単語記事: ゼルダ史

編集

トライフォース

この記事は任天堂アクションアドベンチャーゲームゼルダの伝説』における時系列について記述した記事である。

本記事では、2011年12月21日に発売された『任天堂公式ガイブック ハイラル・ヒストリア ゼルダの伝説大全』(以下HH)を参考とする。

読む際のご注意

ゼルダの伝説』の時系列はHHが発売されるまで、インタビューや説明書などで断片的にしか説明されておらず、さらに矛盾点が多かったため、ファンによって様々な説が提唱、あるいは研究されている状態であった。そのgdgd具合はAVGNが(ネタとして)ブチギレ動画(後述)を作ったほどである。

HHによって大まかな年表が発表されたものの、本書中では「この設定もいつか変更される可性がある」と明言されており、続編の進展具合では変更の可性もあり得ることを付記する。

なお2011年現在、『時オカ3D』の『社長が訊く』において宮本茂氏は「ユーザー時系列を気にしないと言ってくれれば制作が楽なのに。」「シリーズを重ねた以上、視する訳にはいかない」という趣旨の発言を行った。この辺りの細かい物語についての設定への感想は、N64の『時のオカリナ』時代からの宮本氏のスタンスでもある。

宮本氏の手掛けるゲームは、どの続編がある作品もその作品の前作を知らない人が遊んでも問題なく遊べるようにいつも配慮されている。時系列や設定・ストーリーを関連付けしすぎると、全く前作を知らないプレイヤーが遊びにくくなるため。

ということもあり、『ゼルダの伝説』はどの作品から遊んでも楽しいゲームに作られているので、これから『ゼルダの伝説』を遊ぼうとしている新規プレイヤーの方には、この記事を参考に遊ぶべきと示しているわけではないことを注記しておく。

ちなみにHHが出るまでに書かれていた本記事の推測時系列は、公式ものとはかなり異なっていた。一応、本稿でも「正しい訳ではない」と注意書きがされていたのでお見逃し頂きたい。言い分としては本記事の過去記事も上述のように断片的な情報から解釈、検討、推測した、「これが正解だろう」と考えていた時系列であり、多くのファンサイトで似た時系列が書かれていた(後述のAVGN動画も似た解釈である)。

つまり公式に設定されたゼルダ史は多くのファンの予想をえたものであった事が解る。

神話

ゲーム開始以前に、まず三女によってハイラルを始めとした世界が創造された神話が残されている。

トライフォース誕生
三女によってハイラルを始めとした世界が創造された神話が残されている。トライフォース創造の経緯もられる。
女神ハイリア魔族の戦い
トライフォースをめぐり、女神ハイリア魔族が戦う。

始原の物語

スカイウォードソード
人々がに浮かぶスカイロフトに住んでいた時代。リンクが地上に降り立ち、後にマスターソードへと進化する剣、女神と共にゼルダ世界を救う物語
ふしぎのぼうし
幼馴染であるリンクゼルダはピッコル祭りと呼ばれる祭りイベントの一つ、武術大会へを届けに行くが、大会に優勝した謎の男グフーの手によってゼルダ姫が石にされてしまう。リンクゼルダを元に戻すため、喋る帽子のエゼロと冒険を繰り広げる。
4つの剣
フォーソードの殿の異変に気付いたゼルダ姫主人公リンクと共にフォーソードの殿に向かう。だが突如、封印されていたはずのグフー突然現れ、ゼルダ姫がさらわれてしまう。リンクゼルダ姫の救出とグフー封印のために、「抜いた者の体が4つに分かれる」というフォーソードと共に冒険を繰り広げる。

