編集  

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン単語

イカジャム

によるチーム戦のバトルロイヤル
これが“もう一つのSAO”――

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』とは、電撃文庫刊の時雨沢恵一によるライトノベルである。挿絵は黒星紅白原作川原礫ライトノベルソードアート・オンライン」で、川原礫は本作の監修も務める。

正式名称は上記のとおりだが、動画タグは「ガンゲイル・オンライン」もしくは「GGO」が一般的である。

概要

ソードアート・オンライン」5~6巻「ファントム・バレット」編に登場したVRMMORPGガンゲイル・オンラインGGO)」を舞台としたスピンオフ小説である。
とは言え、原作世界観や用は本作中で丁寧に説明されるため、SAOをまったく読んでいなくても充分楽しめる。
ちなみに作中年は3巻までが2026年の1~4月であり、原作7巻「マザーズ・ロザリオ」と同時期に当たる。4巻からは2026年の6~7月であり、原作の「アリシゼーション」編とほぼ同時期と見られる。これらの事から分かるように、本作にはキリト原作要人物は話題程度にしか登場しない。(GGOに深く関係する人物はちょっとだけ出てくるが)

時雨沢恵一はこのファントム・バレット編の大ファンであり、いつかGGO二次創作を書きたい(そして出来ればさんのイラスト付きで電撃文庫から出したい)と願っていた。原作アニメ二期で同編がアニメ化される際、ガンマニアとして著名な氏は同アニメ銃器監修を務め、その縁でこのスピンオフ企画が実現することとなった。
そのガンマニア振りは本作でも遺憾なく発揮され、3巻約1300ページの分厚い本文には原作小説)の3倍以上の名が丁寧な描写付きで乱舞。さらに3巻巻末には銃器イラスト担当の秋本こうじ氏(『キノの旅』の「フルートデザイン)の挿絵付きの解説まで付いてくる。

また、この小説の魅銃器描写だけではない。
本作のテーマ原作でもあまり扱われなかった「チームバトル」であり、主人公達はもちろん、主人公以外のチームドンパチ――ゲームならではの血生臭くない、しかししい殺し合いが活き活きと描写されている。

ゲームであって、遊びである」、いわば本来のガンゲイル・オンラインの姿がここにある、と言っても過言ではないだろう。

読者からの称は「イカジャム」。作者もこの呼び方を使用している。由来は後述。
pixivなどでは「SAOAGGO」の略称も使われている。

電撃マオウ2015年12月号より、コミカライズが連載されている。作画はたもりただぢ。

2018年4月よりテレビアニメ化決定! TOKYOMX/BS11他で放映。

ガンゲイル・オンラインとは

本作のスクワッド・ジャムの舞台であり、原作ソードアート・オンラインの『ファントム・バレット編』、ゲーム作品の『フェイタル・バレット』の舞台でもある。シノン(SAO)役となるVRMMORPGFPS)である。

運営しているのはアメリカ企業である『ザスカー』。SFのような世紀末感のある一のVRMMOであり、日本で展開されている。TPSが好きなプレイヤーや、ガンマニアにとってはまさに夢のような舞台。仮想世界ではあるが、実在するを手に取り、人々が撃ち合う様はリアルに負けず劣らず。中にはプロフェッショナルである、自衛隊員や猟師もいる。また、このVRMMO公式RMTリアルマネーが換なため、プロゲーマーとして活用して資を稼ぎ、生活をしている者が多数いる。トッププレイヤーであると、20万円以上を稼ぐ猛者もいるらしい。

そしてこのVRMMOフィールド等において制限にPKすることを推奨している。もし、フィールドプレイヤー同士が偶然に出ってしまった場合は、問答用で撃ち合いが強制スタートされるといった流れになる。非常に刺の強いVRMMOであるため、時間と、良い意味での掛かるハードなものとなっている。

あらすじ

183cm高身長コンプレックスとなり、人付き合いのない灰色学生生活を送っていた女子大生・香は、ある日「別の自分になれる」VRMMOに出会う。

スクワッド・ジャム(1巻)

