単語記事: ゼノブレイド

編集

機神界は気力がなかったのでログアウトしました

ゼノブレイド』 (Xenoblade) とは、2010年6月10日に任天堂より発売されたWii専用RPGである。制作はモノリスソフト(任天堂との共同開発)。

日本ゲーム大賞2011年間作品部門「優秀賞」受賞。

WiiUタイトルとして世界観を一新しつつ、システムの一部を受け継いだ新作『ゼノブレイドクロス』が2015年4月29日に発売された。

また、本作のリメイクがNewニンテンドー3DS/LL専用ソフトとして2015年4月2日に発売された。
制作は、当時モノリスソフトはゼノブレイドクロスを開発中だったため、モンスターゲームス(権利表記無し)が担当。
通常の3DSでは、圧倒的にスペックが足りないため、CPUが強化されたNewニンテンドー3DS/LLでのみプレイできる。
価格は3,700円(税抜)とWii版の発売当時価格6,800円(税込)よりかなり割安な価格設定。
早期購入者特典としてWii版発売時に数量限定で配布された『Xenoblade Special Sound Track』の復刻版が付属する。これは発売直後の4月2日~4月5日の期間中にダウンロード版を購入した、クラブニンテンドー会員も対象となる。
パッケージ版でも、店頭でソフトと一緒に手渡される店舗もある。
新要素として、立体視に対応したほかamiiboと連動した(必須ではない)サウンドテストや3Dモデル鑑賞などといったコレクションモードが追加されている。ただし3DS作品としては珍しく、タッチスクリーンの操作には一切対応していない。

また、任天堂キャラクターの祭典、大乱闘スマッシュブラザーズfor3DS/forWiiUに本作の主人公シュルクがプレイアブルキャラクターとして参戦している。リキ、ダンバンもシュルクの技の演出やアシストフィギュア、Miiファイターのコスチュームとして登場。

スマブラのコレクション要素フィギュアは、もともとゼノブレイドが据え置き機の作品ということで、WiiU版に集中している。パーティメンバー全員(フィオルンは2種類)と量産型以外のフェイス、そして巨神と機神のフィギュアが存在する。

概要

原案・総監督・脚本は『ゼノサーガ』、『ゼノギアス』の高橋哲哉。高橋が監督を務めるのは実に8年ぶりとなる。

シナリオは『ゼノサーガI・II』、『勇者王ガオガイガー』、『SDガンダムフォース』等を手がけた竹田祐一郎との共同執筆となっている。

楽曲製作は下村陽子、清田愛未、ACE+らが参加し、『ゼノギアス』『ゼノサーガ』の楽曲製作を手がけた光田康典もEDテーマを作曲している。

高橋哲哉による作品という事で「ゼノ」の名を冠してはいるが、表現や設定が難解な過去作品に比べて、分かりやすいストーリー・用語の使用を心がけて製作されたとのこと。ただ、要所の残虐さや後半からのストーリーはやはり「ゼノ」の流れを組んでいる。
旧来の「ゼノ」との世界観の繋がりといった関連性は現時点では不明である。

だが、ファンサービスか、「サーガ」の伝説の迷台詞「貴様らの上腕二頭筋を破壊する!」が登場する。

早期購入者特典は「Xenoblade Special Sound Track」。

海外でのタイトルは『Xenoblade Chronicles』。IGNなどの海外レビューサイトにおいても、オール9点(100点満点では90点)以上の高評価を得ている。

ストーリー

我々の住む宇宙とは別次元の宇宙――

遥かな昔、大地すら無い世界に突如現れ、互いの全てを懸けて戦い、そして相打った巨神と機神。

その戦いから幾万年の後、神の躯を大地とし、生命が生まれ、文明が生まれた世界。
巨神の躯の上には人に似た「ホムス族」を始めとし、様々な種族が平穏な生活を送っていた。

しかしある日、機神の方角より謎の存在「機神兵」が現れ、巨神の上に暮らす人々の殺戮を開始する。
神剣「モナド」の力によってかろうじてその侵攻は食い止めたものの、機神兵の再侵攻は目前に迫っていた……。

ゲームシステム

フィールドは「神の躯の上」のみという設定だが、その神が非常に大きいため非常に広大なものとなっている。
マップは種類が豊富で起伏に富み、MMOばりに広大で「目に見える範囲は歩いていける」とばかりに冗談のような広さを誇る。

