単語記事: スーパー戦隊シリーズ

編集

『スーパー戦隊シリーズ』とは、テレビ朝日系列で放送されている東映製作の特撮番組シリーズである。

真赤な概要! スーパー戦隊シリーズ

1975年の『秘密戦隊ゴレンジャー』から始まり2016年放送開始の『動物戦隊ジュウオウジャー』に至る長寿シリーズ。

俗に「腸捻転ネット」と呼ばれる資本関係における系列局のねじれが存在し、1975年4月にそれを解消した結果、テレビ朝日(当時はNETテレビ)はかつての系列局であった毎日放送製作の人気コンテンツ「仮面ライダーシリーズ」をTBS系に取られてしまい放映できない事態となった。その後枠を埋めるための企画として、「最初から5人のライダーが登場する」という仮面ライダーシリーズの没案を参考にして5人組ヒーローが誕生した。
(ちなみに2000年から放送されている現在の「平成仮面ライダーシリーズ」はテレビ朝日製作であり、テレビ朝日から見れば約25年ぶりに自社系列に仮面ライダーシリーズが帰ってきた構図になる)

基本の戦隊の構成人数は5人であるが、作品によっては3人等、少人数の構成であったり、後で6人目以降の追加戦士が登場する事もある(現在は定番化)。

3作目『バトルフィーバーJ』での巨大ロボ戦が好評を得たこともあり、以降は「戦隊VS怪人」→「戦隊ロボVS巨大化怪人」のフォーマットが確立される。なお巨大ロボの登場に関しては、前年放映の東映版スパイダーマンにおけるレオパルドンの商業的成功が大きいとされる。

基本的に作品間との繋がりは無いが、例外として『太陽戦隊サンバルカン』は『電子戦隊デンジマン』の続編であり、他にも今年度と前年度の戦隊同士が共演するオリジナルビデオ『スーパー戦隊Vシネマ』も発売されている。『劇場版 炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー』からは劇場公開作品に切り替わったため、『侍戦隊シンケンジャー』以降からは、劇場作品とは別の新作Vシネマが制作されるようになる。そして極めつけは、1~34作までの歴代戦隊が同じ世界観で繋がっている設定となっている第35作『海賊戦隊ゴーカイジャー』(ちなみに1話冒頭で34のスーパー戦隊が全員集合している)。

『五星戦隊ダイレンジャー』から『救急戦隊ゴーゴーファイブ』まで「超世紀全戦隊シリーズ」と公式で呼ばれていた時期があったが、『未来戦隊タイムレンジャー』より再び「スーパー戦隊シリーズ」の呼び名になる。

後番組の平成ライダーとはスーパーヒーロータイムでのタイトルコールで共演する程度であったが、シンケンジャーで「仮面ライダーディケイド」と共演を初めて果たす。さらに「スーパーヒーロー大戦」などの春映画公開にあたり、トッキュウジャーからは上映日前後に合体特番を放映するようになった。

平成仮面ライダー等、他の特撮作品同様、ニコニコ動画で削除されやすいタイトルの一つ、ではあるが権利元の東映が、権利者許諾の公式動画の配信を2012年3月から開始した。配信第6弾は「電磁戦隊メガレンジャー」。
2012年10月より、様々な作品の劇場版も公式配信が開始された。現在配信中の作品は「東映特撮ニコニコおふぃしゃる」のチャンネルまたは大百科記事を参照。
また、ニコニコ生放送において全話一挙放送が実施されることもある。2015年8月時点において実施されたことがあるのは、ガオ・ハリケン・アバレ・ゲキ・ゴーオン・シンケンの6タイトル(すべて00年代作品)。

秘密戦隊ゴレンジャーとジャッカー電撃隊

『秘密戦隊ゴレンジャー』『ジャッカー電撃隊』の2作品はスーパー戦隊シリーズに含むか?という議論が存在する。

  • 『秘密戦隊ゴレンジャー』と『ジャッカー電撃隊』は石森章太郎(石ノ森章太郎)原作
  • 『バトルフィーバーJ』以降のスーパー戦隊は八手三郎原作

…と、初期シリーズの原作者が異なっていた為、例を挙げると、

  • 『超獣戦隊ライブマン』~『五星戦隊ダイレンジャー』までの公式設定では上記2作は歴代にカウントされていなかった
  • 『高速戦隊ターボレンジャー』第1話で歴代戦隊集合をやった際に、ゴレンジャーとジャッカーの姿が無い

