単語記事: ゼビウス

編集

ソルバルウ

XEVIOUSロゴ(お絵カキコより)

ゼビウスXEVIOUS)とは、昭和58年(1983年)1月29日に発売されたナムコシューティングゲームである。遠藤雅伸の代表作の一つである。
「縦スクロールシューティングゲーム」という分類の元祖であり、本作が大ヒットしたことにより沢山の模倣作品が作られ現在に至る。
現在の最新作は2009年1月28日に発売された「ナムコミュージアム.comm」内に収録された「ゼビウスリザレクション」である。

概要

このゲームは「縦スクロールシューティングゲーム」という分類がかったころの作品であり、本作以前にはスペースインベーダーというシューティングゲームが大ヒットしていおり模倣作品も多かった。(ギャラガ、ムーンベース等)

しかし、本作はそれらの作品とは大きく差別化をはかり、背景画面を宇宙ではくし、画面を縦スクロールさせ、ステージの最後に巨大なボスキャラを配置し、ボスキャラを倒せば次のステージに進むといった内容にした。
これが、現在スクロールシューティングゲームと呼ばれるゲームの基礎となった。

また、このゲームは縦スクロールシューティングの元祖でありながら対攻撃(ザッパー)と地上攻撃(ブラスター)を打ち分けるタイプシューティングゲームの元祖もである。

さらには敵の出現パターンは必ずしもマップ依存する訳ではなく、プレイ時間によって出現パターンが変化し、ノーミスで進める事によってより強な敵が出現する現在でも新なシステムとなっており、特定の地上物を破壊する事によってある程度パターンの変化を抑える事が出来るようになっている。この関連で、開始後の何秒間かは意図的にミスしようとしない限りミスしないように設定されているとのこと(移植作ではそのような仕様になっていない場合も多々ある)。
攻撃のザッパーは3連射、対地攻撃のブラスターは1発ずつの発射となっており、自機の前方に表示されている照準をめがけて発射される。
この自機前方の照準に地上攻撃を発射するシステムは後にアーガスツインビー、更にはレイフォースシリーズへと影を与えている。
また、この照準は、地上物に反応してく点滅(スペシャルフラッグは例外)するようになっており、これにより攻撃する事で破壊できる事を判別でき、隠しキャラソルの出現位置もこれで発見できる。

グラフィックこそ当時としては特に優れていた訳ではないが、銀色に統一された敵や砂漠原、更にはナスカの地上絵と言った背景の美しさは当時の他のゲームとは一線を画していた。
スペシャルフラッグソル、ある条件を満たすと現れるNAMCO文字等の隠しキャラも多い。
また、当時はまだコピーが横行していた時代であり、コピー対策としてスタート直後に画面右端の特定の位置にブラスターを打ち込むと隠しメッセージが現れるのは有名。
(有名になりすぎたせいでコピーにそれが逆手に取られた事も…)
コピーも多く、バトルス(BATTLES)、ゼビオス(XEVIOS)等が有名。このうち、ゼビオスはナムコの知的所有権を侵していることを明するため、法廷にて上記のメッセージを表示させる実演が行われているとのこと(正規品では「NAMCO original/program by EVEZOO」と表示されるが、ゼビオスで同様の操作を行うと「DEAD COPY Making/copy under NAMCO program」と表示される。なおバトルスではこのメッセージは「Prease/Enjoy this GAME!」に修正されている)。

本作はでも楽しめる単純明快なシューティングであるが、裏設定が細かく作られており、当時のゲームとしてはまだしかった詳細なストーリーも設定されている。
裏設定の代表として、ゼビ文字と呼ばれる5本の線で表現された文字があり、文字がそれぞれ16進数に対応するようになっている。
この16文字以外にも何文字か存在するが、それらについては読み方が明かされていない。
これらの文字サウンドトラックジャケットや、一部の続編等で見る事が出来る。
また、具体的な文字については定義がいようであるが、ゼビと呼ばれる独特の言架空言語として設定されており、作中に登場するキャラクターは全てゼビによる名称が設定されている(が、意味が開されていないものも多々ある)。

シオナイトといったゲームに直接影しない演出専用のキャラが登場するのも本作の特徴である。

ゼビ語の例

本作のバックストーリーが描かれている小説ファドラウトサーガ」より、代表的なものを抽出引用する。

移植

このゲームビデオゲーム史上でも最も多くの機種に移植された部類に入る。
その為、全てを網羅すると膨大な数になってしまうため、一部のみ記載する。

続編

その他

関連動画

本家ゼビウスとその続編、移植

エースコンバット出張
 

関連作品「アルフォス」の動画

ゴシックは魔法乙女コラボ


1000万点やバキュラ破壊を検する動画

 

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%BC%E3%83%93%E3%82%A6%E3%82%B9
ページ番号: 1219383 リビジョン番号: 2363783
読み:ゼビウス
初版作成日: 09/02/01 18:20 ◆ 最終更新日: 16/05/20 06:08
編集内容についての説明/コメント: 加筆・修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

ゼビウスについて語るスレ

64 : ななしのよっしん :2014/07/06(日) 01:54:09 ID: lwkl4oRi81
エスコンインフォニティにてゼビウスイベ発生中。
65 : ななしのよっしん :2014/08/31(日) 00:57:25 ID: Z4JQKUE77Q
FC版は、コンシューマーで確実にミリオンえた一のシューティングゲームと思う・・まだ敷居が低かった当時でもシューティングゲームで大ブームヒットは結構難しかったのかなぁ。あのスターソルジャーさえミリオンにギリ届いてなさそうだし・・・・
66 : ななしのよっしん :2015/01/08(木) 15:50:30 ID: IsYGsQhWd4
ゼビウスの場合、エリア終盤に出る敵をボスキャラと言っていいのかどうか。
確かに「エリア最後の障」ではあるが。
アンドアジェネシスが出るのはエリアの中盤辺りだし。
67 : ななしのよっしん :2015/01/19(月) 16:52:51 ID: 7XWHf6hqpi
CAVE彩京あたりの時代のSTGのような
「各ステージは、ボスキャラで締めくくる」
という概念(?)が定着していなかった時代のゲームだから

>ボスキャラと言っていいのか or 言っちゃだめなのか
を論議してもしかたいんじゃないかろうかw
68 : ななしのよっしん :2015/05/15(金) 09:27:16 ID: qg3yhfznbX
スクランルミッションのクリア動画はないのか
69 : ななしのよっしん :2015/07/24(金) 00:39:30 ID: 6CVCxDFHYw
ヒット作だから続編が必要という理屈はそもそもおかしい。
素晴らしい、やりたいと思うのはゼビウスであって名前だけゼビウスブランドの別ゲームではないので。

とはいえ、「立体にしたらかっこいいだろうな〜」という妄想を形にしたようなソルバルウが出てるわけで、ある種のロマンは皆持ってるんだよな。
70 : ななしのよっしん :2015/09/07(月) 23:20:39 ID: FGWi6qQSkB
東方projectの遠いご先祖だな
71 : ななしのよっしん :2016/01/23(土) 04:39:14 ID: o82DloFiC3




>>lv248851427


72 : ななしのよっしん :2016/02/08(月) 22:17:48 ID: 7lY0wrb/ID
ゼビウスがなかったらポケモン東方は生まれなかった
73 : ななしのよっしん :2016/04/03(日) 09:49:29 ID: QXT+R1rmcV
新連載コラム「なんでゲームは面い?」第一回:「ゼビウス」が「隠す」ことで与えた世界の「意味」
http://news.denfaminicogamer.jp/column01/xevious-contribute
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015