単語記事: スーパーロボット大戦シリーズの一覧

編集

スーパーロボット大戦シリーズの一覧とは、スーパーロボット大戦タイトル一覧である。

という形で表記する。略称公式な物もファン内や掲示板での通称も含めている。また、ここに表記されているものが全てではない。

初期シリーズ(ウィンキー時代)

ウィンキーソフトが開発していた時代。旧シリーズ、第○次シリーズ、とも。現在スーパーロボット大戦の基盤を築いたシリーズ

おおまかな話の流れとしてはLOE第一部→第2次(G)→第3次→EX→第4次(S)もしくはF/F完結編→LOE第二部となる。しかし、当時は各作品に現在よりも細かいルート分岐があり、さらに続編で各ルートごとの設定を組み合わせて使っているため、特に正史と呼べるルートや作品の流れはないとも言える。ただし、第2次Gに関しては、第2次Gの追加要素が第4次Sの取扱説明書のあらすじに書かれていたり、Gガンダムが参戦している関係からFとは繋がらないなど、明確な作品の流れが見える。

魔装機神 THE LORD OF ELEMENTALは、その名の通りバンプレストオリジナル魔装機神)のキャラクターロボットしか登場しない。後述のOGの先駆けのような内容である。リアル頭身で描かれた美麗グラフィックや複雑なストーリー分岐の他、BGMなど、様々な点でファンから高い評価を得ている。向きの概念やZOC・高低差等、本家では採用されなかったシステムが数多くある。

初代はパイロットが存在せず、ロボットが意思を持っているコンパチヒーローシリーズのような世界観で、初期シリーズとはストーリー上の繋がりもない、全に独立した作品である。が、ラスボスとして登場したギルギルガン(「グレートマジンガーゲッターロボ」に登場した敵キャラ)が、初期シリーズでも過去に倒した敵として登場している。

新に関しては初期シリーズとは別の新シリーズとして制作された。そのためか「リアル頭身(非SD原作通りの頭身)」であったり、カットインが多用されたりと、初期シリーズとの差別化と思われる内容も含まれていた。しかし、セガから「サターンで初期シリーズの続編出せよ」と言われてしまったので続編は魔装機神2と共にお蔵入りとなってしまったらしい。

特にFあたりが「スーパーロボット不遇の時代」などと言われるが、MAP兵器ファンネルもないリアル系機体や、NT戦士でないパイロットの方がよっぽど不遇である。「ガンダムナタク」とか「ごひ」とか、というか不遇なやつを挙げだしたらきりが

このリストでは省略しているが、第2次・第3次・EXにはPS移植版があり、コンプリに収録されたものと、一部調整を加えバラ売りされたものの2種類がある。それぞれのセーブデータに互換性はないので注意。また、PLAYSTATION Storeゲームアーカイブス)でバラ売り版のダウンロード販売が行われている。

αシリーズ

ウィンキー時代はコンパチヒーローシリーズっぽさを若干残していたが、このシリーズでは原作の再現やストーリー性を高めてコンパチノリ全に決別した。開発はバンプレストの子会社のバンプソフト。実はストーリーが新スパのリメイクっぽかったりする。

αシリーズの最大の特徴はバンプレストオリジナルキャラクターが非常に立つようになったことである。主人公達にドラマがあったり、見せ場があったり、OFFがなかったり、それも私だったり、BGMボスキャラより優先されたり、が他作品のついで録りでなかったりと以前よりもだいぶ優遇されている。また、オリジナルキャラクターが人気になったためバンプレストオリジナルしか出てこないOGシリーズも発売された(OGシリーズについては後述)。

ガンダムから瞳がなくなった。新スパ以来であり、以降もシリーズで(UXSDガンダム三国伝を除き)復活していない。なお、開発段階では存在していた模様(その名残でOPムービーでは瞳がある)。

