単語記事: ソクラテス

編集  

ソクラテス(Sôkratês、紀元前469年頃~紀元前399年)とは、古代ギリシア哲学者である。哲学プラトン師匠であった。

生涯

アテナイに生まれた。母親は助産婦であったが、これはソクラテスの「産婆術」という思想と関わりがある(後述)。ペロポネソス戦争に従軍したという。

プラトンソクラテス弁明』によると、ソクラテス40歳の頃、彼の子が、デルポイにあるアポロン託所にて「ソクラテス以上に賢い者はいない」という託を受けたという(デルポイ託)。

ソクラテスはこれを信じることができず、世間で賢いと呼ばれる人たちに会い、自分より賢い人を探そうと試みた。しかし、実際に彼らと会ってみて、彼らが世間でいわれるほどものを理解しているわけでもなく、賢いわけでもないと思うに至った。

ここからソクラテスは「無知の知」(後述)という考え方に至り、問答法(後述)を駆使して数多くの者と議論を行った。

しかし、こうした言動がアテナイの人々の反感を招き、ソクラテスは裁判にかけられ、「々を信じず少年を惑わした」という罪状で死刑を宣告される。

子たちに脱獄を勧められるが、ソクラテスは聞き入れず、自らをあおり亡くなった。

著作

ソクラテスは著作を残しておらず、彼の思想は、他の思想の著作に書かれている彼の言動からのみうことができる。これは「ソクラテス問題」ともいわれ、ソクラテスの思想を解釈する上での問題となっている。

なお、ソクラテスが描かれた著作にて、特に有名なものはプラトンの以下の三作である。

ソクラテスの思想

目次

ソクラテス問題

前述の通り、ソクラテスの思想は他人の著作からうほかない。すると、の著作から読み取るかが問題になる。

ソクラテスの言動について記している著述は、劇作家アリストネスと、ソクラテス子であったクセノポンプラトンが有名である。

アリストネスは著作の中でソフィストを非難しており、ソフィストの筆頭としてソクラテスを挙げている。アリストネスの戯曲におけるソクラテスはカリカチュアライズされた部分も多く、これをソクラテスのありのままの姿と受け取ることは難しい。

クセノポンの著作は、ソクラテスの思想を記したものというより、ソクラテスに向けられた非難に対する弁明ソクラテスの擁護を的に書かれたものなので、ソクラテスの思想を読み取るには不十分とされる。

プラトンについては、初期の著作はソクラテスの思想を代弁しているといわれるが、中期以降は、プラトン自身の思想をソクラテスの口かららせているという形式になってしまっている。

本稿では、プラトンの初期の対話篇から読み取れるソクラテスの思想について説明する。

無知の知

前述の通り、ソクラテスはデルポイ託を受けて、自分より賢いと思われる人々に会いに行ったのであった。ところが、実際に会ってみると、その人たちは真理について理解しているわけでもなく、賢いわけでもなかった。

ここからソクラテスは、このように考えた。

  1. 世間で賢いといわれる人たちは、実際には賢いわけではないし、そのことを自覚もしていない。
  2. 賢くないという点では、自分(ソクラテス)も彼らと同様である。
  3. しかし、自分は彼らと違い、自分が賢くないことに対する自覚がある。
  4. 賢くないことに対する自覚がある点では、自分は彼らよりも賢いのではなかろうか。

詭弁じみた考え方だが、ソクラテスがこう考えた背景には、ソクラテスを深く信仰していたということがある。に賢い者とは神のみであり、それにべれば人間の知恵などはに等しい、わずかな知恵を競いあって賢さを誇ることはに対する侮辱である、といった考え方である。

問答法

ソクラテスは相手と議論を交わすとき、「問答法(ディアレクティケー)」によって議論を進めた。問答法の中でもソクラテスが好んで用いたのは、「論駁(エレンコス)」と呼ばれる手法である。これは、

  1. 議論の相手が「AはBである」というを行う。
  2. ソクラテスが相手に対し「BはCだろうか?」と質問を重ねる。相手はこれに同意する。
  3. ソクラテスが相手に対し「CはDだろうか?」と質問を重ねる。相手はこれに同意する。
  4. (以下、これが何度が続く)
  5. ソクラテスが「DがEなら、EはAということになる。しかし、EとAは相反するのだから、EはAとはいえないのではないだろうか?」と、矛盾摘する。

という形式で行われる議論である。ソクラテスの質問に対し同意を重ねていると、相手の矛盾があることが分かる。こうして相手は自分の矛盾を自覚し、「無知の知」に至る、というわけである。

ソクラテスはこうした議論の仕方を、「産婆術」とも呼んでいる。相手が「無知の知」に至り、正しい知恵を生むことを手助けするという意味でこう呼んでいる。

なお、ソクラテスが「産婆術」という名称を用いたのは、彼のが助産婦であり、実際に産婆を行っていたことにも関わりがある。

徳(アレテー)

これまで「世間の賢者たちは賢くない」や「無知の知」などと述べてきた。しかし、そもそも「賢い」「知恵がある」とはどういう意味なのだろうか?

