単語記事: ゼルダの伝説 ふしぎの木の実

編集

ゼルダの伝説 ふしぎの木の実とは、任天堂カプコンフラグシップ)との共同で開発、発売されたゲームボーイカラー専用のアクションアドベンチャーゲームである。略称は「ふしぎの木の実」と呼ばれることが多い。

なお、この作品は

『大地の章』
(The Legend of Zelda: Oracle of Seasons)

『時の章』
(The Legend of Zelda: Oracle of Ages)

と、2作品別々に発売されている。この2つは基幹システムアイテムの一部を流用しているだけで、要となるシステムシナリオダンジョン全てが全くの別物となっている。
ポケモンバージョン違いと異なり、相互に引継ぎ要素があるだけでまるっきり異なる2つのゲームである。

公式サイトにて『お互いをつなぐ(リンクする)ことによって、さらに深く冒険の世界を楽しめる』
リンクシステムという互いに「あいことば」を入したりケーブルを繋いで通信するシステムにより、ゲーム内容の一部を引き継いで更に楽しむことが出来る。
2つの章はどちらから始めても良いが、後で始めた作品の方ではリンクしたことによるイベントが挿入され、それをクリアするとエンディングが見られる。

開発中の章・勇気の章・知恵の章の3作品の予定だったが、大人の事情により2作品になってしまった。フロルェ…

バーチャルコンソール

2013年2月27日から、両作品とも3DSVCにて配信開始。各600円にて配信中。
2013年2月27日10:00から3月20日23:59まで、特別キャンペーンとして通常よりも100円安い各500円で配信されていた。

なお、GBAで起動すると出現する要素はVCにおいては実質的に不可能であるので、攻略サイトを参考に進める場合は注意が必要である。ただし、あいことばシステムがあるのでオリジナルであるGBC版でGBA要素を利用して入手した一部アイテムあいことばを通してVC版で出現・引き継ぎが可。少々変則的であるが、大地の章・時の章のどちらかをオリジナル版、片方をVC版で行うのもひとつの手である。
また、バグも基本的にそのままなので注意が必要。致命的なものに関しては後述しておくので、多少ネタバレにこそなるがチェックしておいて損はないだろう。

両ゲームの概要

物語オープニングハイラル地方の大地を駆けるリンクの姿を映すところから始まる。
深いにある殿にたどり着いたリンクは、その中でトライフォースを見つけ試練を受けるのであった。

このゲームは「木の実」と「指輪」が大きく関わっており、両方とも重要な役割を果たしている。
また、無印ゼルダの伝説』を髣髴とさせる要素が多い。これは本作が「初代のゲームボーイカラーでのリメイク」をコンセプトとして制作されているからであり、大地の章においてはボスキャラのほとんどが初代からの流用だったりする。

なお、本作品はGBAの発売間近に発売されたので、GBA用の色合いや専用の要素も存在する。
GBAで起動させた場合、画面がGBCで起動させたときよりも綺麗に表示されたり、とあるマップが開放されたりする。

『大地の章』の概要

気づいた時にはホロドラムという大地のの中にいた。
そこで大地の巫女ディンと出会ったものの、すぐにディンは悪の権者ゴルゴンにさらわれてしまった。
その上にゴルゴン四季を乱し、大地の恵みも奪い去ってしまった。
リンクは大地の巫女を救い出し乱れた季節を取り返そうとするのであった。

ディンを救い乱れた季節を取り戻すことが的なのだが、基本は四季ロッドを使って季節を変えることで起こる変化を利用し、を解くゲームである。例えば、ならばを利用して行けないところに行ったり、ならば通れない所の木を枯らせたり池を凍らせたりして通れるようにする、などのように季節を使い分けて進んでいくのである。

の章とべるとアクションが重視されており、大がかりな仕掛けや巨大なボス戦などが特徴である。

『時空の章』の概要

気づいた時にはラブレンヌという場所にいた。そこで出会ったインパとともにネールという女性に出会ったリンク。しかしインパがネールを見つけるとインパから闇の祭ベランが姿を現してネールの体に取り憑き、彼女のを使って時を乱し始めた。
正気を取り戻したインパから連れ去られたネールを取り戻し、乱れた時を取り戻して欲しいと頼まれるのであった。

ネールを救い時の流れを取り戻すことが的だが、基本は時の琴で過去現在を行き来してを解いていくゲームである。現在では行けないところがあれば過去世界で様々な行動を起こし、現在世界に変化を起こす・・・というに利用してゲームを進めていく。

大地の章とべるとパズル性が重視されており、一見では分からない解きや一筋縄ではいかないボス戦などが特徴である。特に最難関といわれているLv.7のジャブジャブ様のおなかがトラウマになった人も多いとか。ご丁寧にも時のオカリナ殿と同じく位調整システム備である。また、大地の章よりストーリー重がやや大きい。へタレラルフの頑りは必見。初代ポケモンライバルっぽいとか言うな。

『真のエンディング』

リンクシステムを用いることにより見ることができるエンディング

大地の章を遊んだ後、リンクさせての章を遊ぶか、の章を遊んだ後、リンクさせて大地の章を遊ぶ。
そうすると2つの章にての敵が登場、本当の最後の戦いが始まる。

片方のみでも一応の完結を見せるが、全ての物語を見る為には2つの章をプレイする必要がある。

バグについて

(ネタバレも含むので反転)
このゲーム玉でもあるリンクシステムだが、これに関するバグとして「ゆびわの小ばこが最大レベルにならない」というものがある。

まず、説明をしやすいように先に始めたデータを1周リンクして続きから始めたデータを2周とする(例:1周を大地の章でプレイし、2周の時の章で真EDを見た)。

ゆびわの小ばこは1周のみのプレイではL-2までしか強化できないが、リンクすることで2周で得られるあいことばを用いて更に強化することが出来る。
強化の流れは以下の通り

