単語記事: ゼルダ史

編集

トライフォース

この記事は任天堂アクションアドベンチャーゲームゼルダの伝説』における時系列について記述した記事である。

本記事では、2011年12月21日に発売された『任天堂公式ガイブック ハイラル・ヒストリア ゼルダの伝説大全』(以下HH)を参考とする。

読む際のご注意

ゼルダの伝説』の時系列はHHが発売されるまで、インタビューや説明書などで断片的にしか説明されておらず、さらに矛盾点が多かったため、ファンによって様々な説が提唱、あるいは研究されている状態であった。そのgdgd具合はAVGNが(ネタとして)ブチギレ動画(後述)を作ったほどである。

HHによって大まかな年表が発表されたものの、本書中では「この設定もいつか変更される可性がある」と明言されており、続編の進展具合では変更の可性もあり得ることを付記する。

なお2011年現在、『時オカ3D』の『社長が訊く』において宮本茂氏は「ユーザー時系列を気にしないと言ってくれれば制作が楽なのに。」「シリーズを重ねた以上、視する訳にはいかない」という趣旨の発言を行った。この辺りの細かい物語についての設定への感想は、N64の『時のオカリナ』時代からの宮本氏のスタンスでもある。

宮本氏の手掛けるゲームは、どの続編がある作品もその作品の前作を知らない人が遊んでも問題なく遊べるようにいつも配慮されている。時系列や設定・ストーリーを関連付けしすぎると、全く前作を知らないプレイヤーが遊びにくくなるため。

ということもあり、『ゼルダの伝説』はどの作品から遊んでも楽しいゲームに作られているので、これから『ゼルダの伝説』を遊ぼうとしている新規プレイヤーの方には、この記事を参考に遊ぶべきと示しているわけではないことを注記しておく。

ちなみにHHが出るまでに書かれていた本記事の推測時系列は、公式ものとはかなり異なっていた。一応、本稿でも「正しい訳ではない」と注意書きがされていたのでお見逃し頂きたい。言い分としては本記事の過去記事も上述のように断片的な情報から解釈、検討、推測した、「これが正解だろう」と考えていた時系列であり、多くのファンサイトで似た時系列が書かれていた(後述のAVGN動画も似た解釈である)。

つまり公式に設定されたゼルダ史は多くのファンの予想をえたものであった事が解る。

神話

ゲーム開始以前に、まず三女によってハイラルを始めとした世界が創造された神話が残されている。

トライフォース誕生
三女によってハイラルを始めとした世界が創造された神話が残されている。トライフォース創造の経緯もられる。
女神ハイリア魔族の戦い
トライフォースをめぐり、女神ハイリア魔族が戦う。

始原の物語

スカイウォードソード
人々がに浮かぶスカイロフトに住んでいた時代。リンクが地上に降り立ち、後にマスターソードへと進化する剣、女神と共にゼルダ世界を救う物語
ふしぎのぼうし
幼馴染であるリンクゼルダはピッコル祭りと呼ばれる祭りイベントの一つ、武術大会へを届けに行くが、大会に優勝した謎の男グフーの手によってゼルダ姫が石にされてしまう。リンクゼルダを元に戻すため、喋る帽子のエゼロと冒険を繰り広げる。
4つの剣
フォーソードの殿の異変に気付いたゼルダ姫主人公リンクと共にフォーソードの殿に向かう。だが突如、封印されていたはずのグフー突然現れ、ゼルダ姫がさらわれてしまう。リンクゼルダ姫の救出とグフー封印のために、「抜いた者の体が4つに分かれる」というフォーソードと共に冒険を繰り広げる。

ターニングポイント

時のオカリナ
ゲルト族出身の盗賊であるガノンドロフトライフォースを強奪、ハイラルを支配したが、マスターソードで時を越え、7年後に時の勇者として覚醒したリンクゼルダ姫、六賢者の手により封印される。なお、この後に登場するガノンは全て同一人物である。
ここで3つの時間分岐点が生じ、パラレルワールドが発生する。
まずリンクガノンラストバトルを繰り広げるのだが、ここでリンク敗北するか勝利するかで時間分岐点が生じる。敗北した時間軸は、『神々のトライフォース』に繋がることになる。リンクが勝利した場合は7年前の世界に戻るのだが、ここでさらに「時の勇者が去った7年後の時系列風のタクト」、「時の勇者が戻った7年前の時系列トワイライトプリンセス」の2つに分かれることになる。