…等の理由により、公式でも扱いがあやふやであった。
現在では、『秘密戦隊ゴレンジャー』と『ジャッカー電撃隊』もスーパー戦隊シリーズの作品として扱われているが、逆に言えばゴレンジャーとジャッカーが省かれていたのはライブマン~ダイレンジャーの5年間だけであり、それ以前の書籍などの資料ではゴレンジャーとジャッカーは戦隊シリーズとしてカウントされていた。ただし、現在もスーパー戦隊シリーズの1作目は『バトルフィーバーJ』である、と意見を唱えるファンも少数ながら存在している。

ちなみに「八手三郎(やつで さぶろう)」は東映プロデューサーの共同ペンネームであり、特定の人物を指す名前ではない。戦隊以外にもコン・バトラーVやスパイダーマッの原作、主題歌・挿入歌の作詞者としても使われている名前である。

尚、『百獣戦隊ガオレンジャーVSスーパー戦隊』や『海賊戦隊ゴーカイジャー』ではゴレンジャーとジャッカーが以降の八手三郎原作の戦隊と共演しているため、石ノ森章太郎と八手三郎が共同で原作者としてクレジットされている。

41レジェンド!! 歴代シリーズ一覧

番号 タイトル トピックス 敵組織及び勢力
1 秘密戦隊ゴレンジャー 石森章太郎(石ノ森章太郎)原作。
記念すべきスーパー戦隊シリーズの第1作だが、ダイレンジャーの途中までは公式に戦隊シリーズにカウントされていなかった。
アクションが途中から大野剣友会からジャパンアクションクラブに変更。
YouTubeにて公式配信中。
黒十字軍
2 ジャッカー電撃隊 石森章太郎(石ノ森章太郎)原作。トランプモチーフのサイボーグ戦隊。
シリーズ唯一の打ち切り。初の追加戦士が登場。
ジェットマンまでのシリーズで唯一新堀和男がレッドを演じていない。
こちらもダイレンジャーの途中まで公式にカウントされず。
YouTube公式配信があった。 
犯罪組織クライム
3 バトルフィーバーJ 以降、八手三郎原作。巨大ロボが初登場。マーベルコミックスとの提携によりミス・アメリカの名前を使用。ダイレンジャーの途中までは公式にはシリーズ第1作目だった。
YouTubeにて公式配信中。
秘密結社エゴス
4 電子戦隊デンジマン シリーズ初のアイマスクが黒ゴーグル&変形する巨大ロボが登場。
曽我町子がシリーズで初めて敵役を務めた。
ベーダー一族
5 太陽戦隊サンバルカン シリーズ初の動物モチーフ。
基本的に3人構成でシリーズ唯一の全員男メンバー戦隊。
レッドが剣をメイン武器にした初の作品。
シリーズ初の合体ロボ(スーパー合体ではない)。
途中からレッドが二代目に交代。
曽我町子が前年と同じ悪役で2年連続登場。
YouTube公式配信があった。 
機械帝国ブラックマグマ
6 大戦隊ゴーグルファイブ 古代文明がコンセプトに含まれる戦隊。
追加戦士無しでの名乗り時間が歴代最長。
武器は新体操モチーフ。ブラック初登場。
春田純一が戦隊メンバーを務めた1作目。
ピンクを務めた大川めぐみの人気が爆発。
曽田博久がメインライターを務めた最初の戦隊。
YouTube公式配信があった。
暗黒科学帝国デスダーク
7 科学戦隊ダイナマン 放送途中から放送時間が30分から25分へ短縮される。
作中で使われた火薬量が最も多く「火薬戦隊」の愛称でも呼ばれる。
春田純一が戦隊メンバーを務めた2作目。
YouTube公式配信あり。 
有尾神一族ジャシンカ帝国
8 超電子バイオマン シリーズ初のダブルヒロイン(男三人、女二人)で初の女性イエロー。
女性メンバーが劇中で一人戦死。
毎回等身大のゲスト怪人を登場させずレギュラー怪人が交代で出陣。
巨大ロボット戦は毎回違う敵ロボットが登場。
歴代でも最も地球が危険なところまで行った。
YouTube公式配信があった。
新帝国ギア
9 電撃戦隊チェンジマン 初の空想動物モチーフの戦隊。
個人武装にバズーカを採用。
和泉史郎が戦隊メンバーを務めた1作目。
大星団ゴズマ
10 超新星フラッシュマン 2号ロボ初登場。シリーズ屈指の鬱END。
戦隊メンバーの名前に姓が無い(次作にも引き継がれる)。
本年度でシリーズ通算500話を達成。
YouTube公式配信があった。
改造実験帝国メス
11 光戦隊マスクマン 敵組織の女性幹部と味方(レッド)による純愛劇。
1話限定の追加戦士X1マスク登場。
曽我町子がゲスト出演。
地底帝国チューブ
12 超獣戦隊ライブマン シリーズ初の動物モチーフの巨大メカおよびロボ同士のスーパー合体。