第2次α辺りからは、特にバトルアニメーションに大きく注され始め、手な戦闘グラフィックカットインが大々的に押し出される事になった。

第2次αより小隊システムが導入され、多数のユニットを出撃させることができるようになった。

欠点は、シリーズで重要な役割を果たすはずの某作品が参戦できなくなってしまったことと、その作品を含めて次の作品でいなくなった一部参戦作品へのフォローがないということである。おかしいですよ、タカノブさん!(一応、DCαが単体で完結するストーリーになったり、宇宙海賊がどうとか第2次αでお休みしていたメンバーは「別の所で戦っていた」と言うエピソードが第3次αにあったりはするのだが……)

Zシリーズ

PS2スーパーロボット大戦Z」から始まった新シリーズ。当初は単発作品と思われていたが、寺田Pの「売れたらシリーズ化する」の宣言通り、ある程度のセールスを記録したため、ファンディスクが発売、その後正式な続編が発表された。

Zでは小隊制を良したトラバトルシステムや熟練度のようなSRポイントなどの新システムを搭載した。
第2次Zでは単機制に戻るものの、 新たに未出撃キャラ育成システムである「サブオーダー」を搭載。

続編の第2次ZPSP専用ソフトとして発売される。据え置き機用ソフトとして発売されたシリーズの続編が携帯機用ソフトとして発売されるのは初(リメイクをのぞく)。

最終章となる第3次ZPlayStation3PlayStation Vitaで発売。

携帯シリーズなどでたびたび見られた「世界」の要素を軸に置いたストーリーであり、実際第1次Zと第2次Zでは舞台となる世界が異なっている。

COMPACTシリーズ

ワンダースワンで発売されていたシリーズIMPACTのみPS2での発売)。シリーズと言ってもCOMPACT2の三部作以外はストーリー上の繋がりはない。

他のシリーズより個性的なシステムが多数搭載されており、αシリーズ等に逆輸入されたシステムもある(援護、乳揺れなど)。

IMPACTCOMPACT2三部作をまとめたリメイク作であるが、公式ではリメイク作と明言していない。しかし、実際はリメイクかつ、3部作を全てまとめたものであるため全101話と非常に長い。

携帯機シリーズ

ゲームボーイアドバンスニンテンドーDSニンテンドー3DSで発売されたシリーズ(iはiアプリ、A PORTABLEはPSP)。開発はA PORTABLE以外を全て株式会社エーアイが担当し、通称エーアイスパロボとも言われている。これもシナリオ的な繋がりは全くない。

タイトルに何らかの意味を持ったアルファベットがつき、略称はそれぞれのアルファベットが使われる。Lまではタイトルアルファベットは一文字だったが、3DSスパロボ第一弾のUXでその法則性が崩された。第二弾のBXも同じくアルファベット文字になっている。

低容量の携帯機でありボイスい為か、据え置きシリーズでは登場していない較的新しい作品やマイナーな作品などが実験的に参戦する傾向がある。
3DSスパロボ第一作UXでは任天堂携帯機作品で初めてキャラクターボイス実装された。そしてそれにもかかわらず今まで以上に参戦作品がぶっ飛んでいた。

また、「ボタンの左集中配置」「どこでもセーブ」など、携帯機であることを意識したシステムも多く登場している。

3Dシリーズ(さざなみ系)

としてスパロボGCから続く、戦闘デモ3Dポリゴン化した作品群。
エーアイ系と同じく、すべて単発作品かそのリメイクとなる。

XO以降の開発会社の有限会社さざなみから「さざなみ系」と呼ばれることもあるが、リメイク前のGCには関わっていないのでちょっと分類に困る

また、対応ハードコロコロ変わるのも困ったところである。対応ハードの関係からか「資のある大人ゲーマー」を対に、少し懐かしい参戦作品が多いのも特徴。その上で、参戦作品のチョイスエーアイ系並みかそれ以上に冒険することがある。

戦闘システム自体もスパロボのスタンダードからはかなり外れた実験作的なシステムを多く投入している。

Scramble Commanderシリーズ

スクランブルコマンダーと読む。ジャンルリアルタイムストラテジー。登場するロボット3DCGで表示され、リアル頭身という異色作。

OGシリーズ

バンプレストオリジナルスパロボオリジナルキャラクターロボット)のみで構成されたスーパーロボット大戦。それまでに発売されたスパロボから、各作品のオリジナルキャラが「参戦」している。スパロボキャラクターだけでなく、コンパチヒーローシリーズロアコンパチカイザーや、ヒーロー戦記ギリアムゲシュペンストなど、往年のバンプレストオリジナルキャラロボも参戦している。