した世界ガンゲイル・オンライン(GGO)》150cmにも満たないチビアバターレン」となった彼女は、思う存分GGO世界を楽しみ、ゲーム内で「ピトフーイ」という友人も出来た。
ある日ピトフーイから、GGO初のチームバトル大会《スクワッド・ジャム(SJ)》が開催される、という話を聞く。
リアル都合で参加できないピトフーイに代わってSJに参加することになったレンチームメイトはたった一人、「エム」という名の大男だった。

セカンド・スクワッド・ジャム(2~3巻)

第一回SJ終了後、色々吹っ切れてリアルでも友人の出来た香は、ひとまず満足してしばらくGGOから離れていた。間もなく第二回SJが開催されると聞いても出場意欲を持てない彼女だったが、その直後、ある人物とリアルで遭遇する。
「第二回SJ終了後、人が死にます」
その人物からそう聞かされた香――レンは、「フカ次郎」こと親友の美優を誘い、またしても2人チームで第二回SJに参加する。
的はただ一つ。満を持してSJに参加するピトフーイを、この手で殺すこと。

サード・スクワッド・ジャム ビトレイヤーズ・チョイス(4~5巻)

第二回SJも終わり、やりたい事はやり切ったと満足した香は長いことGGOログインしていなかった。だが7月くも第三回SJが開催されると聞かされ、ライバル達との本気の再戦の約束をダシにされて参加することになる。
かくして結成されたレンとフカ次郎、ピトフーイ、エムのドリームチーム。しかし彼女たちを決勝フィールドで待っていたのは、チーム連合軍による包囲網だった。
さらに第三回SJには、生存チーム数が一定以下になった時に発表される「特別ルール」が追加されていた。辛くも包囲網を切り抜けたレン達に、過酷な特別ルールが明かされる。

主な登場人物

注意 これより先の項ネタバレを含んでいます。
[ネタバレ]で囲んだ部分を反転すると内容が表示されます。
シリーズ

ファントム・バレット」記事の用説明も参照して下さい。

レン(LLENN)/[小比類巻 香蓮(こひるいまき かれん)]CV.楠木ともり

使用銃器P90

本作の主人公。全身をデザートピンク衣装に包む、150cmにも満たないちびっ子アバターを駆るGGOプレイヤーイラストでは、頭のニットキャップウサ耳付き。
リアルでは東京で一人暮らしの女子大生北海道の裕福なに生まれた2男3女の末っ子で、高卒時点で183cmにもなる高身長コンプレックスになり、人付き合いが苦手。
「別の自分を楽しめる」VRMMORPGを知り、色々なタイトルをコンバートで渡り歩いた結果、初めて気に入るアバターを引いたのがガンゲイル・オンラインであった。
その後はバーチャルチビを楽しみつつまったりとモンスター狩りを楽しんでいたが、ひょんな事から対人戦の快感に覚め、一時期PK行為にハマっていた。
それでも積極的に他人と戦う気はなく、BoB等の対人戦の大会にも興味はなかったのだが……

「小さいんだから機敏に動けるようにしよう」と成長はAGI(敏捷性)を重視した結果、人智をえた俊敏さを発揮するようになる。
狙撃は苦手だがスナップショット(正確な狙いを付けずに撃ちする技術)が得意で、好みのサブマシンガン
P90の外見に一で惚れ込み、「ピーちゃん」と名づけてピンク塗装用する。
[また、エムに使い方を教わったコンバットナイフサイドアームとする。鍛錬の結果、第二回SJの頃には距離3m程度の敵なら一ナイフキル出来るようになった。まさにボーパルバニー]

