに深みを与えている。また、とあるステージの住民のSOSに応じて敵を倒すものの、その敵が迷惑をかける原因はその住民のほうにあったり、とあるキャラクターは自らの正体を知ってしまったがために悲しい運命をたどることになるなど、これまでストーリー路線のマリオをやってきたことがなかったファンにとっては衝撃の展開が待っていることが多かった。

ストーリー重視であるためアクションが入っていないのでは」と思うかもしれないがそうでもなく、このゲーム独自の要素として「次元ワザ」がある。このゲームは一見横スクロールアクションに見えるが、次元ワザを使うことでステージ90°回転し、縦に行きのあるステージに変貌するのである。こうすることで、高過ぎてとどかないように見えるドカンの横をすり抜けられたり、ステージや手前に隠れていたを見つけられるなど、横スクロールアクションをやった人ならでも思い浮かぶであろう「ステージはどうなっているんだろう」という疑問を逆手に取った、新たな遊びを提案している。

次元ワザ説明

キャラクター

プレイヤーキャラクター

マリオ
ペーパーマリオ
最初から使用可次元ワザを使用できる。
ピーチピーチ姫
ペーパーピーチ
冒頭でノワール伯爵(以下ノワール)にさらわれるが、自で脱出しようとして追いつめられたところを何者かの魔法ハザマタウンに送られマリオに加わる。パラソルを使うことでジャンプ時間を延ばしたり防御することが可歩くとコツコツとハイヒールの音がする。
クッパ
ペーパークッパ(完成)
普段の行いの悪さから冒頭でピーチ誘拐の犯人として誤解される。その後ノワールに部下を持っていかれ、部下を救うために不本意ながらマリオに協する。巨体のため攻撃が高く、火炎放射を使うことである程度離れて攻撃できる。
ルイージ
緑のヒゲ   (ペーパールイージ)
冒頭でノワールによるピーチクッパの強奪に巻き込まれ、その後の遇も踏んだり蹴ったりである。仲間としては移動と攻撃に使える「スーパージャンプ」を使えるものの、スマブラのときと同様移動時に滑りやすい。
 アンナ
マリオと行動を共にするフェアリン(人工的に作られた「生きた具」)。とある女性の魂を移植して作られたが、どうもその女性ノワール過去に何かあったようだ。ストーリーが進むにつれて彼女とノワールとの関係が明らかになって行く。

フェアリン(従来のシリーズでいう仲間)

トるナゲール
コダーイ村の地下でマリオと出会う。
は名前の通り物を掴んで投げる、遠くにある鍵やコインなどのアイテムを入手する、遠くにあるスイッチを押す、ミスターLキノコカンを盗むなど。
ボムドッカん
ワイランドマリオと出会う。
爆弾変身する。因みに、この爆弾はトるナゲールで掴める。ピンキー、バレルのとほぼ同じ。
キえマース
サンデールの館でマリオと出会う。
ペパマリに登場したペーパーモード上位互換で、ジッとしてれば名前の通りの効果を発揮する。
ヘびードン
ドットドットで出会う。
マリオ達にヒップドロップさせる。
ノッテこー
カメレゴンに捕らえられてたがマリオ達に救出されて仲間になる。
トゲの上でも渡れる、トゲのある敵や炎の敵でも踏めるなど。マリオストーリーポコピーとほぼ同じ。
メクるルン
わくせいプラネーンのトイレにいたフェアリンマリオティッシュをもらって仲間になる。
は名前の通り怪しい場所を回転させてめくる。その性質上、敵のを回して動きを一時的にとめることもできる。アイクンを倒せる一のフェアリン。役割的には前作のクラウダに近い。
ハまハンマ
トントンバレー仲間になる。
は名前の通り、お染みのハンマーマリオ達に持たせること。
ミニ
ハナーンのどうくつで仲間になる。
は、名前の通りマリオ達をマメマリオにすること。敵に気づかれにくくなるというメリットもあるので、100部屋ダンジョンでは重宝する。弱点は変身時のスキが大きい。
バーリやー
アンナ救出後、再度カクカク平原に行くと仲間になる。
は、ペーパーマリオRPGスーパーガードのようなポーズを取りながら敵を返り討ちにする。
ダダっシュ
100部屋ダンジョンの最後の部屋で仲間になる。
は、名前の通り。ペーパーマリオRPGチビヨッシーに近い
ぴッキョローン
おつかいイベントクリアした後、ウラハザマタウンのある部屋に行くと仲間になる。
は、ノロイノロイ系にかけられた呪いを解く、特定ブロックを壊すなど。

ザ・伯爵ズ(今作の敵組織)