ソクラテスは、「徳(アレテー)」を持っていることが優れたことであると述べる。「徳」とは人間の魂に備わった善なるものである。彼が問答法によって「無知の知」に至ろうと考えたのも、賢しらな知恵を捨て、「徳」を磨くことが重要だと考えたからである。

ソクラテスが徳を説いたことの背景には、タレスに始まる自然哲学は「万物の根アルケー)」についてばかり考察し、人間としてのあるべき姿が論じられていないと不満と抱いたことがある。彼は若い頃、アナクサゴラスについて学んだものの、徳について論じられていないと不満を抱いている(プラトンパイドン』に描かれている)。

後世への影響

ソクラテス自身は著作を遺していないが、西洋哲学最大のプラトンを育て、そのプラトンアリストテレスを育てたことを考えると、ソクラテスが西洋哲学に及ぼした影は極めて大きい。

一方で、西洋的な理性義・知性義の元であると批判されることもある。ニーチェは、ソクラテスを「理論的楽天義」だと批判している。

逸話

ダイモン

ソクラテスは、「ダイモン」のを聞いていたといわれる。ダイモンは、現在だと悪魔(デーモン)をイメージしがちだが、古代ギリシアにおいては自然的な存在をす言葉であった。ソクラテスが何かをすべきでない場合、「~するな」とダイモンのが聞こえたという。

悪法もまた法なり

ソクラテス子たちから脱獄を勧められたとき、「悪法もまた法なり」と、悪法であっても法を侵す行為をしてはならないと信じて自殺したといわれる。

しかし、『クリトン』や『パイドン』にこの言葉は登場しない。しかも、この二作で描かれているように、ソクラテス自殺したのは、魂の永遠を信じ、死は恐れるに足りないと信じたためであり、彼が法律遵守の観点から死刑を受け入れたのかは疑問である。

クサンティッペ

ソクラテスの妻クサンティッペは悪妻と呼ばれ、現在もクサンティッペといえば悪妻の代名詞である。

しかし、彼女が悪妻であったという逸話には創作も多く、本当に悪妻であったのかどうかは不明である。

語録

  • よい妻を持てば、幸せになるだろう。悪い妻を持てば、私のように哲学者になるだろう。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%BD%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%86%E3%82%B9
ページ番号: 5141359 リビジョン番号: 2413999
読み:ソクラテス
初版作成日: 13/09/10 12:43 ◆ 最終更新日: 16/10/07 08:23
編集内容についての説明/コメント: 関連商品の「岩波書店以外」の記述を削除
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ソクラテスについて語るスレ