ピトフーイ(Pitohui)/[神崎 エルザ(かんざき―)] CV.日笠陽子

使用銃器:多種多様

レンが初めてGGO内で作った友人。褐色の肌に煉瓦色のタトゥーを施し、サイボーグのように引き締まった長身の体を持つ美女アバター
GGOサービス開始時から、それ以外のVRMMOもずっと以前からプレイしているベテランゲーマーであり、アバタープレイヤースキルレンを圧倒する。
リアルでは相当裕福かつ多忙らしく、その豊富な装備はほとんどRMTで入手したもの。
一見すると陽気で気のいいお姉さんだが、性格に多大な問題を抱えている。

[彼女リアルは、香や美優も大ファンである新進気鋭の人気シンガーソングライター神崎エルザ。小柄で妖精のような容姿に、透き通るようなを持つ癒し系歌手として知られるが、その本性はピトフーイそのままのサディスト。そして可愛いと思ったら男女構わず食ってしまう両であり、香エルザに初めてを奪われてしまう。
自身の所属事務所を経営する実業でもあり、エムのリアルこと志は部下兼人兼サンドバッグである。

実はエルザSAOβスターであり(そこで某黒の剣士と対戦経験があった模様)、正式サービスも当然初日からログインするつもりが、どうしても外せない大事な用事(歌手としてのオーディションか?)の為泣く泣く諦めていた。
結果として彼女デスゲームに囚われずに済んだのだが、常々生死をかけたゲームに憧れていたエルザは喜ぶどころか大荒れに荒れ、さらに2年後SAO事件が解決した際、デスゲームの中でPKが行われていたという噂を聞いて再び荒れた。彼女はこの屈を仕事に込め、歌手として大成するのだが、デスゲームへの憧れを捨てきれなかった為に、第二回SJの参戦にあたり、エムを巻き込んで大変な暴挙に出る。

SAOでの得物は片手剣だったようで、満を持して参加したSJではムラマサF9を振り回して大立ち回りを演じる。]

エム(M?)/[阿僧祇 豪志(あそうぎ ごうし)] CV.興津和幸

使用銃器M14EBR、HK45

ピトフーイの知人で、第一回スクワッド・ジャムにおけるレンパートナーアバターは190cm近い強面マッチョの大男だが、物は静か。
ピトフーイとはリアルでもかなり近しい仲らしく、エムは彼女に頭が上がらない。
銃器戦闘の知識に非常に明るく、狙撃の技量が高い。さらに、地形の記憶にも優れており、レンは「エムはマップのM」と推測した。

[リアルでは175cm程の細マッチョイケメンであり、香リアルで遭遇したときは壁ドンが辛うじて成立した。
学生時代、ピトフーイ(のリアル)に一惚れして彼女ストーカーとなったが、バレて暴行される。その後は私に渡りピトフーイの下として振り回され、人生が滅になるが、本人は
美しい女性の側にいて役に立てるのなら、男利に尽きると受け入れてしまった。我々の業界ではご褒美です
現在は「社長」を務めるピトフーイの部下であり、私生活では彼女人でもある。]

フカ次郎(Fukaziroh)/[篠原 美優(しのはら みゆ)]CV.赤﨑千夏

使用銃器MGL-140

高校時代からの親友。香のことは「コヒー」と呼ぶ。作中では内の大学に通う大学1年生
口が上手く人当たりの良い、お落な女子大生だが、重度のVRMMO廃人である。香VRゲームを始める時から色々とアドバイスを授ける、師匠とも言える人物。
現在アルヴヘイム・オンラインで遊んでいる。種族はシルフで、11連撃OSSを編み出した最強剣士ほどではないものの実は高く、レア武器所持や変な名前も相まって有名なプレイヤーらしい。
(この変てこなアバターネームは亡くなったの名前である)

の要請を受け、第二回SJに出場するためGGOにコンバートしたフカ次郎のアバターは、レンに匹敵する程のチビっ子の金髪美少女となった。だがプレイヤーのコンバートの為、敏捷性と器用度以外のステータスレンよりかに高い。
ショップに並んだMGL-140グレネードランチャーの外見に一で惚れ込み、二挺購入して高い筋に任せて二挺持ちする。長い金髪を細く削ったナイフを簪にしてめるなど、GGOでもおスキルを発揮する。

