編集  

ズァーク単語

ズァーク

ズァークとは、アニメ遊☆戯☆王アーク・ファイブ」の登場人物である。CVは関連性の強い榊遊矢らびユーリと同じ小野賢章であり、一人三役。
この項では、彼の作中での姿覇王ズァークについても解説する。

概要

スタンダード融合シンクロエクシーズ次元が分断される前である『ひとつの世界』のデュエリスト
元々は一般的な普通の存在であったが、リアルソリッドビジョンデュエルにおいて実用化されると共に注を浴びる事となった。
モンスターが聞こえる」との事で、リアル化したモンスター達と高い連携を発揮する。その姿は同じ世界の出身であるく「モンスターと共に地を駆け、宙を舞い、フィールド内を駆けまわる」を体現するかの如く。
また、4体のドラゴンの本来の所有者であり、主人公榊遊矢と彼に顔つきが似ているデュエリスト達計4人の基になった存在。彼らの本来の姿ともいえるのかもしれない。

「ひとつの世界」において

デュエルの大会で勝ち上がる日々、悲劇は起きた。
ある対戦において、対戦相手が倒れ込んだモンスターの下敷きとなって重体になるという事故が発生、観客やズァーク自身はそのに動揺する。
しかし、熱狂していた人達は歓を上げ、他の人々の動揺もいつの間にか歓に変わっていった、そしてズァークもまた……。
熱狂した人々を魅了するかのようにしく危険なパフォーマンスを繰り広げるズァーク、その姿に熱狂する人々。
いつの間にか彼はデュエルの有り様を変え、その姿に触発されたデュエリスト達までも危険なパフォーマンスで魅せだす。

ある日、世界中のデュエリストを下した彼は観客に問いかける、「まだ満足していない、もっとしいデュエルをしたい」……。
それに応えるようにしいデュエルめ続ける観客、そのを受けたズァーク突然4体のドラゴンを召喚。ズァークと共鳴し破壊衝動を増幅させたドラゴン達は会場の人々を襲い、その場は惨劇へと変わったのである。
会場を壊滅させたドラゴン達の破壊衝動は止まることなく、それを感じたズァークは1つとなる事を決意、「アストログラフ・マジシャン」のを解放する事でズァークと4体のドラゴンは1つの姿へと重ね合わさり、後述のにも等しい覇王龍ズァーク」へと変貌した。
しかし、赤馬零王であったレイが、王の元から持ち出し行使したカードにより、「覇王龍ズァーク」はそれぞれ分裂した次元とともに分裂。
融合次元には「ユーリスターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」、S次元には「ユーゴクリアウィング・シンクロ・ドラゴン」、X次元に「ユートダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン」、そしてスタンダード次元榊遊勝のもとには「遊矢とオッドアイズ・ドラゴン」……。

復活

そして王の推し進める次元統合により第五次元アークファイブが生まれる最中、ユートユーゴを取り込みながら突する遊矢とユーリ。しかし、仲間たちが「願い=欲望を託し」「デュエルに勝つことを願った」ことで、登場人物全ての想いを嘲るように遊矢の中で彼の人格は消え、「覇王」は復活を遂げてしまう。
彼らの出自を考えると、「元の姿に戻ってしまった」というのが正しいが……。
復活後は覇王」としての姿とは別に、榊遊矢ベースとした悪魔の姿も持ち、自身召喚後は悪魔の姿の半身が「覇王」と合体する

次元を滅亡させようと行動を開始し、手当たり次第にデュエルを申し込む。
しかし、実は全次元滅亡の方法がはっきりしておらず、破壊を行いながらデュエルしろ!」と対戦相手を探しており、負けたとしてもデュエルアカデミア関係者の様にカード化、いはダークネスドン・サウザンドのように負けた相手を消滅させる等のデメリットがないため、やや行動がちぐはぐ。

