単語記事: セ・パ交流戦

編集  

セ・パ交流戦とは、プロ野球セ・リーグの球団とパ・リーグの球団が対戦する交流戦である。単に「交流戦」と呼ばれることが多い。

概要

正式名称は「日本生命セ・パ交流戦」。毎年5月から6月にかけて開催される。

以前からパ・リーグの方が交流戦の開催を要望していたが、巨人戦の放映権料に頼っていたセ・リーグの球団が巨人戦の減少を理由に難色を示したため実現せずにいた。しかし2004年オフの球界再編騒動をきっかけに歩み寄りがなされ、2005年から開催されるようになった(とはいえ今でもセの各球団は交流戦の試合数減をことあるごとに要しており、現状維持めるパが押し切られる格好で試合数減が続いている)。

交流戦の成績はそのままペナントレースの成績に組み込まれる。それとは別個に、2014年までは交流戦の成績のみで最も勝率が高かったチームが「交流戦優勝」として表された。2015年からはリーグ対抗戦という形になり、勝ち越したリーグの全球団に賞(上位ほど高額)が出る形となっている。また、2015年からはそれまでオールスターの勝敗で決定されていたドラフト会議優先権(ウェーバーで先になる権利)が、交流戦で勝ち越したリーグに与えられることになった。

交流戦で勢いに乗るチームもあれば、交流戦で一気に失速するチームもあり、ペナントレースに与える影は大きい。リーグ全体の勝敗は2009年まではほぼ拮抗していたが、2010年以降はパ・リーグが大きく勝ち越すことが多い。特に2010年交流戦の上位6球団をパ・リーグ6球団が独占した。セ・リーグが勝ち越したのは2009年のみであり、また交流戦1位になったセ・リーグの球団は巨人2012年2014年)だけである。

2015年交流戦では、セ・リーグの上位にいたDeNA巨人がともに大きく負け越し貯を吐き出したたため、交流戦終了後にセ・リーグ全球団が勝率5割未満になるという前代未聞の事が起こった。→セ界恐慌

基本的にセ・リーグ催試合では指名打者制は採用されないため、普段打席に立たないパ・リーグ投手が打席に立つ。ちなみに2017年現在交流戦本塁打を打った投手は全てパ・リーグ投手で、ジェレミー・パウエルオリックス2005年)、岩本勉日本ハム2005年)、松坂大輔西武2006年)、リックガトームソン(ソフトバンク2007年)、大隣憲司ソフトバンク2007年)、アルフレッド・フィガロオリックス2011年)の6人(大谷翔平は除く)。

試合数が少ない為、ペナントレース較して2チーム以上が同率順位で終わるというケースしくない。2010年度以前は同率時は勝ち数も同じ場合は昨年度の交流戦順位で上位の球団が上になるルールであった(例:2008年度はソフトバンク阪神が同勝率・同勝利数であった為、昨年2007年度の順位が上位であったソフトバンクが上位となり優勝となった)。

2011年度以降は細分化され、

  1. 勝ち数が多い球団が上位
  2. 同率チームが2チームかつ、セ・パ別リーグチームの場合は直接対決の成績優秀チームが上位
  3. 3チーム以上同一・2チーム同率が同リーグまたは直接対決が五分五分の場合はTQB(1イニング均得点から1イニング均失点を減じた数値)の高いチームが上位

となった。この為、同率で並びそうな場合は直接対決で勝ち越したり、できるだけ得点を取りかつ失点を減らす事も要されるようになった。

2005~2006年(36試合制)

2005年の開始から2006年までは、1カード3試合×2カード×6球団の全36試合制。全試合予告先発なし、パ催試合のみ指名打者制。

2年連続で千葉ロッテマリーンズが優勝。リーグ全体では2年連続でパ・リーグが1勝差で勝ち越した。

2007年~2014年(24試合制)

2007年からは1カード2試合×2カード×6球団の全24試合制になった。このため、交流戦期間中は2連戦が続く形となって日程に余裕が生まれ、各球団にとってはこの間先発投手の頭数が少なくて済んだ。

2011年までは予告先発パ・リーグ催試合でも行われていなかったが、2012年セ・リーグが予告先発を導入したことにより、同年から交流戦でも全試合で予告先発が導入された。