スクワッド・ジャム(Squad Jam/SJ)

GGOで開催されたチームバトルロイヤル大会。第三回BoBバレットオブ・バレッツ)決勝戦で起こった、とあるプレイヤーの即席タッグを見て奮したある人物が、運営会社のザスカーに打診しスポンサーとなることで実現した。
ちなみにこのスポンサーリアルでは50代(2026年当時)の病的なガンマニアで、銃が出てくる小説ばかり書いてる小説家とのこと。一体先生なんだ……。アニメ第3話クレジット表記は「銃が出てくる作品ばかり書いている小説家CV時雨沢恵一)」とまんま。
スクワッドは「分隊」、ジャムは「ごちゃ混ぜ」という意味。ピトフーイから話を聞いたレンは最初「イカジャム」と勘違いする(イカはスクイッド)。
転じて、この作品シリーズ読者の間での称も「イカジャム」となっている。

ルールは概ねBoBに準拠するが、チーム戦ということで異なる部分も多々存在する。

第一回スクワッド・ジャム

2026年2月1日に開催されたスクワッド・ジャムの(第一回)大会。首都SBCグロッケンの総督府を貸し切りで使ったBoBとは異なり、会場は首都の一にある場。
レン達を含む23チームが参加した。第3回BoB戦人数は30人であることを考えると、小規模な大会である。
優勝賞品は「スポンサーの作家の著作20セットサイン入り」であった。正直欲しい。

主な参加チーム(一部は第二回にも参加)

《LM》

リーダーレン
使用銃器P90M14EBR
 第一回SJのレンとエムのチームチーム略称の意味もそのまま「レンとエム」であろう。
機動に優れたサブマシンガンナーのレンを囮にするためリーダーとしており、作戦立案などの実質的なリーダーはエムが務める。

《ZEMAL》(全日本マシンガンラバーズ)

使用銃器FN MAGM240B、M60E3ミニミ、ネゲヴ
 全員マシンガン愛しマシンガンのみを使用する5人チームマシンガンを一杯撃てればそれで満足で、戦術どころかサイドアームすら持たないため対人戦にはやたら弱い。
BoBは予選を突破できず、予選のない第一回SJに「15分は生き残ろうぜ!」と意気揚々と参戦したが……

黒覆面のチーム(正式名称不明)

リーダー:名前不明([階級は二尉])
使用銃器FN FALM24

 いのと焦げ迷彩、そして出し帽を被ったチーム。四人一組の別働隊をリーダースナイパーが遠くから支援するという、高度に統制の取れた動きを見せる。エムは警察特殊部隊自衛隊、要するに戦闘のプロであると推測する。

[その正体は、航空自衛隊里基地所属の基地警備隊員であった。SJには訓練の一環として試しに参加したようだが、リーダーの二尉は着弾予測円等のゲーム的要素が訓練の邪魔になると評価した模様。第二回SJには参加しなかった。]

《MMTM》(メメント・モリ)

リーダーデヴィッド
使用銃器:ステアー STM556、ARX160G36K、SCAR-L、HK21

 ドクロのエンブレムを付けた6人チーム。「一糸乱れぬクリアリング」「ゲーム中の乗り物は全て乗りこなせる」「どの戦場でも戦えるように柄の違う迷彩ポンチョを複数準備」「小銃の口径をえ、味方が弾薬補充出来るように背中に予備マガジンを付ける」というような、徹底したガチプレイヤーである。戦いに集中するため、女は眼中にない。(そもそもGGOでは女性プレイヤーは希少なのだが)

 リーダーは第三回BoB本戦にも出場経験のある凄腕で、腕試しに参加したSJに思いの外ハマっていく。また、過去にピトフーイと組んだことがあるため、彼女の本性をよく知り、警している。

《SHINC》([新体操クラブ])

リーダーエヴァ
使用銃器ドラグノフ、PKM、ビゾン、ストリージ、[VSSヴィントレス]、[PTRD1941]