敗北した場合(神トラ)の時系列

神々のトライフォース
ハイラルの王と7人の賢者達は騎士団(ガーディアン)の多くの犠牲を生むも、辛うじてガノンを封印した。その後、闇のアグニムガノンを復活させようとゼルダを含む賢者の子孫のを次々と生贄にげ、復活させる。だが、リンクの活躍によりガノンは再び封印される。
ふしぎの木の実
トライフォースに導かれ、2つの大地「ホロドラム」と「ラブレンヌ」を冒険する。
夢をみる島
リンクが修行のためにに出ている最中に起きた、不思議な体験。
神々のトライフォース2
トライフォース3銃士
ゼルダの伝説(初代)
ハイラル地方にあった小さな王魔王ガノンとその軍勢が進行、トライフォースゼルダ姫を奪い取った。その際ゼルダ姫は知恵のトライフォースを8つに分け、各地に隠した。リンクは冒険を繰り広げ、見事知恵のトライフォースを全て集めてガノンを打ち破る。
リンクの冒険
ガノンを倒して3年後、残ったガノンの邪気により、ハイラルは荒れ果てていた。リンクは初代ゼルダ姫を復活させるため勇気トライフォースを探しめる。リンクの血によってガノンを復活させようと魔物達が躍起になる中、リンクは見事勇気トライフォースを手に入れ、初代ゼルダ姫を復活させた。

勝利した場合(風タク)の時系列

風のタクト
魔王ガノンドロフが再び復活。人々は勇者の再来を祈ったが願いは届かず、々の手によってハイラルは封印され深くに沈められる(ガノンは「々に見捨てられた」とっている)。山頂など、沈まなかった陸地はになる。そこで人々は平和に暮らしていたが、そこに再びガノンドロフの魔の手がび寄る。リンクゼルダガノンドロフと戦い、最終的にハイラルマスターソード共にガノンドロフを封印する。全てが終わった後、リンク達は新生ハイラルを建するため新地へ向かった。
夢幻の砂時計
リンクテリーサルバトーレ含む)が新地をしている最中に起きた冒険譚。『風のタクト』にはで定住していなかったゴロン族がいる。
大地の汽笛
リンク達は見事新地を見つけ、新生ハイラルを建(その際、『夢幻の砂時計』に登場した種族もついてきた模様)。それから100年後、魔王マラドーを復活させようとする者たちが現れ、リンクゼルダ姫は冒険を繰り広げる。

戻った後(トワプリ)の時系列

ムジュラの仮面
7年前に戻ったリンクは別れたナビィを探しにに出ていた。その最中、リンク時のオカリナエポナをスタルキッドに盗まれる。デクナッツに姿を変えられながらも、スタルキッドを追いかけたリンクは「タルミナ」と呼ばれる、ハイラルパラレルワールドに到着した。の落下により3日で滅ぶタルミナを救うため、リンクは奔走する。
トワイライトプリンセス
時のオカリナ』から数年後、闇の世界に追放されていたガノンドロフが復活(こちらは『時オカ』ED後の子供時代にガノンドロフの野望が明らかにされた事で未然に手が打たれていた)。闇の世界の住人を操ってハイラルを支配しようとするが、リンクゼルダ姫、そしてミドナ阻止される。
4つの剣+
4つの剣』の冒険が伝説なるほど長い時が流れた後、グフーが再び復活する。リンクゼルダ姫を救出しグフーを倒すと共に、その背後にいたガノンをも倒す。

ちなみに、この3つの時系列における最後のリンクはいずれもマスターソードを使っていない。論、次回作の登場によってマスターソードが登場する可性はあるが(しかし、『風タク』の時系列マスターソードの底に沈んでおり、その時系列における復活の可性は限りなく低い)。