ターニングポイント

時のオカリナ
ゲルト族出身の盗賊であるガノンドロフトライフォースを強奪、ハイラルを支配したが、マスターソードで時を越え、7年後に時の勇者として覚醒したリンクゼルダ姫、六賢者の手により封印される。なお、この後に登場するガノンは全て同一人物である。
ここで3つの時間分岐点が生じ、パラレルワールドが発生する。
まずリンクガノンラストバトルを繰り広げるのだが、ここでリンク敗北するか勝利するかで時間分岐点が生じる。敗北した時間軸は、『神々のトライフォース』に繋がることになる。リンクが勝利した場合は7年前の世界に戻るのだが、ここでさらに「時の勇者が去った7年後の時系列風のタクト」、「時の勇者が戻った7年前の時系列トワイライトプリンセス」の2つに分かれることになる。

敗北した場合(神トラ)の時系列

神々のトライフォース
ハイラルの王と7人の賢者達は騎士団(ガーディアン)の多くの犠牲を生むも、辛うじてガノンを封印した。その後、闇のアグニムガノンを復活させようとゼルダを含む賢者の子孫のを次々と生贄にげ、復活させる。だが、リンクの活躍によりガノンは再び封印される。
ふしぎの木の実
トライフォースに導かれ、2つの大地「ホロドラム」と「ラブレンヌ」を冒険する。
夢をみる島
リンクが修行のためにに出ている最中に起きた、不思議な体験。
神々のトライフォース2
トライフォース3銃士
ゼルダの伝説(初代)
ハイラル地方にあった小さな王魔王ガノンとその軍勢が進行、トライフォースゼルダ姫を奪い取った。その際ゼルダ姫は知恵のトライフォースを8つに分け、各地に隠した。リンクは冒険を繰り広げ、見事知恵のトライフォースを全て集めてガノンを打ち破る。
リンクの冒険
ガノンを倒して3年後、残ったガノンの邪気により、ハイラルは荒れ果てていた。リンクは初代ゼルダ姫を復活させるため勇気トライフォースを探しめる。リンクの血によってガノンを復活させようと魔物達が躍起になる中、リンクは見事勇気トライフォースを手に入れ、初代ゼルダ姫を復活させた。

勝利した場合(風タク)の時系列

風のタクト
魔王ガノンドロフが再び復活。人々は勇者の再来を祈ったが願いは届かず、々の手によってハイラルは封印され深くに沈められる(ガノンは「々に見捨てられた」とっている)。山頂など、沈まなかった陸地はになる。そこで人々は平和に暮らしていたが、そこに再びガノンドロフの魔の手がび寄る。リンクゼルダガノンドロフと戦い、最終的にハイラルマスターソード共にガノンドロフを封印する。全てが終わった後、リンク達は新生ハイラルを建するため新地へ向かった。
夢幻の砂時計
リンクテリーサルバトーレ含む)が新地をしている最中に起きた冒険譚。『風のタクト』にはで定住していなかったゴロン族がいる。
大地の汽笛
リンク達は見事新地を見つけ、新生ハイラルを建(その際、『夢幻の砂時計』に登場した種族もついてきた模様)。それから100年後、魔王マラドーを復活させようとする者たちが現れ、リンクゼルダ姫は冒険を繰り広げる。

戻った後(トワプリ)の時系列

ムジュラの仮面
7年前に戻ったリンクは別れたナビィを探しにに出ていた。その最中、リンク時のオカリナエポナをスタルキッドに盗まれる。デクナッツに姿を変えられながらも、スタルキッドを追いかけたリンクは「タルミナ」と呼ばれる、ハイラルパラレルワールドに到着した。の落下により3日で滅ぶタルミナを救うため、リンクは奔走する。
トワイライトプリンセス
時のオカリナ』から数年後、闇の世界に追放されていたガノンドロフが復活(こちらは『時オカ』ED後の子供時代にガノンドロフの野望が明らかにされた事で未然に手が打たれていた)。闇の世界の住人を操ってハイラルを支配しようとするが、リンクゼルダ姫、そしてミドナ阻止される。
4つの剣+
4つの剣』の冒険が伝説なるほど長い時が流れた後、グフーが再び復活する。リンクゼルダ姫を救出しグフーを倒すと共に、その背後にいたガノンをも倒す。

