単語記事: ゼロ(ロックマンシリーズ)

編集

 

ゼロZERO)は、カプコンテレビゲームロックマンXシリーズ』及び『ロックマンゼロシリーズ』、『ロックマンゼクスシリーズ』に登場するキャラクター

ゼロ

生い立ち

ゼロ」という名前は数字の「0」に由来するもので、Dr.ワイリーナンバーズ最後のロボットである。
(『ロックマン2 ザ・パワーファイターズ』のフォルテ編EDにて、製作途中であることが暗に示されている)
身長175cm。 声優置鮎龍太郎(X4~) ,風間勇刀(ゼロシリーズ)

ゼロは当初、見なく周囲を攻撃する残イレギュラーであったが、鎮圧に赴いたイレギュラーハンター第17部隊隊長シグマとの戦いにおいて、頭部に浮かんだ「W」マーク(正確には中にあった暴走の元チップ)を破壊され機停止、Dr.ケインによって精密検を受ける。

この際の戦闘では当時最高のを持っていたシグマ(セイバー装備)を圧倒し、最初は素手で渡り合った挙句にパイプ一本でセイバーと競り合い、更には腕一本を引きちぎっている。

精密検後、暴れていた最中の事は記憶になく、落ち着いた性格になった。
シグマゼロの潜在の高さと監視を兼ねて自らの部隊にゼロを入隊させ、特A級ハンタークラスにまで上り詰める。

その後、同部隊に入隊した新米のB級ハンターエックスのよき先輩ライバル・友となる。

性格はクールで冷静沈着だが、根は短気でガサツ。

自分がかつてイレギュラーだった反動なのか、イレギュラーしく嫌悪している。

戦闘前のセリフでも他のキャラべてそれが際立っている様子が散見される。

 

ちなみにデザインした稲舟氏のお気に入りキャラらしく、基本的にゼロデザインは彼以外に手を加えられていない。

X2以降もゼロの出番があったのは彼の発言に依るものらしい。

ゲームキャラとしてのゼロ

ロックマンXシリーズ

ロックマンX

初プレイ時、もが格好いいと思ったであろう作品。
「Xを助ける」ということがこの作品では多かった。2回だけだが・・・

シグマステージVAVAのライドアーマーを破壊するために自爆、大破する。

この場面でアームパーツを取っていなければゼロから貰うことになるが、
PSP版では威が通常のアームパーツの物より上である(別物)。パーツデザインも異なっている。
SFC版ではどちらも同じ。

この時点ではまだセイバーは装備していないが、ラフ画の中にはセイバーの柄が描かれたものもあるため、当初からを彼の武器にする案は既にあった模様。

本作のOPステージで彼が登場する時の曲は「ロックマンゼロ」OPステージにも使用されている。

PSP版である「イレギュラーハンターX」では別モードで彼を使用可なのではないかと思われたが、「それだと面くない」ということでVAVAに出番を取られてしまった。哀れ。

ロックマンX2

最初からは登場せず、奪われたゼロパーツカウンターハンターから取り戻すことになる。
カウンターハンターは3人おり、パーツは頭、上半身、下半身に分かれている。
ステージボスを全て倒すか、カウンターハンタースルーしてステージクリアするとカウンターハンターは居なくなり、
その時点で味方としてのゼロの復活はできなくなる。

アーマーの肩部分のデザインが鋭的になっており、雰囲気が変わっている。
また、サーベルが武器として使われるようになり、アースクラッシュなど攻撃方法も増えた。
ちなみに前作で大破したゼロを今作で修理し、復活させたのはカウンターハンターのサーゲス。
サーゲスは死に際にDr.ワイリーの記憶を匂わせる言葉を残し、シグマセリフから本作で初めてゼロワイリーナンバーズであることが判明する。

ロックマンX3

ついにゼロの操作が可となった。
ただしXとチェンジする方式で、中ボス(例外を除く)・ステージボスとは戦えない。
さらに針に触れたりに落ちる、ライフゼロになる等を1度でもした場合は以降ゼロを使うことはできなくなる。
バスターバスターセイバーという3段攻撃はファンを大いに喜ばせた。

特殊条件を満たすとXもゼロセイバーを使えるようになるが、Xが使う時のセイバーボスであろうとシグマであろうと一撃でライフを半分削るという鬼畜仕様である。アームパーツの有撃を放つかどうか決まる。