2014年交流戦10周年のとして選手会からの提案もあり、セ・リーグ催試合では指名打者制度を採用、パ・リーグ催試合では指名打者制度を採用しないという入れ替えを実施した。その為、パ・リーグのフライチャンズ球場で打席に立つ投手セ・リーグ催試合で指名打者選手の登場するという普段の試合では見られないが実現した。

2010年(パ81勝セ59勝4分)、2011年(パ78勝セ57勝9分)、2013年(パ80勝セ60勝4分)と、パ・リーグが大きく勝ち越す年が立った。

2015年~(18試合制)

度重なるセ・リーグ側の試合減要望もあり、2015年からは1カード3試合×1カード×6球団の18試合となった。このため、ペナントレース全体の試合数も2014年までの144試合から1試合減って143試合に。

1カード3試合のため、3カードずつホームゲームのみとビジターゲームのみの3連戦が組まれ、翌年はその逆になる方式。たとえば2015年巨人ソフトバンク東京ドームで3連戦が行われたので、2016年ヤフオクドームで3連戦が行われる。

順位変遷

年度
/順位
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005 ロッテ ソフトバンク 阪神 巨人 ヤクルト 横浜 オリックス 西武 中日 日本ハム 広島 楽天
2006 ロッテ ヤクルト 阪神 中日 ソフトバンク 西武 日本ハム 楽天 広島 横浜 巨人 オリックス
2007 日本ハム 巨人 横浜 ロッテ 中日 オリックス 楽天 ヤクルト ソフトバンク 阪神 西武 広島
2008 ソフトバンク 阪神 日本ハム 巨人 楽天 広島 中日 オリックス ヤクルト ロッテ 西武 横浜
2009 ソフトバンク ヤクルト 広島 中日 巨人 日本ハム 西武 ロッテ 阪神 楽天 オリックス 横浜
2010 オリックス 西武 ソフトバンク ロッテ 楽天 日本ハム 巨人 阪神 中日 広島 ヤクルト 横浜
2011 ソフトバンク オリックス 日本ハム 中日 西武 ヤクルト 巨人 阪神 楽天 ロッテ 横浜 広島
2012 巨人 日本ハム ロッテ 中日 西武 広島 オリックス 阪神 楽天 DeNA ソフトバンク ヤクルト
2013 ソフトバンク 楽天 巨人 日本ハム ロッテ オリックス 阪神 広島 西武 中日 ヤクルト DeNA
2014 巨人 ソフトバンク オリックス 中日 DeNA ロッテ 日本ハム 西武 ヤクルト 楽天 阪神 広島
2015 ソフトバンク 日本ハム 西武 楽天 ロッテ 阪神 広島 ヤクルト オリックス 中日 巨人 DeNA
2016 ソフトバンク ロッテ 広島 楽天 日本ハム 西武 巨人 中日 DeNA 阪神 ヤクルト オリックス
2017 ソフトバンク 広島 西武 阪神 楽天 オリックス DeNA 中日 日本ハム 巨人 ロッテ ヤクルト

太字日本シリーズ優勝球団、太字リーグ優勝球団。

通算成績(2017年終了時点)

順位 球団名 勝利 敗戦 引分 勝率 G差
1 福岡ソフトバンクホークス 192 114 12 .628 ----
2 北海道日本ハムファイターズ 168 140 10 .546 25.0
3 千葉ロッテマリーンズ 165 139 14 .543 26.0
4 読売ジャイアンツ 162 147 9 .524 31.5
5 中日ドラゴンズ 156 152 10 .507 37.0
6 埼玉西武ライオンズ 157 154 7 .505 37.5
7 阪神タイガース 153 155 10 .497 40.0
8 オリックス・バファローズ 151 159 8 .487 43.0
9 東北楽天ゴールデンイーグルス 148 166 4 .471 48.0
10 東京ヤクルトスワローズ 143 167 8 .461 51.0
11 広島東洋カープ 137 170 11 .446 55.5
12 横浜DeNAベイスターズ 121 190 7 .389 73.5

関連動画

交流戦動画は、特に2007年以降、年度別リンクタグがつけられており、そこから交流戦動画を辿ることができる。

07交流戦リンク
08交流戦リンク
09交流戦リンク
10交流戦リンク
11交流戦リンク 
12交流戦リンク 
13交流戦リンク
14交流戦リンク
15交流戦リンク
16交流戦リンク
17交流戦リンク

