単語記事: ゼーガペイン

編集

「 消されるな、この想い   忘れるな、が痛み 」

 

 ゼーガペインとは、メディアミックスプロジェクトプロジェクトゼーガ”として制作された作品群の総称、または作中に登場するロボットの機体名である。 通称「ゼーガ」「是痛」。

上記作品及び関連商品は、基本的に世界観を共有している。
本項ではアニメについて記述する。

あらすじ

舞台は近未来千葉県舞浜舞浜高校1年生キョウ部寸前の水泳部を存続させようと部員集めに奔走していたが、突如現れた転校生シズノに「ゲーム」の始まりを宣言される。彼女の手によって導かれた先は廃墟だらけの異世界。そこで彼はの装甲をう巨大ロボットゼーガペインアルティールに乗り込み、シズノと共に敵ロボットを倒してゆく。

しかし、何度もゲーム世界を行き来するにつれ、キョウは様々な疑問を感じるようになる。
幾度も感じるデジャビュ、メッセージ日常舞浜で感じる違和感
やがて、シズノは廃墟世界を前にして「これが、現実」と告げる。
そして、さらなる驚愕事実が…。

ガルズオルムが襲い来る理由とは?セレブラントの的は何なのか?
残酷すぎる真実に苦悩しながらも、キョウは戦うことを決意する。
この痛みを、忘れない為に。

概要

全26話。2007年星雲賞メディア部門補作。

本放送はテレビ東京系列にて2006年4月6日から2006年9月28日まで、毎週木曜日18:00~18:30に放送。
BSデジタル放送局・BSジャパン及びCSデジタル放送局・AT-Xでも同時期に本放送された。
その後はBS地上波で何度か再放送され、各web配信サービス等でも配信中。

和洋のSF系作品からヒントを得た世界設定や、日本青春ドラマ映画を彷彿とさせる人物模様などを絶妙にブレンドしたストーリーは、高い評価を受けている。

本作のメカアクションは、一部を除き3DCG作画されている。このパート(特にロボット戦闘シーン)については話のクオリティに追いついていないと評するも一部にはあるが、ゼーガペインの特徴でもある装甲を表現するにはCG制作するしかなく、ファンの間ではこれが正解だという意見になっている。
中国出身のキャラクターや、彼らが着衣するチャイナドレスを元にした制服など、随所に中国味が取り入れられている。これらは『星方武侠アウトロースター』などにも見られる原案者・伊東岳彦の作である。

また水泳部が舞台のため、大抵各話で1回女性水着姿が拝めるという、健康的お色気要素も見所の一つ。

本作品のタイトルゼーガペイン』はキャッチコピー消されるな、この想い 忘れるな、が痛み」から採られた“是が痛み(これ わが いたみ)”という意味が込められている(縮めて“是痛”とも書く)。

このように評価の高い作品だがDVDの売り上げが思ったように振るわなかった為、アニメDVD売り上げ数の単位として1ゼーガ=約1900枚と表すこともある。

因みに、ゼーガファンにとって8月31日という日付は重要な意味を持つ日である。その為、8月31日が来ると、感慨にふけるファンが多く存在する。

Blu-ray BOX化

前述の通りDVDの売り上げは思うようにはいかなかったが、熱狂的なファンは存在していた。(作品設定にちなみ「セレブラント」を自称)
そしてそのファンたちの熱い応援もあり、2009年開催の「あなたのBDプロジェクト」第1弾では2位に、同年末に開催の第2弾では見事1位き、放送終了から約4年後の2010年9月1日に念願のBlu-ray BOXがバンダイビジュアルから全受注生産で発売された(予約入数が2000えないと生産中止とされていたため、少なくとも1ゼーガ以上はある
2006年当時としてはしくHDクオリティ制作された本作だが、フルスペックでの商品化はこのBDが初めて。

内容は全26話の他、11話のオリジナルシナリオ版(EDが少し違う)、オーディオコメンタリーPVデジタルギャラリー、特製ブックレットなど。またDVDでは3話以降統一されていた本編オープニングは全て初回OA版が復刻されている。

ちなみにこの2010年は、BS11で再放送があったりROBOT魂で味方ゼーガ3(+1)機と敵機2機が発売されたりと、何かと盛り上がりの多かった年でもある。

パチスロ化

2013年山佐からパチスロが登場。公式サイトから紹介映像を見ることができる。
http://www1.yamasa.co.jp/zep/

作画CG音楽などほぼ全てが新規のもので、かなりが入っているのを確認できる。
特に3DCGは近年の技術進歩を受け、表現・動き共にバージョンアップされている。
ただしネタバレが凄まじいので視聴時は注意。