ノワール伯爵
伯爵+α
のヨゲン書」に従い、ピーチクッパ理やり婚姻させることで「コントンのラブパワー」を発生させ、世界の滅亡をたくらむ魔術師
ドドンタス
ドドンタス
ノワールの部下。その巨体を生かした格闘攻撃が得意だが、頭プレイは苦手らしい。かつては某将軍だったが、絶体絶命の窮地をノワールに救われそれ以降忠を尽くすようになる。
マネーラ
マネーラ
ノワールの部下。装や姿を自在に変えることができる。彼女の出自に関してはが多く、一説には万フェアリンの失敗作とも言われているが真実は不明。
ディメーン
じゃあ さっさと 死んでくれるかい?
ノワールの部下。ピエロのような装で没。なぜかルイージに関心があるようだが・・・? 元々は彼の方からノワールに近づいてきたらしく、ノワールは当初彼を疑っていたが、のヨゲン書に彼についての記述が描いてあったために仲間に引き入れられたらしい。しかし彼がノワールに会う前の出自はマネーラと同様が多い。
ナスタシア
ノワールの部下。マリオたちと直接戦うことはないが、催眠術を使い、クッパ軍団を伯爵ズの手先として、そしてとある人物を自営の幹部として洗脳する。実は彼女は元々人間ではなくコウモリであったが、ひょんな事から飛べなくなり、命の危険にさらされていたところをノワールに救われ、以後彼の秘書的存在として付き従うようになる。

その他

デアール
ハザマタウンに住む魔術師のヨゲン書に対抗するためののヨゲン書を持ち、またある女性の魂を使いアンナを作った人物でもある。劇中ではマリオ達へのアドバイスを行う。
サンデー
ステージ2に存在する屋敷のマネーラに屋敷を乗っ取られ、とある男子禁制の場所に隠れていた。
カメレゴン
キモオタ☆カメレゴン
ステージ3-4の。一言で言えば「キモヲタ」。かわいいものが大好きでアンナ拉致監禁し写真を取り捲っていた。
タマ
ステージ4に登場する宇宙人子供マリオがつかまることでビームを発射できる。はじめ彼は正体を隠していたが、彼の正体は・・・。
ロック
ステージ5-1に生息する岩の顔をした種族。ごみは「自然に帰すため」にに捨てているため、集落のは汚れている。
ラブエル
ステージ7に登場する、アンダーランド女王ジャーデススカイランドの王グランエルとの間の子供。実は彼女の出生には重大な秘密が隠されており、それにより彼女はマリオシリーズキャラクターの中でも悲しい運命をたどることになる。

関連動画

普通のプレイ動画

縛りプレイ動画

実況プレイ動画(全てpart1リンク)

※一部のみを掲載させていただきました。他のスペマリ実況プレイ動画こちらからどうぞ。

フルボイス

関連商品

関連項目


マリオシリーズRPG
スーパーマリオRPG スーパーマリオRPG
ペーパーマリオシリーズ マリオストーリー - ペーパーマリオRPG - スーパーペーパーマリオ - ペーパーマリオ スーパーシール - ペーパーマリオ カラースプラッシュ
マリオ&ルイージRPG 1 - 2 - 3 - 4 - ペーパーマリオMIX

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%AA
ページ番号: 788069 リビジョン番号: 2359404
読み:スーパーペーパーマリオ
初版作成日: 08/12/21 23:17 ◆ 最終更新日: 16/05/08 02:01
編集内容についての説明/コメント: ポコピーにリンク追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ナスタシア

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ラインラインランド

スーパーペーパーマリオについて語るスレ

240 : ななしのよっしん :2017/02/11(土) 02:51:24 ID: og0zOsUsu4
思い出深いゲームだけど雰囲気が暗すぎたような気もする
そこが好きな人もいるだろうけど
仲間フェアリーの入れ替えが個人的にめんどくさかった
241 : ななしのよっしん :2017/02/19(日) 18:42:47 ID: PcXMcGviJL
どっちかというとペーパーマリオを使ったアクションゲームかと思ってたら
思いのほかストーリー描写に尺を使って面食らった
CMとかだとより本家マリオに近くなったような感じに見えたのに
明らかストーリー描写がそれと逆だったし
もう少しマリオを中心に置いたストーリーならまだ入りやすかった
242 : ななしのよっしん :2017/03/16(木) 18:35:15 ID: x/QpSB26ga
ペーパーマリオアクション寄りに行っちゃうのかぁ…とか残念に思ってたから
むしろ対年齢高な路線を強く押し出してくれたのがうれしかったわ

そして長い年を経て繰り出される続編
243 : ななしのよっしん :2017/03/29(水) 14:18:38 ID: WbV3CaJYJN
ラスボス戦で全で泣かせにくるって点で大神系な感じのゲームだと思う
次元技筆調べって独特なギミックがあるのも共通
244 : ななしのよっしん :2017/03/29(水) 19:11:59 ID: tcL1VfjmrE
>>242
最後の一文に遠回しな嫌味入れないと死ぬ人種かな?
245 : ななしのよっしん :2017/07/11(火) 23:24:52 ID: C3EyKWF/cq
個人的にはマリオシリーズどころか今までやったゲーム作品の中でもトップに入るくらいの名作だと思ってる
まぁプレイしたのが子供のころだから想い出補正も入ってそうだけど
的なキャラと引き込まれるストーリは今でも忘れてない
246 : ななしのよっしん :2017/08/20(日) 00:14:39 ID: h+8Z29Drtd
>>244
遠回しな嫌味
247 : ななしのよっしん :2017/10/14(土) 16:06:01 ID: QDuN6NHRFY
>>何のひねりもない嫌味
248 : ななしのよっしん :2017/10/15(日) 21:13:31 ID: ljjJI877E5
シェー
249 : ななしのよっしん :2017/10/23(月) 21:58:31 ID: nSjqJwCSq5
POWブロック塊までも料理できてしまうドロシーの腕はおかしい
キャシーナンシーも失敗するシロモノなのに
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829