 ソビエトロシア銃器で固めた、アマネス女性プレイヤー集団。「ボス」と呼ばれるリーダーエヴァマシンガンナーのソフィーローザスナイパートーマアンナサブマシンガンナーのターニャの6人チーム
抜群のチームワークとまるで曲芸師のような体術を誇り、最強の敵としてレン達の前に立ちはだかる。

[正体は、香大学の付属高校新体操部のメンバー。うち1人がロシア人留学生である。結成間もなく演技がバラバラだった彼女たちは、コーチにまずチームの息を合わせるよう導され、仲良くなる為に始めたGGOにどハマリして強チームとなった。一応新体操練習もまじめにやってますよ?
とはよく校内ですれ違う程度の顔見知りだったが、第一回SJ終了後、互いに正体を見抜いた後は、リアルでも友人となった。リアルの6人はGGOでのアマネスとは似ても似つかない、可愛い女子高生である。]

第二回スクワッド・ジャム

2026年4月4日くも開催されたスクワッド・ジャムの第二回大会。
今回のスポンサーは第一回の作家とは異なる匿名の人物であり、上位入賞者の賞品がアサルトライフル20セットサブマシンガン10丁セットだった為、参加者が殺到。先生涙拭けよ
30チームに46チームがエントリーし、SJ史上初の予選が行われた。
前回大会上位4チームリーダーを含むチームは予選免除のシードとなり、シードの3チーム([前回4位のプロチームは参加せず])を除く43チームが対となった。

第二回からの主な参加チーム

《LF》

リーダーレン
使用銃器P90MGL-140

 第二回SJのレンとフカ次郎の2人によるチームチーム略称も見ての通り。
GGO初心者グレネードランチャー使いのフカ次郎を後衛とするため、レンは再びリーダーとなっている。

《PM4》

リーダー:ピトフーイ
使用銃器M14EBR、UTS-15、MG3、サベージ110BA、[バレットM107A1]、[KTR-09]、[プリングフィールドXDM]

 第二回SJのピトフーイとエムのチームチーム略称は「[ピトフーイとエムの死]」の略だろうとレンは推測した。
残り4人のには覆面で顔を隠した腕利きのメンバーを雇っている。

《KKHC》([北の国ハンターズクラブ])

リーダー:不明(第二回)/シャーリー(第三回)
使用銃器:ブレイザー・R93タクティカル

 第二回SJに参加した、男性5人と、シャーリーと言う女性プレイヤーからなるチーム全員狙撃銃を持つスナイパーオンリーチーム

[彼等のリアルは、北海道ハンター仲間リアルの経験からラインし射撃が出来る彼等は「ゲームだから人を撃ってみよう」とSJに参加する。紅一点シャーリー霧島舞)だけは、ゲームでも人を撃つことを嫌い、嫌々参加させて対人射撃を楽しむチームメンバーを軽蔑さえしていた。しかし……]

第三回スクワッド・ジャム

2026年7月5日に開催されたスクワッド・ジャムの第三回大会。今回のスポンサーは第一回と同じ某作家で、賞品はちゃんとゲームアイテムを用意している。先生必死だな
参加チームは前回よりさらに増え57チーム、うち3チームシードだった。[前回優勝チームの《T-S》、2位と3位のリーダーが属する《LFPM》、4位の《SHINC》が対]

今回は、これまでとは異なる特殊なルールがいくつか導入されている。

第三回からの主な参加チーム

《LFPM》

リーダーレン
使用銃器P90MGL-140M14EBR、[KTR-09]、[M870ブリーチャー]

 第三回SJのレン・フカ次郎・ピトフーイ・エムの4人チーム。人数割れこそしているものの、これまで二回の大会の死闘を見てきた観客からは優勝補筆頭と見られ、ライバルからは最大の敵と警されている。
 しかし実は、ピトフーイとエムはリアルが多忙の為ほとんどログイン出来ず、フカ次郎に至っては第二回終了後から第三回決勝戦当日までずっとALOに戻っていた始末で、今回はレン以外は練習量や互いの連携に不安を抱えたままの大会となった。