ちなみに、本作までのセイバーの名称は「ゼットセイバー」ではなく「ビームサーベル」である。

別装備なのか単なる名称の変更なのかは不明。

ロックマンX4

X3とは異なり、全に独立したキャラとして操作が可になった。
Xの場合はボスから得たチップを特殊武器として使うが、ゼロの場合はラーニングという形で技を習得する。
技の中には利便性を上げるだけのもの(二段ジャンプダッシュ)もあるので、弱点順もXとは異なるうえ弱点の存在しないボスもいる。
ちなみに、ロックマンと名のつく庭用アクションゲームのなかでロックマン(X)以外の主人公は彼が初。

ラットフォームがSFCからPSに移ったことによりステージ内ではが付き、所々ムービーも導入される。

生い立ちに書いたシグマとの戦いも今作で見ることができる。

カーネルアイリスは今作のゼロにとって最も重要な人物である。
は・・・いったい・・・何のために・・・戦っているんだああああああ!!!」はCMでもお染み。

ヒロインがいる時点でほぼ役を食ってしまったのではないかとも言われている。

また、8ボスの面々でも彼と面識のあるキャラは多い。

キャラクターセレクト画面で隠しコマンドを入するとXはアルティメットアーマーを入手できるが、ゼロの場合はボディの色がくなる(は変わらない)。

ロックマンX5

隠しコマンドは前作同様存在する。今作では色が変わるだけでなく
セイバーアップダメージ量が減るという変化がある。

システム的にはX4と同様であるが、今作ではウイルス(Σウイルス)という要素があり、このウイルスに一定以上感染すると本来の人格に覚醒し、的に大幅パワーアップする。
ただしこれはバッドエンドルートであり、覚醒以降はゼロを使うことはできなくなってしまう。

Σウイルスに感染し自を失ったゼロだが、最後にはわずかに意識を取り戻し、エックスシグマの攻撃からかばって大破する。

ロックマンX6

゚ O + ,_'ニニ.._`ヽ、  \、 .  o ゚   ○ *   / !|:::/    / ./:::::::::::::::::::::::::::::::
o . /::::::::::,::、:::::ヽ、 >===ミiヽ   . O  。  / l:,r'__..  /   /:::::::::::::::::::::::::::::::::
 ,r'::::::::,r ´   \::`く:. .:::::::l!:::\   . ゚    /  l/...--‐‐ ,'   /::::::::::::::::::::::::,::--、::
./::::::/   、   \ヽ:::::::::l::,' ヽ    O /  f:‐.‐,.= ‐:7i ,r':::::::::::::,ィ1:::::/  ,..、ヽ
i::;:::/  //,'`、 ヾー'::/ ,、 | 。o  . ゚/  !f´: : : ::/ |/:::::::::,/ l::|::::i   i‐<ヽ
"::`、  f '   l.  n`'i、ヽ::://〉_〉!      /   |!: : : :/./:::::::,r '´  !:l:::::l   !:::〔´
ヽ::::::',. l i  _',_ ∪ l  `゙イj |.//´    。/    !'; ://:_:- ´__,,.=  /:/::::::l  ',:::ノ`
:い,::::::l i l  ー ` _¨   /` ´iィ}   * ゚ /     ',/ィ')´ ´ ̄ 〃/::/::::::::::',  ゝン
ゞ、ソi::::い ',    ├  ̄ニ¬  l'   o ./       ノ:,<_     〈::〈:::i:::i:::::::ヽ、__,.r',
_ `ートェ' ヽヽ   l ̄ ヾ、/  /   ゚   /       ヽヽ:\ ヽニ‐'´ ',:::',::i:::i::::::::_:-ィヘ
::`:ヽ、_|``ー=ヾ_  _ン / ○  ゚ ./     __... -ヽヽ:ヽ ー   _';_:,_:-‐''´::::_::,゙-
: : : : : :ヽ、____`_- ...__./   _   /   iヽr、‐''' ̄ ゙ー'"`‐-‐1´:::::_::::::--f:´:/ r
────────────────────────────────

         オ マ エ の た め に  は や お き し て
        お べ ん と う つ く っ て き た ん だ
                       ▼

X5の後、消息不明になっていたが傷が回復するまで身を隠していたゼロ
最初は使用できないが一定条件をクリアすることで使用可になる。
セイバーの形状は残像が出ない千歳タイプになっている。

ゼロで進めていくと最終ステージ前でイベントが起こり、アイゾックという人物が
「行け・・・行くのじゃゼロ・・・おまえこ最強ロボットじゃ・・・」
と言っていることからアイゾックDr.ワイリーの人格・意志を持っているといわれている。(公式側はこのことについて明言していない)あれ?サーゲスは?

