単語記事: セルアニメ

編集

セルアニメは、セル画を撮影して作られるアニメーション

概要

セル画はセルと呼ばれる透明シート[1]キャラクター等の絵を描いたもの。背景の上にセル画を重ね、セル画の差し替えにより動きを付けていくのがセルアニメ制作手法の基本である。

透明な素材を用いるため、演技するキャラクター背景を別に描き、コマごとにキャラクターのみ動かして背景を流用することができる。加えて、キャラクター自体も動く部分(や口、髪の毛など)を動かない部分と分けて作画することが可となる。このため、セルアニメ素材を用いたアニメーションの中でも性に優れ分業に適するという利点があり、日本においては商業アニメーション制作手法として流になった。

内のアニメスタジオでは、1997年ころからセル画を用いる工程のデジタル化(後述)が進んでいた。テレビ作品としては最後のセルアニメとして制作されていた『サザエさん』が2013年10月デジタル制作全移行し、セルアニメテレビから姿を消した。

制作工程

セルアニメ制作工程のうち、セル画に関係する部分を略述する。

トレス

動画に描かれた「動画」の線をセルに写し取る工程。トレスする線は鉛筆で描かれた線と、色鉛筆で塗り分けを示した色トレス線の2種。はじめは手描きによるハンドトレスを行っていたが、熱で鉛筆の描線に含まれるを焼き付けるトレスマシンの導入により、線に関しては転写の自動化が実現した。

彩色

アニメカラーと呼ばれる塗料をセルに塗る。この工程と、エアブラシ等による特殊効果をもってセル画が完成する。塗料はセルの裏面に塗られるため、表からは動画の線が塗りつぶされずに残る。アニメカラーの色数は限られており、既成品にない色が必要な場合はスタジオでの混合やメーカーへの特注が行われた。

撮影

撮影台に背景セルを重ね、カメラを用いて1コマずつ撮影する。背景セルカメラの移動により、実写映画で用いられるような種々のカメラワークを実現する。また、多重露等の学的手法により、発、透過などの視覚効果を加える。

撮影台の仕組み、撮影の方法については以下のWEBサイトにて図付きで解説されている。

デジタル化

前述のとおり、現在テレビアニメ劇場アニメデジタル制作されている。

デジタルアニメ制作では、動画スキャンしてデジタルデータにする作業に始まり、色、撮影から完成にいたるまでの工程をコンピュータ上で行う。デジタル化に伴い、セル画にまつわる様々な作業が不要になり、工程全体の大幅な化が実現した。

加えて、3DCGによるキャラクター背景デジタルペイントによる背景活用されるようになった。作画工程は今なお紙鉛筆による作業が流だが、液晶ペンタブレットを用いたデジタル作画も取り入れられつつある。

デジタルアニメ制作セル画そのものは用いられないものの、「セル」という用デジタルデータとしての素材として用いられている。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *この名称はかつて素材として用いられていたセルロイドに由来する。素材にはのちにアセテートが使われるようになった。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1
ページ番号: 1116613 リビジョン番号: 2185271
読み:セルアニメ
初版作成日: 09/01/25 22:55 ◆ 最終更新日: 15/03/31 23:40
編集内容についての説明/コメント: 制作工程を概要から分離、デジタルアニメについて節を分けて記述
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

セルアニメについて語るスレ

82 : ななしのよっしん :2016/01/25(月) 16:55:14 ID: 4OvF5Cg5p8
>>74
「最近のアニメーターは細部をうまく省略するのが下手になった」
これすごくわかる
遠くの方にいる人物とか、駄に描き込み過ぎてかえって汚くなってんのよな
83 : 削除しました :削除しました ID: 7E3N1qMpXY
削除しました
84 : ななしのよっしん :2016/07/04(月) 05:49:29 ID: 8CaLrXQiRn
色はともかく線に関してはデジタルは関係ない
BDの普及による画質向上、ビスタサイズ動画採用などによりアニメーターはこれまで以上にガタつきのない均一で綺麗な線を描くことが要されるようになった
あえて線に太い線や不均一な線を用いるときはわざわざ定が入るくらいに
あれは「デジタル化の弊」ではなく「動画マンの努の結果」なんだ

むしろ昔と待遇がそう変わらないのに時代に沿った細やかで美麗キャラデザに対応しなくちゃならなくなったり、細部のごまかしが効かなくなったりとどんどん負担ばかりが増しているのが現状なんだぞ
ちなみに最終的に動画クリンナップ(線画を綺麗に整え描く作業)を行っている動画マンには作画内容に言及する権限は基本的にいからな

もちろん視聴者側には一切知ったこっちゃない話と言えばそれまでだが、作画に言及するならばその辺りをんでやってくれないか
これはアニメーターの意志というより製作側や時代のニーズの結果なんだ
85 : ななしのよっしん :2016/09/26(月) 09:50:27 ID: oqU5dxFZyF
最近のだの言ってる人もいるが細かいところを書き込まなきゃいけなくしたのはいちいち文句言ってくる視聴者も原因だからな
省略したらそこをアップにして作画が崩れてるとか言ってネットしてんのは誰だって話
86 : ななしのよっしん :2016/09/26(月) 10:05:35 ID: bLM7B7ZA4b
そうなってくると結局はデジタルに頼らないとやっていけないしな
87 : ななしのよっしん :2017/02/18(土) 00:10:45 ID: SJcTYXYouf
セル画こそが日本の宝
デジタルは楽なだけ
88 : ななしのよっしん :2017/03/23(木) 00:51:26 ID: ciX4LFDH+f
>>78
だけど2008年の「のらみみ」で演出として部分的にセル画が使われてるね
これは例外とすると、自分が知る限りでは2003~2004年の「ASTRO BOY 鉄腕アトム」あたりが最後に近いかも
89 : ななしのよっしん :2017/06/27(火) 16:11:37 ID: XQB0BnMZ7Y
デジタル技術自体はいいと思うし化でアニメーターの負担が減るのは間違えなくいいことのはずなんだけど
今のアニメってデジタル化によってできた余分をぶっこんでとにかくアニメを量産してるって感じがする
昔みたいな作画崩れが多いわけではないんだけどなんかそう感じる
90 : ななしのよっしん :2017/07/23(日) 20:56:31 ID: 8CaLrXQiRn
>>89
>>84でも書いたがデジタル化でアニメーターの負担はむしろ増してる
減ったのではなく「出来ることが増えた」
実質的に負担が減ったのは色・編集・撮影がな部分
デジタル画材の導入を進めているスタジオもあるだろうが、どっちにしろ手で描くのは変わらんよ

その「余をもってアニメを量産してる」、「デジタルは楽してる」って意見の手合いがどうにも多いが、申し訳ないがよくそんな事が言えるなって思ってしまうよ
91 : ななしのよっしん :2017/08/26(土) 08:53:17 ID: inUPSUeQka
>>78
30アニメだとサザエさんを除いたら2003年4月2004年3月放送の鉄腕アトムが最後
ショートアニメだと親子クラブ2004年9月頃までセル
制作されてた
映画とかアダルトアニメとかはさすがにわからないけど
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829