シリーズ初の女性ブルー。3人スタート後2人追加される形の5人戦隊。初の黒と緑の5人共存戦隊。
この作品までは放送時間が土曜の18:00からだった。但し関西(ABC朝日放送)では『部長刑事』の影響で曜の17:30からだった。
武装頭脳軍ボルト
13 高速戦隊ターボレンジャー メンバーが全員高校生。妖精と車がモチーフ。
「ゴレンジャー」以来の「~レンジャー」使用作品。
レッドターボの無双ぶりから歴代最強とも言われた。
キリカを演じた森下雅子の人気が爆発。
母艦の代わりに基地ロボ登場。
この作品から放送時間は関西も含めて曜の17:30からになった。
暴魔百族
14 地球戦隊ファイブマン 初のメンバーが全員兄弟(かつ教職員)設定の戦隊。
等身大のサポートロボが必殺武器に変形。
銀帝国ゾーン
15 鳥人戦隊ジェットマン 戦うトレンディドラマ。シリーズに革命をもたらしたと言われる。
サブタイトルは漢字含め五文字のものが多い。
ミスターレッド新堀和男がレッドを務めた最後の作品。
ブラックコンドルとグレイの最終決戦は戦隊一の名勝負とも。
敵組織内の仲がとにかく悪く、組織の長がゲスト扱いですぐ倒された。
YouTube公式配信があった。
次元戦団バイラム
16 恐竜戦隊ジュウレンジャー シリーズ初のファンタジー戦隊&レギュラーとなる6人め追加戦士の投入。
以降の「~レンジャー」というネーミングの起点となる。
シリーズ唯一のバックル変身。
曽我町子が悪のボスとして出演。和泉史郎のメンバー出演2作目。
アメリカで「パワーレンジャー」として大ブームを巻き起こした。
ニコニコ動画で公式配信中(現在は有料のみ)。
YouTubeでも公式配信があった。
バンドーラ一味
17 五星戦隊ダイレンジャー 中国の空想動物モチーフで、キレの良いカンフーアクションに定評がある。
戦隊シリーズ随一の高難易度の名のり。
追加メンバーのキバレンジャーはシリーズ最年少。
ニコニコ動画で公式配信中。(現在は有料のみ)
YouTube公式配信もあった。  
ゴーマ族
18 忍者戦隊カクレンジャー 忍者モチーフ且つアメコミを意識した作風が特徴。
レッドがセンターではあるがリーダーではない。
小川輝晃の戦隊メンバー出演1作目。
ニコニコ動画で公式配信中(現在は有料のみ)。
YouTubeでも配信があった。
妖怪集団
19 超力戦隊オーレンジャー 20周年記念作品。古代文明+図形モチーフ。
アオレンジャーおよびビッグワンを演じた宮内洋が指揮官を務める通称「宮内戦隊」。
6億年前ネタにより戦隊シリーズの歴史年表に最初に登場する。
地球を一度敵組織に侵略されている。
「スーパー戦隊VSシリーズ」製作開始。
ニコニコ動画で公式配信中(現在は有料のみ)。
YouTubeでも公式配信があった。 
マシン帝国バラノイア
20 激走戦隊カーレンジャー 徹底的にギャグを追求した異色作。
本作より大胆な制作スタッフの世代交代が行われている。
サブタイトルには交通標語が入っている場合が多い。
納品形態の向上により画質が上昇、OP/ED曲などがステレオ放送に対応。
暴走戦隊ゾクレンジャーによって最低視聴率を記録、本作第24話でシリーズ通算放映回数1000話達成。
戦隊脚本執筆では歴代最多の曽田博久が最後に関わったシリーズ。
YouTubeで公式配信があり、現在はニコニコ動画で公式配信中(現在は有料のみ)。
宇宙暴走族ボーゾック
21 電磁戦隊メガレンジャー メンバー5人が現役高校生。
第7話より夕方の報道番組『スーパーJチャンネル』の17時台進出により、現在の放送枠に異動。放送時間も14年振りに30分に復帰。
シリーズ初のシルバー、変身アイテムに携帯電話が登場。
サブタイトルは「■■!!××○○」の形で統一。
YouTube公式配信があり、現在はニコニコ動画で公式配信中。
邪電王国ネジレジア
22 星獣戦隊ギンガマン 2013年時点で最後の「~マン」。
巨大ロボ同士が換装も含めてスーパー合体しない。
サブタイトルは「○○の▼▼」の形で統一。
小川輝晃の戦隊メンバー出演2作目。
放送終了後にカメラ担当のいのくままさおが平成ライダーに異動し翌年から松村文雄に交代。(平成ライダー放送開始は2000年から)
小林靖子が戦隊初のメインライターを担当した作品。
YouTube公式配信があった。
宇宙海賊バルバン
23 救急戦隊ゴーゴーファイブ メンバーが全員兄弟で人命救助のプロ。
追加戦士が登場しない。
シリーズ初の完全ステレオ放送。