ちなみに、この3つの時系列における最後のリンクはいずれもマスターソードを使っていない。論、次回作の登場によってマスターソードが登場する可性はあるが(しかし、『風タク』の時系列マスターソードの底に沈んでおり、その時系列における復活の可性は限りなく低い)。

その他

ゲスト出演など、ゼルダの伝説が関わった作品。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ
フィギュアが動いているという設定のため、本編との時系列とは関係がない。この点は他のゲームも同様である。
リンクのボウガントレーニング
ストーリー自体が存在しない。数多くのデータトワプリから流用しているため、理矢理解釈すると「『トワプリ』後でガノンを倒した後に残った魔物ボウガンいじめ退治しに行っている。」あたりが妥当か。
もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド / いろづきチンクルの恋のバルーントリップ
ゼルダの伝説の登場人物であるチンクル役の作品だが、本編との関係は明かされていない。というか、今後も多分ない。
BSゼルダの伝説
リンクの冒険』から数年後の物語
BSゼルダの伝説 古代の石盤
神々のトライフォース』から6年後の物語。上記2つの『BSゼルダ』の伝説時系列に含まれるのかは不明。というのも、この『BSゼルダ』は25周年のPVでも登場しないなど、黒歴史扱いされている節があるからである。
CD-i版ゼルダ
海外フィリップス社が任天堂よりキャラクターの使用許可を得て製作した、CD-i用のゲーム1993年に2作、1995年に1作の計3本が出た。時系列や設定などはあまりよく分からないのだが、このゲームにはゼルダ姫役で戦う(しかも『リンクの冒険』のようなアクションゲーム)というしいストーリーがある。しかし、任天堂ライセンス許可のみで開発に関わっていないため、キャラクターだけ正式に借りた別作品と見るのが妥当なのではないだろうか。日本でも発売されていないようだし。ちなみにゲームとしての出来はよろしくないようで、AVGNもキレていた。
ソウルキャリバーII
リンクゲスト出演している作品。ストーリーも存在するが、本編時系列との繋がりは明かされていない。ゼルダ時系列に組み込まれていそうな設定がないため、おそらく関係ないと思われる。
ゼルダ無双
無双シリーズとのコラボレーション作品で、スーパーバイザーとして青沼英二氏が参加。基本は「ゼルダ無双オリジナル世界だが、中盤より「時のオカリナ」「トワイライトプリンセス」「スカイウォードソード」の世界と、事件解決後に「風のタクト」の世界も巻き込まれ、それぞれの世界からキャラクターが登場する。お祭り作品なので理にねじ込む必要はないが、それでもあえてこじ付けるのであれば、トワプリ過去伝説になっているのでトワプリ系列かもしれない。風のタクト伝説られているが、転生ので観測し、それが伝承に残っていると考えれば矛盾はない…か?ちなみに、この4作品以外にも様々な作品の要素が武器や技などに組み込まれていたりする。
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
2017年3月時点での、ゼルダの伝説シリーズ最新作。他作品との関係性について公式られていないため、一時的に当項にて記載する。作中にて、「ガノン」という名の厄災に何度も見舞われた歴史であることがられている。

関連動画

上で述べたAVGN動画。「ハイラル・ヒストリア」が出る以前の動画のため、いろんな意味でだいたいあってないAVGNはもう一本動画を作るべきである。

関連商品

ファン待望の時系列開された公式ガイブック

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%BC%E3%83%AB%E3%83%80%E5%8F%B2
ページ番号: 4726575 リビジョン番号: 2466243
読み:ゼルダシ
初版作成日: 11/09/20 13:37 ◆ 最終更新日: 17/03/07 13:54
編集内容についての説明/コメント: 暫定的に「その他」にブレスオブザワイルドを記載しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


