単語記事: タイムパラドックス

編集

タイムパラドックスtime paradox、時間の逆説)とは、時間軸を遡って過去の出来事を変した結果、因果矛盾をきたすことである。

曖昧回避 上記が命名理由となっている日本の元競走、現種。現役時代にGⅠ級競争5勝など16勝をあげ9億以上の賞を稼いだ。ブライアンズタイム

概説

仮に時間(軸)を遡って過去の事に介入することが可であるとすると、変された過去の事が既に確定している(観測されている)未来の事矛盾をきたすことがある。

以下にいくつかの例をあげる。

タイムパラドックスについての解釈

タイムパラドックスの前提となるタイムトラベル(時間軸上の移動)そのものが理論的なものに過ぎないので、タイムパラドックスをどう解釈するかは通常フィクションの創作者次第となる。解釈の例をいくつか次に上げる。

何も起こらない。
宇宙と因果は案外頑固で、多少の因果不一致視して強引に褄を合わせる。いは、「既に確定した」過去への介入はどうやっても成功しない(それは既に過去歴史に織り込み済みである)。ドラえもんにおける的地解釈(未来から過去の人物であるのび太に干渉しても、経路はともかく「的地」であるセワシの存在にはなんら影がない)もこの類に含むことがある。
以下に例を示す
  • 過去に戻って親を殺そうとしたが、肝心なところで相手が不在だったりが不発だったりで殺せなかった。殺したはずだったが、調べてみると自分が殺したのは親の兄弟などの別人だった、など。実際に歴史変についてはこれを修正するかのように波動関数が収束するという仮説を提唱している科学者がいる。しかもこの仮説は検証可能であるという。
  • 過去に戻って事故死した自分の彼女を救おうとしたが、どう頑っても事故を阻止できない。例え、事故は阻止できても別の原因で必ず死ぬ。彼女の死は変えられない。 (2002年版の映画タイムマシンetc)
  • 過去に戻って歴史を変えようとしたが、歴史の流れが史実通りになったのは実は自分のせいだったことが分かった。つまり、歴史上、自分の行動は織り込み済みだった。 (小説「戦自衛隊etc
  • タイムトラベルを行っても自分の今いる時過去には直接行くことができず、それによく似た「パラレルワールド」にしか行けないというもの。そこで過去の自分の親を殺しても、自分のいる時には影を及ぼさない。(漫画アニメドラゴンボールZetc
現在未来)が変される。
過去に対する決定的な干渉が行われた時点で、異なる時間軸への分岐が生じる。この分岐した時間軸は、タイムトララーがもともと来た「未来」とは異なる様相を呈する。多世界解釈を援用すると、変された「未来」はもともとの未来と並行して存在する、「パラレルワールド」(ありえたかもしれないが、観測されなかった世界)ということになる。
未来を有利にするための過去への干渉、意図しない細な過去への干渉が未来に予測不可能変をもたらす(バタフライ効果)などがしばしば物語の題材として扱われる。そうした事態を防ぐために、「未来人過去の人物に未来情報を漏らすことが厳しく規制されている」などと設定されることもある。たとえば禁則事項など。
フィクションにおいては主人公(もしくはプレーヤー)の観のみが扱われることが多いので、「変されなかった世界」がその後どうなったかは一部の例外(「ひぐらしのなく頃にetc)を除き、視されることが多い。
爆発オチ
宇宙が因果矛盾に耐えられなくなり消滅する。現実は非情である
上述のMGS3においてはゲームオーバーとして処理される。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9
ページ番号: 4148671 リビジョン番号: 2380575
読み:タイムパラドックス
初版作成日: 09/08/29 00:04 ◆ 最終更新日: 16/07/05 22:51
編集内容についての説明/コメント: 誤字修正 仮設→仮説
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

