単語記事: ゼノギアス

編集
ゼノギアスロゴ ゼノギアス
ジャンル RPG
対応機種 プレイステーション
発売元 スクウェア
開発元 スクウェア
発売日 1998年2月11日
価格(通常版) 6,800円(税込)
CERO:D 17歳以上対
その他 監督・脚本・演出:高橋哲哉
企画:加藤正人
キャラクターデザイン田中久仁
コンポーザー:光田康典

ゼノギアス』(Xenogears) とは、1998年スクウェア(現スクウェア・エニックス)より発売されたプレイステーション用のRPGである。
現在はPlayStation Storeゲームアーカイブスにて600円で販売中。

概要

ゆ(絵師)掲示板よりファイナルファンタジーVII』とほぼ同時期に開発がスタートし、プリレンリングCGを多く用いた『FFVII』とは違い、背景ポリゴンキャラクターを2Dのドットアニメーションで表現した作品となっている。

監督・脚本はクロノトリガーグラフィックディレクターであり、後に『ゼノサーガ』や『ゼノブレイド』を生み出す高橋哲哉音楽は『クロノトリガー』に続いて光田康典キャラクターデザインは『一撃殺虫!!ホイホイさん』の田中久仁。演出はクロノ・トリガーやラジカル・ドリーマーズシナリオを手掛けた加藤正人が務めている。

もともとは高橋哲哉FFVIIの企画案として考えたストーリーが原案である。坂口博信FFとは別の作品として作る事を勧められ、既に発足していた「クロノトリガー2」チーム(後の「ゼノギアスチーム)によって開発された。ゼノギアス開発終了後に加藤正人によってチームは再編成され、『クロノクロス』が開発された。その為、クロノクロス』と開発メンバーがほとんど同じとなっている。

RPGとしての評価はかなり高い。週刊ファミ通読者が選ぶアンケートランキングでも数年間上位を維持、文化庁メディア芸術祭10周年企画のアンケートでも選択項に本作品がないにも関わらず自由記入欄投票で3位という結果を残しており、非常にファンの多い作品であるといえる。電撃オンラインでの調も、リメイクして欲しいゲーム2位、続編が出て欲しいゲーム1位となった(ファミ通での調は5位)。BGMに関しても、前述の通り旧スクウェアの三大巨匠と呼称される光田康典が担当しており、発売してから日が経った今でも人気が高い。

複雑で難解な設定・ストーリー、設定資料集

しかしながらストーリーとそのバックグラウンドが非常に複雑で難解であり、1度クリアする程度では理解することは容易ではない。またDisc 2はサウンドノベルに近い形式でストーリーが進行し、操作シーンが少ないため不満も多い(これは開発メンバーが『FF』開発に異動させられたためとも言われている)。

ストーリーや用などを詳しく知りたい方は、公式設定資料集である「Xenogears PERFECT WORKS the Real thing -スクウェア公式ゼノギアス設定資料集(本作のファンたちからは略して「パーフェクトワークス」、「PW」等と表記されることも多い)」を読むとさらに楽しめるかもしれない。オープニングムービーや<原初の刻>やソラリス戦役の時代に何があったのかなど、プレイしただけでは掴みづらい内容が解説されており把握しやすい。

ただしデジキューブから出版されたオリジナル版は、デジキューブ倒産したこともあって現在では絶版となっている。定価は3500円であるがプレミアがつき、ヤフーオークションや一部書店では1万円以上で取引されることもしくなく、おいそれと購入できる物ではなくなった。

だが2014年1月2000票に近い得票数を得ていた復刊ドットコムにおいて復刊決定の告知がなされ、予約受付が開始された。発売予定は2014年3月中旬となっている。

バグ

さほどバグが多いゲームではないが、やや深刻なバグが一つ確認されている。

ゲーム後半に入った頃、敵に占された「ニサン」というに侵入するイベントで発生するバグである。このイベントは本来、「の中で敵と触れると戦闘に入り、これを繰り返して敵を全滅させるとゲームを進めることができる」というシステムになっている。しかしイベント中にの建物内に入ってしまうと、そこから出ても以後はなぜか一切敵が出現しなくなり、イベントを終了させることができず詰んでしまう。