また、そもそも行動原理が「元々の次元の観客の煽り」を飛躍させたものであり、自分の意思というものが「デュエルをしたい」という一点以外感じられない。事あるごとに「お前たちがそう望んだから」と口にし責任転嫁を行う。
彼に関する要素が重なった結果、ボスキャラクターの中でも極めてスケールの小さいキャラクターになってしまっている。現に彼のペンデュラムケールは彼のカード覇王に次ぐスケール1であり非常に小さい。
一方、全デュエルをしたい意志が垣間見え、楽しそうにデュエルをしており、作中でもぶっちぎりのデュエル脳を発揮しているためか、「ただデュエルをしたいだけ」「フリーお願いします(縮めて『フリー』)」などと言われることもある。

最終的に、乱入した羅が使用した「エン」シリーズカード4種と、彼の中で一時的に現れた榊遊矢の意思によってほぼ自害に近い形で敗北、そのまま封印される。遊矢だけはズァークの姿から戻っているのが確認できるが、他の三名の状況は不明。

分裂前の使用デッキの実態は不明。
現状はっきりしているのはデッキカードとして「オッドアイズ・ドラゴン」と「アストログラフ・マジシャン」、エクストラデッキカードとして「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」・「クリアウィング・シンクロ・ドラゴン」・「ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン」を所持している事のみ。
復活後は後述の自身召喚を狙うデッキを使用し、自身の属たる「覇王」を代表とした「覇王モンスターも使用している。自身召喚後、相手の召喚法に合わせ下級ペンデュラム素材に「覇王」を呼び出し戦わせる戦法を基本とする、言わばエクストラ召喚法キラーという戦法を持つ。だが、自身召喚後の状態を引き継ぎ次々乱入されるため、素の彼の強さが把握できない状態となってしまっている。これも彼のボスキャラクターとしてのスケールを下げる要因となっている。

ちなみに当時のアストログラフ・マジシャンテキストにはズァークが使用していない「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」の名前が確認できる模様。そして実際のカードテキストでもオッドアイズ・ドラゴン」は関係な存在に……。

王のデータユーリし「Z-ARC」とあったことから、次元を「ARC」とし、その終末の要因として「Z」を「最期」と意味づけてのネーミングと思われる。シリーズ3作遊☆戯☆王ファイブディーズ」のボスキャラクターZ-ONE」とネーミングの方向性が一致するが、関連するネタなのかは不明。芸がない。
なお、特殊な名前だが基本的に作中での彼の名の発音は「ザーク」。

《覇王龍ズァーク》

先述の通り、過去融合して以降のズァークはこの姿で登場する。
アニメに先駆けネタバレで復活が確定OCG化が決定しており、以下の効果はOCG版のテキスト

融合ペンデュラム・効果モンスター
12/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守4000
【Pスケール1/1】
(1):このカードがPゾーンに存在する限り、
相手フィールド融合・S・Xモンスターは効果を発動できない。
(2):1ターンに1度、相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた時に発動できる。
そのカードを破壊する。
モンスター効果】
ドラゴン族の融合・S・X・Pモンスター1体ずつ合計4体
このカード融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
相手フィールドカードを全て破壊する。
(2):このカードは相手の効果の対にならず、相手の効果では破壊されない。
(3):このカード戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
デッキエクストラデッキから「覇王モンスター1体を特殊召喚する。
(4):モンスターゾーンのこのカード戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置く。

2017年1月14日発売のパック「マキシマムクライシス」に収録されるパッケージモンスター
OCGでは初の融合ペンデュラムモンスターである。しかし、「融合召喚でしか特殊召喚できない」自身の制約によりこのカードペンデュラム召喚することは不可能