リン冒マップとBotWマップとの関連性の考察

TP(トワプリ)とリンクの冒険の地理

ロフトバード

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ゼルダ史について語るスレ

757 : ナマフォン :2017/09/11(月) 17:29:15 ID: Uo98Bvbs1I
2・浮上するにはどうすればよかったか

ハイラル風タク中に浮上しそうになった間がある
「この地を再び日のもとにし、ハイラルが手に!」
普通に沈んだのではなくによる封印 自然に浮上することがあるとは考えにくい
そのためトライフォースがなければハイラル浮上は難しい
風タクガノン的はハイラルの復活&支配だったので
ガノントライフォースを手に入れれば確実に浮上させていた

本編では失敗していたがガノントライフォースを手に入れられる可性があったか これは余裕
赤獅子に横取りされたとき、ガノンは長時間油断していた
が手に!」までずーっと上を向いてたんで赤獅子は簡単にトライフォースに近づくことができた
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
758 : ナマフォン :2017/09/11(月) 17:32:48 ID: Uo98Bvbs1I
3・ゾーラ族リト族 コキリ族コログ族

なぜリト族ゾーラ族が同時に存在し、コキリ族コログだけになってしまったのかについて

リト族進化した後の風タクでもゾーラ族は存在する。
風タク本編が始まるのはガノンが復活して間もない頃なので
ガノン復活直後に殺されたラルト風タク開始直前まで生きていたともいえる。
では呪いで暮らすことはできないが、ハイリア人も脱になってないあたり
は安全に確保できるようだ。

ハイラルが沈んでから(ゾーラが暮らせないになってから)は100年経っているが、
今回 ゾーラは簡単に100歳をえることが判明している
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
759 : ナマフォン :2017/09/11(月) 17:35:52 ID: Uo98Bvbs1I
3のつづき

フォドがいたがコキリ族は滅んでいる。
コキリ族コログが他の種族と大きく違うところは「親がだだ1本のデクの木のみ」ということ。
男女による繁殖はしない、できたとしてもデクの木がばっちり生存しているので、する必要がない。
つまり体であるデクの木に「コキリではなくコログを産む」という変化が起これば
どんなにコキリ族が生き残っていようとコキリ族がいずれ全てコログに取って代わることが確定する。
なのでコログコキリ族についてはコキリ族がいないのが自然
760 : ナマフォン :2017/09/11(月) 17:39:50 ID: Uo98Bvbs1I
4・獣ナボリスの名はゲルド族賢者ナボールから

ボリスとルッタは名前の由来が賢者としてのナボールとルトであることが判明しており
そこから獣の名は4体とも賢者から取っていると推察できる。
じゃあメドーは賢者覚醒したメドリから取っているのでは?と思えるが
その確がないのでメドーはあえてどうでもいいとする
重要なのはナボール伝説が残っていること

ブレワイに登場する部族のうち風タクに登場しないのがシーカー族とゲルド族
シーカー族は基本姿を隠して生活していたし登場しなくても不思議はないが
ゲルド族ははたして風タクの時代を生き残れたのだろうか
トワプリではガノンの一件からゲルド全体が追放されている
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
761 : ナマフォン :2017/09/11(月) 17:47:16 ID: Uo98Bvbs1I
4のつづき

ガノン魔王になる前に処刑したトワプリとは違い風タク時オカガノン魔王になった後に続く世界である。
そのため魔王を封印するための賢者が各部族から覚醒し、賢者の一人としてゲルド族ナボールも活躍した。
そのことがハイラルに認知されている拠があるのが風タクブレワイである
風タクの場合はマスターソードの部屋に賢者全員の絵が書かれていること。
ブレワイの場合はハイラルの下でシーカーが作った獣にナボールから取った名を付けていること。

ナボールはかなり人望があり、実質ゲルドを統率していたツインローバもそのことを認識しているほど。
たしかにガノンゲルドの長だった、
しかしゲルド族のかなり多くの人が、ハイラルに味方するナボールを慕っている。
ガノンは敵でもゲルド族は敵ではない、ということがナボールの活躍によってハイラルの人々に対し明される。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
762 : ナマフォン :2017/09/11(月) 17:50:04 ID: Uo98Bvbs1I
・その他
時の殿の台座は基準になるはずの時オカでの位置が一番異質なので今回は考えないことにした
ただ、あえて言うならの台座がある場所は風タクでもブレワイでも「に囲まれた断崖の」ではある。