また、オリジナルキャラクターしか登場しないため、いろいろやりたい放題である。女性キャラ乳揺れとか。キャラクターデザイナー河野さち子が原画を描いた抱き枕カバーも発売された。OGはどこへ向かってゆくんだ……

無限のフロンティアシリーズOGの設定を利用したスピンオフ作品である。開発がモノリスソフトなので、同社開発のゼノサーガからKOS-MOSが、NAMCOxCAPCOMから零児小牟が、それぞれ登場している。ニンテンドーDSソフトということで屋外や電車内でのプレイも可だが、美麗フトモモカットインが入りまくるので恥ずかしくてできない。

アニメシリーズ

スーパーロボット大戦OG原作としたアニメ。各作品に付いてはスーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATIONの記事に詳細な解説が記述されているので、そちらを参照していただきたい。

その他の作品

シリーズ化していない単独作品(いわゆる単発)など。単発作品と言うことで携帯機と似たような傾向があり、据え置き機としてはしい作品が登場したり、作品特有のシステムが搭載される傾向にある。

この他にスクランブルギャザーというトレーディングカードゲームもあった。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88%E5%A4%A7%E6%88%A6%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7
ページ番号: 705292 リビジョン番号: 2390572
読み:スーパーロボットタイセンシリーズノイチラン
初版作成日: 08/11/10 20:58 ◆ 最終更新日: 16/08/04 05:05
編集内容についての説明/コメント: とりあえず3D系としてさざなみ系+GCを分類
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スーパーロボット大戦シリーズの一覧について語るスレ

117 : ななしのよっしん :2015/07/01(水) 20:54:38 ID: DMXcuIeXXq
スクコマの新作がそろそろやりたい
118 : 削除しました :削除しました ID: nJV5LFukFF
削除しました
119 : ななしのよっしん :2015/08/08(土) 17:28:19 ID: oLoq13QCB3
チェンクロの焼き直しで音も入ってないこれを記事にするのもなんだかな…、と萎縮しているのであろう。
120 : ななしのよっしん :2015/08/08(土) 19:46:54 ID: X9S765JgvW
>>118
君がプレミアム会員になって作ればいい

は一応プレミアムだが・・・やだね
121 : ななしのよっしん :2015/10/02(金) 20:49:48 ID: L3E7knj924
いわゆるさざなみスパロボエーアイみたいに項分けたいんだけど、GCの扱いが微妙で悩むな
122 : ななしのよっしん :2015/10/03(土) 14:29:12 ID: Ja9wfpiM4A
GCだけその他のままにしとけばいいんじゃね?
123 : ななしのよっしん :2015/12/23(水) 23:39:11 ID: hMceL1EJT9
64も実質的な開発はエーアイだけどクレジットは招布だしな
GCさざなみエーアイだっけか
124 : ななしのよっしん :2015/12/24(木) 21:55:39 ID: jaQrFIsoxo
GCさざなみじゃなくてアトリエ
さざなみスパロボに携わるのはXOから
125 : ななしのよっしん :2016/06/11(土) 23:40:53 ID: gotZsz8BS5
発売日順に並べた年表なんかがあると嬉しいかも
126 : ななしのよっしん :2016/07/17(日) 00:40:00 ID: 7ZGMldXGAU
>>125
加えて、「OGにいつから参戦したか」も一で見られれば、とは思ったかな。
作品の総数も、その内の参戦済み数もだいぶ増えてきたことだし。
しかしそう考えると、元は「各作品における参戦作品の1つ」という扱いだった魔装機神SRXをどう扱うかも考えないとか……。
それから、コンパチ含め「シリーズに含むとは言い難いが、関連性は確かにある作品」もいろいろとあり、その一部はOG参戦も果たしているし、考えるほど難しくなっていくな。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015