その他

ゲスト出演など、ゼルダの伝説が関わった作品。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ
フィギュアが動いているという設定のため、本編との時系列とは関係がない。この点は他のゲームも同様である。
リンクのボウガントレーニング
ストーリー自体が存在しない。数多くのデータトワプリから流用しているため、理矢理解釈すると「『トワプリ』後でガノンを倒した後に残った魔物ボウガンいじめ退治しに行っている。」あたりが妥当か。
もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド / いろづきチンクルの恋のバルーントリップ
ゼルダの伝説の登場人物であるチンクル役の作品だが、本編との関係は明かされていない。というか、今後も多分ない。
BSゼルダの伝説
リンクの冒険』から数年後の物語
BSゼルダの伝説 古代の石盤
神々のトライフォース』から6年後の物語。上記2つの『BSゼルダ』の伝説時系列に含まれるのかは不明。というのも、この『BSゼルダ』は25周年のPVでも登場しないなど、黒歴史扱いされている節があるからである。
CD-i版ゼルダ
海外フィリップス社が任天堂よりキャラクターの使用許可を得て製作した、CD-i用のゲーム1993年に2作、1995年に1作の計3本が出た。時系列や設定などはあまりよく分からないのだが、このゲームにはゼルダ姫役で戦う(しかも『リンクの冒険』のようなアクションゲーム)というしいストーリーがある。しかし、任天堂ライセンス許可のみで開発に関わっていないため、キャラクターだけ正式に借りた別作品と見るのが妥当なのではないだろうか。日本でも発売されていないようだし。ちなみにゲームとしての出来はよろしくないようで、AVGNもキレていた。
ソウルキャリバーII
リンクゲスト出演している作品。ストーリーも存在するが、本編時系列との繋がりは明かされていない。ゼルダ時系列に組み込まれていそうな設定がないため、おそらく関係ないと思われる。
ゼルダ無双
無双シリーズとのコラボレーション作品で、スーパーバイザーとして青沼英二氏が参加。基本は「ゼルダ無双オリジナル世界だが、中盤より「時のオカリナ」「トワイライトプリンセス」「スカイウォードソード」の世界と、事件解決後に「風のタクト」の世界も巻き込まれ、それぞれの世界からキャラクターが登場する。お祭り作品なので理にねじ込む必要はないが、それでもあえてこじ付けるのであれば、トワプリ過去伝説になっているのでトワプリ系列かもしれない。風のタクト伝説られているが、転生ので観測し、それが伝承に残っていると考えれば矛盾はない…か?ちなみに、この4作品以外にも様々な作品の要素が武器や技などに組み込まれていたりする。
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
2017年3月時点での、ゼルダの伝説シリーズ最新作。他作品との関係性について公式られていないため、一時的に当項にて記載する。作中にて、「ガノン」という名の厄災に何度も見舞われた歴史であることがられている。

関連動画

上で述べたAVGN動画。「ハイラル・ヒストリア」が出る以前の動画のため、いろんな意味でだいたいあってないAVGNはもう一本動画を作るべきである。

関連商品

ファン待望の時系列開された公式ガイブック

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%BC%E3%83%AB%E3%83%80%E5%8F%B2
ページ番号: 4726575 リビジョン番号: 2466243
読み:ゼルダシ
初版作成日: 11/09/20 13:37 ◆ 最終更新日: 17/03/07 13:54
編集内容についての説明/コメント: 暫定的に「その他」にブレスオブザワイルドを記載しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


リン冒マップとBotWマップとの関連性の考察

TP(トワプリ)とリンクの冒険の地理

ロフトバード

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ゼルダ史について語るスレ

709 : ななしのよっしん :2017/05/26(金) 04:30:05 ID: GP7l2VJXHc
>>702
聖地が時と関係しているってのはギリギリ理解できたとしても
聖地=創生時代そのものって考えは全く理解できないな 考えが飛躍しすぎじゃないのか
710 : ななしのよっしん :2017/05/27(土) 19:04:26 ID: sABOD9VfmP
結局始まりの台地ってなんなんだ?
ここでは割と台地=時オカ下町説が有っぽいけど
個人的にはどうもそうとは思えないんだよな
時の殿跡にはマスターソードの台座がないし、噴跡だって探せばどこにでもある
時オカハイリアに行くまでのにある大きな門と思われるものだって実際のところはただのだし、東の殿跡は規模が小さすぎてハイリアがあったようには到底思えない
下町にはマップ的にも全く重ならないと思うんだが
711 : ななしのよっしん :2017/05/27(土) 21:48:45 ID: y/a9BeBps/
>>708 >>709
聖地=過去ハイラル説としてハイラル創生まもない時代を選んだ理由は単純で、他の物語への影が少なく収まりがいいと思ったから。
ちなみにタイムパラドックスだけどスカウォのように過去が変わっても歴史が収束するか、時オカのように運命の異なるパラレルワールドが誕生したとしてもロウラルと繋がるのでむしろ都合がいい。

あと「ガノンドロフの笑いが時えてき渡った」ってのは神トラで述べられていたこと。時オカはその設定を尊重したにすぎない。
神トラでの「時え」という表現
神トラの欧タイトルが「A Link to the Past
・稀に現れる聖地ハイラルという表現
マスターソードの台座までに時のをくぐっている
以上から、聖地過去ハイラルそのものである可性を考えている。

…ただまぁ、聖地について洗いざらいゲーム内の描写やニュアンスを調べるうちにその線は薄く感じてきた。そもそも、トライフォース永遠に存在するものであ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
712 : ななしのよっしん :2017/05/27(土) 23:28:52 ID: 970A33hG+V
>>710
台地が「ハイラル王国発祥の地」と呼ばれる時点で可性は3つに絞られる。