時オカ以外の作品、それも時間移動要素なんてない風タクで分岐できるのか疑問に思った方もいると思うが
時オカ敗北ルート時間移動に関係ない理由で分岐している(死亡してしまえば子供時代に戻れない)
なのでどの作品からでも後に分岐を新たに作れる可性はある。
763 : ななしのよっしん :2017/09/13(水) 22:41:52 ID: 73/jUWyIYZ
時オカ敗北ルート時間移動に関係ないifルートだという意見があるが、個人的には大いに関係があると思う。
敗北とは言っても別に死んだとは一言も書かれてないわけですよね。時の勇者ガノンに勝てなかったから賢者ゼルダが頑って倒したよっていう時の話。

例えば最終決戦まで進んだリンクマスターソード弾き飛ばされ、しまったあの時わらしべイベントを進めてダイゴロン手に入れてから来れば良かった。ついでに子供時代にやり残したサブイベントコンプしてからまた来よう→時の殿過去に戻って歴史変したとします。

これをリンク視点で見ればただガノンと再戦して最終的に勝てばよかろうな事案なんだけど、リンクが一度離れた時から見れば勇者が消えて魔王勝利に見えるわけです。
リンクが去った後もその時が存在し得ることは大人時代と子供時代が同時に存在することでも明済み。つまり時オカリンクが時のをくぐって過去イベントを消化した回数だけ世界が分岐して今も存在していることになる。

だから敗北ルートとか本編エンディング以外のif
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
764 : ナマフォン :2017/09/14(木) 15:23:18 ID: Uo98Bvbs1I
>>763
ありがとう
確かに敗北死亡とは限らないな
負けた場合は勇気トライフォースを奪われるがそれでもマスターソードを使用することはできる

ただそこで気になるのは子供時代でも大人時代でも行先は「前回の台座を使った直後」ってところ
つまりリンクの敗因が「子供時代だけで解決できたこと」でないと、一度負けて過去へ撤退して
もう一度大人時代に行ってもガノンと戦った後にを台座に戻した間の続きからになってしまう

子供時代にガノンを告発することで戦い自体起きないようにはできるが
そのルートでは「トライフォースを持ったまま戻ってきた」からトワプリとかに繋がる
トライフォースを持たずに過去に戻ったルートは今のところ存在しない
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
765 : ななしのよっしん :2017/09/15(金) 16:10:56 ID: 73/jUWyIYZ
>>764
それはゲームシステム世界観を混同しているだけでは?
あのゲームシステム上では子供時代で何をどう動かしても大人時代のフィールドに影を与える事はできない(強いて挙げれば魔法の豆とオカリナ曲関連ぐらいだ)けど、ハイラルという世界の事で言えば、リンク過去に戻って過去を変えた時点で、今までリンクがいた未来とは別の時間軸に分岐が起こるはず。
例えばそれが最終決戦の勝敗に関わるレベル変であれば、リンクが次に戻る大人時代では最終決戦に敗れた事実は上書きされるはず。

子供時代のガノン告発は時の賢者時のオカリナマスターソード抜くより前に戻ったからこそ出来るチート技だから、数ある変時の中でもトワプリルートだけは特別な存在なんだと思う。

とは言え、あくまで一般的な歴史フィクションの設定を参考にしただけでゲーム上で検のしようがない事なので、これ以上は何とも論じ難いですが。
766 : ななしのよっしん :2017/09/19(火) 13:24:40 ID: ef1orN9QLF
クジラがあるからブレワイハイラルだった説多いけど
あのクジラは3つとも別々の形をしているんだぞ〜

もう言われてるけどあのクジラ
かぜのさかな王・ナリシャ をモデルにしてるんだと思うよ
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829