X6でのゼロは強化パーツをすでに3つ装備した状態でありそれ以外は変わらない。

ちなみに本作中で登場する「ハイマックス」は、ゼロDNAデータから製作されたレプリロイド

ゼロナイトメアといい、本作はゼロまみれである。

ロックマンX7

ゲームの舞台はPSからPS2へ。もっさりしている。
セイバーの形状はX6に続き千歳。特に3Dの時は視点が見にくく悪評である。
そのうえ、本作のXとアクセルは攻撃がロックオン制なのでどの方向にも攻撃でき相対的に弱体化したといえる。
敵の攻撃が玉状ならセイバーで跳ね返すことができる。

今作にブラックゼロい。

ロックマンX8

大分減ってすっきりした。

ゼットセイバーは4回攻撃になり、4回は相手のガードを崩す「クラキング」効果がある。
昇竜拳や旋脚などカプコンならではの技もある。
エンディングで倒すかで変わるマルチエンディング

今作におけるゼロ仕様

武装が一気に増加し、扇やらやら振り回す上に、シグマの武器まで使いこなす。

ロックマンX コマンドミッション

作品的には全くの別物でRPG作品であり、ストーリー映画版的存在である。
序盤からか彼方へ吹っ飛ばされたり、ムチかれるなどドMな面も多数見ることができる。
必殺ゲージを溜めて発動する技ではゼロらしい技が繰り出される。

ハイパーモードゼロになることができ、通常時より敵に与えるダメージが増える。
また、ハイパーモードにはアブリュートゼロ(絶対零度)というもう一つのモードがあり、
見たフォルテのように変化、攻撃に氷属性が付属し圧倒的に攻撃が上昇する。
フォルテゼロプロトタイプだということを考えれば納得がいく・・・かな

ゼロロックマンゼロシリーズ

ロックマンゼロ

ゲームについての詳細は「ロックマンゼロ」の項参照。

ついにゼロ主人公となった。性格はXシリーズの時代とべてクールである。

旧研究所跡に封印されていたところをレジスタンスによって復活させられる。

理な復活の影か記憶を失っているが、シエルの懇願によりレジスタンスに協し、罪のないレプリロイドイレギュラーと断定して弾圧する「ネオアルカディア」と戦っていくことになる。

最終的には現在のネオアルカディア導者である(初代はエックス)コピーエックスを倒すが、自分への追手の襲撃からレジスタンスを巻き込まないために脱出後も合流せず、放浪のに出る。

X6までと違って各作品ごとに四種の武器を使うようになる。

本作ではおなじみ「ゼットセイバー」、携帯レジスタンスの一人の形見である「バスターショット」、8方向に攻撃できて3段階に伸びる「トリプルロッド」、弾をはじけて投げられる「シールドブーメラン」の4種。

(これらの武器は四天王の持つ武器に対応していると思われる)

ロックマンゼロ2

前作から1年後が舞台。

依然迫り来る追手から逃れていたが、OPステージ終了後に尽きてしまう。
その後四天王の一人ツンデレハルピュイアによって新たなレジスタンス基地前に運ばれ、一命を取り留めた。

エネルギー開発のためリーダーを降りたシエルに代わり、令官となったエルピスの元で相変わらずミッションをこなすが、エルピスは勝手に謀なネオアルカディア襲撃作戦(「セイギのイチゲキ作戦」)を立案し、惨敗を喫してしまう。

自身の不足を痛感したエルピスは、かつて封印された「ダークエルフ」のを欲し、その欠片から生まれた「ベビーエルフ」を奪って姿をくらます。

ゼロは次々とネオアルカディア施設を襲撃するエルピスを追うが、エルピスを止めることは出来ず、結果的にダークエルフの復活(と共に、封印していたエックスオリジナルボディの破壊)を許してしまう。

ゼロとの戦いの末に倒されたエルピスはサイバーエルフと化して消えていき、解放されたダークエルフもまたどこかへと飛んで行ってしまった。あからさまな続作への伏線である。

