単語記事: タヌキ

編集
曖昧さ回避 曖昧さ回避
こちらは曖昧さ回避の為の記事です。

タヌキ(たぬき)とは、 イヌ科の動物の一種である。⇒狸の項目を参照

以下は、上記の意味から転じた言葉

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%BF%E3%83%8C%E3%82%AD
ページ番号: 4254535 リビジョン番号: 1857037
読み:タヌキ
初版作成日: 10/01/08 22:48 ◆ 最終更新日: 13/07/21 00:36
編集内容についての説明/コメント: あざといたぬき追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

タヌキについて語るスレ

10 : ななしのよっしん :2014/09/05(金) 00:45:35 ID: eTsDYdamIT
艦装の済んでいないヱクセリヲン
11 : ななしのよっしん :2014/09/14(日) 03:37:37 ID: jUqD2L4KGQ
>>8
これはの考えた持論だけど油揚げの乗ったキツネと呼ぶのは、まんま油揚げの色をキツネに例えたから
色からきつねというネーミングが使われ、そこから化かすという意味でたぬき生した
化かす同士のネタっているだけで起となった意味はまったく違う
12 : ななしのよっしん :2014/09/20(土) 23:14:42 ID: 4YOJhPC2kS
おのれ前野
13 : ななしのよっしん :2014/09/27(土) 15:19:11 ID: dtLaM7Kie0
>>8
普通たぬきそばうどん」といえばカスを載せたものなんですが、と思って調べて見たが関東関西で違うらしい。こちらは関西の話みたいですね

較的定説になっているのは、きつね大阪発、明治いなり寿司からヒントを得て出されたもの。たぬき関東で、もともとイカごま油で揚げたっぽいものを呼んでいたが、いつの間にかかす載せをそう呼ぶようになったそうな
関東では「きつねはお揚げを載せたものなんだな」と思って名付け、関西では「たぬきっていうんだからきつねの逆だろ」と思って名付けたから違いが発生したらしい。出身が違うと考えれば由来が少々おかしなことになるのも理からぬこと
14 : ななしのよっしん :2014/10/21(火) 19:48:36 ID: ztQZ3ydLSz
たぬきは「タネ抜きのてんぷら」つまりカス入り、がだと
聞いてる。
15 : ななしのよっしん :2015/07/15(水) 22:55:53 ID: vuby/zwhGf
この記事、アイディアですよね?
cv小野d
16 : ボクのアイディアですよね? :2015/10/24(土) 13:54:59 ID: UKbk3Z+eoe
>>8
>>11
>>13

 化かすと言われた獣の共通点は連想の一助ではあるけど、

 油揚げの色 と うどんの色 =きつねの毛色
 かすの色 と そばの色  =たぬきの毛色

 小難しく考えすぎだ。
17 : ななしのよっしん :2015/12/22(火) 06:19:23 ID: E1/RXUYRJM
タヌキ(夕食抜き)
18 : ななしのよっしん :2016/04/05(火) 10:18:44 ID: Conp7M1wFM
>かすの色 と そばの色  =たぬきの毛色
さすがにねーよww
一般的に流布しているタヌキの色イメージとあまりに違いすぎる

スパゲティナポリタンが、基本的にはアメリカスパゲティ日本流に改造したものであり
つまりナポリスパゲティとの直接的な関わりはいのと同様に
いつも「名前が全てを表している」とは限らない
食の歴史は複雑なのだ
19 : ななしのよっしん :2016/06/04(土) 13:18:27 ID: x0/UTl8pMa
きつねそばは蕎麦屋で売られていた稲荷寿司の余ったおあげを入れたのが始まり。「お稲荷様」になれなかった→「きつね」という訳。

たぬきはぱっと見天ぷらそばに見えるが食べてみると具が入っていないのが、は悪戯に人を化かすと信じられていたのと結びついて「たぬき」と名づけられた。

現代では定の番トッピングとして市民権を得ているが最初はどちらももったいない精からあまりモノをのっけてみたのが始まり。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015