ドアラブームの火付け役である「ドアラ グッドウィルドームに立つ!」が2007年交流戦中日西武)の際の映像だったこともあってか、交流戦でのマスコット同士の交流の動画も多い。最近はバファローベルセ・リーグマスコットセクハラ被害に……。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%BB%E3%83%BB%E3%83%91%E4%BA%A4%E6%B5%81%E6%88%A6
ページ番号: 4727457 リビジョン番号: 2538434
読み:セパコウリュウセン
初版作成日: 11/09/21 17:13 ◆ 最終更新日: 17/11/06 02:59
編集内容についての説明/コメント: 2017年データに更新
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

セ・パ交流戦について語るスレ

105 : ななしのよっしん :2017/06/11(日) 17:50:29 ID: rjpIV0KnY1
素材ってのは言ってしまえば選手の伸びしろの上限やからね
素材をそのまま活かしきるかは入団してからの導や本人の努やけど、獲ってきた時点で底が知れてる選手ばっかだとチームは一気に暗黒化する

日本だと未だにファンの間では育成偏重でスカティングが軽視されがち
106 : ななしのよっしん :2017/06/12(月) 02:32:53 ID: uI/wo27wjj
ドラフトで7割なんて決まらんよ
プロで総合的に見て上位ばかりが活躍しているというまともなデータがあるならまだしも
の威を借るなんて言ってる人じゃ説得などないしな
育成ってよりは環境の問題だとは思うけどね
それをひっ含めて育成、自で良環境の中育つというのであればそうかもしれないが
107 : ななしのよっしん :2017/06/12(月) 02:42:51 ID: uI/wo27wjj
ああまぁ、でもいい選手にをつけてそれを獲得して上手くいい環境で育てるっていうのであれば確かに>>105の通りなのかもしれないね
優先権がどうとか言ってるのもいるからそれ関連の話含んでるのかと思ってしまったがそうでもないようだし
もしかしたらセのスカティングに問題があるというのであればそうなのかもしれない
実際、今の巨人なんて非キャラばかり重用して何がしたいのか分からない部分があるし
野球は結局のところ、出塁と長打、質量・物量で決まるスポーツだろうセイバーでそこら辺明らかになったが
未だに、小技だ工夫してる姿が美しいパワー重視は悪だみたいな価値観に囚われてる部分があるし
それは下位なりのない人間が努すればいいだけの話であって、基本は来たボールを強くくことだしね
108 : ななしのよっしん :2017/06/12(月) 19:23:25 ID: SgKUeYcI0A
コンパクト教なんてものがセに蔓延しとるのも数十年前から決まっとった運命やわ
109 : ななしのよっしん :2017/06/12(月) 19:27:10 ID: UN7AD/OxWf
コンパクトの示入ったエルレッドとバティスタはぼこすか打ってるんですけど
巨人は知らない
110 : ななしのよっしん :2017/06/12(月) 19:30:12 ID: SgKUeYcI0A
巨人はコンパクトを履き違えてるって言われとる事もあるな
落合なんかはコンパクトなスイングは駄のスイングの事で当てるだけのショボい打撃じゃないって言っとるし
111 : ななしのよっしん :2017/06/12(月) 20:13:11 ID: H4lXLv2hlg
ステボンズなんて理想の打撃フォームって言われてるよな、コンパクトだし
112 : ななしのよっしん :2017/06/20(火) 18:49:09 ID: stPBpUw2Ev
セリーグが毎年パリーグに負けるのは移動慣れしていないからだろうね。
パリーグ北海道から福岡まで移動距離が長くて選手にスタミナがいるけど
セリーグ広島から東京までで短い
だから体がなくて弱い
113 : ななしのよっしん :2017/06/20(火) 20:39:53 ID: vGw/8V116T
それも理由の1つかもしれないが、ていうか理由って1つだと断言できるものじゃないと思うんだがこの手のは
ま、それ含めて言われてるように環境が関係してるのだろうけど
114 : ななしのよっしん :2017/10/28(土) 21:16:06 ID: Nc8x5AClPK
今までが巨人(と阪神)の利権ブランドで何とかなってきたセリーグ
勝つことでしか存在をアピールできないパリーグの違い
・・・としか言えない

野球に限らず、世渡りが下手で地位が低い方が、得てして育成が上手い
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829