22 : ななしのよっしん :2017/12/10(日) 10:22:14 ID: 3nIAN7w4mt
人説きてる?布団を敷こう的なあれ?
23 : ななしのよっしん :2017/12/25(月) 03:16:21 ID: 3nIAN7w4mt
ソクラテスの死」が何なのか判ったわ
要するにペリクレスアテナイの前世代に対する一連の当て擦り・嘲弄を哲学等と称し子を募っていたこの醜男に対する断罪だったという事だ
ソクラテスの発言・思想とされるものを見ていくとそれがペリクレスの発言や演説に対する当て擦り・嘲弄に終止していることが伺える
エイロネイアや産婆術と呼ばれる対話法もどペリクレス戦略を哲学においてパロディ化したものと言える
罪状の「自ら作ったを信仰し、国家々を冒涜した。若者達に悪しきことを教えて、堕落させた」というのは要するにペリクレスを生で知らない下の世代に彼の生き様への当て擦り・嘲弄・剽窃を学問と称しその根を隠匿しながら教えていた事に対し、それに勘付いていたアテネ民衆がこれに見切りを付けたというのが相のようだ
リクレスの発言に"Those who are politically apathetic can only survive if they are supported by people who are capable of taking
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
24 : ななしのよっしん :2018/01/05(金) 16:09:26 ID: 3nIAN7w4mt
>>12,13,14
あの判決はソクラテス自身の行いに対して下された物に過ぎない。
ソクラテス自身に弁明すべきことがあるとすれば自分はペリクレス達に当て擦り、嘲弄、パロディをしていただけだというようなものになるだろうがそれは取りも直さず自身の思想にオリジナルな物など何もなく、逆り・嘲弄・からかいに徹していたに過ぎないと吐露するのと同じになる。
それをせず虚栄心に拠って賢哲として名を遺すことを選んだに過ぎない。要するにソクラテス自身がソクラテスだと自ら暴いただけ
リクレス時代を知るアテネの古老やソクラテスと同世代の市民達は、ソクラテスに当て付け、を嘲弄し続けていたのか分かっていたし、それは性格や人間関係等からも簡単にえただろう。
詰まる所ソクラテスに突き付けられた杯の中身はソクラテス自身がペリクレスやアテネの名士らに当て擦っては内に噴き続けた唾に他ならない。
つまりソクラテス自身が自らがしてきた行いが詐瞞に他ならないと知っており自身それを許せておらず、いかなる弁明も自身のその胸中を拭いうるも
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
25 : ななしのよっしん :2018/01/05(金) 18:19:34 ID: QF1WnuAu0c
どうでもいいが、それは君の妄想なのか学術的に明されたコンセンサスなのか。
26 : ななしのよっしん :2018/01/08(月) 23:34:47 ID: 3nIAN7w4mt
「学術的に明されたコンセンサス」か。「無知の知」を掲げるその人やその子が現代でそんな言葉を振り回していたとしたら、と思わず勘繰りたくなるような言葉だな。
ああ、御宅にはどうでもいいんだったね。まあ、ソクラテス自身が一番わかっていた事だよ、ソクラテスがしていた事が彼のいう「美」に全く適っていなかった事を。
アテナイの人喰いスフィンクス」が正体を暴かれて退治されたという話だよ、結局は。
27 : ななしのよっしん :2018/01/11(木) 19:58:41 ID: QF1WnuAu0c
では無知の知で行くけど、は君が「こうだ」と断言していることについて、歴史事実として承認に値するかどうかを判断するための根拠をもたない。
君が「ソクラテスはこうだったに違いない」と断言するのは個人の見解として全く自由にやればいいのだが、「これが相だ」という以上、共通見解に属する「相」であると納得するに足るソース、推論過程をつまびらかにし、説得する義務を有する。
「義務」だぞ。のような物知らずを納得させる義務だ。
それがないのであれば、君は単に、自分に都合いいことを「相」にすり替えるデマゴーグで、ゴシップ誌と同レベルの印論をやってるに過ぎんということになる。
で、どっちなの?君はの質問には答えず、「の言ってることが相だ」とオサレに繰り返しただけだよね?君が自分の言うことを他より「確からしい」と断ずる根拠は何か。
28 : ななしのよっしん :2018/01/12(金) 13:23:21 ID: 3nIAN7w4mt
御宅は人の言葉を「どうでもいい」と切捨てだたろ。どうでもいい相手にはどうでもいい答えしか返らないんだよ、絶対にね
リクレスという名前も出しているのに較の上に上げようともしない。
で、いきなり「義務」?自ら調べて正否を判断してくれ。
それとも相のようだとは言ったが相だとは言ってない、とか言わせたいのか?
質問に答えるも何も「個人の妄想」か「学術的に明されたコンセンサス」の2つしか回答パターンが用意されていないのに答えようがない。
そもそもそうした義務を負わせられると思う相手の意見に「妄想か」なんて聞かないんだよ。「どうでもいい」「妄想」という2つの言葉を出した時点で御宅は自ら相手との意見交換の意思なしとはっきり名言した。
「では」なんてまっても駄。
それにこのサイトで何レス何十レスと重ねればそれだけで削除にタゲられるのは知ってるよね?
匿名掲示板の意見一つに「学術的に明されたコンセンサス」とやらを要し、でなければ妄想と切捨てるような御宅が設ける「義務」とやらを果たすためには一体何十何
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
29 : ななしのよっしん :2018/02/26(月) 03:52:26 ID: xZJaIXYZfm
このオッサン好きだわ
30 : ななしのよっしん :2018/04/09(月) 13:30:18 ID: 0npP7UcE8s
>>25
文系スレでも思考停止したみたいに学術的根拠がー君がいたけどさ、まず君の言う「学術的根拠」の定義を示してくれないと答えるほうも示しようがないっていう事実には気づいてる?
31 : ななしのよっしん :2018/07/18(水) 01:45:18 ID: Jwuxo56lOx
>>30
>>25は「学術的に明されたコンセンサス」と言っているのであって、「学術的根拠」などとは>>25において一言も言っていませんね。
よって方の「学術的根拠ガー」という例示や「君の言う「学術的根拠」」なる部分は全に誤りですね。発言前によく考えましょうね。方が思考停止してますよ。
仮に「学術的に明されたコンセンサス」は「学術的根拠」に関連するから定義を聞いても問題ないと言いたいのであれば、そもそも「学術的根拠」の定義を知らないの人間が「学術的に明されたコンセンサス」を「学術的根拠」と関連すると勝手に判断するのは矛盾であり極めて短絡的であると言わざるをえませんね。
さらに譲歩して「学術的根拠」が「大学や研究機関の研究者の書いた論文や専門書等」であるといった大まかな定義は「常識」や「社会通念」から明らかである、「学術的に明されたコンセンサス」はそれに含まれる、と言いたいのであれば、そもそも「社会通念上明らか」でない「学術的根拠」をあえて自らのに用いようとすること自体極めて非合理的であり間抜け
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829