VSシリーズではない、単独のVシネマ発売。(VSシリーズも発売)。
YouTube公式配信があった。
災魔一族
24 未来戦隊タイムレンジャー ミレニアム戦隊。
放送中「イケメンヒーローブーム」が起こる。
色が被る追加戦士の登場。
30分後の8:00から平成ライダー放送開始。
オーレンジャー同様、OP歌詞に「未来戦隊」と言う単語が入っていない。
番組冒頭に「スーパー戦隊シリーズ」のロゴが入るようになる。
YouTube公式配信があった。
ロンダーズファミリー
25 百獣戦隊ガオレンジャー 25作品記念作。
イケメンヒーローブームの全盛期的作品。
ロボはスーパー合体ではなく、パーツとなる巨大動物の組み合わせで様々な形態をとる形式。
サブタイトルは「○○、××」の形が多い。
追加戦士登場するとOPにワンカットが新たに加えられるようになる。
劇場映画が復活。仮面ライダーシリーズの劇場版と同時上映されるようになる。
YouTube公式配信があった。
オルグ
26 忍風戦隊ハリケンジャー 初期3人戦隊で、別チームが合流。
シリーズ初の「~ンジャー」ネーミング。
追加戦士シュリケンジャーの俳優(変装)は戦隊OBが演じている。
サブタイトルは「○○と××」の形が多い。
YouTube公式配信があった。 
放送10年後に後日談となるVシネマの制作が発表された。 発売記念に、ニコニコ生放送でTVシリーズを上映。動画でも期間限定で配信中。
宇宙忍群ジャカンジャ
27 爆竜戦隊アバレンジャー 2代目恐竜戦隊で、初期3人戦隊。
追加戦士含めての全員一斉変身がVSシリーズを除いて無い。
5人中1人が専用ロボとロボパーツを持たない(母艦がパートナー扱い)。
サブタイトルには「アバレ」の3文字を含む。平成ライダーと合同の「スーパーヒーロータイム」開始。
YouTube公式配信があった。
邪命体エヴォリアン
28 特捜戦隊デカレンジャー シリーズ初の警察モチーフ作品にしてSF大賞「星雲賞」受賞作。
番外戦士を含めると全員で10人。
番組終了後のレッド同士によるバトンタッチ開始。
サブタイトルは全てカタカナで「○○・××」。
YouTubeにて公式配信中。
アリエナイザー
29 魔法戦隊マジレンジャー 初期メンバーが兄弟。
番外戦士を除き初の色の追加戦士。
サブタイトルは「○○~呪文名~」で統一。
完全アナログ放送最後の作品。
曽我町子が味方キャラで出演。遺作となった。
地底冥府インフェルシア
30 轟轟戦隊ボウケンジャー 30作品記念作。
本作よりハイビジョン放映開始。
敵組織が複数登場。敵を倒すのではなくプレシャス(秘宝)の守護・保護が目的。
サブタイトルはプレシャスの名前であることが多い。
本作でシリーズ通算1500話を達成。
YouTube公式配信があった。
ネガティブシンジゲート(ゴードム文明、ジャリュウ一族、ダクシャドウ、クエスター)
31 獣拳戦隊ゲキレンジャー 初期3人戦隊。動物+拳法モチーフ。
2014年時点で最後の「~レンジャー」。
サブタイトルは「カタカナ!○○」という形が多い。
シリーズ中盤でEDテーマにキャラソンが7週連続で使用された。
前後のアニメ枠と合同の「ニチアサキッズタイム」開始。
YouTube公式配信があった。
臨獣殿(臨獣拳アクガタ)
32 炎神戦隊ゴーオンジャー 車+動物モチーフ。
初期メンバー5人で1号・2号ロボに分乗。追加戦士2人は厳密には別チーム扱い。
女性シルバー初登場(レギュラーの追加戦士としても初の女性戦士)。
サブタイトルは「漢字二文字+カタカナ」という形で統一。
本作から戦隊VSシリーズが劇場公開されるようになる。
YouTubeにて公式配信中。
蛮機族ガイアーク
33 侍戦隊シンケンジャー シリーズ初の侍+漢字モチーフ。
シリーズ最多のレッド数(4人)。
フィルム撮影・オールアフレコの廃止。
同時期に放送していた「仮面ライダーディケイド」が劇中に登場。おのれディケイド!
サブタイトルは歌舞伎や文楽調の漢字のみ。
Vシネマ「帰ってきた~」シリーズが放送終了後に発売されるようになる。
外道衆
34 天装戦隊ゴセイジャー 天使+動物モチーフの戦隊。
複数の敵組織が入れ替わりで登場。またブレドランか!
シリーズ初の「~ジャー」ネーミング。
シリーズ最多のロボ合体数(19体)。
本作に登場するゴセイカードと連動し、歴代のスーパー戦隊が登場するアーケードゲーム機「ダイスオー」が稼働開始。
地上デジタル放送におけるデータ連動放送に本年度から対応。