  • 2周にて対応するあいことばを入手する。
  • 1周にてフロルにあいことばを伝えることで小ばこが強化、同時に2周で使えるあいことばを教えてもらえる。
  • 2周にてフロルにあいことばを伝えることでこちらも小ばこが強化。

ここで問題になるのが「2周での小ばこの強化」である。
どうやら、2周においてあいことばでは小ばこのL-2→L-3の強化ができないようなのである。(実際に筆者は1周の時の章では問題なく強化できた一方、2周の大地の章では強化することが出来なかった)

回避するには、2周データではゲームイベントでは小ばこを強化せず、先にあいことばによる強化を施してからイベントでの強化を行えばよい。
これは、イベントあいことばもあくまで「小ばこを1段階強化する」ものであり、先に行ったものでL-2へ、後に行ったものでL-3へ強化されるためである。

このバグによってプレイ不可になるといったことは報告されていないようなので、そこは安心してよいだろう。
ただし、コンプ要素に影するものなので(どちらにせよVCではアドバンス要素のコンプも難しいが)、こだわる人は留意しておく必要がある。

関連動画

プレイ動画

実況プレイ動画

TAS

CM・BGM

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%BC%E3%83%AB%E3%83%80%E3%81%AE%E4%BC%9D%E8%AA%AC%20%E3%81%B5%E3%81%97%E3%81%8E%E3%81%AE%E6%9C%A8%E3%81%AE%E5%AE%9F
ページ番号: 4573116 リビジョン番号: 2140759
読み:ゼルダノデンセツフシギノキノミ
初版作成日: 11/02/23 17:39 ◆ 最終更新日: 15/01/06 00:16
編集内容についての説明/コメント: バグについて記載
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


リンク ドット

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ed
レンヌの町
ホロン村
ホロン村

ゼルダの伝説 ふしぎの木の実について語るスレ

272 : ななしのよっしん :2017/01/27(金) 12:43:12 ID: KnOyat2Iwz
また3女神ベースヒロインやんないかなぁ
今度はフロルきなしで
273 : ななしのよっしん :2017/01/31(火) 17:03:55 ID: 9KHMXXBG27
携帯機とは思えない内容だけど一部ボスの倒し方や解きがこんなの独で見つけるの理だろって難易度なのがどうも好きじゃない
リメイクするならしょぼいヒントしかくれないフクロウ像じゃなく常に冒険のサポートしてくれるお供が欲しいわ
あと3バージョン欲しい言われてるがこんなボリュームで三作作ったらスタッフが死ぬって
274 : ななしのよっしん :2017/02/01(水) 12:41:41 ID: 9pisEXi7Pd
一応攻略情報全く見ずにクリアできたから無理ゲーではない
ただ難易度シリーズトップクラスで高いと思う
275 : ななしのよっしん :2017/02/01(水) 15:12:39 ID: cjW73NnQiP
やっぱ難易度高いよね
この辺で始めたから帽子手ぬるく感じたもん
276 : ななしのよっしん :2017/02/01(水) 15:17:42 ID: cjW73NnQiP
ボスについてはそこで手に入るアイテム使えば倒せるようにできてるのが大半だから理って程理じゃないと思う
まあそんなことをいいつつ時レベル8のボスの倒し方は倉君に頼らなければ理だったが…
あと大地レベル5・6のボスは倒し方どうこう関係なしに難易度高すぎたと思う
今でもあとちょっとまで削った後メニュー開いて心臓バクバクさせてたの思い出す
277 : ななしのよっしん :2017/02/21(火) 21:05:40 ID: 0X/2kefMh+
ガチャのタネ」って・・・
なんか今のスマホゲーム全盛の時代を予見してたような名前だな。

当時からガチャという言葉(おもちゃ屋にあるガチャガチャじゃなく)ってあったかな?
278 : ななしのよっしん :2017/02/21(火) 22:12:45 ID: cjW73NnQiP
なかったと思う
まあガチャガチャの実にはできなかっただろうがなw
279 : ななしのよっしん :2017/02/22(水) 03:31:33 ID: 9pisEXi7Pd
というかスマホガチャってガチャガチャが由来なんじゃないの?
まあ、友達同士の会話じゃ縮めてガチャって呼ぶ時もあったな
280 : ななしのよっしん :2017/02/22(水) 04:38:19 ID: cjW73NnQiP
今の「ガチャ」と17年前の「ガチャの実」は同じようなものだけど
それもそのはず同根だから ということですな
ガチャの実というワードにしたことについては
当時から多分ガチャポンとかガシャポンって言葉はあったと思うから
そっちからもいけると思う
281 : ななしのよっしん :2017/03/17(金) 15:31:06 ID: pVZH9kpISN
唐突に不思議の木の実ストーリーをもう一回見直したくなったと思ったら
ちょうどいい所に最近TAS投稿されてたみたいで懐かしみながら見てきたわ
これを小学生一年生の頃アドバンスでやっていたかと思うと色々と来るものがある
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015