単語記事: スーパーボンバーマン

編集

スーパーボンバーマンとは、1993年4月28日ハドソンから発売されたスーパーファミコンゲームである。

概要

スーパーファミコンで発売されたスーパーボンバーマンシリーズの第一作
ハードの性を活かした立体感のあるグラフィック、そして後の作品にはい独特なシステムが特徴。
すっかりシリーズでお染みとなった貫通ボムパワーラブが初登場した作品であり、今まで敵として登場していたボンと初めて共闘した作品でもある。

以降、スーパーボンバーマンシリーズ1997年の『5』まで毎年発売された。また、2017年3月3日ににNintendo Switch向けにシリーズ最新作『スーパーボンバーマン R』がロンタイトルとしてコナミから発売予定である。

ストーリー

今作の舞台はボンバーマン達が暮らす平和な町「ピースタウン」。
ダイヤモンドシティの権者であるカラットダイヤモンドはピースタウン侵略するために相棒科学Dr.ムックメカボンバーを開発させ、手始めにボンの居であるブラックボンバーマンを襲撃。
ボンはカラット達に立ち向かうものの、メカボンバーの圧倒的な戦闘の前に敗北し居を奪われてしまう。
そして、かつての敵であったボンの元に命からがら逃げ込んだボンはカラット達がピースタウン侵略論んでいることを打ち明ける。
かくして、カラットDr.ムックの野望を阻止するため、敵同士だったボンボンの共闘が始まるのであった。

ノーマルゲーム

基本システム

ワールド1

最初のワールドだけあった難易度は控えめ。
爆弾そっくりの姿をしたバクダは爆(火力3)を起こしてアイテムを焼いたりゴールから敵を湧かせたりと厄介なのでめに倒すこと。
またパックマンのようなパクパはこちらが設置した爆弾を食べて消してしまう上に耐久が高いので注意。

ボスは巨大なハンマーを持った大メカのビガロン
ハンマーを地面に振り下ろした時に発生する岩石にもダメージ判定があるので気を付けること。

ワールド2

ソフトブロックを素通りする上にスピードの速いキンカルが厄介
さらにワールド1にも出てきたバクダの強化版であるバクダレッドが登場。こちらは爆ソフトブロックを貫通するのでさらに厄介になっている。

ボスは巨大な顔面ピエロのピエルマスク。
非常に濃い顔をしているためか、今作のパッケージにも大きく描かれている。
基本的にゆっくりと動いているだけなのだが、こちらがダメージを与えると8方向に弾を発射する。

ワールド3

地面を潜ってワープするモグチャンボンバーマンと同じ列に並ぶと高速で突っ込んでくるクワゲンに注意。
また、このワールドにしか出現しないカメレオメンはボンボン変身してくるなど面い敵である。

ボスDr.ムックが搭乗するクレーンハンド
画面上部を横方向に移動しながらクレーンアームを伸ばして攻撃してくる。
また、設置されたボムを弾き飛ばすミサイルザコを出してくる。

ワールド4

今までのワールドで出てきたザコ敵の強化版が多く出現する。
耐久が上がったメタルクワゲン、スピード耐久が非常に高いメタルプロペン、そして今までにも登場してきたバクダレッドに注意。

ボスワールド1に出てきたビガロンに似たフォルムをしたメカオニタ。
を当てただけではダメージを与えることはできず、爆で吹き飛ばして電流の流れたに押し付けることでダメージを与えることができる。

ワールド5

メカボンバー軍団との連戦になる。
他のワールド仕様が異なり、ステージクリアしてもクリア描写が出ないですぐに次の敵との戦いが始まる。
ソフトブロックいが、一定時間ごとにランダムアイテムが出現するようになっている。
減った制限時間は回復せずにそのままであり、ステージ開始時の無敵時間も最初の5-1だけ。
そのため、他のワールド以上に慎重な立ち回りと制限時間を回復させるタイマーの確保が重要となる。

また、敵であるメカボンバー達は今まで出てきた敵のように決まった動きしかしないのではなく、バトルゲームCPUのような戦い方をしてくる。
さらに接触してもミスにならず、アイテムを入手してパワーアップもしてくるため、彼等との戦いはノーマルゲームよりもバトルゲームに近い感覚である。
メカボンバーにも無敵時間が存在する。

ボスボンを倒して居を奪い取ったメカボンバーイエロー
後のシリーズに登場するボンバー五人衆やボンバー四天王のように特殊なボムは使ってこないものの基本性が非常に高い。

ワールド6

最後のワールドであり難易度も相応に高い。
騎士の姿をした敵であるヨロイズはで正面からの爆を防いでくるうえにボス並みの耐久を持つというなかなか面倒な相手。
また、ロボットロボコムは耐久が3もあるうえに常にボンバーマンを追いかけてくる厄介な敵である。