Vシネマは、2013年に亡くなった長石多可男監督の遺作となった。
悪しき魂(宇宙虐滅軍団ウォースター、地球犠獄集団・幽魔獣、機械禦鏖帝国マトリンティス、地球救星計画)
35 海賊戦隊ゴーカイジャー 35作品記念作。
歴代戦隊ヒーロー集結が話題を呼ぶ。
レンジャーキーを使用した歴代戦隊への変身や、戦隊OBOG=通称レジェンドが多数出演。
「ダイスオー」が「ダイスオーDX」にリニューアル。
市道真央の戦隊メンバー出演1作目。
映画で「宇宙刑事ギャバン」と共演。
宇宙帝国ザンギャック
36 特命戦隊ゴーバスターズ 初期3人戦隊。
変身アイテムが久々のブレス型、変身バンクの廃止。一部固有名詞が「パワーレンジャーシリーズ」から逆輸入されている。
玄田哲章がアイテムやCM以外の味方キャラを初めて担当。
松本寛也の戦隊メンバー出演2作目。
第28話からOP曲が変更。今まで2番がかかったり別アレンジになったことはあるが、完全に新規の曲になったのは初。
宇宙刑事ギャバン THE MOVIEのタイアップで二代目ギャバンが客演。
平成ライダーとの共演が実現する春の劇場版「スーパーヒーロー大戦」シリーズが開始。 
ヴァグラス
36 動物戦隊ゴーバスターズ 動物モチーフのスーパー戦隊。え?シリーズDVDが出てないって?お察しください 機械帝国メカリアス
36.5 非公認戦隊アキバレンジャー 非公認作品。よい子は見ちゃダメ! 邪団法人ステマ乙→デリュージョン帝国→八手三郎
37 獣電戦隊キョウリュウジャー 3代目の恐竜モチーフ戦隊。
チェンジマン以来の初期イエロー不在で、ガオレンジャー以来の初期男4女1人構成。
初の水色、及び灰色の戦士が登場し、TV本編だけで追加戦士が5色9名登場。うち4人が途中交代。計10人による名乗りは本編最多。
番外戦士を含め外国人の血を引くメンバーが最も多い。(宇宙人がいる戦隊を除く)
サブタイトルは「○○!××」という形式(全て平仮名+カタタナ)。メインライターの三条陸が戦隊では初めて全話の脚本を担当した。 
出合正幸、木下あゆ美の戦隊メンバー出演2作目(いずれも番外戦士)。
デーボス軍
37.5 非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 非公認作品まさかの続編。痛すぎちゃってゴメンね! 新次元頭脳改造地下真帝国バロスw
38 烈車戦隊トッキュウジャー 戦隊シリーズでは初の電車モチーフ戦隊。
30年ぶりに名前に数字が入る戦士5名で構成。
初期ダブルヒロインが3年ぶりに復活、初期メンバーで眼鏡有り戦士が登場するのは23年ぶり。
乗り換え変身により戦士1人で5色を担当、初期メンバーの平均実年齢が歴代最年少。
小林靖子のメインライター担当作品では5作目となる。
「ダイスオーDX」が「ダイスオーEX」にリニューアル。「スーパーヒーロー大戦」シリーズとの連動として、平成ライダーとの1時間合体スペシャルが3月末に放送されるようになる。
シャドーライン
39 手裏剣戦隊ニンニンジャー 40周年記念作品。
3代目の忍者モチーフで、初期メンバー全員が同じ先祖を持つ親族戦隊。
シリーズ初の赤青黄白桃配色で、ゴレンジャー以来の和名による色呼称。
巨大メカのモチーフが動物、乗り物、無機物etc.と特定の種類に統一されていない。
役者の年齢が史上最高齢の67歳で変身し戦ったメンバーが存在。
カクレンジャー、ハリケンジャー、ジライヤといった東映忍者ヒーローと共演。
牙鬼軍団
40 動物戦隊ジュウオウジャー シリーズ40作品目。
3代目となる純粋な動物モチーフ戦隊で、レッドのみ人間、他4人は異世界人(ジューマン)の混成チーム。
ジューマンの4人は、人間態と顔が動物のジューマン態の2つの形態を持つ。
シリーズ初の赤青黄緑白配色。
本作でシリーズ通算2000話を達成、記念コラボとして海賊戦隊ゴーカイジャーと共演。
スマホアプリ「スーパー戦隊レジェンドウォーズ」が配信開始。
宇宙の無法者デスガリアン
41 宇宙戦隊キュウレンジャー モチーフは宇宙+星座。
ゲキレンジャー以来10作品ぶりの「○○レンジャー」。
戦隊名の「キュウ」にならいシリーズ初の9人メンバーでのスタート。
名前に「オレンジ」を持つメンバー、人間態を持たないブルー・ピンク、レギュラーの女性グリーン、ゴールド・シルバーが初期メンバーと個々のメンバーにも初の試みが多数。
市道真央の戦隊メンバー出演2作目(今回は声優としての参加)。
宇宙幕府ジャークマター