全体的にダークエルフの話が軸となるため、ゼロ自体の話はあまり進展しない。

「1」にべるとよく喋るようになった。

「トリプルロッド」に代わって、伸びて足場にぶら下がることもできる「チェーンロッド」が登場した。

ロックマンゼロ3

本来はこれが完結編となる予定だったという3作

新たに現れたネオアルカディアの支配者「Dr.バイル」と「バイル八審官」との戦いが繰り広げられる。

復活したコピーエックスとの戦いや、自身の過去に関わると思われる敵「オメガ」、さらに前回のキーパーソンである「ダークエルフ」と、これまでの伏線を回収しており、これが元々完結編であるのも頷けるストーリーである。

ここからネタバレ反転でどうぞ↓

これまで戦ってきたゼロのボディは実はコピーであり、オリジナルボディ(Xシリーズにおけるゼロの身体)はDr.バイルによってオメガの中にいた。(オメガの外装は全て拘束具である)その口ぶりとオリジナルエックスの言葉から鑑みるに、ゼロの人格そのものはオリジナルと同一のもの(おそらくはオリジナルゼロの魂そのもの)らしい。

最終決戦、遂に姿を現したオリジナルボディの自身(オメガ)と対決、最後にはDr.バイルの制止を振り切ってオリジナルボディを破壊した。

相変わらずクール無口といった性格は変わらないが、レジスタンスシエルに対する会話では思いやりや優しさといった感情も覗かせている。

ロックマンゼロ4

ネオアルカディア完結」の4作

ここでは自然が再生しつつある場所「エリアゼロ」でネオアルカディアを脱走して生活する人間を守るため、「Dr.バイル」とその刺客「アインヘリヤル八闘士」と戦う。

ここからネタバレ反転でどうぞ↓

最終的には宇宙空間にある衛星ラグナロク」による撃を阻止するために奮戦、最深部にてDr.バイルを撃破するが、地表へと落下するラグナロクを食い止めるために転送不可能域に留まり、ラグナロクと一体化してなおも襲ってきたバイルを倒すも、大気突入に巻き込まれ行方不明となった。

EDは欠けたゼロヘルメットの画像で締めくくられる。

ロックマンゼクスシリーズ

ロックマンZX

ロックマンゼロ4のEDでは『行方不明』となったが、意志を持つ金属ライブメタルモデルZ」として登場。
(ただしライブメタルは「英雄の記憶を再現した」ものらしく。ゼロ全なイコールではないらしい)

…が、適合者の『先輩』はロックマンとして登場した次のミッション死亡
以後は主人公のものとなり、モデルXとともに「ダブルロックオン」によってロックマンモデルZXとして活躍。

通称:漬物石。

ロックマンZXA

役が交代したこともあり、本作ではモデルZ単体のロックオンはなく出番も少ない。

ゲーム後半で前作主人公と共に登場。勘違いから戦闘になるも、和解して主人公に協する。

この戦闘でZXにも変身できるようになるため、操作自体は本作でも可
EDではモデルZがなんと単体で『行方不明』になる。
年が経ちライブメタルとなっても相変わらず行方不明死亡フラグの塊である。

ロックマンエグゼシリーズ

ロックマンエグゼトランスミッション

GCソフトである「ロックマンエグゼトランスミッション」で登場。

ここでは「ネットナビ」ではなく、心を持った「ウイルス」として登場する。

本作の事件の原因である「ゼロウイルス」の親玉だが、ネット上の情報を蓄積させていくうちに心が芽生えた。

自身が生まれた場所「ゼロアカウントエリアロックマンと対決。

敗れた後にデリートを促すが、ウイルスの生産などを封印できることがわかり、ネットナビとして生まれ変わることになった。

本作がアクションゲームなため、三段りや回転斬りなどXシリーズゼロと同様の技を使い、体くなると回避不技「幻夢」も使ってくる。

 他にも、「Zセイバー」というバトルチップが何度かエグゼシリーズ中に登場している。

ロックマンDASHシリーズ

ロックマンDASH 鋼の冒険心

 ゲーム内で『ロックマンZERO』というアニメが放送されている。

ゼットセイバー」がアイテムとして登場する。

SNK VS. CAPCOM SVC CHAOS

格闘ゲームSNK VS. CAPCOM SVC CHAOS」では、CAPCOM側の操作キャラクターとして「ロックマンゼロシリーズから参戦。
アーケード版では隠しコマンドを入することで使用できる。

ニコニコ動画では・・・

MAD動画では”ゼEROロックマンSEエックス)”なるものが存在する。

関連動画

 PV・CMなど

ゼロをネタにした動画

MMDモデル

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%BC%E3%83%AD%28%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%29
ページ番号: 504031 リビジョン番号: 1581481
読み:ゼロ
初版作成日: 08/08/29 00:02 ◆ 最終更新日: 12/07/15 21:43
編集内容についての説明/コメント: MMDモデル追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