融合素材は設定通り、各召喚法のドラゴンモンスター融合する必要がある。例えるなら、「創 Sophia」の融合モンスター版だが、儀式モンスターの代わりにペンデュラムカードを要し、素材ドラゴン限定。
フィールドのみでの融合は非現実的であり、それどころか2017年3月から施行されるマスタールール4の影化ではフィールド融合ほぼ不可能になるため、出来うる限り別の方法での融合を試みたい。墓地での融合ドラゴン融合の「」に加え、シンクロモンスター素材に含んでいることから「ミラクルシンクロフュージョン」が使用可であり、意外と難しくない。
ペンデュラムケールに該当ペンデュラムモンスターセッティングされている場合、「ペンデュラムフュージョン」でそれらを融合素材にすることも可だが、ペンデュラムカード以外は大抵出す条件が難しいモンスターばかりである。但し、効果でスケールに移動したこのカードを再度融合素材として利用することは可
素材が4体、うち3体が手札に保持できないため、エクストラデッキから直接オッドアイズ融合素材にできる効果を持つ「オッドアイズフュージョン」は、「フィールドモンスターがいない場合融合素材わなくなる」ことから使用できない。ただし、「オッドアイズ」はペンデュラム兼任エクシーズモンスターを抱えるため、「オッドアイズフュージョン」で素材エクストラから墓地に落とすことでシンクロ以外の3種のドラゴン族をフィールド墓地えることが可になるため、墓地融合ルート現実味が増す。

融合魔法に加えドラゴン族のペンデュラムカードデッキに投入する必要があるため、構築は特殊にならざるを得ない。このカードも含め、ペンデュラムと兼任する融合・S・Xモンスターはそれぞれ存在するが、それらは召喚の手間がかかるか素材定が厳しいため、通常の用法ではあまり頼れない。
だが、「轟雷ザボルグ」の効果でエクストラデッキを自分から破壊した場合、融合に必要な一通りの素材と、おまけ墓地に送ることで先述の墓地融合魔法ミラクルシンクロフュージョン」のサーチが可な「捕食植物キメラフレシア」を墓地叩き落とすことが可。これにより、素くこのカード融合召喚の布を整えることが可であり、この方法でズァーク融合召喚するルートは俗にズァークと呼ばれ、このデッキタイプの場合ペンデュラム兼任のドラゴンカード融合素材として重要な意味を持つ。
轟雷」軸のデッキに一式を入れ、メインデッキに「ミラクルシンクロフュージョン」を入れればいいためデッキバランスを崩さないのが利点だが、特定最上モンスターに頼るため安定性に劣るという「轟雷」軸共通の難点が解消されていない上に、「キメラフレシア」でサーチする場合1ターンの遅れが生じてしまう。

また、「アストログラフ・マジシャン」は対となるOCGオリジナルカードクロノグラフ・マジシャン」同様、設定通りこのカード融合召喚行為を内蔵した効果を持つ。この場合必要なのは「ペンデュラムドラゴン」「エクシーズドラゴン」「シンクロドラゴン」「フュージョンドラゴン」の4種1枚ずつであり、アニメでのカードに加え、「アストログラフ・マジシャン」の収録されるストラクチャデッキペンデュラムエボリューション」でもそれらの代替となる「魔術師」4種類が新規収録されるため、特化デッキならば融合召喚も難しくない。
ちなみにこの場合、「ペンデュラムドラゴン」には融合モンスターも多いため、そちらを代替にすることも可

このように召喚条件が難しいが、その分を取り返しうるいくつもの効果を持つ。
モンスター効果だが、1の効果はフィールドの全破壊。耐性を持たれることも多いが、損失を取り返す可性は少なくない。
2の効果は効果破壊と対に取る効果に対しての耐性。攻撃も高めだが、戦闘破壊はされ、対に取らない効果は受けるため過信は禁物。実は相手の効果に対してのみの耐性であり、の破壊効果に巻き込むと破壊されてしまう
3の効果は、1とは相性がよくないが、戦闘破壊のたびにアドバンテージを得られる。「覇王」が増えるたびに可性が広がるが、純アドバンテージを1枚分獲得できるだけでも優秀。だが、新マスタールールの影で、リンクモンスターを併用しなければエクストラデッキ覇王を展開できなくなってしまったため、実質呼ぶ対デッキに存在する「覇王ダークヴルム」か「覇王オッドアイズ」のみとなる。基本的には前者を出したいが、単体では微妙な性後者ズァークと組み合わせればステータスも込みでその価を発揮できる。