10周年プロジェクト

放送から10周年にあたる2016年3月に開催されたAnimeJapan2016において、ゼーガペイン10周年プロジェクトが発表。放送終了以降ここまで規模の大きい動きは初めてであり、大いに盛り上がりをみせる。

プロジェクトな柱として発表されたものは以下の3つ。

ゼーガペイン ADP

10周年プロジェクト玉。
ADPAdaptation、Advanced Projectなどの意味が込められている。

TVシリーズに加え、新作カットリファインされた映像、全編新規アフレコにより再構成された劇場作品。
8館で2016年10月15~10月28日の2週間限定イベント上映。
上映劇場及びバンダイビジュアルクラブにてBD限定版先行発売。限定版にはSBGの映像も収録される。
2016年10月15日デジタルセル配信開始。
2016年11月15日BDDVD発売。

新要素として新キャラクター4人が登場。全く新規のキャラクターに加え、設定上存在は示されていた人物も初登場。
又、パチスロ時からさらに進歩したCGにより映像グレードアップしている。

監督く、ゼーガペインサンライズフェステバル過去何度か総集編制作しており、今回のADPは単なる総集編にはならない、新しいストーリーが展開される「新解釈」になるとされている。

主な登場人物

ソゴル・キョウ(十凍 )  CV:浅沼晋太郎
舞浜高校1年生水泳部ただ一人の部員。一見すると典的な単純熱血キャラの様だが、実は博識で成績優秀であり、性格的に繊細な面もある。シズノに導かれ、セレブラントとして覚醒ゼーガペインアルティールのガンナーとなる。
カミナギ・リョーコ(守凪 了子) CV:花澤香菜
キョウ幼馴染。常に明るく、感情表現豊かな少女映画監督になる事を夢見ている。キョウ心を抱いているが、それを認めることにいも…。通称棒子
サキシズノ(三崎 ) CV:川澄綾子
キョウウィザードを務める綺麗なお姉さん。リョーコとは対照的にどこかげで暗い影を思わせる。令やAI達からは「イェル」と呼ばれている。納豆。 出身サーバー不明。
シマ CV:坪井智浩
オケアノスの令官。 常に冷静沈着、時には冷徹とも取れる判断を下す。ミナトからのアプローチには気付く様子さえい。出身サーバー不明。
ミナト CV:井上麻里奈
オケアノスの副令官。シマに好意を寄せる。 ストッキングが似合う金髪眼の女性シドニーサーバー出身。
マオルーシェン CV:朴璐美
ゼーガペインガルダのガンナー。振る舞いはクールだが、実は熱血な二枚目キャラキョウに特別な感情を抱く。 上海サーバー出身。
メイウー、メイイェン CV:牧野由依渡辺明乃
マオ機のウィザードを務める双子姉妹キョウメイウーが”性格の悪い方”、メイイェンが”可愛い方”。上海サーバー出身。
クリス・アヴニール CV:家中宏
ゼーガペイン・フリスベルグのガンナー。放磊落で陽気な兄貴アークの夫。アークイチャつくのが日課。パリサーバー出身。
アーク・アヴニール CV:久川綾
クリスウィザードシズノの親友であり、シズノとはまた違った清楚さを持つ。クリスカフェオレを心からするクリスパリサーバー出身。
エリンギ CV:大山鎬則
オケアノスのブリッジ要員。本名はクロシオ ハヤト。とある回から突如台頭してくる静岡サーバー出身のキノコ
アビスシン CV加藤将之ゆかな
ガルズオルムに造られた亜人類。見たは10代の男女で共に褐色の肌をしている。自分達を「ある者」、人類を「き者」と呼び、数多くのセレブラントを葬ってきた。人類が戦い続ける理由を知りたがっている。
クラシゲ CV:松本保典
通称クラゲ舞浜高校教師であり、水泳部の顧問。ミズサワにぞっこん。
ズサワ CV佐藤利奈
通称おミズ。舞浜高校スクールカウンセラー。保健室マドンナ的存在。
ソゴル・ミサキ十凍 未沙季) CV:遠藤綾
キョウ。登場シーンは僅かながらも、ものの数秒で視聴者に少なからずの衝撃を与え、作中屈萌えキャラの位置を確立している。その仕は一見の価値アリ。  

