単語記事: セーブ

編集

セーブとは、ラテン語の「salvāre」という単になっており、これは「安全にする」などの意味を持つ。

英単として「save」と言った場合は「安全にする」「救う」「防ぐ」「守る」「そのままの状態を継続する」「保存する」などの意味を持つ。セーヴと書かれることはまれ。

また、生して以下のようにも使われている。

ソフトウェアのセーブ

一般的なソフトウェアにおいてのセーブの意味合いは(揮発性の)メモリ上にある現在の状況を、(不揮発性の)なにかの記憶装置に保存することを言う。日本語で保存、書き込み、格納と表記されることもある。

コンピュータゲームシステムにおいては、プレイデータを電を切ったりゲームオーバーしても消えない状態にすることを言い、次回のプレイ時は通常ここから始まる。
そのほかにも中断・スリープモードなどがあるが、これらは全な意味でのゲーム保存はされず概ね次回ロード時にデータが消去されるか、電を遮断せずにメモリ内にデータを残すかなどの意味である。

クイックセーブ

クイックセーブ(どこでもセーブ)とは、本来の所謂セーブポイントではないところでプレイ中のゲームの状況をそのままセーブできる機である。セーブ数は1つか多くても2~3つであるが、タイトル画面からすぐにゲーム再開できるなど使い勝手はよい。クイックセーブから再開することをクイックロードという。
かつではADVSLG実装されていたた機であるが、DSPSPなどの携帯ゲーム機では移動中や他の用事の待ち時間など短時間にプレイして終わったらすぐ止めるという遊ばれ方もされるため携帯ゲーム機ソフトでは便利機の一つとしてジャンルを問わず普及している。
その場合、あくまでもいつでもプレイ中のゲームの状態をそのまま中断・保存できるようにすることでいつでもゲームを中断・再開できるのが的であるので、正式なセーブとは分けられていることが多い。
特に、ファイアーエムブレム不思議のダンジョン等何度も同じところからロードされるとゲーム性を損なうようなゲームの場合一度ロードするとそのデータは消え、再度同じ場所からのやり直しが出来ないようになっているものもある。

また、ゲームそのものではなくエミュレーターサポートされている機であることも多く、その場合はその状態の全ての変数を一時保存し、ロード時に全く同じ状態から開始させるものをさす。
これを利用して最善手を何度も何度も調追記するこでで極限を追求するのにも使われたりする⇒TAS

スポーツのセーブ

野球

野球公式記録のひとつ。詳しい成立条件は「抑え投手」記事内の「セーブ」の項参照。 ⇒ こちら。

一般的にセーブ狙いで登板するピッチャーを「抑え」「クローザー」と言う。

セーブポイントセーブ中継ぎでの勝利数

サッカー

ゴールキーパーシュートを防ぐことをセーブという。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%96
ページ番号: 1995506 リビジョン番号: 1161135
読み:セーブ
初版作成日: 09/03/16 06:24 ◆ 最終更新日: 11/05/02 14:57
編集内容についての説明/コメント: 内容の追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

セーブについて語るスレ

15 : ななしのよっしん :2013/02/10(日) 21:22:32 ID: +AZfKohWhZ
人生の価値をセーブするために、人類は貨幣経済を発明しました!
さぁ皆さん、国債は今が買い時です!
皆さんのより良い明日のために、高利回りの中期国債をぜひ!
民のマスアイテム愛国者の
日本人なら、要らぬとはえないだ!
16 : ななしのよっしん :2013/05/28(火) 16:58:17 ID: Cfh1tym2lj
DSPSPの記述は普通の中断セーブ、もしくはスリープじゃないのかと
クイックセーブはどちらかといえばエミュレータの機す言葉だろう
17 : ななしのよっしん :2013/06/18(火) 15:44:01 ID: 4990pHgJ1F
>>16
自分も強い違和感を感じた。
クイックセーブ以下は全面的に書き直す必要がありそうだ。
18 : ななしのよっしん :2013/10/03(木) 19:01:53 ID: DBpFuVCc1V
WiiU3DSVCの丸ごとバックアップQSおk
19 : ななしのよっしん :2014/01/02(木) 22:14:15 ID: Jw4VBDBtnw
セーブしました。ナイスセーブ
セービングに非常に定評のある選手です。
20 : ななしのよっしん :2014/03/27(木) 15:39:43 ID: vj03I0bK99
ゲームにおける「セーブ」は、プレイヤーという「ゲーム世界の外の者」の都合により存在するシステムだ。
々が現在の状態をセーブできないように、作中の人物にはセーブなんて概念はないはず)

不自然な存在の「セーブ」をどのように登場させるのか?っていう工夫は、ゲームごとに違って面いと思う。

冒険の書とかに物理的に記録する系
・なんだか不思議なで思念や記憶が保存される系
・単にゲームシステムであり作中人物には全く認識されない系
・作中人物がプレイヤーを認識しててセーブネタにしちゃう系
21 : ななしのよっしん :2014/03/29(土) 17:03:37 ID: DTgNA9jrt0
>>16にもあるけど、エミュのステート機(いわゆるQSQL)と、中断セーブSLGとかのどこでもセーブの区別は必要だな
ゲーム製作時に想定されているかされていないかの違いは大きい
22 : ななしのよっしん :2014/04/04(金) 18:29:30 ID: 71Q1TCL7u4
でもクイックセーブって言葉自体はエミュ専用じゃなく、
昔はゲーム内のメニューでも結構使われてたよ。
あるいはメモリーセーブとも言ってた。

何せセーブが数分掛かるとか、パスワード式だったりするのが当たり前だったから、
「電切ると消える代わりに高速なセーブ」が重宝したんだ。
23 : ななしのよっしん :2016/01/07(木) 10:45:16 ID: Vfll0e3WSA
>>20
Undertaleっていうゲームは、それらを纏め上げて、うまくゲームに組み込んでいるのが本当に面
Saveという言葉の意味を多数使ったゲームってのはあまりないからなおさらそう思うのかな
24 : ななしのよっしん :2016/07/09(土) 02:04:09 ID: LvuFY25hVN
>>23
遅レスだが
RPGにおけるプレイヤーの立ち位置を追求したからああなったんだろう
今までメタ的に意識した発言をするゲームはあったかもしれないが、あそこまでプレイヤーという存在に対して向き合わせるゲームは今までになかったんだと思う
アイデアの勝利だな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015