各所に名産アイテムや名所ポイントが散らばっており、いずれのマップもシームレスであることもあって、探索する楽しさを有している。その一方で一度足を運んだ各マップ・エリアへ瞬時に移動できるシステムも完備しており、移動のストレスはほとんど感じさせない。
強いて言えば、マップの広大さ加減と自キャラの移動速度が少々見合っていないかもしれない。しかしこれはジェム(武具にセットする強化パーツ)やスキルの「移動速度強化」でもある程度補えるため、苦にはならないだろう。

戦闘はフィールド上に存在する敵を攻撃する、ないしはされる事によって開始されるシンボルエンカウント形式。シーンの変更は無くシームレスにバトルは始まり、バトル中も自由に動き回る事ができる。
通常攻撃はオートで行われるが、それよりもヘイト(敵からのターゲット)管理や「アーツ」と呼ばれる技を使うタイミングといった、仲間との連携を駆使する戦略を立てる事が重要となる。更にキーアイテムである神剣モナドの力によって、「未来視(ビジョン)」と呼ばれる数秒先の未来を見る事ができ、「大ダメージを食らう」という未来を防御のアーツで事前に回避する……などといった事も可能である。

レベルアップにはポイントの配分が導入されており、能力や性格・アーツなども自分好みに成長やセットを行えるようになっている。
装備品は能力だけではなく外見にも反映されるようになっており、イベントシーンの印象へも影響を及ぼす。装備を外せば下着姿になったり、最初の街で女性用水着が売られているなど、モノリスソフトらしくソッチ方面の期待は裏切らない。

他、時間帯で変わる町民の生活パターンや数百にもわたるサブクエストなどの要素が散りばめられ、かつそれぞれの要素が密接に繋がっているため、多数の要素があるにもかかわらずゲーム的な統一感が図られている。

登場人物

プレイヤーキャラクター

シュルク
種族:ホムス 性別:男 年齢:18歳 身長:171cm
本作の主人公。コロニー9防衛隊に所属し、神剣モナドを調査する研究員であり、本来は学者肌のキャラクター。やがてモナドを携え、友人ラインと共に故郷を襲った機神兵を倒す旅に出る。14年前のモナド捜索隊の唯一の生き残りであり、他の調査員が死亡した中、ディクソンに救助されている。
側面・背面からの攻撃を得意とする、おおよそ主人公らしからぬ特性を持つアタッカー。それゆえ、完璧な壁役のラインとのコンビネーションは抜群。数々のモナドアーツも強力で、全般的に扱いやすいキャラ。ただ、総合的に見るとやや地味な性能なのは否めない。
声優:浅沼晋太郎
ライン
種族:ホムス 性別:男 年齢:18歳 身長:190cm
シュルクの幼なじみのコロニー9防衛隊隊員。シュルクの良き友人・理解者であり、共に旅に出ることとなる。ノリで突っ走るきらいはあるが、持ち前のポジティブさで他人の心も支える熱血漢。仲間が増えると天然ボケキャラの座へと転向していく。
高いHPと防御力を誇り、ヘイトを稼ぐアーツを多数所有する、完璧な壁役。敵を転倒させる「ワイルドダウン」は実用性もネタ度も高く好評。ただし攻撃力の面では少々心もとない。
声優:宮下栄治
フィオルン
種族:ホムス 性別:女 年齢:18歳 身長:160cm
英雄ダンバンの妹。シュルク・ラインとは幼馴染の間柄で、シュルクには淡い好意を抱いている一方、ラインとは気兼ねなく口論になる関係。気は強いが面倒見が良く、そして兄に似て肝心なところで猪突猛進。
序盤でパーティーから離脱するが、その後の事はCMや特典CDブックレット、果ては攻略本の表紙などで、隠す気が無いほどまでに公式ネタバレされまくっている。
声優:中尾衣里
ダンバン
種族:ホムス 性別:男 年齢:30歳 身長:180cm
かつて神剣モナドを唯一振るう事ができ、数多の機神兵を倒してきた英雄。しかし、一年前の大戦でモナドを酷使したため負傷、右腕は不随となる。本編開始までは療養の身。いわゆる今回のシタン先生枠だが、基本的に粋で血気盛んな猪突猛進型。戦う際は左腕一本のみで剣を振るい、鬼神のような剣技を見せ付ける。
ラインとは対照的に大ダメージでヘイトを稼ぎ、高い素早さをもって攻撃を回避する、いわゆる回避盾(汚いなさすが忍者きたない)。素早さを大幅に上昇させるあるスキルのおかげ(せい)で、別名「タンパンさん」とも呼ばれる。
声優:堀川りょう
カルナ
種族:ホムス 性別:女 年齢:21歳 身長:168cm
コロニー6防衛隊隊員(衛生兵)。機神兵の襲撃に追われたコロニー6の住民を守るために気丈に振る舞っているが、離れ離れになった婚約者・ガドの身を案じている。他者への依存傾向が強く、一方で他人のコイバナに関して非常に敏感。
射撃による遠距離攻撃、そしてエーテル技による回復が得意。ピンチの際の生命線であり、初心者救済キャラでもある。ただし、他のキャラと違って行動し続けることで銃身がオーバーヒートを起こしてしまうため、頻繁にクールダウンが必要になる。
声優:渡辺明乃
メリア
種族:ハイエンター 性別:女 年齢:88歳 身長:156cm
巨神界頭部のエルト海で一大文明を築く伝説の種族「ハイエンター」の少女。実はハイエンターの皇女であり、外見の幼さの割には口調が尊大気味に固い。ハイエンターはホムスの5倍の年齢を有し、ゲーム中では明かされない設定だが88歳(ホムス換算で17歳)である。
エーテル技による攻撃を得意とする魔法使いタイプ。火力は高いが、そのせいでヘイトを稼いで狙われやすく、なおかつ脆いので注意。AIに任せると微妙な性能だが、操作キャラにすることでそのポテンシャルをフルに生かすことができる。
声優:勝田詩織
リキ
種族:ノポン 性別:男 年齢:?? 身長:60cm
巨神界背部のマクナ原生林に暮らす原住民「ノポン」の“今年の伝説の勇者”。彼が旅に出る動機は、涙なくしては語れない(もちろん、笑える意味で)。なかば押し付けられ気味に一行に加わり、ウザカワイイマスコットキャラとしての存在を存分にアピールする。
ライン並にHPが高く、デバフ・盗みなどのトリッキーなアーツを多く覚える。最終的には攻守ともにバランスの取れたアーツ構成となり、最強のサポートキャラと化す。
声優:甲斐田ゆき