タイムパラドックスについて語るスレ

168 : ななしのよっしん :2016/11/29(火) 11:26:13 ID: RHzeqEQdvq
>>166
できない。悪いがパラドックスと呼べるほど複雑な話じゃない
ちょっと考えて分からないなら会計業務向いてないから
辞めるかそんな事気にすることなく頭っぽにして仕事した方がいい
169 : ななしのよっしん :2016/12/06(火) 02:05:37 ID: Ht0yM7l76/
テイルズオブファンタジアノベルのほうでこの点が摘されてたな
あくまで魔法が消滅してダオスが復活しチェスターが死んだ世界からクレスミントは転移して
結果あくまで二人が転移した理由は究極の魔法をつかえる存在を連れてくることであって魔法は現存している
つまり二人は別のパラレルワールドにきているだけで
元いた世界に帰っているわけではない
170 : ななしのよっしん :2016/12/07(水) 23:24:05 ID: 8Cx1HE4dPP
パラレルワールド説に関しては、事を成し遂げた主人公が再びタイムマシンで元の時代に帰る際、どっちの未来に帰るのかってのも興味深いな
出発地点は「変してない未来」だからそこに帰る(ドラゴンボールにおける未来トランクス)のが自然に思えるが、そうなると主人公が頑って変してもになっちゃうという
171 : ななしのよっしん :2016/12/08(木) 23:01:27 ID: UVrQV8k9Kc
それがあるから、個人的にはパラレルワールド系好きじゃないんだよなぁ
歴史を変えて世界を救ったところで、それは救われた世界が一つ生まれるだけで
もともと救いたかった世界は滅びたまま別個に存在してるっていう…
172 : ななしのよっしん :2016/12/19(月) 15:02:18 ID: DID0JaTSHU
記事の「過去のある時点に自分が2人存在してしまう」ってそれ自体は別に矛盾じゃないよね
誤認から事態がややこしくなったりするだけで

タイムパラドックスの例に入れるには不適切じゃない?
173 : ななしのよっしん :2016/12/26(月) 08:53:36 ID: JrMeTbu6Of
「時間旅行者は人から生まれ、かつタイムマシンでやってきた特殊な存在である」という点にとらわれがちだけど、物理的に見れば単に人は原子の塊なんだから、結局多世界解釈的になんら矛盾なく世界が分岐していくだけなんじゃないか?そりゃ旅行者本人や周りの人間との間に論理的な矛盾は生じるかもしれないが、それだけ。
そもそもそこに人が一人増えただけで親を殺さなくても宇宙エネルギーの絶対量が増えちゃうわけだからその時点で未来は変わってくるはず
その点で言えばドラゴンボールの時間感覚は割と正しい気がするんだけど、過去変したあと元の未来に戻れる気がしないんだよなあ。タイムマシンはあくまでも四次元方向の移動だけだから、結局変された未来に行き着いちゃうんじゃないか
(なお、ここでいろいろ頭を捻っても結局タイムパラドックスモノを見るときは頭っぽにして楽しんでしまう模様)
174 : ななしのよっしん :2016/12/26(月) 23:01:36 ID: nGIFSsLPID
事件のおきた日にもどり同じ日の同じ年の同じ時間で全てが一度は未来に行き過去に戻ることをしないと体験したことにはならないぞ世界規模だから
175 : 1 :2017/02/15(水) 22:29:47 ID: tDx0sVGDHl
過去なんてない
過ぎ去った世界なんてもうどこにもない 一が過ぎたらそれまで

タイムマシンなどあって戻ろうとしてもそこには何もない
もっと言ってしまえば時間など人間が意識で作り出した妄想の影に過ぎない 妄影という
176 : ななしのよっしん :2017/03/27(月) 04:38:22 ID: OeeNXz3xCl
そもそもタイムパラドックスは存在できないのよね
仮に時間が1本なら過去未来も確定してるし、複数のパラレルワールドなら仮に過去に戻って世界を滅ぼしてもただの別の世界だし
177 : ななしのよっしん :2017/03/27(月) 05:21:55 ID: zStyVE6+hL
親殺しのパラドクスって、堂々巡りにならず自身の存在は脅かされない様な感じがするんだが
「自分が生まれない未来」になったとしても、その変化には「生まれた未来から来た自分」が必須な訳だから過去に干渉した時点で存在は固定するんじゃないだろうか
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015