また、4の効果でたとえ戦闘破壊されてもペンデュラムケールに居座り、さらなる妨が可
ペンデュラム効果は1が融合・S・Xモンスターの効果発動を封じるという大きな影をもたらす。現在エクストラデッキに切り札や除去手段が集中することも少なくないため、これで場が停滞することも少なくない。
このカードを除去するために手札を増やそうにも、2のペンデュラム効果で増えた手札自体を破壊されてしまう。これを潜り抜けるにはドローフェイズで手札を増やすしかない。逆に言えば、ドローフェイズ中なら効果で手札を増やしてもズァーク叩き落とされないため、フリーチェーンのドローカードは可な限りドローフェイズに発動することで逆転の一手を掴みたい。この効果を逆用し、自他ともに手札交換する「手札殺」などのカードを使用することで、交換した相手の手札全てを削り取るという荒業も可
このカードペンデュラムケールは1のため、ペンデュラム召喚のスケールとしても十分に役に立ち、このカード体ということは必然的にペンデュラムカードを多く投入することが多いため、立て直しも難しくない。

モンスターとしてっ先に敵として挙げられるのは、いつものSNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング」。4のモンスター効果は起動効果のため、一方的戦闘破壊を受け、ペンデュラムゾーンにも置けないまま倒されてしまう。そうすれば、このカードは表側表示でエクストラデッキに戻ってしまい、一度エクストラデッキから取り除かない限りいかなる方法でも再召喚できなくなってしまう
また、「N・グラン・モール」や「氷結界の龍 トリシューラ」など、破壊でも対を取る効果でもない除去は少なからず存在する。それらと相対する可性を考え、モンスターとして維持するのではなくペンデュラムゾーンに逃がすために、自発的に「デストラクト・ポーション」などでモンスターゾーンのこのカードを破壊し、ペンデュラム効果に切り替えることも考えたい。この場合、一度エクストラデッキに加わってから新たにチェーンを組み効果を発動するため、トリシューラの範囲外に一時的に逃げることができる。

なお、このカードペンデュラムケールモンスターゾーンにそれぞれ存在する場合は、起動効果で攻撃を上げるライトニングを永続効果で封じ込めるため、メジャーな弱点を潰されることで攻略が一気に難しくなる。とはいえ1枚でも召喚条件は極めて厳しいわけだが……。

その他、実は「破壊されない」「攻撃4000オーバー」の2つの条件を満たすモンスターを相手にするのが苦手。高い攻撃への対抗策が1の全体破壊効果しかないため、自身を上回る打点に耐性を持たれるとどうしようもなくなる。そのあたりはむしろ素材となりうるモンスターが得意とする分野なので、上手く併用して攻めたい。

総じて制圧が高く、上手く使えば戦況をひっくり返すことが可モンスター
これがボスキャラクターかつOCGパッケージモンスターであるというのは前代未聞のことであるが、登場に関してはズァークデュエルに登場するタイミングが他のボスキャラクターよりややいというのがポイントか。

余談だが、「ペンデュラムカード」でもなく、名称「ペンデュラムドラゴン」でもないオッドアイズ・ドラゴン」はOCGでもどう足掻いてもズァーク融合素材にできないようになってしまったアニメでは『ひとつの世界』で融合素材になっていたはずだが。

また、漫画での各四元ネタにしたカードは、それぞれ召喚法の名前が排され、「アストログラフ・マジシャンルートでの融合召喚には使えない。漫画アニメが別世界であることの暗喩なのかもしれない。

アニメ版

しかし、遅れて発表されたアニメ版の効果はこれをかにぐおぞましいものだった。

を統べ、第五の次元に君臨する究極よ!
今こそこのと一つとなるのだ!