《BTRY》([ビトレイヤーズ(裏切り者達)])

リーダー:[ピトフーイ]
使用銃器:[KTR-09、VSSヴィントレスSTM556、XM8FN MAGMP7A1]

 [特別ルール「裏切り者ルール」によって選抜されたメンバーが結成した新チームメンバーLFPM》からピトフーイ、《SHINC》からボスことエヴァ、《MMTM》からリーダーデヴィッド、《T-S》からエルヴィン、《ZEMAL》からトムトム、《TOMS》からコール、以上6人。猛者中の猛者3人を擁し、また全体のバランスもよく、《ゼア・イズ・スティル・タイム》での立てこもり戦闘で既存チームを散々に苦しめた。

 だが実は、LFPM》から選抜された裏切り者はレンであり、ピトフーイが咄嗟についたを押し通し「裏切り者達の裏切り者」としてチームに潜り込む形となっていた。終盤で本性を表したピトフーイの手により《BTRY》はほぼ壊滅した。]

テレビアニメ

 2018年4月6月テレビアニメが放送された。全12話。これを記念しWEBラジオ配信が行われた。

イントロダクション

と鋼世界ガンゲイル・オンライン》でソロプレイを満喫している女性プレイヤーレン

可愛いものが大好きな彼女は全身をピンクの装備で統一し、コツコツと地プレイを重ね、実をつけていた。
そしてとあることからPK――プレイヤー狩りの面さに覚めたレンはPKにのめり込み
ついには「ピンクの悪魔」と呼ばれるまでになる。

そんなレン美人ミステリアスプレイヤー・ピトフーイと出会い、意気投合。彼女に言われるがまま、
チームイベント《スクワッド・ジャム》に参加することになる。

関連動画/関連チャンネル

関連生放送

放送局/配信サイト

放送局 放送開始日 放送時間 配信情報 配信開始日 配信時間
TOKYOMX 2018年4月7日(土) 24:00~ AbemaTV 2018年4月7日(土) 24:00~
BS11 ニコニコ生放送 2018年4月14日(土) 23:30
とちぎTV ニコニコチャンネル 24:00
群馬TV dアニメ,他 毎週土曜
MBS 27:08~ PSVideo 2018年4月16日() 毎週水曜
テレビ愛知 2018年4月9日() 26:05~ Hulu
CS日テレプラス 2018年4月20日() 21:00

スタッフ

役職 氏名
原作#5.5脚本 時雨沢恵一
原作イラストキャラクターデザイン原案 黒星紅白
監督 迫井政行
シリーズ構成・脚本 黒田洋介
キャラクターデザイン総作画監督
サブキャラクターデザイン総作画監督 有紀恵、久子
メカニカルデザイン 石口十
設定協 飯田剛士
美術監督 根本邦明(草薙
美術設定 成田偉保(草薙
色彩設計 手嶋明美(Wish)
撮影監督 染谷和正(T2 studio
グラフィックアート 荒木宏文
音楽 Starving Trancer
音響監督 明田川仁
アニメーション制作 Studio 3Hz

主題歌

オープニングテーマ:「流星
作詞Eir津波 / 作曲編曲津波 / 歌:藍井エイル
エンディングテーマ:「To see the future
作詞作曲編曲Jazzin' park / 歌:レン楠木ともり

劇中歌

曲名 作詞 作曲 編曲 使用話数
ピルグリム ハヤシケイ
(LIVE LAB.)
rui (fade)
(LIVE LAB.)
神崎エルザ
starring ReoNa
#2・3
step, step
(LIVE LAB.)
#4
Independence #5・5.5・11
ヒカリ #6
Disorder #9
Rea(s)oN #12