悪いことにこの「ニサン」のは建物内にセーブポイントがある。このバグを知らずに「念のためにセーブしておこう」とイベント中に建物内に入って上書きセーブしてしまうと、詰んだ状態が記録されてしまう。つまりそのセーブデータでは以後ゲームを進めることが全くできなくなる。よって、新しいセーブデータで最初からゲームプレイしなおす以外に復帰方法がなくなる

登場キャラクター

 フェイ : ウォン・フェイフォン (CV:緑川光)

エリィ : エレハイム・ヴァン・ホーテン (CV:冬馬由美)

シタン : シタン・ウヅキ (CV:田中秀幸)

     _, ,_  しょおー
    ( ◎д◎)
      ⊂))Д´)

バルト : バルトロメイ・ファティマ (CV:関智一)

リコ : リカルド・バンデラス (CV:麦人)

ビリー : ビリー・リー・ブラック (CV:うえだゆうじ)

チュチュ (CV:渡辺久美子)

マリア : マリア・バルタザール (CV:スクウェアの女性スタッフ)

エメラダ (CV:根谷美智子)

カーラン・ラムサス塵<ごみ>

グラーフ

  • 仮面の男。「者」らしい。
  • フェイの行く先々に現れては、敵をけしかけてきたり、せっかく倒しかけていた敵にを与えて復活強化させたりと、事態を悪化させて去ってゆく。フェイの過去を知っているようだが・・・?
  • を与える相手がことごとく禿頭のおっさんなので、ゲームファンたちの一部からは「ハゲ専」などと言われている。
  • 戦闘力においては作中最強レベル。生身でギアをなぎ倒す。某アジアと被るとか言うな!

他のゼノシリーズとの関係

ゼノサーガシリーズは『ゼノギアス』の製作メンバーモノリスソフトを立ち上げ製作したものであるが、権利関係の問題などから『ゼノギアス』と直接的な関係がある作品ではない。ただし世界観や用は共通するものが多い(前述のPERFECT WORKSでのEpisode Iについての記述との較)。

ちなみに、『ゼノギアス』自体は計6エピソードで構成されていたはずであり、本編の舞台となる時代はEpisode Vにあたり、ゼノサーガシリーズはEpisode Iの設定を再構築した作品となる。

同じくゼノタイトルをもつ『ゼノブレイド』については、世界観・ストーリー共に関連性はないとされている。

スクウェアの他作品との関係

物語のあちこちで、スクウェアの別作品との微妙なつながりを連想させるキャラや表現などが出てくる。以下、その例。

逆パターン

上記と逆に、スクウェアの別のゲームで本作とのつながりが示されたケース

お絵カキコ

エメラダトロネセラフィータドミニアケルビナイドマルーフェイとエリィフェイキング

関連静画

関連動画

プレイ動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

記事のある楽曲


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%BC%E3%83%8E%E3%82%AE%E3%82%A2%E3%82%B9
ページ番号: 274676 リビジョン番号: 2000043
読み:ゼノギアス
初版作成日: 08/06/23 21:27 ◆ 最終更新日: 14/04/03 00:58
編集内容についての説明/コメント: 関連項目にゲブラー追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