主題歌

オープニングテーマ
  キミヘ ムカウ ヒカリ
     歌・作詞作曲新居昭乃 / 編曲保刈久明 

エンディングテーマ
  リトルグッバイ
     歌 - ROCKY CHACK / 作詞作曲 - NOE & 山下太郎 / 編曲 - 保刈久明

関連動画

関連商品

テレビシリーズ劇場版

CD

書籍

サイドストーリー

ゼーガペイン本編では描かれなかった別の場所、別の時間 を舞台にした、それほど特別ではない少年物語


孤立した砂漠の町での敵と戦う、記憶を失ったマオ物語。 

その他

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%BC%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3
ページ番号: 519372 リビジョン番号: 2415099
読み:ゼーガペイン
初版作成日: 08/09/03 03:00 ◆ 最終更新日: 16/10/10 02:35
編集内容についての説明/コメント: ADP前に概要を最新化・加筆・順番入替など。商品もいじりました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


舞浜の空は青いか

ヒカリノツバサ

キミヘ ムカウ ヒカリ

リトルグッバイ

セレブアイコン

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ゼーガペインについて語るスレ

516 : ななしのよっしん :2016/10/19(水) 06:59:36 ID: hTdr7pupfQ
未見だけど暇してた友人が一緒に行ったが話が飛び過ぎて分からんっつってたな
こっちは終始ニヤニヤしてたんだが言ってる事は凄く良く分かるw
517 : ななしのよっしん :2016/10/20(木) 04:27:43 ID: WKq2swGDsy
シズ先輩だったから、TV版ではガンナーがカミナギに交代してからの後半で物足りなさ感じてたけど、ADP見ると色々考えさせられたわ。
シズノから、「キョウは思慮深くて冷静」って評があったけど、舞浜日常ではそんなことないように感じられたから、キョウシズノに本心をさらけ出してたわけではないのかなーとか。虚構と現実、記憶の消失で焦燥してたキョウは一種の躁状態にあって、戦闘中でしかおらず、当時舞浜に存在しなかったシズノにとっては「冷静」に見えたのかなーとか。
シズノがリブート後のキョウに干渉しなかったのは、自身が人間ならキョウの痛みを分かってやれた、みたいな罪悪感からなのかなーとか。サーバーで時間を共有してた人間のカミナギがガンナーになったことで、キョウは感情を出せるようになってるわけだし。
518 : ななしのよっしん :2016/10/20(木) 09:41:42 ID: CwDgPTzxzN
>>517
けど外でのキョウTV版の回想べて素に近くなってると思う
519 : ななしのよっしん :2016/10/20(木) 10:14:25 ID: 6MTnye/MMf
見に行った。
なるほどTVシリーズを再編集とは言っていたが
総集編とは言ってない。
しかも新しい形とも明言もしている。
言ってねえけど、だまされた気分だぜw
すげー楽しみました。次もなんかあるんかなあ。
520 : ななしのよっしん :2016/10/20(木) 18:55:40 ID: CwDgPTzxzN
ADPでは言及されてないおかげでドライダメージ解説時のアークに漂う出オチ
521 : ななしのよっしん :2016/10/21(金) 12:06:09 ID: 6JlYvz6p6m
TV版未見で大まかな流れだけ知ってる状態でADP見てきたけど、やっぱりかなり駆け足感があったなあ。
でもTV版の方にも興味が出たのでそっちも見てみよう
522 : ななしのよっしん :2016/10/22(土) 20:25:09 ID: 5vCF4HFpPU
ADP見てきた。
良い意味で裏切られたというのが一番の感想。まさか10年劇場版が見られるなんて・・・!監督スタッフ一同に感謝

このままさらなる続編も期待したいところだけど、TV版のその後を描いた小説版の内容が個人的に好きになれなくてなぁ・・・。
523 : ななしのよっしん :2016/10/28(金) 23:28:29 ID: IhijbgAcvd
不気味だった1話以外ほぼうろ覚えだったから映画を通してこっちまで記憶がってくるのが最高だったよ…
アルティールの装甲は時代が追い付いた感あるし携帯までフォローされてて本当に至れり尽くせりな映画だった
524 : ななしのよっしん :2016/10/30(日) 01:54:24 ID: hEoxqmOQCL
プレバンから届いたのをさっき見終わった
最初の4から3分の1くらいは全体像がつかめなくて???だったけど
話のタネがわかるとニヤニヤしっぱなしだった
確かにこれは見返したくなる

あと先輩の例の台詞をあえて言わせなかった演出が良かった
525 : ななしのよっしん :2016/11/04(金) 08:58:47 ID: iANFKeQxIV
ADPプロトタイプゼーガペインは見たかった感はあった
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015