出でよ、覇王ズァーク

融合シンクロエクシーズペンデュラム効果モンスター
12/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守4000
【Pスケール1/1】
(1):自分フィールドの「覇王モンスター1体をリリースして発動できる。
ゾーンのこのカードを召喚条件を視して特殊召喚する。
モンスター効果】
このカードルール融合・S・Xモンスターとしても扱う。
その際、このカードランクはそのレベルと同じとする。
このカードは「アストログラフ・マジシャン」の(3)の効果でしか特殊召喚できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドモンスターを全て破壊する。
その後、この効果でモンスターを破壊されたプレイヤーに、
破壊した全てのモンスターの攻撃の合計分のダメージを与える。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。
(2):融合・S・Xモンスターが自分・相手の墓地に存在する限り、
または除外されている限り、このカードは破壊されず、フィールドを離れる効果を受けない。
(3):このカードモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドモンスターは相手の融合・S・Xモンスターの効果を受けない。
(4):このカード戦闘で相手モンスターを破壊した場合に発動できる。
エクストラデッキから「覇王モンスターを2体まで守備表示で特殊召喚する。
(5):相手がドローフェイズ以外でカードを手札に加えた場合に発動できる。
そのカードを破壊する。

融合シンクロエクシーズペンデュラムその全てに属し、カードの色の上半分が左から効果モンスター融合シンクロエクシーズの色に分割されているという、わけのわからないカードと化している。
元々の要素である「ペンデュラムに加え、4体のモンスターを束ねるということで「融合の要素が残され、OCG融合ペンデュラムモンスターになったのは「結果的に」必要な要素だったため、と思われる。あくまでアニメでは融合という形ではないため、「統合召喚」と特殊な口上をつけられている。
アストログラフ・マジシャン」(と自身)の効果でしか特殊召喚できない特異なモンスターである(はずだが、なぜか「スマイルユニバース」の効果で特殊召喚されていたりする。不思議だなあ)
参考として、アニメ版の同モンスターの効果はこちら。

効果モンスター
7/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2000
(1):このカードが手札に存在し、自分フィールドカードが破壊された場合、
その破壊されたカードを対として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードがこのカードの(1)の効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカードの(1)の効果で対としたカードを、
そのカードが破壊された時に存在していた元々のゾーンに表側表示で置く。
(3):このカードリリースして発動できる。
自分のデッキエクストラデッキフィールド墓地から、
スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」「クリアウィング・シンクロ・ドラゴン
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン」「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」を1体ずつ除外し、
エクストラデッキから「覇王龍ズァーク」1体を特殊召喚する。

アニメではデッキエクストラデッキからもコストの除外が可と、OCGよりかに条件が軽い。また、破壊されてエクストラデッキに表側で加わっても統合召喚の条件を満たせば問答用で再召喚する事も可
自身の条件のため、シンクロ素材も記載されていない上に、オーバーレイユニットに関する効果も持たない。また、あくまでペンデュラムカードメインであるためか、わざわざ効果外テキストでも「融合シンクロエクシーズにも属する」と記されている。

色々と凄まじいカードだが、OCG化にあたりややマイルドに調整された上で効果の形を残していることが分かる。
以下、OCGとの効果の較。

と、全体的にマイルドになっているが、Pゾーンに移動する効果を持たせた上で「モンスター効果とP効果に分割する」という形でこの異常な効果量を再現している。OCGスタッフった。
なお、OCGにない効果として、「覇王モンスター1体をコストにPゾーンから再びる。つまりまだ再展開の余地があるということであり、ちゃっかり自身のその効果も「召喚条件を視して」となっている。これが再現されていたら大変なことになっていただろう。
テキスト量は533字であり、アニメカード最多のテキスト量となっている。多すぎ。

5の手札破壊効果は、本来はデッキ外から都合のいいカードを手札に加えるアクションカードを否定する要素として制定されたものであると思われる。しかしアクションカードはだいたいスペルスピード2で発動が可であり、チェーンブロックを作る」効果ではスペルスピード2のカードチェーン発動されて終わってしまう。しかし乱入した黒咲隼らがアクションカードを取って即使おうとし、使う前に破棄させられるシーンが存在するため、これはおそらくアニメ側のテキスト設定ミスと思われる。