ニコニコ! 関連動画

クール・イラストレーション

はつばいちゅう!かんれんしょうひん

公式チャンネルだァァァッ!!

みんな集まれ~マージ・ジルマ・コミュ・ニティ~

関連コウモク

  • 東映
  • テレビ朝日
  • 特撮
  • 特撮作品一覧
  • 特撮関係者の一覧
  • 特撮作品の楽曲一覧
  • 追加戦士
  • スーパー戦隊VSシリーズ
  • パワーレンジャーシリーズ
  • スーパー戦隊バトル ダイスオーDX
  • スーパーヒーロータイム
    • 平成仮面ライダーシリーズ
  • メタルヒーローシリーズ
  • ニチアサキッズタイム
  • スーパー戦隊ヒーローゲッター
  • スーパーヒーロー大戦
  • Project.R
  • レンジャーキー
  • 戦隊一やかましい玩具
  • スーツアクター/スーツアクトレス
  • 大野剣友会
  • ジャパンアクションクラブ/ジャパンアクションエンタープライズ
  • レッドアクションクラブ/レッド・エンタテインメント・デリヴァー
  • ニコニコ外発○○シリーズの一覧
  • 非公認戦隊アキバレンジャー / 非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛
  • スパイダーマッ東映版スパイダーマン
  • スーパー変態シリーズ
  • スーパーCOAT変態シリーズ
  • 愛國戰隊大日本
  • 鍛冶王戦隊オノレンジャー/朝食戦隊スイハンジャー/本気戦隊ガチレンジャー
  • 東映特撮ニコニコおふぃしゃる
  • 後楽園ゆうえんちで僕と握手
ニコニコ大百科に記事がある戦隊メンバー経験者(出演当時の芸名。)
男優
女優
  • 相葉弘樹
  • 赤木良次
  • 朝倉圭矢
  • 荒木宏文
  • 池田純矢
  • 石井茂樹
  • 石渡康浩
  • 和泉史郎
  • 磯部勉
  • 市川洋介
  • 伊藤武史
  • 伊東平山
  • 伊藤友樹
  • 伊藤幸雄
  • 伊藤陽佑
  • 植村喜八郎
  • 碓井将大
  • 内田直哉
  • 卯木浩二
  • 江原淳史
  • 海老澤健次
  • 大柴邦彦
  • 大須賀昭人
  • 太田直人
  • 大葉健二
  • 小川輝晃
  • 沖田さとし
  • 小澤亮太
  • 小野健斗
  • 海津亮介
  • 風戸佑介
  • 笠原紳司
  • 片岡信和
  • 片桐順一郎
  • 井茂
  • 我那覇文章
  • 子昇
  • 河合秀
  • 河合宏
  • 川崎龍介
  • 河本忍
  • 岸祐二
  • 城戸裕次
  • 姜暢雄
  • 草刈滉一
  • 倉地雄平
  • 倉貫匡弘
  • ケイン・コスギ
  • 小泉朋英
  • 合田雅吏
  • 伍代参平
  • 五代高之
  • 小林朝夫
  • 小林良平
  • 齋藤ヤスカ
  • 載寧龍二
  • 酒井一圭
  • 酒井寿
  • 阪本良介
  • 佐藤健太
  • 塩谷瞬
  • 宍戸勝
  • 柴木丈瑠
  • 柴田賢志
  • 嶋大輔
  • 清水一希