各話リスト

話数 サブタイトル 絵コンテ 演出 作画監督 配信日 動画
#01 スクワッド・ジャム 迫井政行 崇寛 金丸
杉田まるみ
2018
4/15
動画
#02 GGO 山下英美 西/大高雄太
北原章雄/亀田
4/22
動画
#03 ファンレター 島津裕行 鈴木拓 挽本敦子/咲/小畑
服部益美/櫻井このみ/木下由美
4/29
動画
#04 デスゲーム 野田 はっとりますみ 5/6
動画
#05 ラストバトルは私に 迫井政行 長濱 宮原拓也/青木真理子/向川原
吉井勝也/大梶博之
5/13
動画
#5.5 フラン 1~5話
担当全員
5/20
動画
#06 SAO失敗者 入江泰浩 峯友則 挽本敦子/咲/小畑
谷口りつ子/坂友加里
櫻井このみ/服部益美/西山
5/27
動画
#07 セカンド
スクワッド・ジャム
誌村 佐々木純人 /Lee Juhyeon
Lee Jio/Choi Insub
6/3
動画
#08 ブービートラップ 島津裕行 鈴木拓 飯田剛士/東久志/金丸
中村深雪/服部志/野崎麗子
6/10
動画
#09 十分間の鏖殺 入江泰浩 佐藤和磨 純/大高雄太 6/17
動画
#10 魔王復活 迫井政行 飯村正之 はっとりますみ 6/24
動画
#11 イカれたレン 島津裕行 山下英美 大高雄太/斎藤和也/向川原
宮原拓也/金丸
7/1
動画
#12 拍手 迫井政行 戸田麻衣/飯田剛士/亀田
久志/向川原
宮原拓也/金丸
7/8
動画

インターネットラジオ

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オフライン
配信開始日:2018年2月28日 毎週水曜日配信
配信サイトインターネットラジオステーション<音泉>
パーソナリティ楠木ともりレン 役)、赤﨑千夏(フカ次郎 役)
コーナーパーソナリティ時雨沢恵一

関連商品

小説

コミカライズ

映像

音楽

ゲーム

その他

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%20%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%8A%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%20%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3
ページ番号: 5350364 リビジョン番号: 2605512
読み:イカジャム
初版作成日: 15/07/11 18:50 ◆ 最終更新日: 18/07/08 12:54
編集内容についての説明/コメント: 各話リスト更新
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインについて語るスレ

1249 : ななしのよっしん :2018/07/13(金) 00:24:37 ID: xZX8r9mSE3
炎君アバター=中身親父説?ってことならあり得ると思ってるよ。理由はいくつかあって……。
GGOは決済方法によるが接続料でバレてる可性(経由の発想はなかったなw)
弐、いわゆるSAO事件後の一般的な世間の見方(かつ親としての反応)
参、交際(結婚)前に辞めさせたい(>>1248の言及通り)
四、炎君の人となりを知っている(許可取るなり話を通すことが可っぽい)

次に美優が協者として挙がりそうなんだよね。高校時代からの親友で内在住だし。親友の親父となれば、断りにくいし、化しにくいかと思う。
あと美優は「いてるアミュスフィアを持ってる」ということ。
あれだけ悪しざまにいっておいて(演技の可性はなくはないけど、どうだろう?)、アミュスフィアを買うとも思えないし。ただSHINCと結託できたのだけはわからねーわ。(ピトさんチームシャーリーみたいな敵対的結託ならまだ……)
うーん、8巻が気になる。
1250 : ななしのよっしん :2018/07/13(金) 00:55:21 ID: /yCj2QS0WM
既出かも知れないけど炎は本当は根っからのGGOプレイヤー且つSJでのレンの暴れっぷりに惚れたファン
あのマナー違反とかも全部「怒り狂ってイカれたレンと戦う」ためだけの挑発だったりしないかな
リアルネーム出した時もこっそり人払いしてたぐらいちゃんとフォローしてた感じで)

本当にレンに惚れてるならピトとの戦いは羨んでもおかしくないし
同じ戦いするためには一時的に嫌われることも惜しくはさそう(そのぐらい腕に覚えがあることも前提だが)