また、OCG版と変わらず、自身を上回る打点のモンスターを止めづらい弱点があるが、効果を受けない代わりに対に取れることがそれをより顕著にしている。
この点を、相手がエクストラデッキからの召喚法を行使した際に即座に召喚できる「覇王」で補っているのだが、状況を引き継いでデュエルを行う乱入で、この覇王を入れ替えつつ戦うデュエルが連続で行われているため、自身が耐性付与とアクションカード封じを行うだけの置物となっている。

これまでの物語終盤のボスキャラクターカードとは異なり、単純に強い効果をこれでもかとばかりに所持しているが、際立った異質な効果自体は持っていない。そのカード種こそが「異質」さを表しているということだろうか。

関連動画

関連商品

関連チャンネル

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BA%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%AF
ページ番号: 5449200 リビジョン番号: 2479673
読み:ズァーク
初版作成日: 16/10/15 14:52 ◆ 最終更新日: 17/04/15 14:01
編集内容についての説明/コメント: 覇王龍の方の性能に追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ズァークについて語るスレ

998 : ななしのよっしん :2018/04/12(木) 13:53:02 ID: vKeAieNoRh
監督脚本家融合したオナニーモンスターだし、こいつ。
999 : ななしのよっしん :2018/04/27(金) 21:05:26 ID: ZT5VbfIA4J
よくよく考えてみるとZ‐ONEならアニメズァーク相手でも勝てるんじゃなかろうか?
時械は効果モンスター融合シンクロエクシーズのどれでもないし墓地にも行かないからズァークは強化されない。
サンダイオン出しただけで終わりそうだ.流石チームニューワールドリーダーだ!
1000 : ななしのよっしん :2018/04/28(土) 21:37:01 ID: Xgeml7AsyT
1000ゲット
1001 : ななしのよっしん :2018/05/02(水) 13:14:46 ID: Yves78tyqm
>>999
さらに言うとオリジナルエドのブルーDでも詰む
除去耐性が対エクストラモンスターに集約しているから抜け自体はかなり多い
1002 : ななしのよっしん :2018/05/02(水) 13:22:25 ID: 0y1q3kKPge
ん?まさかアニメ版は機皇でも吸収できるのか?
アニメで頑ってた割に意外と耐性脆いな
1003 : ななしのよっしん :2018/05/02(水) 13:28:34 ID: Yves78tyqm
連投失礼
オリジナルブルーDならDフォース必要やね
かこいシンクロでもあるから同じイリアステルホセが使うグランエルも有効
原作グランエルは効果効にするパーツがあるし
1004 : ななしのよっしん :2018/05/02(水) 13:36:11 ID: Yves78tyqm
何度も連投スマン

>>1002
融合・S・ Xが除外されていると場から離れなくなるからワイゼルとスキエルじゃ多分
上にもかいたけど効果パーツ持ちのグランエルグランエルパーツ効果を取り込めるマシニクルなら対処できる
1005 : ななしのよっしん :2018/05/03(木) 10:10:35 ID: wPM4bsfK0q
>>1004
落ち着け、モンスターからそのまま装備カードになるからフィールドから離れない
よって機皇OCG版でも有効
1006 : ななしのよっしん :2018/05/13(日) 12:03:27 ID: Bqne4oR5FR
そも沢渡の魔王の降臨よろしく魔法普通に通用するから例えばヌメロンフォースで門ごと効化して(遊馬的にはヴィクトリー出しそうだが)Vでズァーク爆殺すれば即終了だし
それこそ超重武者なんかはかなり有効なんだけどジャックのせいでクリアウィングなんか出されて足引っられてたしなぁ
1007 : 削除しました :削除しました ID: RiSoxBklk7
削除しました
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829