ゼロ(ロックマンシリーズ)について語るスレ

129 : ななしのよっしん :2013/07/26(金) 18:29:55 ID: fxxEolUVmo
まさかコピー出来たのは貌だけで、中身は一般の戦闘レプリロイドと大して
変わらない~なんて事はいだろうけど…(低性なボディーを強い心でカバー
ってのも燃える展開ではあるが)

逆にコピーエックスオリジナルの優しい心を再現出来なかっただけで、一体の
レプリロイドとしての性とかは全再現出来てる印
130 : ななしのよっしん :2013/08/01(木) 15:43:52 ID: ps5/BUpFyi
流石にゼロ時代になると、技術準自体がライトワイリーの域に追いついかけてる印だったかな、個人的印では
だから同等の性オリジナルを作るのは出来なくても、模造品位なら何とか出来る感じで
に宿す意志やそれに影を及ぼす部分に関してはまだまだだけど
結局ウイルスや抗体、エルフに関しては元を辿れば流用や改造ばっかみたいな感じだし
131 : ななしのよっしん :2013/09/12(木) 18:35:24 ID: OMCaPZkNGO
>>128
ヒッフッハおめでとう じゃなくて妄想だけど素の性は互だけどライフアップやらラーニングしたやらを失ったりしてたり、オメガは強化改造されたのも相対的にオメガが強い理由(設定的には)であると思う

ふとゼロがなぜバスター使わなくなったかって考えて、やっぱり動炉の破損が原因だと思った
X4以降では恐らく動炉の破損が原因なのかチャージが行えなくなっているためにチャージできないバスターは使い物にならないと判断したんだと思う
同様にX3ではチャージしてサーベルを発動していたため火力だったけどX4以降ではノーチャージで発動しているから威がガタ落ちしているのも何となく褄が合う気がする
ゼロシリーズではまた新しいボディになったがためにチャージ解禁でボスされていく・・・・とか
132 : ななしのよっしん :2013/09/18(水) 14:17:19 ID: QaSXh0yih4
※131
バスターが使えなくなったからロクゼロの方は携帯になっちゃったんじゃね 妄想だけど

ロクゼロはもう少しXシリーズとのリンクを頑ってほしかったなあ
133 : 削除しました :削除しました ID: kZHqIRZF8Q
削除しました
134 : ななしのよっしん :2013/10/07(月) 22:21:35 ID: E2G7mNrocz
タツカプとかは?
135 : ななしのよっしん :2013/10/13(日) 00:47:29 ID: N29zBCxcw0
>>132
それとな~く繋がってるっぽく見せるから、色々考えれて面いというのも一応あるかも
理があるがコピーの方もワイリーが作ってくれてたら胸熱だからそう思うことにしてる
ゼロVSオメガを見ると
ワイリーバイルが似ているようでどこか違う悪なんだろうなと考えたりする
136 : ななしのよっしん :2013/12/06(金) 22:02:55 ID: pi0/IY35Uk
オリジナルオリジナルでしょっちゅう破損してるし修復のためのスペアパーツ組み合わせ+αコピー作ったんじゃない?
スペアパーツ用意するために技術者に自分の構造ぐらい調べさせただろうし
137 : ななしのよっしん :2014/01/25(土) 14:19:54 ID: OMCaPZkNGO
ちょいと考察
ゼロロボット破壊プログラムの対は本当はエックスで、
レプリロイドエックスから作られたから結果的にそうなった
でもワイリーのことだからゼロ以外にはエックスを破壊させないはず
だからエックスと協するゼロも実はロボット破壊プログラムの一部だったりして
でもエックスぶっ壊したのカルピスだしそのカルピス暴走した元クソジジイゼロ魔改造しちゃったし・・・
138 : ななしのよっしん :2014/03/05(水) 22:13:10 ID: eeX/z56GJj
 ゼロオリジナルボディを奪われてから一度封印が解かれて、オリジナルボディをコピーボディでエックスと鎮圧したあと、コピーボディであるはずなのに何故かまた封印されてるんだよね
てことは、本当に危険なのはボディではなくゼロの精というか、サイバーエルフなんじゃね?
ワイリーロボットという分野ではライトに一歩先を行かれていたけど、ロボエンザとかウイルスみたいな形のない分野では上回ってたし
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015