ボスはカラットDr.ムックが搭乗するスパイダル&ウイテルV。
スパイダル蜘蛛の巨大ロボットで、かさかさと動いて火力最大の爆弾をばら撒いて攻撃してくる。
ときどき弱点のが出てくるのでそれを狙って爆を当てていく。
スパイダルを倒すとラスボスのウイテルVが出現。
ゆっくりと動き回りながらドクロなどのアイテムをばら撒いてくる。
は通用せずパワーラブで直接爆弾をぶつけないと倒せないため、ここまでたどり着くまでにミスをしてパワーラブを失っているとウイテルVが出してくれるまで逃げ回る羽になる。

バトルゲーム

全12種類のステージが用意されており、CPUの強さを10段階に調節できる。

フツウガステキ

何の仕掛けもないシンプルステージ

ウシロノショウメン

全員の初期配置がステージ中央付近に固まっており、開始直後に決着が着くこともザラ。
短期決戦を挑むか、周囲のソフトブロックを破壊してアイテムを入手してからじっくり勝負するかはプレイヤー次第。

コロコロバクダン

から爆弾が降ってくるステージ
落下してくる爆弾自体は火力最低なのでそれほど危険ではない。

ボヨヨンジャンプ

ステージ上にいくつかトランポリンが設置されており、乗ると高くジャンプする。
着地する場所はランダムなので、爆弾に囲まれた場所に落下してしまうということも。

ベルトコンベア

ボンバーマン爆弾を流すベルトコンベアが配置されている。

ドカンデボカン

ボンバーマン爆弾が隠れることができる土管が配置されている。

モッテケアイテム

ボンバーマン達の初期配置がウシノシウメンと同じであり、ステージの外周にたくさんアイテムが配置されている。
いかにく外側へと抜け出してアイテムを多く確保するかが勝敗の分かれとなる。

ゾンビフラワー

ソフトブロックステージ上に次々と生成されていくステージ
さらに画面上部から戦車がやって来て設置された爆弾を持って行ってしまう。
ここではリモコンが出現するため、ある意味ステージギミックよりもリモコンを確保することの方が重要になる。

ポッカリライト

ステージ全体が暗闇のステージで、二つのスポットライトを頼りに戦うことになる。
ボンはボディカラーのためか他の面子よりも姿が見えにくい。
CPU有利なステージ

ギンギンパワー

特別なギミックく、ソフトブロックも存在しない。
その代わり、全てのボンバーマンが最初から爆弾火力スピード最大、ボムキックパワーラブを装備した状態で戦いが始まる。
手な戦いがしたい人にお勧めのステージ

ゲツメンワープ

ステージ上にワープホールが5つ設置されたステージ
ワープ先はランダムであり、出た場所で相手に囲まれてしまい大ピンチということも。

イダテンパワー

ボンバーマンスピード異常に速くなっている。
ゾンビフラワーと同じくリモコンが出現するステージだが、凄まじいスピードで移動の制御が難しいため、リモコンを入手したからといって調子に乗っているとうっかりミス爆死ということになりかねない。

アイテム

貫通ボム

今作初登場のアイテムで爆ソフトブロックを貫通するようになる。
後のシリーズでは刺の生えたデザインとなっているが、今作ではシンプル爆弾というデザインになっている。
リモコンと併用することが可であり、ノーマルゲームで凄まじい効果を発揮する。

パワーグラブ

貫通と同じく今作初登場のアイテムで、の前に置かれた爆弾を2マスに弾き飛ばす。
キックと違って爆弾が2個以上置かれても除去することができるため、非常に有効な防御手段となる。
また、ザコ敵爆弾をぶつけて倒す、敵ボンバーマンにぶつけてピヨらせる、バトル開始時にの反対側に爆弾を送り込む、と攻撃面でも優秀。

ドクロ

毎度染みのアイテムだが今作ではかなり仕様が異なっている。
後のシリーズでは相手に触れればドクロの効果を移して自分は元に戻れるのだが、今作では相手に移しても自分の症状はそのまま継続する。
そのためプレイヤー全員がドクロにかかってしまうということもある。
全員がゲリ+俊足状態になった場合はかなりカオスなことになる。

関連動画


関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3
ページ番号: 5128309 リビジョン番号: 2448257
読み:スーパーボンバーマン
初版作成日: 13/08/12 19:00 ◆ 最終更新日: 17/01/13 18:20
編集内容についての説明/コメント: スーパーボンバーマン Rを追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スーパーボンバーマンについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2013/08/13(火) 20:23:12 ID: LiVNBX2Qcx
対戦ではウシノシウメンとギンギンパワーばかりやってたなぁ
2 : ななしのよっしん :2017/01/25(水) 18:56:55 ID: IWVKBURyiu
エルマスクが怖すぎるんですが。
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829