SHINC巻き込んだのもその一環で、SHINCが乗ったのも同じ
SHINCはレンっ当に仲良しだから例えどんなに望んでも全イカレンを引き出すのは難しい
事実としてSHINCと決着つけようとするレンは「負けてもいいけど出来る限りはする」程度の冷静な姿勢だし)
そこで「レンが嫌いなヤツ導のむかつく戦術」に乗っかることで一時的にヘイトを得ようとしたんじゃないかな

今まで散々お預けされたし、ボスイカレン理解してるし、望みとし
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1251 : ななしのよっしん :2018/07/13(金) 15:24:23 ID: WglvuP8quo
>>1250

ファイア君は最近スコードロン内に女神が入って盛り上がってるのかもね
あのスコードロンは「北海道」と沖縄在住がいるってことを考えると…
1252 : ななしのよっしん :2018/07/14(土) 23:25:24 ID: c0b+UhAW0v
次巻の予告みたけど、三本立とは驚いた。書きすぎてページオーバーで一冊に納めるのが困難になったのかな。

みんなが予想してるみたいに、炎はホントはゲーマーな気がする。個人情報の漏洩元は知り合いのザスカー社員かとも思ったが(商品の発送先としてレンの本名と住所知っているはず)、フカが怪しい気がする。
1253 : ななしのよっしん :2018/07/16(月) 01:27:28 ID: jscQ3ApG2N
ファイヤ君とGGOで会ったときのフカの「あーあ……オラ……しーらね……」って発言は、なんかフカが一枚絡んでたら出てこない気がするんだよね……だから個人的には、フカからファイヤ君orピトさんへ漏洩した説は、ないんじゃないかなって……
1254 : ななしのよっしん :2018/07/16(月) 08:33:20 ID: WglvuP8quo
マシンガン女神は香

…とかないかな
1255 : ななしのよっしん :2018/07/17(火) 09:18:18 ID: 2rSix8IM20
>>1253
態々絶交になりかねない事するとは思えないしね、ピトさんにも言えるけど。

>>1254
お姉さんは二人とも庭持ちだそうだからいんじゃないかな?
1256 : ななしのよっしん :2018/07/18(水) 01:54:53 ID: /yCj2QS0WM
あくまでも炎の行動がブラフだとしたらの話だけど、寧ろ周囲を抱き込んでる方が穏便に済むんじゃない?

あいつはレンを怒らせてたけど実際のところ実あるのは「ゲーム内でリアルネーム」叫んだことだけ
それ以外の暴言は「ゴメン、あれただの挑発。全部ウソ」って感じに謝れば穏便に済む範疇だと思う
となるとリアルネーム曝しのフォローさえ出来てればそこに一枚噛んでてもそんなには嫌われないはずだよ

で、肝心のフォローをどうすれば良いかと言えば「事前に人払いして周囲を関係者で固める」のが多分確実な方法
そうした上でリアルネーム叫んだら即、個室に入ってしまえば後から客が来てもボロは出ず安全安心のはず
ただそうするには準備整えた場に標を誘導し、出来る限り自然に個室での対談に持ち込む役も必要となる
…つまり、仲間集めて個室への誘導もしたピトさんがグルだった方が話は簡単だと思う

まあ、ピトさんも地文で「驚きました」とか度々出てたり、れ初め話にやたら食いつきよかったりしてたから
本当に
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1257 : ななしのよっしん :2018/07/18(水) 08:41:28 ID: WglvuP8quo
今更本編5巻読み直したけど
キリトファイセブン買ったときにP90の名前出てたな
これを見てP90GGOに出すって決めてたのかな
1258 : ななしのよっしん :2018/07/19(木) 17:22:01 ID: /fdxUkQwya
ラジオ時雨先生が言うにはP90って結構色んな映画とかに出てて有名ではあるけど
かなり特徴的なと言っていたな、フォルムもそうだけど弾丸もP90に使用するために
新しく開発した物だとかなんとか

そういうそのに関する知識が前提にあって、色んなきっかけが積み重なって小説に出そうと思ったんだろうな
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829