ゼノギアスについて語るスレ

416 : ななしのよっしん :2014/03/19(水) 04:57:03 ID: 2u4jceSG0u
何時頃面くなるっていうか、自然と引き込まれてったな。
ストーリーは全然最初わからんかったけど、曲とか戦闘がよくて
序盤分からなくても苦に感じなかった。
417 : ななしのよっしん :2014/03/23(日) 09:46:32 ID: dPn8ki/tm9
本当の意味で面くなるのは2週からかな
ゼノギアスは序盤から伏線とかりまくりだけど「ああ、これも伏線だったのか」って気づいたり、
「あれはこういう意味だったのか」って内容と照らし合わせてセリフの意味が理解できるようになるのが
難解なクイズの後の答え合わせみたいで面
418 : ななしのよっしん :2014/04/03(木) 14:18:45 ID: WDCkGv8oMI
ttp://blog.fukkan.com/yaen/2014/03/no420-a5b5.html
>世の中にこういう本もあるものなのだということを二度も思い知りしました。
>「ゼノギアス公式設定資料集」の見本が7日に搬入になりました。
>その本部決(発行部数と定価の最終決定)における生産額(定価×部数)は、
>何と1億円を突破いたしました。これはうちの一年間の売上の1/5以上
>1/4未満に当たります。もちろん過去最大の生産額です。

みんな待ち望んでたんだな。
419 : ななしのよっしん :2014/04/05(土) 00:18:50 ID: 2oZG/H1/ZP
エリィの両親と似ていない理由とか、色々書かれてて面かったけど、そこそこ、やりこんでいないと面くない本かもね。
420 : ななしのよっしん :2014/04/08(火) 00:58:30 ID: nJEIJjnNnV
>>354
が波動存在をすんなら"は、堕ちてきた"ってのはゾハルによって理矢理下位の次元に堕とされて縛られた波動存在ってことになるのかね。
で、輪廻と再生〜ってのはもちろんフェイとエリィの転生物のことで、それを繰り返してきたの意図するものってのはゾハルという体の檻からの自身の解放。
実際に2人のおかげで事に帰れたしね上位次元に。カレルレンっておまけもついてきたけど

っていうのが今考えたの解釈(適当)
421 : ななしのよっしん :2014/04/09(水) 19:20:10 ID: Jyl8dqYcxR
二週にしてやっとクリ
正直最初はノベルホラゲだと思ってたけど、とんだ誤算だったよ!

毎度毎度クエア連作には愛しか感じない。
422 : ななしのよっしん :2014/04/09(水) 19:23:54 ID: Jyl8dqYcxR

フェイとエリィが嫌われ者のFF8バカップルにそっくりで
いちいち身もだえしながらクリアしてたけど、
この二人も運命の中で巡りうXとYなんだなって思うと
もうもれの心がキムキム。

ソフィアイベ死ぬかと思った。しょお結婚して下さい
423 : ななしのよっしん :2014/04/11(金) 00:18:14 ID: 8XoVPx3S8z
>>420 
"は、堕ちてきた"はもちろんその解釈もあってるだろうけどまんま”落ちてきた”のミスリードを狙ってるようにも見えるな。後の文章がOPで分かる点だし。
忘却の彼方ってのはそこから繰り返されてるんだからエルドリッジ墜落後のアベルの時代のことかな。
どっかのサイトで見たけど、フェイを導くって点なら波動存在はPL自身ともとれるんだよね、だから波動存在が事帰還する=デウスを破壊する=PLがゲームクリアするって意味で、の意図するものってのは「ゼノギアスクリア条件」なのかもしれない。ウロボロス?知らんな

エリィがやっぱ至高のヒロインだな。雰囲気にしろエピソードにしろとても良質なキャラだと思う。
ギアで言えばブレードガッシュダントツで好き。人間じゃなくてロボに四属性魔法使わせる設定は中々れる。
424 : ななしのよっしん :2014/04/11(金) 03:02:16 ID: uv0w7sokkC
バベル登れず断念してたがゲームアーカイブスにあったから買って再開した
…のはいいんだが、ギアに乗って移動してると急にギアから降りてしまうんだが何なんだろうこれ
おかげで数回全滅しかけたorz
PSでやってたときはこんなことかったんだが
調べてもメニュー開いての乗り降りしか書いてないし…
425 : ななしのよっしん :2014/04/11(金) 03:21:27 ID: uv0w7sokkC
連投申し訳ない、自己解決できた
背面パネルL2R2が振り分けられてるのな
設定変更しないと使いにくい
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015