  • 照英
  • 白川裕二郎
  • 信達谷圭
  • 末吉宏司
  • 杉欣也
  • 鈴木勝大
  • 鈴木勝吾
  • 鈴木裕樹
  • 聡太郎
  • 相馬圭祐
  • 高木万平
  • 高橋伸顕
  • 高橋光臣
  • 高安青寿
  • 田中幸太朗
  • 田中弘太郎
  • 谷岡弘規
  • 谷口賢志
  • 玉山鉄二
  • だるま二郎
  • 垂水藤太
  • 丹波義隆
  • 千葉繁
  • 千葉雄大
  • 土田大
  • 土屋圭輔
  • 津山栄一
  • 出合正幸
  • 時田優
  • 徳山秀典
  • 冨田翔
  • 永井マサル
  • 成瀬富久
  • 西興一朗
  • 西岡竜一朗
  • 西村和彦
  • 能見達也
  • 橋本巧
  • 畠山麦
  • 馬場良馬
  • 浜尾京介
  • 浜田治希
  • 羽村英
  • 林剛史
  • 原田篤
  • 春田純一
  • 伴直弥
  • 広田一成
  • 福田佳弘
  • 藤敏也
  • 藤原秀樹
  • 古原靖久
  • 堀江慶
  • 前原一輝
  • 誠直也
  • 正岡邦夫
  • 増島愛浩
  • 松風雅也
  • 松坂桃李
  • 松本寛也
  • 三浦力
  • 三上真史
  • 宮内洋
  • 望月祐多
  • 山口将司
  • 山口正朗
  • 山田裕貴
  • 山本康平
  • 結城真一
  • 吉田友一
  • 若松俊秀
声優
  • 稲田徹
  • 大塚芳忠
  • 小西克幸
  • 中村悠一
  • 堀秀行
  • 松野太紀
  • 矢尾一樹
  • 逢沢りな
  • 麻生あゆみ
  • 石野真子
  • 市道真央
  • いとうあいこ
  • 内田さゆり
  • 大石麻衣
  • 大川めぐみ
  • 甲斐麻美
  • 勝村美香
  • 菊地美香
  • 岸田里佳
  • 木下あゆ美
  • 木之原賀子
  • 来栖あつこ
  • 小池唯
  • 小泉あきら
  • 小牧りさ
  • 小宮有紗
  • 坂口望二香
  • さとう里香
  • 末永遥
  • 杉本有美
  • ダイアン・マーチン
  • 高橋夏樹
  • 竹内実生
  • 田中恵理
  • 田中澄子
  • 珠緒
  • 千葉麗子
  • 長澤奈央
  • 永田由紀
  • 中村知世
  • 中村容子
  • 夏居瑠奈
  • 西本ひろ子
  • にわみきほ
  • 萩原佐代子
  • 萩奈穂美
  • 早瀬恵子
  • 東山麻美
  • 平田裕香
  • 広瀬仁美
  • 福井未菜
  • 別府あゆみ
  • 前田賀奈子
  • 牧野美千子
  • ミッチー・ラブ
  • 宮澤寿
  • 宮田かずこ
  • 本橋由香
  • 森田涼花
  • 矢島由紀
  • 吉田真弓
  • 渡辺梓
ニコニコ大百科に記事がある顔出し悪役幹部経験者(戦隊経験者は名義が異なっても戦隊の方に記載。)
  • 遠藤憲一
  • 及川奈央
  • ストロング
  • 曽我町子
  • 舘大介
  • 中田譲治
  • 細貝圭
  • 広瀬裕
  • 山本梓