サブキャラクター

ディクソン
種族:ホムス 性別:男 年齢:44歳 身長:181cm
ダンバンの古くからの戦友。孤児だったシュルクの過去を知る人物でもあり、彼を常に見守ってきた。各地を放浪しては、入手したものを軍などに横流しする守銭奴(ダンバン曰く)。
声優:小山剛志
ムムカ
種族:ホムス 性別:男 年齢:30歳 身長:195cm
口は悪く狡猾だが、腕の立つ若本戦士。かつてダンバンとモナドの取り合いで争った事も。一年前の大戦で行方不明となり、死んだものと思われていたが……。
声優:若本規夫
ジュジュ
種族:ホムス 性別:男 年齢:13歳 身長:150cm
カルナの弟。コロニー6の住民を助けようという思いで頻繁に空回りをし、機神兵に襲われたり攫われたり……。後にコロニー6復興に向けて助力する。
声優:羽鳥健一
オダマ
種族:ホムス 性別:男 年齢:60歳 身長:165cm
コロニー6防衛隊の隊長。度重なる機神兵の襲撃から街を守ってきた老獪なベテラン戦士。歯に衣着せぬ物言いの厳しい頑固ジジイだが、自らが認めた者への敬意は尽くすタイプ。
声優:納谷悟朗
ガド
種族:ホムス 性別:男 年齢:26歳 身長:191cm
コロニー6防衛隊に所属する勇敢な兵士。エーテルライフルの名手であり、カルナの婚約者でもある。オダマと共にコロニー6の住民を救出に向かった際、行方不明となる。
声優:竹内幸輔
アルヴィース
種族:ホムス 性別:男 年齢:??歳 身長:170cm
シュルクの前に現れる謎の青年。モナドについて何かを知っているだけでなく、彼も実際にモナドを扱うこともできる。要所でシュルクを導く存在である一方、裏で暗躍を見せるような行動も。
声優:程嶋しづマ
ソレアン
種族:ハイエンター 性別:男 年齢:320歳 身長:194cm
現在のハイエンター皇主であり、メリアの父。平和的な統治によりハイエンターの民からの支持が厚く、本人も民のため・国のために尽くすことを厭わない賢人。
声優:中田譲治
カリアン
種族:ハイエンター 性別:男 年齢:151歳 身長:187cm
ハイエンター皇子であり、メリアの兄。ソレアンの片腕として政治を補佐し、本人も民からの支持が厚い。生真面目ゆえ、ハイエンターのしがらみにより上手く立ち回れない一面も。
声優:小尾元政

対応amiibo(Newニンテンドー3DS版のみ)

  • シュルク

動画(公式関連)