①台地=時オカ時代の下町
後の王ラウルが建造した時の殿を中心に発展しているため、文字通り「王発祥の地」といえる場所。
当時の下町と台地の位置が大きく異なることについては「何らかの理由で現在の位置に移動した」と解釈(封印戦争時に移動した説が有)。

②台地=スカイロフ
スカウォに登場するゼルダは王を建した王の人々の祖であり、王の発祥は事実上彼女に起因すると言える。そして彼女が生まれ育ったスカイロフトも「王発祥の地」であると言えなくもない。
スカイロフトが大地に降り立っていることについては「何らかの理由で現代の位置に降下した」と解釈。

③台地=不明
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
713 : ななしのよっしん :2017/05/28(日) 00:24:21 ID: 8XOG7qfi2Z
そもそもハイラル自体のスケール感が違うから
スカイロフトとはサイズが合わない」点については、多分さほど考慮する必要はないと思う。
ただ、台地の構成自体は時オカ時代の下を思わせる作りではある。
あるいはひょっとすると、①かつ②という可性、
つまり、「ハイラル統一戦争時のハイラル城下がそもそもスカイロフトだった。」
という線もありえなくはないのでは。
トワプリルート以外では、ハイラル城下(というかガノン跡)をまるごと放棄して再建しても不自然ではない状態になってるし
(現行の3つの世界線の他があったとしても、ハイラル城劇的ビフォーアフターされる前に
ガノンドロフが止められるパターントワプリ以外は考えにくい。)
元がスカイロフトだったのであれば、移動も容易かも知れない。
714 : ななしのよっしん :2017/05/28(日) 00:58:44 ID: y/a9BeBps/
先に言った、沼さんがE3で「始まりの台地は昔聖地だった」と言ったという記事のソースと思われる動画を見つけた↓
https://youtu.be/dar1t_L2wBk
4:50ごろから「人も魔物も寄り付かない『聖域』だったが、今や魔物がいるってことは、どういうことか?ということです。」とっている。
そのクリア後でさえ解かれてない気がするのはともかく、聖地そのものであるかは微妙だ。
聖地かどうかは不明だが聖域なのは確定か。トワプリ聖域と関連するのだろうか?

時の殿つながりで、時オカ下町=トワプリ聖域
聖域つながりで、トワプリ聖域=始まりの台地
であるならば、時オカ下町=始まりの台地
が成立する。
715 : ななしのよっしん :2017/05/28(日) 01:52:30 ID: 7xjO/Ra/HE
今作では意外にも立ったイベントがないフィローネ地方の遺跡とかを調べて気になったこと
・フィローネの遺跡の石の材質はドイブラン遺跡、ローメイ遺跡と同じ
・ローメイ遺跡のそれぞれの祠にはフィローネ地方にいたとされる蛮族の装備が安置されている
・ローメイ遺跡のの模様にはコキリ族マークの様なものがある。
・ドイブラン、ローメイBGMは迷いのと一緒
勇気を囲っているの像の裏には巨大な門の様なものがある。
716 : ななしのよっしん :2017/05/28(日) 02:19:24 ID: tb1VnSk6Fk
>>715
>・ローメイ遺跡のの模様にはコキリ族マークの様なものがある。
これって、あのぐるっとした模様の事?たしかコログ族の隠れてるブロックにも同じ模様が描かれてたね。コログのすぐ近くにドイブラン遺跡もあるし、やっぱりなんか関係あるんだろうか。

フィローネの遺跡について個人的に考えてるのは、あの遺跡群は元々勇気に至るまでの参だったんじゃないかということ。知恵のに至るまでのラネール参みたいな感じで。
ラネール参で思い出したけど、あそこに描かれてるいくつかの模様って忘れ去られた殿と同じなんだよね。ロフバードの顔像があるのも同じだし。
717 : ななしのよっしん :2017/05/28(日) 02:32:32 ID: 98CuR3s8qF
>>712の中で一番自然なのは①だろうけど、②も十分可性としてはあり得ると思う。
個人的に考えてるのは、スカイロフトの降下が女神像普及のきっかけとなった可性。女神ハイリアの存在自体は章に描かれたの紋章から確認できるけど、それまでハイリア王や三大神を中心とした教を持っていたのに対し、Botwでは全に女神ハイリアを中心とした信仰へと切り替わってる。
女神像が登場するのも時系列的にはスカウォ以来だし、スカイロフトの降下がきっかけでハイラル王国女神像を中心とした信仰へとシフトし、各地に女神像が普及していったんだとしても不思議じゃないと思う。
718 : ななしのよっしん :2017/05/28(日) 16:13:05 ID: 8XOG7qfi2Z
世界聖地であった闇の世界は、間的座標を共有している(世界間移動によって似たようなところに出てくる)
という点は気にはなる。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015