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E6%88%A6%E9%9A%8A%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA
ページ番号: 320182 リビジョン番号: 2452149
読み:スーパーセンタイシリーズ
初版作成日: 08/07/06 02:37 ◆ 最終更新日: 17/01/24 08:52
編集内容についての説明/コメント: 概要を追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


スーパー戦隊魂!!

 

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スーパー戦隊シリーズについて語るスレ

1159 : ななしのよっしん :2017/01/23(月) 03:40:14 ID: p8qO9TMwti
>>1158 9人の救世主と最初からPVで言う時点で最初から9人の確率があると思う
1160 : ななしのよっしん :2017/02/06(月) 02:29:10 ID: 5ENm0OZzsj
ジュウオウジャーが失敗したことによってこれからの戦隊は下山健人が中心になってニンニンジャーのような作品が作られ続けていくんだろうな
特撮ファンには大歓迎なんだろうが
1161 : ななしのよっしん :2017/02/07(火) 04:14:51 ID: 1EE6IyQPDJ
ジュウオウジャーって失敗したの?
1162 : ななしのよっしん :2017/02/10(金) 04:34:34 ID: r369Vhg4MH
ジュウオウジャーが失敗したわけでもないし、ニンニンジャーが大成功したわけでもないだろ
下山氏も香村氏も初メイン作品で色々学んだだろうし、それを踏まえて今後も作り続けて欲しい

それと、ジュウオウは「良い作品だった」か「物足りなかった」で分かれる印象があるな
そしてどっちの意見も分かる
俺は良い作品だったと思うし歴代でもかなり好きだけど、物足りないというのも理解出来る
1163 : ななしのよっしん :2017/02/10(金) 07:47:35 ID: YsVxnYpOX1
ゴーカイジャー以降の作品で何かおすすめある?
やっぱりトッキュウジャー?
1164 : ななしのよっしん :2017/02/10(金) 07:57:41 ID: 7KV4suBARt
王道の明るく楽しいヒーローものが見たいならキョウリュウジャー
シリアス気味のヒーローものが見たいならトッキュウジャー

どっちも丁寧な作りの作品だからちょくちょく「おぉ~」って感心させられる。後は完全に好みの問題
1165 : ななしのよっしん :2017/02/11(土) 12:54:01 ID: jrW/Sn5kn3
キョウリュウジャーは『熱血漢と指揮官のハイブリッド型レッド』
『因縁なり対話なりで敵幹部個人と接点持ちのメンバー達』
という点でボウケンジャーと同じスピリットを感じて面白かったな

いよいよ始まるキュウレンジャー、カタログバレ画像から察する限りでも
望月Pが『従来の戦隊の良さを継ぎつつ新境地を切り開く』
と語っていた抱負通りのものが感じられて楽しみ
1166 : 本当は必要だろ :2017/02/12(日) 07:37:30 ID: EmHZzOUprH
倒幕戦隊はーじまるよー
1167 : ななしのよっしん :2017/02/21(火) 18:24:52 ID: 5ENm0OZzsj
近年の戦隊って考えないことが正しいんだという理屈に陥りがちなのがなぁ
悩む事ってそんなに悪い事なのかね?
1168 : ななしのよっしん :2017/02/24(金) 06:23:20 ID: XqTO0ihIM9
キュウレンピンクと化したゴーカイイエロー
最近の知らんけど今は地球人戦士や巻き込まれ系いないのか
もっぱら宇宙人や職業戦士中心みたいだが
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015