Newニンテンドー3DS向けリメイク版

ニコニコユーザーによる製作動画

お絵カキコ

リキッ☆

関連コミュニティ

関連商品

ゲーム

その他

関連項目

  • ゼノサーガ
  • ゼノギアス
  • ゼノブレイドクロス
  • ゼノブレイド2
  • 任天堂
  • モノリスソフト
  • 高橋哲哉
  • ワイルドダウン
  • 下村陽子
  • ACE+
  • 穏やかじゃないですね
  • 名を冠する者たち
  • 機の律動
  • 敵との対峙
  • ガウル平原
  • フェイス(ゼノブレイド)
  • ノポン族
  • ユニークモンスター
  • タイタンスタンプ
  • ゲームのタイトル一覧

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%BC%E3%83%8E%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%89
ページ番号: 4366045 リビジョン番号: 2448596
読み:ゼノブレイド
初版作成日: 10/05/22 23:28 ◆ 最終更新日: 17/01/14 19:54
編集内容についての説明/コメント: 関連項目に「ゼノブレイド2」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

ゼノブレイドについて語るスレ

2477 : ななしのよっしん :2017/01/24(火) 16:32:52 ID: oe+Xo7OY9g
澤野氏の曲はもちろん良かったけど、ゲームとのシンクロという点においてはやっぱりゼノブレのACEにはかなわなかったかなあ
ゼノクロの世界観には合ってるとは思う
2478 : ななしのよっしん :2017/01/24(火) 23:16:26 ID: QQj4jFjBhg
ACEは作曲家としてのプライドをズタズタにされるほどダメだし食らってるからな
しかもサンプルの曲に引っ張られて何度も怒られてる程度
ゼノブレ以外で話題になった事はない
作曲家としてはまだまだ二流
光田は言われなくても高橋に求められてる作風が分かってるからとやかく言われる事はないっぽい、他のタイトルでも評判のいい作曲家、やはり一流
澤野はなんというかボロクソ言われる事なく好きなようにやらせてもらったって感じ(高橋がファンだからね、しょうがないね)
まあ好きなように作ったという意味ではゼノクロ自体がそういうもんだけど
2479 : ななしのよっしん :2017/01/28(土) 22:01:19 ID: HEVGHRL33/
そもそもイベント曲ちょい頼むつもりで話持ってったのに澤野がハッスルして気づいたら全曲澤野になってたってのがゼノクロだし
2480 : ななしのよっしん :2017/02/04(土) 00:57:33 ID: GwkLaNbDoM
なんにせよ今年発売だしWiiU使って久しぶりにプレイするかなー
2481 : ななしのよっしん :2017/02/04(土) 15:17:33 ID: ir8gAt5jRU
>>2474
ゼノブレに澤野かかわってたの?
2482 : ななしのよっしん :2017/02/04(土) 18:02:45 ID: 5Xr5DkWr5o
関わってたらその時もっと話題になってただろね
2483 : ななしのよっしん :2017/02/04(土) 18:35:28 ID: RszU91nw/4
書き込んでる内容からして>>2474はACE+の記事の>>42と同一人物なんだろうが、彼のいうところの「敵との対峙の元ネタとなった澤野の楽曲」というものがなんなのか、煽りでも皮肉でもなく知りたいものだ
2484 : ななしのよっしん :2017/02/07(火) 01:23:24 ID: VH7cnYDE+e
ゼノクロのインタビューで高橋さんが「ゼノブレ作曲陣に澤野さんの曲を使ってオファーした」って言ってるんよ
ちなみにそのインタビューが載ってるのはファミ通の2015年1月29日発売号

でまあ、その曲が何かみんな気になるわけで、そんな中で言われるようになったのが
「敵との対峙が澤野さん担当のトライアングルってドラマのサントラに似てるんじゃない?」ってことだったわけよ
2485 : ななしのよっしん :2017/02/22(水) 13:27:15 ID: N1oCIalET+
ゼノブレイドを初めてやってみたけど凄いよね!
まだ最初のところにいるけど背景のグラフィックとか凄くきれいだし
まるで別の世界に入ったような感じがするんだ
ゲームでわくわくしたのはFallout4以来久しぶりだ
これからどんなことが待っているのか楽しみ
2486 : ななしのよっしん :2017/02/24(金) 21:38:32 ID: /8YmBkF4j1
今更ながらにやったけど評価が高い理由がよくわかった
6年以上たった今見てもJRPGの最高峰と言い切れる作品だと思う
最初から最後まで本当に面白くて夢中でプレイしたよ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015